--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.03.23 (Fri)

ギルティクラウン 第22話「祈り:convergence」

「僕に命を預けて 信じてくれる人がいるんだ 
僕はまだ終われない、必ずいのりを取り戻す――!」

真名の復活により 四度目の黙示録が世界を襲う!
涯と戦う集、その結末は――…

 ギルティクラウン(トクマ・ノベルズ) (レクイエム・スコアⅡ) ギルティクラウン ロストクリスマス 完全生産限定版【Amazon.co.jpオリジナルCD付き】
【最終話 あらすじ】
ついに始まる“四度目の黙示録”、地球上に住む全てのものに降臨する“進化”と“淘汰“の光。 幼き日からの因縁に決着をつけるべく、二人の少年は、ついに剣を交える。 傷つき倒れるシュウの前で煌く、心の雫。 ――そのとき、シュウは己の罪の意味を知る。

いのりを糧にして ついに復活した真名――!
その姿を見て驚愕する集、そして真名が目覚めた事で世界に光が広まっていく!
何かヤバイ事が始まっているのは確か、それを感じた葬儀社メンバーは
中央指令室へ向かった茎道を春夏に任せて、ダリルを足止めしようとするけど
ゲシュペンストに乗るダリルの猛攻に押される事に…
そして、再びシステムを乗っ取ろうとする鶫に対抗する人物が!?
鶫と互角にやりあえる人物、城戸研二だと気づいた四分儀!

いのりの体を使い目覚めた真名、随分と派手な衣装になりましたねw
涯におはようと声を掛けながらも、集の姿を見つけると抱き着いて来た!
来てくれて嬉しいと抱き着きながら、自分の邪魔をする女がいて大変だったのだと…
でも、漸く体を取り戻す事が出来たから大丈夫だと言う真名
いのりの事を作られた化け物のくせに生意気だと言う彼女の言葉に
思わず突き飛ばした集は、いのりは化け物じゃないし 自分の為に泣いてくれたのだと!
姿や声は同じだけど真名とは違う、いのりは人間だと言う集
以前から思っていたけど、集は真名に対してキミと呼んだり他人行儀な感じが…

あの日のように 再び集に拒絶される事になった真名
お姉ちゃんは集の事が大好きなのに、体が散り散りになっても愛していたのに――!
それなのにまた自分を拒むのかと、一気に雰囲気が変わったし(汗)
そんな真名に後は自分に任せろと、真名の身体からヴォイドを取り出した涯!
人を傷つけた人は、自分も同じように傷つけられる事を覚悟しなければいけない…
謝っても許してあげないと、ついに真名の集に対する愛情が憎しみに変わったようですね
…まぁ、真名の場合は一方的に愛情を向けていた感じもしますけど(苦笑)

いよいよ真名が動き出しましたが、真名の動きが何ともシュールな感じでw
男性の歌声に共鳴するように、24区から放たれるロストクリスマスを上回る
高出力のゲノム共鳴が 世界を包む光を通して世界中に広まっていく!?
世界中の人々が、この影響で次々とアポカリプスウイルスのキャンサー化で崩れていく!
このまま世界は結晶で覆い尽くされる事になっていくのか…
さらにエンドレイヴの遠隔共鳴にも影響し操作不能に!

「始まったのさ、四度目の黙示録 
この星の命の進化と淘汰が」

真名によって ついに四度目の黙示録が!
脆弱な肉体を捨て 結晶の中に永遠の思考を獲得する――
それが次なるステージ、ヴォイドは前触れに過ぎず
心が物質となる新たな世界の始まりだと言う涯!
皆のヴォイドを使って対抗しながら、涯に訴え掛ける集
あの時、六本木の地下で真名を救うと言っていた涯
救う為に自分を刺せと言ってたのに どうしてこんな事になるのか!?
しかし、集にはわからない事だと言い捨て攻撃を仕掛けながら
常に選ばれ それを手放してきた集には絶対に分からないのだと……

激しく集を斬り付け追い詰めていく涯の姿を見ながら、クロスに向けて呟く茎道
クロスが救おうとした娘が世界を終わらせる、自分が勝ったのだと…
そんな事の為に集を巻き込んだのかと茎道に銃を向ける春夏
どうなるのかと思ったら、最期は自らにアポカリプスウイルスを打ち込み
結晶化して消える事になるとは… 結局茎道は何をしたかったのか(汗)
結局勝ったのは 自分でもクロスでもないとか言ってましたしね…
茎道はアポカリプスウイルスに人生を狂わされたと言う感じなのかな?
そして、涯を守り抜くために命をかけようとする亞里沙の姿が!
報われないと分かりつつ、最期まで涯を…と言う事ですか…

一方、ダリルと戦う綾瀬だけど、四度目の黙示録の始まりにより
エンドレイヴの遠隔操作が出来なくなりピンチに!
何とか有線に切り替えようと飛び出した綾瀬だけど
影響を受けずに戦えるダリルに追い込まれる事に(汗)
しかし、ダリルのヴォイドゲノムエミュレーターは試作段階だから使い過ぎるなと
ローワンが心配していたけど、戦いを続けるダリルの顔にはキャンサーの結晶が…!

昔の集になら真名を… アダムの地位を譲ったと言う涯
しかし、今の集にはその価値は無いと…!
剣を向けられたまま 身体が重くて動く事が出来ない集
このまま皆のヴォイドを抱えたまま終わってしまうのか?
死を覚悟し諦めかけた集の目に入ったのは、いのりが集を思って流した涙の結晶の花
集の体はまだ動く 皆が集をまっている、だから諦めるなと言ういのりの姿が…!
笑顔で手を差し伸べるいのりに、ヴォイドの手から赤い糸を結晶の花へ伸ばしていく集
確かに繋がったところで、いのりの力が溢れ出す――!
お願い、皆 私を使ってと言う事で、四度目の黙示録が阻止されたと言う事になるのかな?
真名によって引き起こされた現象が収束、真名自身の動きも止められていましたよね

システム掌握の勝負をしている鶫と城戸、しかしこのままでは城戸に押される事に
そんな中、自分が合図を送るまで もたせろと言う四分儀からの指示が!
出来ますね? と言う子安さんの言い方がたまらんですw
そして、いのりの力によってエンドレイヴが止まったりと収束したところで
城戸のいるコンロロールルームへと辿り着いた四分儀が銃口を突きつけチェックメイト!
追い詰める四分儀@子安さんがカッコ良いなぁ
そのまま城戸は…って事ですが、何だか城戸に関しては中途半端な感じで終わったなと
せっかくの岡本さんボイスなので、もう少し色々やってくれたら良かったのですが(苦笑)

四分儀が城戸を倒し、システムを奪還した鶫の援護で綾瀬も再び戦いへ!
激しくぶつかり合うダリルと綾瀬、鶫とダリルのフラグがどうなるのかと思ったけど
このフラグは特に影響しなかったですね、葬儀社を全滅にすれば
自分は自分のまま、皆殺しのダリルで居られるのだと言うダリルが何とも…
そんなダリルをもやしっ子だと言い捨てる鶫が(苦笑)

いのりの言葉を受けて 再び立ち上がり涯と対峙する集!
自分に命を預けて 信じてくれる人いる、まだ終われないし いのりを取り戻すのだと!
邪魔をするなら全力で倒すといのりのヴォイドを手に涯に立ち向かっていく集
そんな集の隣にいのりの姿を見た涯、そのまま集の攻撃を受ける事に…
それと同時に 真名の身体が再び結晶化していましたが 二人は繋がっていたのかな?
取りあえず、このまま真名も…と言う事で、何だかアッサリした感じがしなくも…(苦笑)

「それで良い 集、そういうお前で――…」
落ちていく涯を抱える集に、笑顔を見せた涯だけど
やはり最初から集の手で終わらせてもらうつもりだったのですね…
そのまま二人が向かったのは 淘汰の収束点、黙示録の果ての世界――
全てが結晶で覆われた世界、これがダアトのいう理想郷なのだと
そこに現れた涯は 以前の様に葬儀社の制服を着てたけど やっぱこっちの方が良いなぁ
この星の全ては結晶の中の思い出となると言う事で、OPと繋がるのがなんとも…
何気に本編とOPがリンクした作りになっていたのですね

王と祭り上げられた涯だけど、それもいずれは結晶の中の思い出になる…
ずっと淘汰される事を恐れていた、だからこそ抗いイヴである真名を欲した
そして、六本木の地下で漸く真名を開放出来ると思ったけれど
ダアトは… 生物淘汰の意思はそれを許さず、たとえ朽ちようとも再生させられる
開放する方法はただ一つ、その役目を終わらせる事――!
だからこそ涯は自ら魔王になりアポカリプスを成就させ、集が来る事に賭けたのですね
今度こそ本当に全てを終わらせるために…
真名を救うために自ら魔王になる事を決めた涯の思いが何とも…

「俺の役目はここまでだ、あとはお前がいのりを救え」
そう言い残して、真名を抱きしめ結晶化して消えていく涯が(涙)
涯に抱きしめられ涙を流していた真名、今度こそ解放される事が出来たのかな?
確かに最初から涯の思いは一つだったのですよね、愛する者をこの手に抱くと言う事で
最後まで涯は涯だった、確固たる信念を貫き通していたのだなと…

一人残された集に、自分を責めないでと言ういのり
真名が消えたから体を取り戻す事が出来たようだけど、それももう限界…
キャンサー化で崩れ落ちそうになる体で必死に集のところへやってきたいのり
集にたくさんの気持ちをもらった、それは全て集のおかげ
既に目が見えなくなっているいのりの手を握って抱きしめる集は
味方だからずっと傍にいてねと言ういのりと一緒に逝こうと!

ここで最後に 集の全てを集めて引き受ける王の力が大きな意味を持つ事になるのか
四度目の黙示録で世界に広まったアポカリプスを全て引き受けていく集――!
最後にちゃんと谷尋や花音たちから預かったヴォイドは返すのですね
全てのアポカリプスを一人で引き受けようとする集に 救世主にでもなるつもりかと…
おかげでウイルスに侵された人たちは みな元に戻っていくけれど
全てを引き受ける事なんて出来るんですかね?

ゲノム結晶体による暴走により 建物が崩壊する中、ダリルとローワンのやり取りが…
何だかんだ言いつつ、ローワンはちゃんとダリルの事を見てくれていたのですね
この二人の関係は良かったなと、ダリルを助けて逃がしてくれたローワン
生き直せるのなら 今度はもっと優しくしろと、本当は優しい子なのだから…

全てを引き受ける集の中に、皆の心が流れ込んでくる 思い出も一緒に――
自分に悪意を向けた人だって、誰かに愛され生まれた…
皆の思いを感じながら結晶に包まれていく集の前に現れたいのり
初めて出会った時と同じように、差し出された赤い糸のあやとり
それをしっかり受け取ったところで、いのりが集の代わりに全てを引き受けて消滅!?
まさかこんな展開になるとは思わなかった… 結局いのりも消えてしまうのですね…

崩れ落ちる施設から何とか脱出した綾瀬たちだけど
どうやら葬儀社メンバーと春夏、そして亞里沙は無事だったようですね
正直 亞里沙が最後まで生き残ったのは意外な感じだったなと(ぁ)
これで本当に全てが終わったと言う事なんだろうけど
何だか 個人的にはあまりスッキリ…と言う感じがしないのがちょっと残念です

数年後、すっかり平穏を取り戻した世界――
もうアポカリプスの脅威もなくったのかな
谷尋や颯太、花音、そして綾瀬に鶫が集まり 祭の誕生日パーティを…
って、あのまま祭の存在がスルーされなくて良かったと言うべきなのかな
まぁ、亡くなった人の誕生日を祝うのもどうかと思う部分もありますが…
あの出来事を忘れない為にも…と言う意味もあるのかな

久し振りに揃ったメンバー、それぞれ忙しくしているようですね
谷尋は働き、綾瀬も教員試験を受けるようで…
ふゅーねるには 子供がたくさんw
そこに現れた集は、義手に杖と言う事で 視力を失ってしまったようですね
それでも、いのりが他を引き受けてくれたから こうして助かる事が出来た
…そういえば、結局王の力も あの時無くなったと言う事になるのかな?

最後のエンディングが1クール目のエンディング曲と言うのが良いですね
結局いのりを助けると言うか、逆に助けられた感じとなりましたけど
それでも ちゃんと集といのりの心は最後に あやとりを受け取った事で繋がったのかなと

何やら色々と詰め込んだ感じの最終回でしたが
これはこれで いちおう上手く纏めた感じですかね?
…個人的には もう1話くらい欲しい感じの詰め込み具合だったかなと(苦笑)
集や綾瀬・鶫たちのその後は見れましたけど
他のメンバーがどうなったのか 気になる感じですよね
あの後ダリルはどうなったのかなと…
今度は優しくなれと言う事で、変わったダリルの姿が見てみたかったなとw

この作品に関しては色々と賛否両論ある感じですが
個人的には最後まで楽しめたかなと思ってます
作画も最後までクオリティ高くて綺麗でしたし、音楽もとても良かったなと♪
それに、脇役キャラの存在がかなり濃かったですよね
特に嘘界のキャラは好きでしたし、途中で退場したのは残念でした~
ダリルも魅力的な敵キャラだったなと!

話の内容的には 謎が残る部分もある感じですけど
出来れば もう少し涯に関してのエピソードがあれば良かったですね
まぁ、涯に関しては小説版の方で詳しく書かれているらしいので
それを読めと言う事でしょうか(苦笑)


TB・コメントでお世話になったブログの皆様ありがとうございました!
そして、スタッフ・キャストの皆様 お疲れ様でした!


 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://scriptor.blog54.fc2.com/tb.php/1634-0e790999
http://animegm.blog.fc2.com/tb.php/1173-84fb14c7
http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/727-e8e23469

スポンサーサイト
EDIT |  19:55 |  ギルティクラウン【終】  | TB(31)  | CM(4) | Top↑
2012.03.16 (Fri)

ギルティクラウン 第21話「羽化:emergenc」

「いのりを糧に真名が復活する 
失われた俺たちのイヴが…!」

いのりを助け 涯を止める為に24区へと攻め入る集たち
しかし、ついに真名の復活の時が…!

 ギルティクラウン(トクマ・ノベルズ) (レクイエム・スコアⅡ) ギルティクラウン ロストクリスマス 完全生産限定版【Amazon.co.jpオリジナルCD付き】 
【第21話 あらすじ】
人類の命運を賭けた戦いの火蓋が、切って落とされる。 巨大な力がぶつかりあう中、いのりを救いだすために、仲間達とともにガイの待ち受ける24区に攻め入るシュウ。 一刻も早く、いのりのもとへ――。急ぐシュウの前に、立ちはだかる最悪の敵。 ――淘汰されゆく者の歌が、シュウを導き……。

真名と共に消えるはずだった涯を再生したのはやはりユウだったのですね…
涯と同じく真名もコキュートスに再生すると言うユウ
イヴに選ばれたる新たなる王、それが涯
これは自然の摂理、進化しようとする人類の種そのものとして意思だと
真名も涯も それから逃れる事は出来ないし、誰にも止める事は出来ない――
終わる事は許されない、涯は真名と共に死ぬ事で終わらせようとしてたのか…
今はダアトの思惑通りに動いてる感じだけど、もしかして涯は今度こそ終わらせる為に
あえて 王になる道を選んだのですかね?

国連軍が24区へ向けて動き出したと連絡を受け、自分が行くまで待機を命じる涯
その様子を見ていたいのり、まだいのりとしての意識は残っているようですが
涯の心が自分の心に触った気がすると 悲しいのかと問いかける
しかし、ようやく自分の願いが叶うのだと 悲しんで無いと言う涯
でも そう言う涯の顔は 寂しそうな表情でしたよね…

24区へ進攻を続ける国連軍、ここまで近づいても攻撃が一切無いのは
以前涯が言っていた256基のルーカサイトはハッタリだと言う四分儀
以前 破壊し損ねた1基と、対光学観測のデコイとハッキングで作り出したまやかし
時間稼ぎとして、まんまと葬儀社と国連軍ものせられ 動くのがギリギリになった
それでも間に合ったと言う集、それが僅かな時間でも自分たちにはチャンスがある
いのりを助けだし 涯を止めるチャンスが――!

いのりを助け出せれば涯の目的は潰え、日本のみならず世界中のアポカリプスウイルスを駆逐する可能性が見える、自分たちには悲観すべき未来しか残されていない訳ではない!
世界を救う… これはそういう戦い、改めて必ず勝つと誓い合うメンバー
集もいのりが残していった髪留めを手に思いを新たに!
戦いの準備が進む中、綾瀬の所へ向かった集はエンドレイヴの乗る手助けを!
以前ならこういう事は絶対に頼まなかったけど、それだけ信頼関係が出来たのかな?

もし目の前に涯が現れたら撃てるかと尋ねる綾瀬に、迷わず撃てると答えた集
汚れるのは自分の役目だから、綾瀬には綺麗なままでいて欲しいのだと…
とはいっても、戦いになれば綾瀬のヴォイドを使う事になるから同罪にしてしまう
でも そのつもりで預けたのだから構わないと言う綾瀬が良いなぁ
預けただけだから借りっぱなしで勝手に死ぬなと言われた集
皆の心を預かったままだから、何としても生きて戻らないとですね!

24区へエンドレイヴを降下させ 一斉攻撃を開始した国連軍!
本気で恨まれているねと軽口を叩く城戸@岡本さん、久し振りの登場だなぁ
城戸、亞里沙、ユウのヴォイドを引出し、武器を作り出した涯は国連軍の87%撃破!
たった一度の攻撃で あっさりと国連軍の攻撃力を削ぐとか 圧倒的な力過ぎる(汗)
涯が撃ったのはヴォイドの矢、攻撃を受けた国連軍が次々とキャンサー化してるし…!

大勢は決したと、ゴースト部隊の投入を命じる茎道!
その中にはダリルの姿もあったけれど、精神だけではなく肉体的にもエンドレイヴと繋げられて まるでモルモットのような扱いを受けているのが…
ヴォイドにやられっぱなしなのは悔しいと 自ら志願したようだけど
死に方ぐらいは自分で決めたいと、ダリルなりの意地もあるのかな
ダアトに嫌気がさして寝返り…を期待してたけど無理そうだなぁ(苦笑)
最後までダリルは自分の好きなように動きそうですね、ゲシュペンストで出撃!

国連軍にはもう少し頑張って欲しかったけれど、ここでついに葬儀社も行動開始!
その動きを察知したローワンも すぐにゴースト部隊を仕向けるけど…
これはあらかじめ用意していた 鶫の力で作り出したダミー、揺動作戦ですね!
全ては想定内、今のでセキュリティの構造解析は十分、鶫がシステムに介入――!
そのままシステムを乗っ取って、エンドレイヴの電力供給をストップし動きを封じる
その間に、颯太のヴォイドを使いロックを解除しながら更に進む集たち!
鶫たちが一緒に行けるのはここまで、足止めのサポートに回る事になったけど
ちゃんといのりを助けだし、皆でハッピーエンドだと言う鶫!

一方、真名としていのりを生まれ変わらせようとする涯
いのりを形づくっていた記憶や感情の全ては消失すると告げ 自分を恨めと…
あの時 自分がいのりを目覚めさせなければ、何も始まらず 何も終わらなかった
それでも 涯には感謝しているのだと言ういのり
涯は自分に人生をくれたし、集と出会わせてくれたから――

それを聞いた涯は、集はいのりに何をくれたのか 何を見せてくれたのかと尋ねる
集が教えてくれたのは この世界の悲しさ、それと美しさ
苦しんで 迷って 間違って、自分の醜さを恥じていた集
いのりが集が好きなのは人だから、悲しいくらい人だから――
だからこそ 容れ物でしかない自分が普通の人のように恋が出来たのだと言ういのり

内部へと進んでいく集たちだけど、システムが復旧し鶫たちとの連絡が途絶える
ここから先の案内が無い状況で いのりを探して進まないといけない状況
そんな中、襲われた兵士を助け アポカリプスウイルスを受け入れていく集の姿が…
良いんだと言いながらも 徐々に集の身体がアポカリプスに侵されている訳ですよね(汗)

いのりの記憶や感情が薄まっていく中、ついに集の名前も思い出せなくなったいのり
誰かと尋ねるいのりに お前が愛した男の名だと告げる涯が…
真名に生まれ変わりながら、歌をうたういのり
その歌声は集のところへも届く、他の人には聞こえないけど集をいのりの所へと導く!
歌を頼りに向かった先は 中央作戦司令室――!
ここからなら最上部へも…って、その最上部へ向かう茎道の姿もありましたね…

辿り着いた集を待っていたユウは、二人きりで話さなければならないと!
綾瀬たちと引き離された集は、ユウが一体何者なのかと問いかける
人類の意思を決定する機関 ダアト、その総意を象徴するするもの
いわば 自分自身がダアトだと言うユウ――!
つまり普通の存在じゃないと言う事ですか、何年経っても姿が変わらないはずですよね…
でも、ダアトの墓守と呼ばれていたから、他にも同じような存在がいるのかと思ったけど
結局何で“墓守”って言われているのだろうか?

失われた王の力を 自ら回復して見せた集に、再度検討する事になったと言うユウ
涯と集、どちらがアダム 次なる王に相応しいのか――!
それを見極める為の質問を集に問いかけるユウ
人類が次のステージに進む為に、全ての人類を滅ぼし未来永劫真名と生きる事を誓うか?
その問いかけに対して集の答えは「NO」それが普通だと言うユウだけど
それに対して涯は眉一つ動かさずに「YES」と言ってのけた、それが二人の差だと…

集の答えを受けて、ダアトの名のもの継承者の資格を剥奪すると攻撃を仕掛けるユウ!
ダアトメンバーから次々とヴォイドを取り出して向かってくるユウに対抗する集
ヴォイドが破壊されれば所有者も死ぬ、ユウにとってメンバーは使い捨ての道具
その事を考えて躊躇していたら勝てないから、そのあたりは集も覚悟を決めたのかな
次々とヴォイドを取り換えながら 攻撃をしてくるユウは
淘汰と進化はこの星の避け得ぬ運命、逆らっても無駄だと…!
せっかく真名に選ばれながらそれを拒み、まがい物のいのりに入れあげたといわれ
誰もいのりの事を知らないと ユウを追い詰める集!

いのりは自分の中の醜さと戦って苦しみ、同じように間違え傷ついた自分を支えてくれた
「いのりだけが ずっと傍にいて 僕を信じてくれたんだ 
だから 今度はぼくが傍にいる 
今度こそ離さない いのりー!」

いのりへの思いを力に ユウに力の限り攻撃を仕掛けた集だけど…
意識を消されながらも、集の言葉が届いたかのように 最後に涙を流したいのり
零れ落ちた涙が 結晶の花を咲かせていたけど、これは何かの伏線になるのかな?
この涙に込められたいのりの思いが 彼女を助ける事になったりして??

「ならばやってみるがいい 桜満集、絶望への抵抗を」
ユウも何を感じたのか、最後は抵抗していなかったですよね
単に真名の復活を感じただけなのか… 結局そのまま姿を消しちゃいましたが
これでユウに関しては終わりって事なんですかね?
何だか結局ユウに関しては良く分からない感じで、ダアトに関しても謎が残ったし
結局ダアトは イヴとアダムを生み出して、何をしたかったのか…?

ようやく涯といのりの所へと辿り着いた集だけど
一足遅く、いのりの意識はかき消され 真名の復活――!
ついに黙示録の時が始まる…!
復活した真名を目の前に驚愕する集
真名の復活により再び黙示録が、世界が混乱する事になるのか!?
空には不気味な光が取り巻いていたし どうなってしまうのか…
このまま本当にいのりは消えてしまうのか気になる所です

取りあえず、今回のエピソードで涯の本音がチラッと見えたような?
自分が悪役になる事で 全てを終わらせようとしてる感じですよね…
王になる事で真名を連れて今度こそ…って事なのかな
とは言え、いのりが完全に消えたかどうか…って感じですし
これからどうなるのか目が離せないですね!

出口を見つけた綾瀬たちの前には、ダリルのゲシュペンストが立ちはだかる――!
今度こそ葬儀社との決着をと言うダリルとの戦いもどうなるのか…
どんな結末になるのか楽しみです


NEXT⇒『祈り:convergence』
その時人類は肉体を捨て結晶の中に永遠の思考を獲得するだろう
ヴォイドはその前触れだった、心が物質となる新たな世界の…
真名により下される最後の審判、人々は成すすべもなく裁きの光を受け入れる
そんな僕らの罪も結晶の中の思いでの一つになるのだろうか…
予告の〆が いつもと違い、皆と出会えた事を僕は後悔しないと言う集が意味深な(汗)
…って、次回最終回ですか!

今回の4コマはユウ、連れてきたのは全員Fランってw

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/2696-9dac242e
http://shibauma.blog94.fc2.com/tb.php/237-118c376c
http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/tb.php/122-43310c91
http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/2295-bde5e98b
http://shittakaanime.blog86.fc2.com/tb.php/617-e0161f1d
http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/718-23806730

EDIT |  19:57 |  ギルティクラウン【終】  | TB(35)  | CM(4) | Top↑
2012.03.09 (Fri)

ギルティクラウン 第20話「追想:a diary」

「あの日 俺は運命から逃れようとして 
より大きな運命に絡め取られたんだ 
そうだろう? 集――…」

クロスと茎道、そして涯の過去が明らかに――!
今ある世界は終わり新たな世界が始める、4度目の黙示録を宣告する涯

 The Everlasting Guilty Crown(初回生産限定盤)(DVD付) ギルティクラウン ロストクリスマス 完全生産限定版【Amazon.co.jpオリジナルCD付き】
【第20話 あらすじ】
2039年12月25日。今ある世界は終わり、新たな世界が始まる。 ガイから全世界に向かって宣告される淘汰の時、“四度目の黙示録”。 供奉院家の後ろ盾を受け、戦いの準備が進められる中、シュウの父、桜満クロスの日記が 届けられる。そこには、実ることなく交錯していった一つの友情と共に、始まりの物語が綴られていた。 力を手放そうとするシュウに託される命。――友と辿り着いた真意を武器に変え、シュウは運命の相手に臨む。

集がヴォイドゲノムを獲得し王の力を再び得て、自らのヴォイドを出現させた事
全て涯は承知のようですが、これも計算通りって事になるのでしょうか?
そして、涯に捕らわれたいのりの体は 真名の意識が支配する!
もう少しで完全に真名のものになる、そうしたら楽しい事をたくさんしようと
涯をトリトンと呼んだりと、すっかり真名となってしまっているようですね(汗)
完全に真名が支配する事になったら、いのりの意識はどうなってしまうのだろうか…

集と春夏、そして残った葬儀社と生徒たちは供奉院家が所有する船で移動
改めて集の凄さを目の当たりにした谷尋だけど、何を話して良いのか分からない
性格にはどう接して良いのか分からないって感じですかね
そういえば、春夏に会いたいと集と一緒に行動していた亞里沙はどうしたのだろう
涯の事が知りたいと言ってたけど、あの後 結局ダアトメンバーの所へ戻ったのか?
そして、その涯が24区からメッセージを送ってきた!

自分たちの邪魔をするなと警告していたのも関わらず
24区への34の物理侵入工作、4万2千のハッキング行為があったと言う涯
故にお前らは死にたがっている、滅亡したがっていると判断
だからその願いを叶えるのだと言い、一人ひとりの真価を問う事にしたと!
12月25日、今ある世界は滅亡して、新たな世界が始まる――
涯が指定したのは ロストクリスマスが起こった日の翌日…
この日に 再び同じことが起こると言うのか!?

供奉院会長から、全ての財とコネクションを涯を倒す為に使えと言い使ったと言う倉知
その為に集められたPMC、民間軍事勢力と合流する事に!
勿論これに集も参加する事になるけど、その前に涯は何をしようとしてるのか!?
その問いに答えてくれたのは四分儀! いつの間に合流したのかw
嘘界も退場してしまったら それでGHQの施設から出てきたのかな
…そういえば、同じ部屋に隔離されてたダリルがどうなったのか気になるところです

涯の目的は、四度目の黙示録――
世界規模での完全なロストクリスマスを引き起こすつもりなのだと!
そして、涯から預かって来たと言う クロス博士の日記を集に渡す四六儀
わざわざ集にと言う事は、この日記に全てが記されている!?
集には全てを知って死ぬ権利と、その義務があると言う涯は
それがクロス博士の親友だった茎道の願いではないのかと!
茎道の事を“父”と呼ぶ涯だけど、本当のではなく育ての…なのですね

確かに親友と呼べる時もあったと言う事で、ここから茎道の回想を通して二人の過去が!
AD2013、天王洲学院の生徒だった茎道はクロスと出会う事に――
当時の茎道にとっては他人は自分を苛立たせる存在でしかなかったけれど
クロスと出会った事で、自分と同じ地平に立ち論じて競える相手がいる事を知った
茎道の論文を美しすぎると絶賛するクロスだけど、関さんボイスとか豪華過ぎるww

茎道のイントロンRAM仮説を土台に、クロスが構築したゲノム共鳴理論は
進化と淘汰の謎を解き明かす鍵として 学会から注目される事になった
そんな中、クロスは有名な医学部の才媛である紫城冴子と付き合い結婚
そして冴子の実家である大島で暮らす事になり、やがて真名が生まれる事に――
それから5年後のAD2022、大島に落下した巨大な隕石
クレーター周辺の隕石の破片を調べるクロスと茎道だけど
隕石にはアミノ酸が付着していて、ゲノム共鳴反応を示していた!?

隕石を見つけたのは真名、この時 指の傷から既にアポカリプスに感染してたのですね(汗)
さらに調べていくと、隕石からウイルスを発見する事に!
普段は感染力が低いが、ゲノム共鳴で活性化するとイントロンに潜り込み爆発的に増殖
組織を硬質化させ感染したものを死に追いやる…
アポカリプスウイルスがゲノム共鳴で活性=キャンサー化と言う事ですね
ゲノム共鳴の音を奏でる楽器、黙示録のラッパだと言うクロス!

真名は順調に育っていると、クロスと茎道の前にダアトの使者として現れたユウ!
…って、何年も経っているのに昔も今も全く姿が変わってないってユウは何者!?
隕石に含まれたアポカリプスウイルスの種子は 既にこの島国を覆い
間もなく人々は全員 種子の苗床となるのだと――!
やがて真名がイヴとして成熟した時、四度目の黙示録によって生命の進化と淘汰が行われる事になる、アポカリプスはその為の“神の見えざる手”なのだと言うユウ!

既にクロスの妻はアポカリプスウイルスを発症し、キャンサー化が進んでいた
しかしお腹の子は殺してはダメだと言うユウは、真名がアダムとして目をつけていると…
集は生まれてくる前に、真名にアダムとして選ばれていたと言う事ですか(汗)
冴子の命と引き換えに誕生した集を抱き、涙を流すクロスだけど…
母親の死など気にとめず、生まれたばかりの集を見つめる真名の表情が怖いよ!
イヴたる真名が望んだアダムたる集、このままいけば未来を担うのは共にクロスの子供
クロスの血が この先の規範になると考えた茎道の中に生まれた黒い感情…

そんな茎道の心を知ってか、話を持ちかけるユウ
ここでようやく以前から気になっていた涯の過去が明らかになりましたね!
不法入国か拉致されて連れて来られたか、たった一人生き残った涯を拾った茎道
…って、結局は涯の本当の両親と言うのは不明のままなのか
父親として引き取った茎道が涯を連れて行った先は、真名のつがいであるアダムを作り出すために何人もの少年を育成していた施設、いわば養成所のような場所
そこで日々繰り返される実験、人為的に強化され 投与されるアポカリプスウイルス
例え失敗して死んだとしても 足がつかない身元不明の子供たちを集めてたって事ですかね

そんな地獄のような場所に耐えかねて脱走を謀った涯だけど、崖下の海に落ちる事に――
そして流れ着いた先にいたのが 集と真名だった、これで話が繋がった感じで!
運命から逃れようとして、より大きな運命に絡め取られる事になった涯
逃げようとして結果的にイブとアダムである二人に出会う事に…って確かに皮肉ですね
そうだろう集って 呟く涯が何とも言えない感じだなぁ…

AD2028、クロスと春夏の出会い
飛び級で大学に進級した春夏にとって、クロスはとても興味を掻き立てる存在だった
子供たちを大島に残し、寝食も忘れて研究に没頭するクロスの姿が
春夏にとっては 孤独にウイルスと戦う殉教者に見えたのだと…
食事もまともに取らないクロスの為にお弁当を作ってきたり世話を焼いてるうちに
やがて恋心を抱くようになり、結婚を考えるようになったのですね

その事を茎道に報告するも、好きにすると良いと興味無さげな反応を見せたけど
クロスが続けているアポカリプス研究の事に関しては気になっているようですね
今ではすっかり二人とも疎遠になってしまってるようで…
その年 クロスと入籍した春夏は集や真名、涯を東京に呼び寄せて
初めて一緒に過ごそうとしたクリスマス、それがあの運命の日――!
教会でクロスと待ち合わせていた春夏だけど、なかなか姿を現さないから
また研究に没頭して忘れているのではと言う真名に迎えに行くように言われたけど…
初めから真名は春夏を この場から遠ざけるつもりだったんだろうなぁ(汗)

これであの日の裏側で何が起こっていたのか全て繋がってきましたね
クロスを迎えに行く春夏と入れ違いに教会へとやって来た涯
この場面で、幼い谷尋と潤の姿が公園にあったのが…
そして真名からのプレゼントを受け取った涯は銃弾を受ける事になり
集から拒絶された真名が暴走して あの悲劇が起こる事になったと…

研究が進んでいると春夏に聞かされた茎道は、クロスの研究室に入り込み手帳を盗み見!
アポカリプスウイルスは感染した人の心を具象し物質化する――
だが、そのプロセスに介入出来る可能性のある遺伝子コードを見つけたクロスは
それを“ヴォイドゲノム”と命名する事に…
これによって種の淘汰と言う非合理性は心と言う曖昧なものを具象化し合理性を回復
アポカリプスは神の摂理ではなく 人の知恵でコントロール出来る!
たった一人で 進化と淘汰の謎を解き明かしたクロスに驚愕する茎道

忍び込んだのを見つかった茎道は、このままだと痺れを切らしたダアトに消されると
自分が渡りをつけるから協力しようとクロスに持ちかけるけど
その必要はないと拒否するクロス、皆でやっても意見が薄まるだけ…
茎道はその言葉に 自分がやってる研究が無意味だと言われたように感じたのですね
自分の窮地に友達を巻き込む訳にはいかないと言われ、さらにプライドが…
本当は自分の立場を妬んで、あえて貧相な場所で研究成果を上げて見返そうとしてるのではないかって、極端な感じになってますけど(汗)

クロスに詰め寄る茎道だけど、ここで決定的な一言が…!
僕が一体君の何を妬むと言うのか?
つまり、クロスにしてみれば茎道なんて妬むほどの存在ではないと言う事
研究に煮詰まっていた茎道に対して、たった一人で謎を解き明かしたクロス
二人の間にある絶対的な差、クロスは天才だと言うのを認めざるを得ない…
だが、一つだけ間違いを犯したと言い、自分たちは友達ではないと!
そのまま手にした銃を向け クロスを手にかけてしまったのですね(汗)

クロスを迎えにやって来た春夏はその銃声を聞き、研究室に駆けつけると
そこには血まみれで倒れているクロスの姿と、消えたクロスの日記
そして、その直後に起こったロストクリスマス――!
これで全てが繋がりましたね!
今まで春夏が言ってたクロスの意思と言うのは 研究結果を引き継ぐ事だったのかな?

一方、集の手に入れた新たな王の力を調べて分かったのは
他人のヴォイドを一時的に格納するのと同時に
キャンサー化した細胞とアポカリプスウイルスそのものを吸収する事が出来ると言う事
つまり、完全に颯太の中からウイルスは無くなったと言う事ですね
これ以上 集にその力を使わないで欲しいと言う春夏
いくら いのりを取り戻そうとしても、もう手遅れなのかもしれないと――

六本木フォートでの一件の時、既にいのりへの真名の意識の移植は完了していた
それを完全にするために、ロストクリスマスの時に散ってしまった真名の因子を
皆のヴォイドに混入していた欠片を回収する必要があった――…
レッドラインに囲まれた集が皆のヴォイドを集めるように仕向けたのも全て計画のうち
つまりは 集は真名の復活の為に まんまと利用されたと言う事ですか(汗)
そして 今かなりの力を取り戻しているからこそ 涯は期日を切ってきたのだと!
だったら なおさら自分が行かなければならないと言う集!
そんな集を心配して涙を流しながら抱き着く春夏が…

時間が迫り、いよいよ行動開始――!
ヘリで移動する前に、谷尋や颯太たちの所へ向かった集は借りたヴォイドを返すと!
…そうか、一時的に収納するから 返さない限り集の力となるのですね
返してしまえば集の力が何もなくなってしまうけど、このまま借りていると
もし自分が死ぬような事があれば ヴォイドの持ち主たちも死ぬ事になる――…
武器が無い状態で一体どうやって涯と戦うと言うのか、思わず詰め寄る谷尋に
この手でも銃くらいは撃てると言う集は、涯を倒すために行くのではなくて
新たな王の力を いのりや皆を助ける為に使うのだと!

以前とは集もだいぶ変わりましたよね、祭が言ってた優しい王様になってきたのかな?
そんな集の言葉を聞いて、そのままヴォイドを持っていて欲しいと言うメンバー
どうせ集が倒れる事になれば その時は自分たちも終わり
どちらにしても同じなら このまま集の力になる事を決めたようですね!
良く分からないけどそれで良いと言い捨てる颯太に近寄り 握手をしようとする集
仲直りするには握手する、それは颯太が教えてくれた事
それにこのまま別れてはダメだと、意地になって振り払う颯太の手を握る集に
本当は集が怖かったし そう感じる自分が嫌だったのだと、やっと本音が出ましたね
友達でいてくれと言う颯太に、一生友達だと言う集が良いなぁ

クロスは一人で何でも出来るし、やれてしまう凄い人だった
でも、その所為でいつも孤独だったと言う春夏
本当はとても寂しい人で 皆と一緒に居たかったのだと――
だからこそ、生まれた息子に“集”と名付けた
息子の周りに人がたくさん集まり、孤独を感じないようにと願いが込められていたのですね

皆のヴォイドと一緒に涯のもとへと向かいヘリで飛び立った集
谷尋や颯太との蟠りも無くなったし、これでスッキリして戦えますね
誰かを倒すためではなく、皆を助ける為に使う力――!
どんな戦いになるのか 次回が楽しみです

今まで謎だった過去も繋がり、色々と見えた感じですね!
全ての始まりは 大島に落ちた隕石――
これがどこから来たのか気になるところですが
今も昔も姿が変わらないユウの存在が気になる(汗)
何だか クロスも茎道もユウの思惑に踊らされた感じがしなくも……

集と涯、どんな戦いになるのか…
涯はこうなる事を最初から分かっていた感じですし
もしかして、集に救って欲しいと思ってたりするのかな?


NEXT⇒『羽化:emergence』
ついに迎える黙示録の時――!
僅かな時間でも僕らにはチャンスがある、いのりを救いだし 涯を止めるチャンスが!
ついに始まる人類の命運をかけた戦い、真名の復活と共に消えゆくいのりの命…
と言う事で、本格的にバトル開始となりそうですね!
急ぐ集の前に立ちふさがるダアトの墓守と言う事で、集とユウの戦いもあるのか!?
チラリとダリルの姿もありましたが、エンドレイヴで出撃となりそうですね


四コマでは、34回の物理侵入工作と4万2千回のハッキングの他にも
葬儀社メンバーによる、昼夜問わずの52回のピンポンダッシュに
102回の悪戯電話、頼んだ覚えのない1万杯の天丼に5万枚のピザってww
頼むから もうやめてくれと言う涯が(苦笑)

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://irizasama.blog95.fc2.com/tb.php/1038-4cd69ef5
http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/tb.php/115-7569e6ef
http://4wd555.blog.fc2.com/tb.php/781-b25c311a
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/tb.php/908-d94d35c3
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/2792-2cc38d74
http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/2677-0d738c41
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/anigishi2/67362312
http://shibauma.blog94.fc2.com/tb.php/232-b52ce685
http://scriptor.blog54.fc2.com/tb.php/1596-f0417e6e
http://shittakaanime.blog86.fc2.com/tb.php/611-7fa776dd
http://ameotokops.blog.fc2.com/tb.php/218-1a1101fe
http://animegm.blog.fc2.com/tb.php/1119-89a4373a
http://shino134.blog22.fc2.com/tb.php/3143-d1cf3327
http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/709-d762a148
EDIT |  19:56 |  ギルティクラウン【終】  | TB(31)  | CM(4) | Top↑
2012.03.02 (Fri)

ギルティクラウン 第19話「贖罪:rebirth」

「全ては ここから始まったんだ 
これはやっぱり 僕が背負うべき罪なんだ――」

残された最後の、そして最悪の希望――!
最後のヴォイドの力が、集の新たな運命を!

The Everlasting Guilty Crown(初回生産限定盤)(DVD付) ギルティクラウン ロストクリスマス 完全生産限定版【Amazon.co.jpオリジナルCD付き】 ヴァイスシュヴァルツ ブースターパック ギルティクラウン BOX
【第19話 あらすじ】
葛藤の果てに見出されたいのりの想いは、シュウに罪の許しをもたらした。 そしていのりはシュウの命を守るため、自らを犠牲にし、ガイの手に落ちてしまう。 いのりを取り戻すため、闘う力も仲間も失ったまま、たった一人でガイに立ち向かうことを決意するシュウ。 だが、セガイは最後の希望を刈り取るために動き出し、葬儀社とシュウの友人に対し、執拗な攻撃を開始する。 ずっと目を背けていた自己と向き合い、全てをさらけ出すシュウ。 ――そのとき、奇跡としか言いようの無い力が、新たな運命を紡ぎだす

涯が手にした王の力を目の当たりにした嘘界だけど…
何かが違うと言う事で、以前 集の力を見た時のような高揚感は感じないようで(苦笑)
嘘界が求めているのは 集が使う王の力って事なのかな?

そして一人行動を開始した春夏は銃を手に、真名が捕らわれている区画へと向かうも
最初からここには真名はいないと現れたのは茎道
春夏は相変わらず自分に正直で理想家で諦めない、 まるで桜満クロスのようだと――!
この二人の関係が気になっていたけど、兄さんって、兄妹だったのか!(驚)
茎道とクロスは親友だった、しかしどうしてクロスを殺したのか…

一方、祈りを探して行動を開始した集は 居場所を探る為に亞里沙に接触!
自分を裏切った復讐かと言う亞里沙だけど、自分の事はいいのだと言う集
涯も集もいのりの事ばかりだから 亞里沙は気に入らないんだろうなぁ(苦笑)
そこへ、春夏が重大な反逆行為を行い逃走中と言う事で 至急逮捕せよとの通達が!
茎道に銃を向けられていたけど、何とか逃げ出せたようですね
機密ケースを持って逃走する姿に、何やらピンときた嘘界は自ら追跡を名乗り出る!
こういう時の嘘界ってホント楽しそうな感じだなぁw

仲間に春夏を追跡すると告げ、集と共に春夏を探す亞里沙
見つかったら春夏と話をさせる事が いのりの居場所を言う交換条件ですか…
春夏なら涯の計画を知っているはず、涯の全てを知りたいのだと!
過去や望み、弱味や痛みの全てを知りたいって、ホント涯が好きなんだなぁ(苦笑)
バイクで24区を抜けて春夏が向かったのは供奉院家だったけど
来るんじゃないかと出迎えてくれた倉知から、既に会長は他界してると聞かされる事に…

葬儀社メンバーの集まるアジトへ移動した春夏たち
ダアトの計画を阻止する為に真名を討とうとしたけど失敗したと話しながら
ここで春夏と集の関係が明らかになりましたね、本当の親子ではない二人
クロスの連れ子である集、結婚して間もなくクロス博士は亡くなってしまった
それからずっと春夏は集を育ててくれたけど、義務感ではなく本当に可愛かったから
でも、本当はクロスの存在を失った事で 二人で傷を舐め合っていただけなのかもと…

春夏を探す嘘界たちは葬儀社メンバーの女の子を捕まえて尋問を!
正直にアジトの場所を教えてしまったけれど、結局は消される事になるのですよね
ワクチンを求める一般市民を利用して、アジトへ入り込む嘘界
隠し持ってると煽ったりと、相変わらずやり方がえげつないですねw
警戒しつつも 相手が市民と言う事で 扉を開けちゃった大雲だけど
嘘界の存在に気付いた時にはもう遅い、一般人を巻き込みながら戦闘に!
ここで、最後に大雲の活躍が見れただけ良かったのかな…
嘘界たちの攻撃から春夏を守り逃がしながら、最後まで食い止めるために残った大雲
部下たちを倒したけれど、最後は嘘界にやられて退場する事に…
いつもは部下任せの嘘界だけど実戦も強いのですね~

何とか脱出してバイクで逃げる春夏と倉知の二人
春夏が持ち出した機密ケース、最後の希望と言う事だけど…
中に入っていたのは ヴォイドゲノム――!
自分たちに残された最後の、そして最悪の希望!
やはりダアトの計画を阻止するには ヴォイドの力が必要なのですね
最後のヴォイドゲノム、これが戦いの切り札になる!

気になっていた綾瀬や鶫たちは このまま涯と戦う事を決めたようですね
さすがに変わってしまった涯にはついていけないって感じなのかな
谷尋や花音や颯太たちも、亞里沙とは違いダアト側に付く事はなく
今は葬儀社メンバーと一緒に行動してるようですね
颯太はキャンサー化の進行が激しいけど、ステージ3以上ではどうする事も出来ない
大雲たちの様子を見に行ったアルゴから、彼の死を知らされた綾瀬と鶫
姿は無いけれど、一緒だと言うアルゴの言葉に思わず涙を…
そして、逃げていた春夏も拾ってもらい 合流出来たようですね

久し振りに涯との再会となった四分儀!
涯の背後には、前回捕らわれたいのりが磔にされているのが…(汗)
再会してまず四分儀が発したのは 今の涯の姿は不様だと!
…てっきり、今でも涯の事を慕っているのかと思ったけれど 違ったようですね
初めて四分儀が涯と出会ったのはアフリカ戦線
自分を殺そうとした少年兵に天稟を見て、それ以来 彼を王にする為に尽くしてきた
しかし、涯が望んでいたのは こんな醜悪な偶像になる事だったのか――…

涯にとって葬儀社とは… 今までの戦いは一体何だったのか?
そう問いかける四分儀に自分の目的は今も昔もただ一つだと言う涯
それを四分儀たちが勝手に夢を見て 勝手に絶望しただけと言い捨てる…
それでも四分儀は涯の事を友だと思っていたと言うけど
王に友などいない、いるのは部下であり駒だけだと冷めた反応の涯が…
涯は自ら周りを切り捨て 孤高の王となる事を選んだのかな
しかし、これで吹っ切れたのか おかげで新たな願望が生まれたと言う四分儀!
それは涯を殺す事――!

最後のヴォイドゲノム、これを使えば少なくても涯と同じ力を手にする事が出来る
しかし、全身の遺伝子からおびただしい拒絶反応が起こる可能性もあるのだと――
集には使って欲しくないけど、誰かには使って欲しいと言う春夏
酷い話だけれど、これ以上 集が力のせいで苦しむ姿は見たくない、それは綾瀬も同じ
それに、もしヴォイドゲノムをもう一度集が使えば死ぬ事になる…!
強大な力を手に入れることが出来るけど、それだけ危険でもあるのですね

居場所を探り出した嘘界により、エンドレイヴ部隊に襲われる事になった葬儀社メンバー!
もう誰も見捨てないと言って、颯太を背負って走る谷尋が良いですね
今夜はパーティですと 乗り込んできた嘘界は楽しそうだなぁw
雨のような銃弾を、嵐のような蹂躙をって狂喜してるし…
襲撃により燃え上がる建物を、春夏を探していた集と亞里沙も気づいたけど
走っている車から飛び出して 助けに向かう集の姿が!

仲間と連絡が取れず 逃げ道を失った綾瀬や鶫たち、このまま戻れば挟み撃ちに…
そんな中、自分にヴォイドゲノムを使って欲しいと申し出た綾瀬
以前集から立ち上がる勇気と力を貰った、だから今度は自分で立ち上がりたいのだと!
たとえ涯と討ちあう事になったとしても――!
綾瀬の集への想いも吹っ切れた感じですかね
申し出を了承して、ヴォイドゲノムのアンプルを機密ケースから取り出す春夏だけど
それはさせないと、嘘界がヴォイドゲノムを弾き飛ばす!

製造されたヴォイドゲノムのサンプルは3つ
残りの一つがどこにあるのかずっと探していたと言う嘘界
そして、最後の一つは自分が使い あの不可思議かつ崇高な光が見たいのだと――!
あの光の先には真理がある、その為なら何でもするのだと ヴォイドゲノムの奪い合いに!
階下へ落ちて行ったヴォイドゲノムを追いかけ エスカレーターを滑り下りる綾瀬
それを追いかけ飛び降りた嘘界は さらにヴォイドゲノムを弾き飛ばして…
飛んで行ったヴォイドゲノムを拾ったのは 春夏を探してやって来た集!

ヴォイドゲノム、全てはここから始まった――
やはり自分が背負うべき罪なのだと言う集に、自分たちの罪だと言う春夏
二度目は無い、今度こそヴォイドの力が集を殺す…
心配する春夏に礼を言い 本当の親子じゃなくても一緒にいられて良かったと良い
これが自分に出来る唯一の事だと、ヴォイドゲノムを自身に打ち込んだ集!
やっぱり、最後はヴォイドゲノムの力で戦う事になるのですね…
再び力を得た集の姿に、これだと歓喜する嘘界の姿がw
そして、集が力を得た事を感じたいのりはダメだと絶叫…
涯も やはりお前なのかと 何やら最初から分かっていたような感じでしたね

「ずっと逃げて来たんだ 
でも 僕は 今こそ僕をさらけ出す!」

左手に宿った王の力で、自らのヴォイドを引き出す集!
…って、なるほど ここでOPの右手に…と言う展開なのですね!
ヴォイドの力で右手を得た集に、王の誕生に祝砲を…と一斉攻撃を仕掛ける嘘界――!
綾瀬の跳躍のヴォイドを引出した集だけど、今までとヴォイドの感じが違いますね
以前は ハッキリと形作られていたヴォイドだけど、青い光で形作られた感じで…
自らの力として取り込んでるようだけど、これが新たな王の力なのでしょうか?

谷尋たちのヴォイドをもう一度あてにさせて欲しいと、力を借りて戦う集!
これならどうだと大型トレーラーで突っ込んで来た嘘界だけど…
颯太のヴォイドで運転席に穴を開け、谷尋のヴォイドを突きつける!
自分を倒す事は出来ないと余裕の嘘界だけど
皆の為にこの身体を汚し切ると決めた集により、命を絶ちきられる事に――!
最後にヴォイドの光がぁ!と絶叫してた嘘界だけど、ここで退場になるとは…
面白いキャラだったので 退場しちゃったのはちょっと残念な感じですね~
でもまぁ、最後にヴォイドの光を感じられたから嘘界的には良かったのかな(苦笑)

嘘界を倒して戻って来た集の顔には、アポカリプスウイルスによるキャンサーが!
それも全ては 集が手に入れた力なのですね…
「あいつのヴォイドは 全てを集めて引き受ける
強さも弱さも 光も闇も 全て――…」

全てを集める… 集と言う名前そのままの力――!
それが集の運命なのか、それもクロスの意思だと言うのか…

「悲しみを アポカリプスが悪意に変えるなら
僕はその悪意も引き受ける、この体に悪意が溶けてしまえばいい、いのり 今行くよ――…」

再び王の力を取り戻した集――!
今までの力とは明らかに違うけれど
でも、悪意も全てを引き受けるって、これが祭が望んでいた優しい王様なのかな

いのりを助けるために 涯と戦う事になりそうですが
今度こそヴォイドの力が集を…と 言う事で、全てが終わった後
集がどうなってしまうのか ちょっと心配ですが(汗)


NEXT⇒『追想:a diary』
涯から宣告される淘汰の時、四度目の黙示録――
次回は、春夏とクロス、茎道の過去が明らかになりそうですね!
クロスと茎道の間に何があったのか…
全ての始まりが この二人の過去にありそうな?

公式の4コマで幽霊になって集に取り憑こうとしてる嘘界が可愛いw

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/tb.php/107-f3bfaf4c
http://blog.so-net.ne.jp/naruhya/2012-02-29/trackback
http://irizasama.blog95.fc2.com/tb.php/1036-80a4baae
http://shibauma.blog94.fc2.com/tb.php/228-c6094906
http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/700-d7ba4a15
http://shittakaanime.blog86.fc2.com/tb.php/605-d5db00cf

EDIT |  19:56 |  ギルティクラウン【終】  | TB(28)  | CM(4) | Top↑
2012.02.24 (Fri)

ギルティクラウン 第18話「流離:Dear ...」

「俺の要求はただ一つ、邪魔をするな それだけだ」
王の力を手に入れ、ダアトを従い世界を恫喝する涯――!
一方、集を連れて逃亡するいのりは…

ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray] The Everlasting Guilty Crown(初回生産限定盤) ギルティクラウン ロストクリスマス 完全生産限定版【Amazon.co.jpオリジナルCD付き】
【第19話 あらすじ】
重ね続けた罪の報いを受けたシュウ。 その前に突如現れたのは、散ったはずの盟友――ガイだった。 だが、彼にかつての面影は無く、シュウの全てを無残にも奪い去り、さらに暗い闇の底に突き落とす。 そして“ダアト”を従えたガイは、要塞と化した24区に玉座を構え、全世界を恫喝する。 一方、生の目的すら失ったシュウは、いのりとともに廃墟を彷徨う。 逃亡する二人に迫る、ダァトの魔手。 ――偽りの中に生まれた紛うこと無き真の光が二人を照らすとき、シュウを思う少女の歌が、彼の心と共鳴する

エクソダス計画は成功したものの、涯の登場により王の力を奪われた集!
腕を失い苦しむ集の姿から目を逸らす谷尋や颯太、花音たちの姿がなんとも…
必死に手を伸ばそうとするいのり、そして涯の登場に驚く葬儀社メンバーたち!
そんな中、GHQに下された命令は、涯を守れと言うもの――!
その命令に、もちろんダリルは納得がいくはずもないですよね(苦笑)
しかし、上からの命令だと 一斉に涯を援護するエンドレイヴ部隊!

さらに上空からは日本殲滅の命を受け、RM弾を搭載した軍の機体が現れる!
東京にRM弾が投下されるなか、何とかしてくれと涯に縋る難波達だったけど…
涯は王の力を使い、複数の所為とたちからヴォイドを引出し それらを融合させ
ミサイル型の新たなヴォイドを作り出したりと これが本来の王の力の使い方なのか!?
軍の機体に向け放たれたヴォイドにより、RM弾は上空で爆破され
ヴォイドの直撃を受けた機体もそのまま地上へ落とされる事に!
燃え落ちる機体をバックに、集を見下ろしてる涯の姿が…

ヴォイドも破壊されて難波達もキャンサー化して崩れ消える事になったけど
まるで人をヴォイドを作る道具としか見てない感じですよね、まさに使い捨て…
そんな涯の姿に、葬儀社メンバーたちもさすがに動揺を隠せない!
生きていた事を喜ぶも、涯のやり方はあまりに酷すぎると感じる綾瀬や鶫たちに
自分はかつての自分ではないと言い放ち、従うが敵対するか選べと言う涯――!
今までの涯ではない、それは涯自身もちゃんとわかった上なのですね…

涯に襲い掛か生徒のヴォイドを破壊し護るGHQのエンドレイヴ部隊
すでにGHQでの涯の立場も しっかり確立されている感じで(汗)
そんな中、涯を守る事なんて出来るかと動いたのはダリルでしたね!
周りのエンドレイヴを次々と倒し、涯に向かい怒りを向けながら
涯さえいなければ こんな事にはならなかったと言うダリルだけど…
一斉攻撃を受け、緊急ベイルアウトされる事に!
あぁ… 今後のダリルのGHQでの立場がかなりヤバい感じになってきましたね~
…このままGHQを抜けて 鶫たちと一緒に…なんていう展開にならないかなぁw

涯の事を守る亞里沙はすっかり涯に心酔しちゃってる感じですけど
特に反応する事の無い涯を見れば、亞里沙も道具に一つに過ぎないんだろうなぁ…
この騒ぎの中、傷ついた集を連れて いのりは逃げたようですね
茎道の所へ戻る涯に、役に立つかと声を掛けて無視される亞里沙が何とも…
これからは涯の為に同志として戦ってもらうと、そういう展開になるのか(汗)

洋上からも国連から艦隊が迫り来る、ウイルス殲滅の為だと日本への砲撃が開始される!
…って、その直前に 一瞬にして艦隊が消滅する事に――!
驚愕する国連をはじめ、この惑星の全人類へ向けて メッセージを発する涯!
全ての人類の命は自分の手に落ち、その一挙手一投足が
256基のルーカサイトによって監視されているのだと!
そのルーカサイトを担っているのが 久し振りに登場の城戸@岡本君なのですねw
ここでまたルーカサイトの存在が大きくなったけど256基も配備していたとは(汗)

今後は涯の許可の無い軍事行動は認められないし、東京24区から300㎞への侵入は敵対行動と見なし警告なくルーカサイトを発射すると警告!
涯の要求はただ一つ、自分の邪魔をするなと言う事――!
この発言から3日、世界が注目する中 奇妙な沈黙が続いている24区
嵐の前の静けさと言う感じがしなくもないですが…
取りあえず 双方様子見と言う状況なんですかね(汗)
葬儀社メンバーたちが これからどう動くのか気になるところですけど、このまま今まで通り涯に付いて行くと言う選択はなさそうな?
綾瀬も鶫もアルゴも 今の涯のやり方は…って感じっぽいし…

今回の事件を受けて、供奉院会長と行動してる葬儀社メンバーも動きだしそうですね
涯が集の王の力を奪ったと聞いた供奉院会長は、この事態の根源にあるのが王の力だと!
そして、その力を欲している存在こそが 例の“ダアト”と言う事なのか…
ダアトという組織は、フリーメイソンやシオン修道会より古い 秘密結社――!
古過ぎてその存在は伝説と言われていたけど、その裏で確実にシンパを増やしつつ
あらゆる組織に浸透していたと言う事なのですね
亞里沙が24区に合流したと聞いた供奉院会長は、やらなければならない事があると
後のOAUとの連絡を頼んでたりと この時から覚悟を決めていたのか…

そして、集を裏切り絶望へと落とした形となった春夏だったけど
ここでようやく少し春夏の想いが見えてきた感じですね、全ては集を思っての事
王の運命から集を開放させる為、集は生きて欲しいと願う春夏!
一方、集を連れて姿を消したいのりの捜索を続けるGHQメンバー
…と言うか、字幕表記ではダアト将校となっていたから、実質的に動いているのは
ダアトのメンバーって事になるのか、茎道もダアトメンバーって事になるのかな?
涯を主と呼ぶダアトメンバー、その涯が興味を示すいのりの存在が亞里沙は気になって仕方ないようですね、自らいのりの捜索任務に名乗り出たみたいですし…

ボロボロになったダリルは嘘界と四分儀のいる部屋へと運ばれたようで…
治療されてなかったりと 何だかダリルの扱いが気になる感じですね
チェス勝負をしていた嘘界と四分儀だけど、チェックメイトで勝利したのは四分儀!
明らかにわざと負けた嘘界は、涯と四分儀を謁見させてやると
あなたも色々と聞きたい事があるでしょうって、“も”という言いかたが気になるなぁ
今までとは違う涯と再会して、四分儀がどんな反応を見せるのか…

集を連れて逃げていたいのり、食糧調達をしつつ逃げ回っているみたいだけど
腕を失ってから スッカリ生きる気力を失ってしまったかのような集の姿が…
皆ごめんと繰り返し謝り、自分が間違っていたと呟く集
しかし、そんな二人を捕捉し 捕縛に動こうとしたところで 立ちふさがる人物が――!
亞里沙の前に姿を現したのは 供奉院会長!!

ここまで愚かだったとは思わなかったと言う会長だけど、亞里沙の気持ちには気づいてる
涯は己が目的の為 一顧だにせぬ男、どれだけ尽くそうとも報われる事はないと!
このまま好き勝手はさせないと、身内の恥をすすぐのだと 刀を向ける供奉院会長
しかし、思わず防御しながら 手にしていた銃を放っていた亞里沙の銃弾に倒れる事に…
あぁ… ついに自らの身内を手に掛ける事になってしまいましたね(汗)
涯がいのりを欲すると言うのなら…と、覚悟を決めた感じで…

狙われているのは集ではなく、自分だと気づいたいのり!
そんないのりの前に男達が立ちふさがるけど… また意識のないうちに血だらけに!
身の危険を感じると真名が…と言う感じなんですかね?
知らないうちに自分が自分でなくなる感覚、それに恐怖するいのり
集の所へ戻り 思わず抱きつくいのりだけど、その変化に集も気づいたようですね
声を掛ける集に 涙を流して縋るいのりの姿が…

そのまま寝てしまったいのりは、目を覚まして このままではいけないと――
このままでは いつか集を殺してしまう、そう感じるいのりの前に真名の姿が!
いのりは化け物だと言う真名、いのりの心は偽物 化け物に心なんかない…
集を殺してしまう前に、早く自分の所へ帰って来いと――!
その言葉にショックを受けつつ、集の言葉を思い出したいのり
どうして いのりのヴォイドの形なのか 気になって聞こうとしたけれど
いのりの中身は関係なく、いのりは いのりなのだと言った集

私は私、集の言葉を思い出し立ち上がったいのり!
歌を歌ういのり、その歌声を聴きつつ 何故か涙があふれる集――
集を抱きしめながら、もう自分を責めなくて良いし 自分を嫌いになるなと言ういのり
一緒にいて たくさんの気持ちを貰った、それは全部集のおかげだと…
皆が集の事を嘘つきと言っても、自分の事が嫌いになっても
自分だけは集の味方だと言ういのりの言葉が遺言過ぎて怖いよ(汗)

狙われいるのは自分一人、囮になるからその隙に逃げろと集にいういのりだけど
だけど、いのりを犠牲にするなんて事を 集が出来るはずもないですよね
集の額に指を当て、眠らせて キスをおくる いのりが…
周りを取り囲むエンドレイヴ部隊の前に 自ら姿を現し立ち向かって行く!
…って、いきなり いのりの姿が一変したけど、これが本当の姿!?
次々とエンドレイヴを倒していくいのりが凄いですね

「たとえ偽物だったとしても、私にとっては
それが たった一つの本物だから――!」

化け物でもいい、偽者の気持ちでも集を守ると言ういのり!
それが今のいのりの気持ち、それこそが たった一つの本物…!
集を守りたい、それがいのりを動かしているのですね

しかし、そんないのりをヴォイドの矢で容赦無く射抜き 動きを拘束した涯!
「見ろ この有り様を
お前は最初からこちら側だったんだ
どうして人間と寄り添えると思った 化け物」

こちら側、と言う涯の言いかたが気になる感じだなぁ…
これで いのりも涯の手に落ちる事になってしまったけど
ここから先の展開いのりのヴォイドと言うか、存在自体が大きな鍵になってくるのかな?

目を覚ました集の手に握られていたのは、いのりが残していった髪留め――
ようやく集の目に力が戻ってきた感じですね!
力も、仲間も失い、さらにいのりまで…と言う事で たった一人の戦いになるけど
いのりを取り戻すために、立ち上がる事を決めたようですね
ここから集がどう動くのか楽しみなところです!

そういえば、亞里沙は涯に付いたけれど 他のメンバーはどうしてるんだろうか?
谷尋や颯太、花音たちがどうしてるのか気になるところ…
世界に宣戦布告した涯に、葬儀社メンバーの動向にも注目ですね
再び集と一緒に戦ってくれるなら力強いですが どうなるか…
供奉院会長が渡りをつけてたOAUも 今後動いてくれるのかな?

取りあえず、ダアトと言う秘密結社の存在がここにきて大きくなりましたね
…この展開だと、ダアトは世界を支配するのが目的なのでしょうか…
終盤に向けて どう動いていくのか注目ですね!


NEXT⇒『贖罪:rebirth』
いのりを追って行動を開始した集!
そんな中、最後のヴォイドゲノムを持って24区を逃亡する春夏に嘘界が動く!
それが葬儀社の運命を大きく変える事に…って、また色々と凄い展開になりそうなだなぁ
春夏が持つ最後のヴォイドゲノム、これが集復活のカギになりそうですね

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://timediver2010.blog27.fc2.com/tb.php/2638-2c9771bd
http://hyumablog.blog70.fc2.com/tb.php/2773-48e61458
http://shino134.blog22.fc2.com/tb.php/3045-26d4b43a
http://irizasama.blog95.fc2.com/tb.php/1032-92226ca6
http://shibauma.blog94.fc2.com/tb.php/223-9de5dbe9
http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/692-ee7f386a

EDIT |  19:54 |  ギルティクラウン【終】  | TB(32)  | CM(4) | Top↑
2012.02.17 (Fri)

ギルティクラウン 第17話「革命:exodus」

「僕は いつか報いを受けるんじゃないだろうか 
人の心を踏みにじった 罪の――…」

エクソダス計画を進める集、その裏でクーデターを目論む亞里沙!
そして、追い詰められた集の前に現れたのは――

ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray] ギルティクラウン(トクマ・ノベルズ) (レクイエム・スコアⅠ) The Everlasting Guilty Crown(初回生産限定盤)
【第17話 あらすじ】
後戻りのできない罪にまみれ、暴君と化したシュウ。 その支配を覆す秘密を知ってしまったアリサは、何者かの手にかかり口を閉ざす。 しかし、それでもなお学園に広がっていく噂は、生徒達の鬱屈を限界まで高めていく。 いのりにすがり、周囲を省みないシュウ。向けられた怨嗟と憎悪は、彼に信じるべき友すら見失わせる。 そんな中、シュウはついに、東京脱出をかけた“エクソダス計画”を発動させる。 ――その裏で張り巡らされた策略が、自身をかつてない絶望の淵に突き落とすとも知らずに……

徐々に迫ってくるレッドライン、議事堂も飲み込み 学園まではあと僅か!
監視を続ける生徒たちの焦りが高まる中、監視を怠り敵の奇襲を受け犠牲が出たら
その責任を取れるのかと、反抗的な態度を取る生徒たちに懲罰房行きを命じる集
容赦なくヴォイドを取り出し、これをどうする事も出来るのだと
ついに力で相手を屈させる方法を取るようになってきてしまった集が…
ヴォイドが破壊されれば死ぬと言う事で、ますます…って感じですかね(汗)

エクソダスまで残り1週間、寝てる暇など無いと作戦の見直しに余念がない集
それに、涯なら作戦前のこんな時 ボーっとしていないと!
何だかんだ言いつつ やっぱり集の目標は涯なんですかね
葬儀社のリーダーだった涯は メンバーを脅して言う事を聞かせていたのかと言う谷尋
って、そういう風にするように集を仕向けていたのは谷尋だと思うんですけどね(苦笑)
まぁ、集の性格なら やり過ぎる事は無いだろうと思っていたのかもだけど…

日々生徒たちの不満が溜まっていく中、やり過ぎは良くないと諌める谷尋だけど
早く皆ここから脱出し助かりたいと思ってるのは同じ、規律が無いから祭の時のように…
もう後戻りは出来ないのだと言う集、それは谷尋自身も前回言ってた事ですよね
亞里沙を襲ったのも 自分たちに不満を持つ者たちの仕業だと考える集だけど
その言葉にハッとして怯えるような様子を見せたいのりが…

前回ラストに亞里沙を襲ったいのりだけど、どうやら無事だったようですね
攻撃は手のひらを貫いただけで 命に係わるものではなかったけど
その事をいのり自身は覚えてないようで、気付いたら血が飛び散っていた…
やはり真名が勝手に いのりの身体を使って…って事になりそうですね
寮の自室に閉じこもり震える亞里沙へ 何者かから連絡が入る事に――
この電話の相手は、亞里沙の反応とこの後の展開から考えると アノ人なのでしょうか?

集への批判はたとえランクSの亞里沙でも許されないと難波に見つかってしまったけど
通話記録を見れば誰と会話してたかすぐに分かると 腕をねじ上げられながら
力で押さえつけられいる 今のこの学校の状況から助かりたい亞里沙は
自らの身体を差出し ヴォイドを取り出して欲しいと 取引を持ちかける――!
あぁ… やっぱりそういう風になってしまうのか…(汗)

集が力で押さえつけている今の現状も限界も近い感じですね
難波と取引し、前回知ったヴォイドの秘密をネットで全生徒に流してもらった亞里沙
ヴォイドが壊れると持ち主も死ぬ、この事はたちまち知れ渡り 不満が一気に爆発―!
事実を隠し自分たちを利用していたと言う事で、集への憎しみが膨れ上がり
地獄へ落ちろと 呪いの言葉が一斉に書き込まれる…!

この情報を受けて、谷尋は噂の出所が亞里沙だと着きとめたようですね
くだらない噂を流すのは止めて欲しいと言う谷尋、そうでなければ今の体制は崩壊する
全ては事実だと言う亞里沙は 随分と病んじゃった雰囲気になった感じで(汗)
集たちのやり方に反発すれば制裁を受ける事になると 怪我した手を見せつけ
そんな事を指示するはずがないと言う谷尋に 怪我を負わせた犯人の名を告げる!

いつか報いを受けるのではないか、人の心を踏みにじった罪の――…
不安に陥る集に それなら自分も同じだと言ういのり
亞里沙の怪我はたぶん自分がやったのだと告げるいのりに 驚きを隠せない集
集が困ると思ったらザワザワとなって… その後は覚えてないようですね
自分が怖い、化け物の自分が… そんないのりを抱きしめる集
ここなら自分が王だから、誰にも傷つけさせるような事はしないと――

そんな二人の姿を見た谷尋は、いのりに拘り過ぎだと忠告を!
亞里沙を襲った犯人はいのりだと言う谷尋に、だからどうしたと冷めた言い方をする集
特別扱いを許せば抑えが利かなくなるし、抑える本人がそれじゃ示しがつかない
だけど、ヴォイドによる死の事を黙っていたのだからお互い様だと 対立する両者!
谷尋は自分を利用しようとしてだけだと いのりのヴォイドを取り出して向ける集
皆が助かる為だし、潤の一件で気づいたのだと言う谷尋は
人は良く間違える、間違えを正すためには力が必要 力を合わせないとダメなのだと!

しかし、そんな谷尋の言葉は今の集には届かないし また売り渡す気なのだろうと…
一度 騙され痛い目を合わされているから、谷尋の言葉は嘘に聞こえてしまうのか(汗)
確かに谷尋がやった事の結果ではあるが、集はもう誰も信じられなくなってるんだろうなぁ
すっかり孤立してしまった感じで 自滅で悪い方向へ進んじゃってる感じですね
唯一 心を許せるのが いのりしかいない状況なのが…
最初から自分と谷尋に友情なんかなかったと言う集は谷尋に出て行けと!
…そのままランクFのテント送りになってしまったようですね

難波に頼み エクソダスの日時や生徒たちのヴォイド情報を入手した亞里沙は
この情報を使って クーデターを起こし、裸の王様を引き摺り下ろすのだと――!
何やら嫌なムードの中、ついにエクソダス当日!
鶫の指示を受けて東京タワーへの移動を開始した生徒たちだけど
集の命令に従いつつ、亞里沙のクーデターの指示を待ってる状況なのですね(汗)
…谷尋に駆け寄る花音が 何を告げていたのか気になる感じだなぁ…

集も何かを感じているのか、皆が自分の事をどう思ってるのか難波に尋ねていたけど
皆を開放するリーダーとして感謝を捧げているとか 何とも白々しい返答w
もちろん集も冷めた感じだったので 気付いているのかな…
しかし、エクソダスの計画については茎道たちにリークされていた!
これを受けて茎道やユウが動き出したけど、これも亞里沙の仕業なのかな?
このままいけば桜田通りで学生たちとゴースト部隊との衝突になりそうですね
これで 真の王が降臨すると言う茎道――!
天王洲付近で最大値のレゾナンス指数を計測、指数のパターンは281通り
良く集めてくれたと言うユウだけど、集はその為に利用されたと言う事ですか?(汗)

エクソダスの計画は、ゴースト部隊のコントロール装置のある東京タワーに
集がヴォイド使い支柱に高圧電流を流し 地中を伝いゴースト部隊を無効化する事!
生徒たちはその為の道を開くため、指定された配置で敵のインセクトを破壊する
上手くいけば 晴れてこのウォールから出られると説明する集!
誰の為でもない、自分たちの未来の為に進むのだと言う亞里沙の言葉で作戦開始!

しかし、やはり犠牲はどうしても避けられないですよね、次々と生徒たちが倒れる中
自分は 生徒たちをていの良い囮にしたのかと戸惑いながらも
反省してる場合じゃないと 自らもいのりのヴォイドを手に立ち向かっていく集!
オートインセクトを破壊しつつ、東京タワーへと突き進む!
もう誰も失いたくない、その想いが集を突き動かしているのですね
ヴォイドを取り換え、東京タワーの支柱へと上がった集は電流を流し装置を破壊――!

支柱が破壊された事により、ゴースト部隊は機能を失い、レッドラインも消失
ようやく解放される事になったけれど…
ここからが 新たな展開の始まりだったのですよね(汗)
全てが終わった今、もはや集を生かしておく意味はないとクーデターの開始!
亞里沙の合図で一斉に集に銃口を向ける生徒たち!
綾瀬を止める鶫もこの計画には賛成してるって事なのかな…
アルゴもどうやら無事だったようですね、いのりを引き留めていたけど
颯太に突き飛ばされ 窪地に落ちた集の元へと駆け寄っていったいのり!

しかし、ここでついに涯が来た――!
集のもとへ向かういのりの身体を ヴォイドを引き出す自らのヴォイドで打ち抜く!
なるほど、さっきユウが引き出していたのは 涯のヴォイドだったのですね~
涯の姿に驚きを隠せない綾瀬や鶫だけど 果たして本物の涯なのか?
見た目は涯だけど 今までの涯とはやはり雰囲気が違うような(汗)
髪で隠されている左目がアポカリプスウイルスの結晶で覆われているし…

来てくれたのねと言う亞里沙の反応から、やはり通話相手は涯だったのかな
エンドレイヴ部隊を引き連れ 集の前に現れた涯!
久し振りだなと優しく声を掛ける涯だけど、次の瞬間容赦なく集の右腕を切り落とす!
いのりから強制的にヴォイドを引き出したのは 最初からこうするつもりだったのか…
以前 涯は集が死ねば王の力が離れると言ってたけれど
腕を切り落とすだけで 王の力を奪う事も出来るのですね(汗)

そのまま、切り離された王の力は涯の右手へと――!
切り落とされた右手に 王の力がと叫ぶ集の姿が何とも…
王の力を失ったいま、集には何も残っていない
仲間も切り捨ててしまい、これから集がどうなっていくのか心配ですね
これが人の心を踏みにじった報いと言うのか(汗)

一方、外でも大きな動きが起こっていた――!
日本政府が出してきた報告書に98か所の隠蔽・捏造を確認したと言う議長
やはり茎道に任せたのは間違いだったと決断する閣僚たち
10年近く手を差し伸べてきたが もう良いのではないかと日本を見捨てようと!?
前回 供奉院会長とやり取りしてた明華グループの総帥の姿もありましたが…
この集まりは 各国の権力者が集まる 国連って事でいいのかな?
消滅する日本円は国連が固定レートで引き取ると言う事で話は決まったようですね

日本の消滅計画が賛成多数により可決――!
この議決を受け、日本に向けRM弾頭が射出される事に!
あわゎ… いきなり日本消滅の危機になったのですが(汗)
国連から見捨てられる事になったけれど、これも茎道の計画のうちなんですかね?
涯が真の王として降臨したことで、ここから大きく変わっていくのかな

王の力を失い叫ぶ集を見下ろし、横取りしたに過ぎないと言い放つ涯
「最初から 王は俺だった」
…確かに、一番最初 ヴォイドゲノムは涯に届けられるはずでしたからね
わざわざ いのりは集に涯に届けるように頼んだわけですし…
しかし、一度は確かに涯の手に渡ったヴォイドゲノムだけど
いのりを助けに向かう集に、今度こそ手放すなと預けたのは涯自身でしたよね

取りあえず復活した涯は 単なるクローンとかそういうレベルじゃないのかな?
ちゃんと以前の記憶もありそうな感じですよね…
とは言え、今回は集の味方ではなく 明らかに敵な感じとなりましたが(汗)
わざわざ涯を復活させた春夏の思惑が気になるところですね
これも全てはクロス博士の意思だと言うのか――
そうすると、もしかした涯の父親って…? ますます気になる展開になってきた~

涯が復活した事で 周りがどう動くのか…
葬儀社メンバーはやはり涯について行く展開になってくるのか?
既に四分儀あたりは 今の涯に付いてる可能性が大きいですよね…
鶫や綾瀬たちがどうするのか気になる感じだなぁ
今後も目が離せないですね!


NEXT⇒『流離:Dear…』
涯により 24区の世界への宣戦布告!?
何とか生き長らえた集だけど、いのりと二人で戒厳令下の東京を逃げる事に…
集を助けようと 何やらいのりが決断するようですが
亞里沙が率いるゴースト部隊に囲まれる事になるようですね
集はどうなってしまうのか(汗)

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://scriptor.blog54.fc2.com/tb.php/1531-e7aba89e
http://shino134.blog22.fc2.com/tb.php/2994-5088ebc7
http://irizasama.blog95.fc2.com/tb.php/1029-3b9b7db6
http://shibauma.blog94.fc2.com/tb.php/218-c866c75d
http://rouzekimono.blog.fc2.com/tb.php/24-2c1e8699
http://animegm.blog.fc2.com/tb.php/1053-3e96ce26
http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/682-0d4e1db0
http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/2247-71d30fbb
EDIT |  19:56 |  ギルティクラウン【終】  | TB(31)  | CM(6) | Top↑
2012.02.10 (Fri)

ギルティクラウン 第16話「王国:the tyrant」

「僕に服従を誓って下さい、さもなくば――…」
ヴォイドによるヴォイドのための王国――
しかし、死の危険と隣り合わせの事実が明らかに…

ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray] ギルティクラウン(トクマ・ノベルズ) (レクイエム・スコアⅠ) 告白/僕らのあしあと(初回生産限定盤A)(DVD付)
【第16話 あらすじ】
供奉院アリサを救出するために、封鎖された東京に潜入した葬儀社のアルゴ。 辿りついた先で彼が見たものは、ヴォイドランク制を受け入れ、学園に君臨するオウマシュウの姿だった。 東京脱出計画のため、生徒たちに厳格な支配を強いるシュウ。そこはヴォイドによる、ヴォイドのための王国。 だが、人の心を軽視した階級制度は、シュウと生徒達の溝を深め、彼を孤独の淵に突き落とす。 そんなシュウに対し、反発するアルゴ。 そのとき暴かれた真実は、シュウの意志を、支配を、根底から揺るがすものだった……。

供捧院会長に頼まれ、変わり果てた東京から亞里沙を救出へ向かうアルゴ!
ついにレッドラインの外のメンバーも動き出した感じでしたね
上海最大の財閥の明花(メイファ)グループの総帥が亞里沙を見初めたのだとか…
引き換えにアジア連合諸国へ渡りをつけると言う事で、早い話は政略結婚
国が弱ると言う事はどういう事か、この身をもって知る事になったと
それだけ今の日本はヤバイ状況に置かれていると言う事ですよね(汗)

上空からレッドラインの内側へと降下し、作戦実行へ移るアルゴ
すっかり変わってしまった街を歩いていると ワクチンを奪い合う生徒の姿が!
そこにいたのは数籐や難波をはじめとする 集の親衛隊を名乗る者たち
どうやら 使えそうなヴォイド所有者も同時に探しているようですね…
ヴォイドを手にする彼らに声を掛けたラルゴは 集たちの所へ連れて行かれる事に!
会長として仕切っているのが集だと聞いて 生意気だと言うアルゴに
親衛隊として集に心酔してる雅火は敵意をあらわにしてる感じで
…何やらすっかり集は 王様な感じになってるようですね

前回の一件を受けてヴォイドランク制度を敷いた集だけど
それを実際に指示を出して管理してるのは 参謀な谷尋のようですね…
何やらすっかり学園内は物々しい雰囲気になってしまって(汗)
レゾナンスゲージを調べ、ヴォイドを取り出しランク評価をする集
以前とはすっかり雰囲気の変わってしまった集の姿に唖然とするアルゴに
政府が新型のゲノム兵器を開発してる可能性があると言う谷尋
全てはそれに対応する為と言う事なんだろうけど、これも全て…だったのですね

予定が詰まっているのだと 場所を変えながら話を続ける集やアルゴたち
東京封鎖の混乱で放棄された軍の輸送船に残されているワクチンや武器弾薬
今はそれを引き上げているようですが、その作業を行っている生徒は
全員 アポカリプスウイルスに発症した者たち――!
頑張って働けばステージ2に移る前にワクチンを投与してもらえるとか(汗)
これもヴォイドランク制の影響なのですね…

そんな中、ボンベに異常が起こり 颯太がピンチに!
予備のボンベは全て使用済み、サルベージした医療用のボンベを使おうとするも
潜水服には緊急用の非常ボンベがついていると それを止めた集は
非常用のボンベを使いホースを切れば 自力で脱出できるはずだと
Fランクの者に おいそれと貴重な資源を浪費する訳にはいかないと切り捨てる!
そんな集にもちろん不平不満も出るけど、集がいないと助からない事も事実
それを分かっているから 皆逆らう事が出来ずに黙って従うしかないのですね…
まさに恐怖によって抑圧されている感じで(汗)

そんな状況に見かねてアルゴが医療用ボンベを繋ぎ颯太を助けたけど
命令を聞けとヴォイドの武器を突き付けられる事に!
東京脱出を計画をしている今、その為に皆が目標に向けて一丸となる必要がある
例外は許されないと言う集に それならどうして差別してるのかと反論するアルゴ
この状況で能力の有無に関わらず 全てを平等にする事は出来ない――
それに、アルゴが探してる亞里沙に関しても 優秀なヴォイドを持ってるから渡せないし
一人だけここから脱出する事は許されないのだと言う集!

自分に服従を誓うように求めるように言われたアルゴだけど
今の集に従うくらいなら死んだ方がマシと言う事で、拘束される事に!
すっかり集の言いなりになってるいのりだけど、これは自分の選んだ事なのだと…
いのりはホントにこれで良いと思っているのか(汗)
アルゴの狙いが亞里沙と言う事で 彼女への監視を指示する谷尋
牢に隔離され 集への怒り心頭なアルゴの所へ 鶫が通信を!
久し振りの再会となりましたが、あまり喜べる状況ではないですよね…

ラルゴが捕えられたと聞いた綾瀬は集の所へ乗り込んだようで
命令に逆らった者へのルールだし、知り合いだからと例外を許したら示しがつかない
祭の一件が悲しいのは分かるけど この状況に納得がいかない綾瀬は
随分簡単に人の気持ちが分かると言う集に思わず平手打ちを!
誰かに見られていたらSランクの綾瀬でも処罰するようだったと言う集が…
ホントすっかり以前とは変わってしまったようですね

明らかにおかしい状況だけど、皆が従っているのは恐怖心が強いと言う鶫
日々迫ってくるレッドラインへのストレス、ウイルス発祥の恐怖
そして日々横行している略奪や暴行の中、ヴォイドは明確過ぎる力…
その気になれば 集が王になるのは容易い事、ヴォイドによるヴォイドの為の王国
それが今この学園の現状なのだと――!
鶫や綾瀬ですら どうする事も出来ないのですね…

崩壊した六本木フォートの跡地では、契約の指輪を拾いあげてるユウの姿が!
相変わらずユウの存在は謎ですね、ダアトに関してはいつ明らかになるのか…
今 集は必死に真名の欠片を集めているいる、ようやく自分の器に気付き始めたけど
でもまだ足りない、もっと追い詰めないといけないと言うユウ
一体 ユウの狙いは何なのか…!?

そして、茎道や嘘界たちの計画も全て順調に進んでいるようですが
集たちのいる周辺をレッドラインで取り囲んだ事で どう動くのかも予想済み!?
天王洲に人が集まっていると言う事で、集がヴォイドを集めている事も
全てお見通しのようですが、この計画に春夏も関わっているようで(汗)
ゴースト部隊の事と言い全ては春夏の思惑でもあるのでしょうか
最初から集を追い詰め ヴォイドを集めさせてる感じですよね…
あまりに厳しいやり方だけど、クロス博士の意思を継ぐのだと何をするつもりなのか!?
以前は集を巻き込むなと言ってたのに、春夏の考えが良く分からない(汗)

抑圧された状況の中、おかしいと違和感を感じる者たちも出てきたようですね
花音は 本当に祭は軍のゲノム新兵器なのかと疑問を抱いてるようで…
実際に祭が死んだのは新兵器ではなく ヴォイドの所為なのではないかと――
そんなデマを信じるなと言う谷尋だけど、真相は谷尋自身が良く知ってますよね(汗)
あの時 祭の最期を見届けていたのは 谷尋なのだから…

皆には自分が自分勝手で横暴に見えているのだろうと、いのりに本音を打ち明ける集
好かれる為ではなく 皆を無事に脱出させる為だから辛くは無い
そうでなければ 祭が死んだ意味が無くなってしまうのだと…
いのりがいれば良い、いのりさえ居てくれれば――
そんな集に、私でいいの?と言う真名の声が聞こえるのが怖いのですが!(汗)
やはり いのりと真名は繋がってる感じなのですかね
たまに人格が変わったような行動をとったりしてるシーンが入るのが気になるし…

そんな中、鶫と連絡を取り合っていたアルゴが行動開始
受け取った鍵で牢を脱出し、亞里沙のいる寮へと向かう――!
連絡を受けた集や谷尋は親衛隊を動かして捜索を指示!
いのりに亞里沙を探すように言い、自身もアルゴを探す集は
親衛隊と共に 体育館へと逃げ込んだアルゴを追い詰める事に!
悠々登場した集に やっぱりヴォイドの保証付きかと嘲るラルゴは
涯ぶってるつもりかもしれないが、全然及んでいないと集にタイマンでの勝負を!

ヴォイドを弾き飛ばして一気に集を追い詰め、王様ごっこは今すぐやめろと言うアルゴ
アッサリとナイフを突きつけられた集、ヴォイドがなければ こんなものですよね…
すっかり変わってしまった集に、どうしこんなになったのかと詰め寄り
必死にあがいていた 青臭いとこが気に入ってたと言うアルゴに対して
この状況で 皆を守る事が出来る別の方法があるのなら教えてくれと逆ギレする集
思わず押し黙るアルゴも 状況を打開出来る策がある訳ではないのですよね…
そんな二人の前に現れた谷尋により、アルゴから解放された集

戦いの衝撃でヴォイドが刺さっている体育館の天井の梁が崩れ落ちる事に!
近くにいた親衛隊の女の子を庇って助けた集だけど…
彼女から取り出されたヴォイドが破壊された事により、彼女自身もキャンサー化
そのまま結晶になって崩れ去るのを目の当たりにして衝撃を受ける集!
この状況にすぐさま体育館の封鎖を指示して 半径30m以内にいたものを
ランクに関係なく 全員とらえるようにと素早く対処する谷尋だけど…
ヴォイドが破壊されると 持ち主である本人が死ぬことになる――
祭の死が 新型のゲノム兵器だと言ってた谷尋の嘘に 集は漸く気づいたようですね

ヴォイドを中心とした王国、その実態は死と隣り合わせの事実!
しかし、もう後戻りは出来ないと言う谷尋、体制が崩れれば皆死ぬ事になる…
作戦が遂行されるまで この事を隠し通すのだと!
事実を知れば集がヴォイドを使うのを躊躇うのが分かっていたから 言わずにいたのか…
そんな谷尋に これで戦争になったら より多くの犠牲者が出る事になると言うアルゴは
今すぐにヴォイドを使う事を止めろと言い、集に目を覚ませと!
そんなアルゴからヴォイドを取り出し、これを壊せば死ぬのだと笑みを浮かべたりと
本格的に集が病んでしまった感じなのですが! どうなってしまうのだろう(汗)

体育館での一件を、寮を抜け出し学園に来てた亞里沙が、一部始終を目撃していた!
すぐに皆に知らせないといけないと体育館を飛び出し、放送室へ向かった亞里沙だけど
後をつけていた いのりに見つかり始末される事にー!?
見ぃつけた とか、明らかに真名の口調になっているのが(汗)
字幕表記も しっかり真名と明記されたいたから、いのりの中に真名がいると言う事?

結局 約束の時間内に亞里沙を連れてこれなかった事で、明華グループとの話は破談
友人のよしみで一つだけ忠告すると、日本から離れるように言われた供奉院会長
太平洋が騒がしくなっていると言う事で、軍艦が日本へ向かっている?
何やらまた大きな戦いが起こりそうな予感がしてきましたね…

そして、ラストに衝撃的な展開が――!
茎道も動き出しましたが、集は自分を許してくれないだろうと言う春夏
一体何をするつもりなのかと思ったら…
見覚えのあるクロス、まさかの 涯復活ですか――!?
これまた凄い事になりましたが、GHQ施設で作られたクローンとかですか?
それとも、ダアトの“墓守”と言われているユウの力によるものなのか??
何にせよ、この状況で復活した涯は 今までの涯とは違って
やはりGHQサイドに付くって事になるのかな…(汗)

前回 四分儀が言ってた“あの人”とは涯の事だったのですね…
と言う事は、葬儀社メンバーが 今度は集と対立する立場になったり!?
どうなるのか気になるところですね
涯に関しては 父親が誰なのかとか謎のままになってる部分もあるから
それらも明らかになると良いなと~

それにしても、真名はいのりの中にいるっぽいし 涯の復活だったりと
色々と気になる展開になってきましたね


NEXT⇒『革命:exodus』
いよいよ作戦決行、レッドラインの中からの脱出が始まりそうですね!
ゴースト部隊を無力化して突破口を開く、果たして上手くいのか…
って、予告映像見てると 亞里沙の姿があるのですが!?
これって鶫のヴォイド能力でコピーしたものだったりするのかな??

公式の4コマ、桜満集親衛戦隊 SSレンジャーってww

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://nanabachimemory.blog.fc2.com/tb.php/325-4f61c838
http://shittakaanime.blog86.fc2.com/tb.php/586-8df3704d
http://2009nenaki.blog11.fc2.com/tb.php/812-32383c64
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/tb.php/863-0e3234de
http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/673-11144214
http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/2235-f1eb8b86
EDIT |  19:55 |  ギルティクラウン【終】  | TB(33)  | CM(4) | Top↑
2012.02.03 (Fri)

ギルティクラウン 第15話「告白:sacrifice」

「僕が間違っていた、優しさになんか 何の意味も無い
クズは区別しなくちゃならない、僕は王になる――!」

ヴォイドランク制を巡り決断を迫られる集!
そんな中、悲劇が起こる…!

ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray] ギルティクラウン(トクマ・ノベルズ) (レクイエム・スコアⅠ) ギルティクラウン オリジナルサウンドトラック
【第15話 あらすじ】
シュウを新生徒会長としてリーダーに頂くことで、平静を取り戻した生徒達。 しかし、刻一刻と迫る“レッドライン”を前に、問題は山積みであった。 難局を乗り越えるため、ヤヒロから提案される“ヴォイドランク制”。 差別の原因となることを嫌い、シュウはその執行を拒んでいたが、 アポカリプスウィルスを抑制するワクチンが不足しはじめ、彼はリーダーとしての決断を迫られる。 その迷いが呼び込むトラブル。友がシュウに投げかける願い。 引き起こされる悲劇の中で、シュウが見出す、自分があるべき姿とは――

賛成多数で新たな生徒会長となった集を中心に動き出した生徒会
谷尋は全生徒を集を頂点にしてゲノムレゾナンス指数によってランク分けする
ヴォイドランク制度を取り入れるべきだと提案してきたけど…
人の心を形にしたものがヴォイドだから 力の差が大きく出てきちゃいますよね
祭のように役に立つヴォイドもあれば、ほとんど使えないものもある
大事なのはヴォイドの強弱ではなく、皆の為に働く事――!

一通り生徒たち全員のヴォイドを調べたようだけど 谷尋の提案するランク制は
人を不快にさせるもので上手くいくとは思えないと反対の集
しかし、今の状況に問題が無いかと言えば そうとは言えないのもまた現実
今後の事を考えると、確かに武器となるヴォイドのランクは必要だとは思うけど
本人の尊厳を無視するような部分もあるから 問題は多いですよね
他にもやるべき事は多いし、日々刻々とレッドラインは侵攻してきている状況

生徒会を中心にしっかりしないといけないけれど、思ったようにはいかないようで…
ワクチンや武器弾薬、バリケードの設営も予定の半分も進まない
だからこそヴォイドランク制を敷けと言う谷尋、上下関係を作れば 人は倍働く
しかし、そんな事を皆が受け入れるはずが無いと 割り切れない集
これは差別ではなく区別だと言うけど、その割り切りが難しいのですよね
たとえ区別でも された方が差別だと感じれば同じ事なのだと…

集の気持ちもわからなくも無いけど、レッドラインは今この時も進んでいる
こんな状況で大丈夫なのかと心配する綾瀬、さらに鶫からは
同情は毒にしかならない、そう涯が言っていたし ただ嫌われたくないだけなのではと
今の集にとって 痛い言葉を投げつけられることになりましたね…
いのりからは 皆が…ではなく、集自身はどうしたいのかと――!
皆の上に立つ者として、自分の感情だけではダメなのですよね

お風呂に入りながら集に関しての話をする女子メンバー!
いのりと集の関係を気にする祭に、こんなご時世だから言った者勝ちだと
早く告白しちゃえとけしかけてる鶫がw
集が生徒会長になって嬉しかったと言う祭、集なら優しい王様になれると――
しかし、いのりは集の中にあった迷いを見抜いてたようですね…

そして、颯太にヴォイドランク制に関する事を話してみた集だけど
振り分けられる方としては 当然のごとく差別だと批判が出ますよね(汗)
もちろんそんなシステムは取り入れないと言う集
なぜか屋上で二人して叫びながら友情を深める事にw
生徒会長に向いてないんだ、人に嫌われるのが怖くて何が悪いと叫ぶ集が(苦笑)

ヴォイドランク制反対、あらためて谷尋にそう言おうとしたけど…
状況はさらに悪化しているようで、ワクチンの数が足りなくなってるようですね
とりあえず優先的に集の分は確保される事になったけど、選択を迫られる事に…
集が発症してしまえば この学校を守る事が出来なくなる
そして、この状況で役に立つヴォイドは優先されるべきだと
否応なしにヴォイドのランクが必要になる状況に追い込まれる集は
皆が生き残る為に必要な事だと、上に立つ者として決断を求められる!

一方、颯太たちは生徒会室の掃除の時に ランク分けした資料を手に入れたようで…
自分たちが最低ランクに振り分けられいるのを見て、見捨てられる事になると焦りを!
颯太を中心に、集に詰め寄り 自分たちのヴォイドも役に立てると証明したいから
ヴォイドを使う練習をしたいと申し出る事に
集が使うのと本人が使うのとでは 何やら威力や性能が違うようですね
そんな颯太たちの思いに、集が嫌とは言えないですよね(汗)

そして、ワクチンが不足すれば 必ず動いてくる事を見越して次の作戦を練る嘘界!
行動を開始した生徒たちを始末するようにダリルに命じていましたが
前回、葬儀社メンバーを引き渡すと現れた者を撃てなかったのを見抜かれたようで…
撃てないと変な噂が立つ前に…と言う嘘界にむきになるダリル!
おっと、何やらアンチボディズの中で、ダリルの立場も微妙になってきた感じが~
今後のダリルの行動が気になる感じになってきましたねw

六本木のロストクリスマス再来の一件からバラバラになった葬儀社メンバーだけど
四分儀はどうやら嘘界のところに捕えられて(?)いたようですね
チェスの勝負をしながら、勝てば本当に彼に会わせてくれるのかと言う四分儀だけど
“彼”とは 一体だれの事を指しているのか気になるところです~

色々と失敗したとスッカリ落ち込んでいる集の元へやってきた祭
人の顔色ばかり伺って、谷尋の前には谷尋に 颯太の前では颯太に良い顔をしてしまう
それは皆同じだと言う祭だけど、リーダーとしてはそれじゃダメだし強く在るべき
そんな集を抱きしめて、自分は集の良い所をたくさん知っていると
ほとんど告白してるかのような感じになってましたねw

そんな中 花音から颯太たちがヴォイドを手に学校の外へ出たと連絡が!
練習すると言ってたけど、最初からこうするつもりだったのか…
この先に緊急指定の病院があり、そこならワクチンがあるはずだと!
ワクチンを持って帰れば 自分たちが最低ランクじゃない事を証明出来ると言う颯太
集もランク制はしないと言ってたのに、これでおあいこだと…
しかし、颯太のこの迂闊な行動が さらなる悲劇を生む事になるのですね(汗)

ワクチンを求めて動き出すのを待っていたアンチボディズに狙われる事に!
集はともかく 颯太たちは戦いなんて経験がないから 逃げる事も出来ずに囲まれてしまう
何とか敵のエンドレイヴを引き付けて 皆を助けようとする集だけど…
逃げる為に 近くにあった車をヴォイドで祭に直させようとした颯太
そんな一連の行動を見ていたダリルは 集が生きてるなら鶫も…と やっぱり気にしてるw
しかし今回はそんな事を考えてる場合ではないと 祭に狙いを定めた―!

直撃は免れ集に助けられつつ吹き飛ばされた祭、目を覚ますと横たわる集の姿が!
自分も負傷してるのに 集の事を優先するあたり、祭の優しさが伝わりますね
集の傷を癒しながら「優しい王様」と言う絵本について語る祭
とても優しい王様は困ってる人にお金や土地を分け与えていたら
ついに国を失う事になり、皆に怒られると言う話
人によっては間抜けで愚かと感じる人もいるかもだけど、祭はそんな王様が好きだった
自分の初恋だったその王様に、優しくて損をする集は良く似ているのだと…
だから 集はきっと良い王様になってくれると言う祭

集の傷が癒されていくのとは逆に 祭の受けた傷は出血が止まらない!(汗)
さらに上空のヘリからも攻撃を受けて、祭のヴォイドが断ち切られる事に
それでも 何とか集の傷を癒す事は出来たと 一安心する祭の身体がキャンサー化を!
最後の力を振り絞り集の元へ這って行く祭の姿が…
まさに自分の全てを投げ出して集を救った感じになりましたね
綾瀬やいのりたちが車で駆けつけ応戦していましたが、この状況を谷尋が見る事に…

目を覚ました集はキャンサー化して倒れている祭を見つけ抱きかかえるも
結晶となった身体が崩れ落ちていく姿に衝撃を受け叫ぶ集が切ないですね
それにしても ここで祭が退場する事になるとは(汗)
集の事を全て受け入れてくれる祭の存在は大きかったですし
治療してくれる貴重な人物でもあったのに…
目の前でキャンサー化し崩れ散った祭に、集の感情も崩れ去った感じで
いのりを見つけて、無理矢理にヴォイドを取り出して戦う集!

一切の感情を捨てたように、相手を一瞬で倒して行く集に
いつもとは違う何かを感じ取ったメンバーは、谷尋から一連の事を聞かされることに…
ダリルを一蹴したりと 容赦ない戦いでしたね
アンチボディズは倒したけど 祭を失う事になったこの戦いも終わり
全て自分の所為だと謝る颯太に 祭が死んだのは颯太の所為だと殴りかかる集
普段の集なら殴るような事は無いだろうけど、それだけ許せなかったんですね…
祭は集の事を信じてくれたのだと涙を流す集を止める谷尋だけど

自分は間違っていた、優しさなんか何の意味も無いと言う集!
あぁ… 結局そうなってしまうのですね(汗)
祭は集が優しい王様になってくれる事を望んでいたのに…
クズは区別しないといけない、自分は王になると――!

今のこの状況、確かにヴォイドの能力は重要になってくるけれど
それだけで区別してしまうと、さらに大きな問題も起こりそうな…
また反発する者も当然出てくるだろうし、暴動になりそうな予感もするし
それを力で無理矢理に押さえつけるような事になれば
集に付いていく者もいなくなってしまうんじゃ… 今後が気になりますね

ブラックな感じで覚醒してしまった集、展開的には面白くなってきたけど
どうなってしまうのか気になるところですね
祭を失った今、集の事を支えられるのは いのりなんでしょうけど
あまり集が暴走しなければ良いですが(汗)


NEXT⇒『王国:the tyrant』
予告をみると ランク制を敷いた事で
さらなる悲劇が起こりそうな予感ですね…

4コマのチェス対決してる嘘界と四分儀が面白いw

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://scriptor.blog54.fc2.com/tb.php/1487-92ddabe1
http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/2223-7165f0e8
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/tb.php/850-3b42e364
http://shibauma.blog94.fc2.com/tb.php/208-f4c5eb93
http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/665-bb408862
EDIT |  19:56 |  ギルティクラウン【終】  | TB(37)  | CM(2) | Top↑
2012.01.20 (Fri)

ギルティクラウン 第13話「学園:isolation」

「集、お前の右手 その能力… 
出番はそう遠くないように思えるな」

あれから2週間――…
前に進み始めた集たちに、茎道や嘘界も動き出す!

ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray] ギルティクラウン(トクマ・ノベルズ) (レクイエム・スコアⅠ) ギルティクラウン オリジナルサウンドトラック

今回からOPとEDが新しくなりましたね!
悪くは無いけど、やっぱり今までのOPの印象が強かっただけに
インパクト的には弱く感じてしまう…
集といのりの二人がメインでしたけど、互いに手を伸ばす集といのりの場面が
涯と真名に重なったりと、意味深なシーンも結構ありましたね
それにしてもやはり涯の存在感が大きいなw
真名と涯が抱き合ってキャンサー化していくシーンとか
もしかして、今後も涯は何かしらの形で関わってくる事になるのかな?


あれから2週間、東京はすっかり変わってしまった――
茎道が引き起こした ロストクリスマスの再来により
アポカリプスウイルス大感染により都心は封鎖される事に…
ネットや電話、テレビやラジオも沈黙したままで、人々は避難生活をしてるようですね
集も家に帰れず学校に避難しているけど、春夏とは連絡がとれないまま
前回 嘘界と一緒にいたから 今もGHQにいるのでしょうか?
GHQからのアナウンスによれば、間もなく封鎖は解かれると言う事だけど
素直に信じて良いのか怪しい所ですよね、現に谷尋は疑っているようですし(苦笑)

こんな状況は長くは続かない――
全て終わったんだよねと 涯に向けて呟く集が…
前回 涯を失う事になったけど やはり涯がいないのは痛いなぁ
これからどうなるのか気になる所ですね
その影響を一番受けているのは綾瀬、あれからスッカリ元気を失ってしまったようで…
落ちていた靴を拾おうとして そのまま車椅子から転倒して自己嫌悪していたりと
精神的にかなりダメージを受けている感じですね

そんな綾瀬に声を掛けてきた いかにもな二人組がw
機嫌も悪く 消えてと言う綾瀬に 克己心も良いけど親切を無下にされるとムカツクと
最初から綾瀬自身が狙いだって言うのがバレバレ過ぎるよ…
通り掛かった集といのりが助けに入ろうとするけど、それより先に鶫が蹴り飛ばしたー!
一緒に巻き込まれてヘンタイ扱いされる集が(苦笑)
取り合えず無事だったけど 機嫌の悪い綾瀬に集たちも その場を去る事に~
よじ登る姿を見られたくないと言うのもあるけど、一人になりたいって感じなのかな…
そんな綾瀬の気持ちを察して 鶫も一人にしてあげてるようですね

涯を失った事で メンバーはそれぞれ散り散りになってしまい行方不明
そして、涯はもういない――
このまま葬儀社は解散する事になってしまうのか、四分儀とかどうしてるのか
やはり 涯の存在あってこその葬儀社と言う事だったのかな
誰か引っ張っていける人物がいないと駄目だし、集がそうなれれば良いのですが…
残ったメンバーは生徒として学校に避難している綾瀬と鶫だけ
このまま終わってしまうのか、それとも再び戦うのか!?

学校に避難して来てる人達に物資の提供などの手助けをしているのは供奉院グループ!
生徒会長が中心となって 色々と手配してくれてるようですね
食料の不安も無いし、ウイルスを心配してワクチンの備蓄など
今は安定した避難生活を送れているけど、楽観視は危険だと言う谷尋
事件から2週間、人々の気が緩み始める時期だし 実際暴動も目につくようになってきた
学園内でも揉め事が増えたと言う事で、皆避難生活に疲れストレスが溜まり始めている

せめて息抜きが出来れば 少しは変わると言う事で、颯太が文化祭の提案を!
この非常時に何を言ってるのかと反対する谷尋だけど、こんな時だからこそ一発派手にやって嫌な空気を吹き飛ばすのだと言う颯太
食料の心配は無いし ささやかなものならやれると言う事で生徒会長まで賛成するとはw
と言う事で さっそく学園祭の準備に取り掛かる生徒たち!
集も騒ぎたい気分だからと賛成したようですねw

前回の戦いで集の王の力が変化して 取り出したヴォイドを本人に手渡せるように!
早速 取り出したヴォイドを谷尋に手渡す集、これからは学園メンバーも
自らのヴォイドを手に戦いに加わってくる事になりそうな感じが~
集は ヴォイドの力をあまり積極的には使いたくないようだけど…
谷尋は 集の王の力の出番がそう遠くないと感じているようですね
こんな状況は長くは続かない、直ぐに良くなるのは別の意味でそう言う谷尋
これからが本当の戦いになると言う事なんだろうけど…

すっかり学園に馴染んだ鶫は、くよくよしてても始まらないからと
この状況も楽しむのだと前向きな感じですね!
そして、文化祭のメインステージとして エゴイストの生ライブをする事にしたいのり!
自分自身がやってみたいのだと いのりも少しずつ変わってきた感じがしますね
これからの二人の関係がどうなっていくのかも楽しみですw
一方、祭に頼まれて一緒に飾り付けの花を作る事になった綾瀬
まだ前向きになれないようで 一人で居たのが寂しそうに見えたかと卑屈な感じが…
そんな綾瀬にお礼が言いたかったと言う祭、集が変わったのは葬儀社のお陰だと!
少しずつ葬儀社を理解してくれる人達が増えてくれると良いですね

そして、いよいよ嘘界達が動き出す――!
承認されるまでにまだ時間があるからと 摘み喰いに動こうとするのを止められましたが
今度は一体何を企んでいるのか、GHQの動きが恐いですね
しかも、嘘界は少佐から局長へと昇進したようでー!!
さすが処世術に抜かりのない嘘界w
そうなると、これからは嘘界が前線に立って動く事になるのでしょうか!?

学園祭の準備をする生徒達に紛れて偵察にやって来たダリル!
制服&眼鏡のダリルが可愛いじゃないか!!
こうやってると普通の学生だし いつもと雰囲気違って良いですね♪
荷物を抱えた鶫とぶつかり そのまま無理矢理 荷物運びをさせられるはめに!
文句を言いながらも ちゃんと運んであげるのがw
お駄賃だと林檎飴を渡す鶫だと ばっちいと言うダリルに無理矢理押しつけたようで
さすがのダリルも鶫の押しの強さには敵わないようですね!
貧乏臭い食べ物と言いつつ、もらった林檎飴舐めてるダリルが可愛いよw

ダリルが学園に潜入したのは集といのり達の存在を確認する為だったようですね
さっさと潰しちゃえば良いと報告するダリルに手出しはするなと言う嘘界
今は審議中だから直接は手を出す事は出来ないって… つまり間接的には手を出すとw
近場に居た 真心青年団を利用して エンドレイヴで暴れさせるつもりですか~
賛同する資産家を装い 暴徒たちを手駒にして利用するのですね
アイマスクをして接触してる嘘界が怪し過ぎるw

文化祭当日、綾瀬の車椅子を押して楽しむ鶫
しかし、綾瀬はずっとあの時の事を気にしていたのですね…
まだ戦えた、涯を助ける事が出来たのに どうしてエンドレイヴとの接続を切ったのか
あのままだと綾瀬の方が危なかった訳だけど、死んだ方がマシだったと言う綾瀬
中途半端に生き残ってしまったと 自分を責めてるようで…
いのりには歌がある、でもエンドレイヴを失った自分には何もない 役に立てないのだと
一人でいる綾瀬に声を掛けた集だけど、やはり綾瀬は涯を失った事が…
涯を護れなかった 自分が死なせたと言う綾瀬に、涯を死なせたのは自分だと言う集
まぁ、あの時仮に助けられたとしても キャンサー化が始まっていましたからね(汗)

いのりのライブの準備が進む中、文化祭に乱入してきたエンドレイヴ!
ついに真心青年団が乗り込んできましたね、一瞬にして騒然となる会場
綾瀬は戦う必要はないと 安全な所へ避難させようと車椅子を押す集だけど
それを止めながら 逃げたくは無いし 接続を切らないでと叫ぶ綾瀬!
涯がどこまでも早く高く駆ける足をくれた、このままでは終われないと――!

「お願い 集、私を一人で立たせて!」
ここでついに綾瀬のヴォイドの出番ですか
綾瀬のヴォイドは自由に駆ける事が出来る為の脚!
これで 再び自分の思い通りに立てるし駆ける事が出来る!
早速 襲われそうになっていた祭を華麗に助けた綾瀬
これで漸く 綾瀬も前向きになれそうですね!
涯がいなくても 自分も前に進むのだと――!

取り出したヴォイドを本人に渡す事が出来るようになったから
一度に複数のヴォイドを使えるようになったのですね
集もいのりからヴォイドを取り出してエンドレイヴを一刀両断!
綾瀬と集の連携で 見事に撃破し、その様子を見ていた生徒達からは歓声が上がる
背中合わせで笑みを浮かべる集と綾瀬のシーンが良かったですね!

無事に騒動も治まり、最後はエゴイストの生ライブ!
久し振りに自分の足で全力疾走したと満足そうな綾瀬に
変に難しく考えていただけなのかもしれないと言う集もふっ切れたようですね
涯の事はまだ割り切る事は出来ないけれど
それでも自分に何が出来るのか考えて 少しずつ前に進んで行くのだと!
ありがとうと集にお礼を言う綾瀬が良いですね!

ようやくTVが復活したと言う事で早速モニターに映し出されたけれど
そこに映っていたのは茎道、そして衝撃の宣言を――!
調査の結果 封鎖された環状7号線の内側には
重度のキャンサー患者以外の存在は確認されず
臨時政府とGHQは救助活動を打切り、今後10年に渡り 完全封鎖する事を決定!
国際社会の懸念を払拭すべくアポカリプスウイルス撲滅に尽力する所存だと!
“再生の為の浄化”
それこそが日本国 臨時大統領に就任した責務だと言う茎道!

あわゎ… これまた大変な展開になってきましたね(汗)
自ら引き起こしたロストクリスマスの惨劇を利用して臨時大統領になった茎道
これで完全に日本の全てを茎道が掌握する事になってしまうのか!?
封鎖地区は 再生の為の浄化と言う名目で切り捨てるつもりのようですが
その地区内には 集たちのいる天王洲第一高校も含まれている――!

嘘界やダリルが集といのりの存在を確認していたのは
そのまま封鎖地区に隔離する為だったと言う事なのか…
環状七号線をぐるりと隔離の為の防護壁が取り囲む――!
完全に隔離して 内側にいる人達は全て消すつもりですかね

ここにきて一気に茎道が動いた感じですが、この状況にどう立ち向かうのか――!
敵はGHQだけではなく 政府にまで広がりそうだし(汗)
葬儀社も機能して無いし 涯と言う指導者も失った
ここから先 誰が皆を引っ張っていくのか、集の覚悟が試される事になるのかな
今後の展開が楽しみです!


NEXT⇒『攪乱:election』

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://scriptor.blog54.fc2.com/tb.php/1447-e6f8bc4a
http://muhanho.blog40.fc2.com/tb.php/2427-c2f929e8
http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/2199-01ce7666
http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/645-a698d744
EDIT |  19:54 |  ギルティクラウン【終】  | TB(33)  | CM(6) | Top↑
2012.01.13 (Fri)

ギルティクラウン 第12話「再誕:the lost christmas」

「集 思い出せ、あの日の出来事を 
お前は覚えているはずだ」

集・涯・真名、3人の過去が明らかに!
いのりを助けに向かう集、そして涯が……

ギルティクラウン(トクマ・ノベルズ) (レクイエム・スコアⅠ) ギルティクラウン(1) (ガンガンコミックス) ギルティクラウン オリジナルサウンドトラック
【第12話 あらすじ】
ガイをヴォイドの刃にかけ、いのりを連れ去った“ダアト”の墓守・ユウ。 その姿を追ったシュウは、六本木フォートに出現した巨大オブジョに導かれる。 その地下で、囚われのいのりを捧げ、異様な儀式を始めるケイドウ。 取り返しのつかない何かが進められてゆく中、突如、シュウの脳裡に浮かびあがる“ある少女”のイメージ。 やがて映し出される“ロストクリスマス”の真実は、彼の罪を露にする。 ――記憶の中から甦る、ずっと忘れていた強き絆。シュウは友の手を取り、己の因縁に立ち向かう。

六本木フォートは1人の少女の心で形作られたヴォイドの幻影なのだと言う茎道
つまりこの町を形作っているのは真名自身の心って事ですか…
この街で再びロストクリスマスを引き起こそうとしてる茎道の思惑とは何なのか
しかし、ここからは別料金だと 約束だったヴォイドに関する情報を手渡され
茎道に置いてかれる事になった嘘界がw

いのりを助けようとする集の前に現れたユウ、集と同じ様にヴォイドを取り出し
お別れだと斬りつけてきたユウから集を守ったの涯だった!
血を流して倒れる姿、そしてクロスのネックレスを見て過去を思い出した集
以前から思い出しかけていた場面はあったけど、漸くって感じですね
やはり過去に涯と一緒に居た事があったようで…相変わらず鈍いと言う涯

集たちを襲ったユウはダアトの墓守と呼ばれる存在のようですが…
我々も茎道に協力する事になったとか他にも仲間が居そうな感じですね
ダアトとは一体何なのか気になる感じですが、これから明らかになってくるのかな?
茎道やユウはいのりを生贄に真名を目覚めさせるつもりなのだとか…
真名といのりが似ていたのには やはり理由があったのですね(汗)
いのりを連れて去ろうとするユウを追えを集に命じる涯!

後を追いかけ来る集に、どうしてもと言うなら自ら封じた真名の記憶を全てを思い出してからにしろと言うユウ!
そして、忘れていた姉・真名に関する記憶を思い出していく集――
秘密の場所に案内してあげると真名と一緒にやって来た集、場所は大島でしょうか?
そこで海岸に打ち上げられた傷だらけの少年を助ける事になった二人
それが涯だったのですね、名前を答えない涯を海から来たからとトリトンと呼んだ真名
そして、一夏を一緒に過ごす事になった3人――
ロストクリスマスの年、皆が笑顔で過ごせた最後の夏…

同じ時間を過ごすうち、親友と呼べる程仲良くなった集と涯
幼い頃は今とは逆な感じで 集の方が涯を引っ張っていた感じだったのですね
大好きな姉の真名がいて 親友の涯がいて、集の人生で一番楽しかった時間
それなのにどうして真名の事も涯の事も全て忘れてしまったのか――…

六本木フォートの地下では、茎道により真名を目覚めさせる儀式が既に開始されていた
身動きを封じ囚われた集の前には ヴェールを被る様に真名と繋げられたいのりの姿が!
いのりは元々真名との意思の疎通を図る為に作られたインターフェース用のインスタンスボディ、やはり人工的に作られた存在だったのですね(汗)
そして、真名は“はじまりの石”に初めて触れた、アポカリプスウィルスの第一感染者だと!
すなわち真名はイヴであり 肉体を失った彼女が 今いのりの身体を介して復活しようと!?
再びこの地の降り立つ、真名の復活はロストクリスマスの再来を意味すると言う茎道
アポカリプスが世界で猛威を振うのを見届け証人にならねばならないのだとか…

ダアトは集に何か期待をしてるようだけど、茎道にすれば単なる小僧に過ぎない
黙って見ていろと言う茎道だけど、ダアトって何かの組織なのでしょうか?
ユウはその墓守と呼ばれてましたけど…謎だらけですね
いのりを助けようとする集を止めるユウは
これから茎道がいのりを介して真名にプローズするのだと!
彼女に伴侶として選ばれた者が次代の新たな人類の始祖となるのだとか――
“はじまりの石”を使えばイヴを操る事が出来る、その為の石なのですね…
茎道は新たな人類の始祖になるのが狙いと言う事ですか…

集と涯そして真名が出会った時から、少しずつ歯車が狂い始めていた感じなのですね
この時 既にアポカリプスウイルスに感染していた真名には頬に結晶が…
それに気付いた涯は 人を狂わす良くないものだと父親が言っていたと言うけれど
涯の父親って結局誰の事なんだろうか?

真名のもう一つの一面に気付いた涯は 集をどうしたいのかと…
そんな涯に自分と集の邪魔をするなと迫る真名が恐いよ!
姉弟であるにも関わらず集に結婚してと約束させる真名
…これってつまり、集が次代の新たな人類の始祖に選ばれたって事なんですかね?
真名の意思と言うより アポカリプスウイルスの影響が大きいような…

儀式を進める茎道を止めようとする集の前に現れたのは真名の意思!?
身体をもたないから まるで目玉の植物のような姿なのが恐いし…
集には怒る資格は無いと言う真名、あの時自分を遠ざけ損ねたのだと――
まだ全てを思い出せない集に お仕置きだと言う真名が病んでる感じですね…
そこへエンドレイヴで助けに来た綾瀬と涯!
ユウに斬られた場所は致命傷では無かったし、キャンサー化の影響で傷が塞がったとか…
それってつまり祭の包帯の能力でも助からないって事なのかな

一方 アリーナから追い出された嘘界は ちょっとした意地悪を…
春夏と接触していましたが 目的はセフィラの施策フィルターを使い
ノイズが掛かってしまうヴォイドを見る為?
…と言うか、茎道たちが行なっている儀式を見てるって事なんでしょうか~
ここから嘘界がどう動いてくるのかも楽しみですね!

茎道と真名と対峙出来るこの時を待っていたと言う涯!
しかし、もう遅い 運命は変わらないと言う茎道
あの日、ロストクリスマスの日に起きた出来事を思いだせ――!
涯に言われて2029年12月、六本木での事を思い出した集!
3人は集の新しい母親である春夏と共に東京に来ていたと言う事で
やはり春夏は本当の母親と言うわけでは無かったのですね…
もしかして真名も実の姉じゃなかったりするのかな?

24日クリスマスイブ、集を六本木の教会へと呼びだした涯
集の知らない真名の事を話そうとしたけど、本人が来ちゃったと(汗)
クリスマスプレゼントとして涯に銃を渡し、ツリーの星を狙う様に言うけど
真名の目が真っ赤に光って どう見てもヤバい感じなのですが~
撃った銃弾はツリーの星ではなく、涯の体を撃ち抜くとか これも計画の内ですか!?
自分と集の邪魔をする奴は容赦無く排除って事ですかね
涯の気持ちを知りながら、好きだったと言いつつ嘘だとからかう真名が…

遅れてやって来た集が血を流し倒れている涯の傍へ掛け寄るけど
私たちの遺伝子で新しい世界を作ろうと、集に迫る真名!
この時 真名の身体はキャンサー化が始まっていたのかな…
髪の毛から結晶が落ちるの見て、思わず化物と真名を突き飛ばし拒絶した集
それにショックを受けた真名は 力を暴走させる事に!
謝りながら怖がらないでと言う真名、自分自身も恐いのだと…
私が私で無くなると力を解放した事で引き起こされたのがロストクリスマスなのですね
そして、真名は暴走する力で自分自身を破壊してしまった――

街に居た人達がアポカリプスウィルスの影響でキャンサー化して砕けたりと
悲劇の原因になった訳ですが、近くにいた集と涯は良く無事でしたよね…
…と言うか、この時に涯はアポカリプスウイルスに感染したのかな?
あの時 真名は二人に助けを求めたけど それに応える事が出来なかった集と涯
強くなると言い残して そのまま姿を消した涯
そのまま全てを忘れ、忘れる事で自分を守ってきた集

全てを思い出した今、集にはやるべき事がわかるはず――
真名の心を取り戻し、無理矢理目覚めさせられた真名を二人でもう一度眠らせる事!
茎道の悪意をヴォイドの力で葬り去る…!
過去を思い出して記憶の鎖が解け、新しい王のモードが発動した集
王の力が増したって事なのですかね、今の集なら出来るはずだと
自分のヴォイドを取り出し、取り出したヴォイドを渡せと言う涯!
ヴォイドを引き出されると意識が途絶えるはずだけど、新たな王のモードでは
手を離さなければ そのままでヴォイドを取り出す事が出来る!?

取り出したヴォイドを手に真名の所へ向かう涯を援護する集!
その途中でいのりを取り出したヴォイドで撃った涯
涯のヴォイドは、ヴォイドを強制的に出現させる 人の心を引き出す銃!
すかさずいのりのヴォイドを手に 茎道に向かって行く集
これによって真名といのりの繋がりが解けて、儀式を止める事も出来たようですね
真名の所へ向かう涯を止めようとする茎道を、ユウは強制的に退かせる事に!
取り合えず、今回の儀式は失敗と言う事で終わりましたが
今後 茎道やユウがどう動いてくるのか気になる所です、これで終わりじゃないですよね?

真名を止める為に真名の意識がある階上へと向かう涯だけど
辿り着いた所で 攻撃を喰らう事に、グッサリやられちゃいましたね…
追いついてきた集に、どの道助からないと自分ごと真名を刺すように言う涯!
思わず躊躇する集の姿に 今自分はどんな風に見えているのか…
子供の頃の集は決断力があって勇敢で強かった、そんな集の様になりたかった
今の集は涯に憧れているけど、涯は集に憧れて強くなったのですね

「お前はいつだって 俺になれる、俺がお前になれたように 
後は1人でやってみろ」

後の事は全て集に任せた涯、真名を再び眠らせる為にも 覚悟を決めた集
そのまま涯ごと真名を――!
崩れる六本木フォートと共に消えていく涯と真名の姿が…
最後にやっと真名に届いたと言う事で 涯は満足しているのかな
たった一人の女をこの手に抱く為に戦っていると言ってたけど
真名を抱きしめながら消える事が出来ましたしね…

掴んでいた手が離れいのりと二人で戻って来た集
ありがとうって聞こえたから 涯はきっと満足していると言ういのり
集の涙を拭いながら 涙を流すいのりが…
ロストクリスマスの再来と言う茎道の計画は防ぐ事は出来たけど
涯を失う結果となってしまいましたね
以前からフラグは立っていたけど、こういう最期になるとは…

後は一人でやってみろと言われた集
これからどうするのか気になる所だけど
涯の後を継いで、葬儀社を率いていく事になるのでしょうか?
とはいえ、涯を失ったのは痛いですよね…

茎道やユウ、そして嘘涯達の今後の動きもありますし
どんな展開になっていくのか楽しみです!


NEXT⇒『学園:isolation』
六本木の事件から2週間、新たな生活を始める集たち
しかし、悪意の目が向けられ…って さっそくダリルと嘘界が動きそうですね!
綾瀬の悲痛な叫びで 再び戦いへと身を投じる事になる集

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://scriptor.blog54.fc2.com/tb.php/1426-a3004ee0
http://ameotokops.blog.fc2.com/tb.php/166-677513dd
http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/2184-67da04e9
http://4wd555.blog.fc2.com/tb.php/495-6f5ac764
http://muhanho.blog40.fc2.com/tb.php/2406-6908b335
http://nanabachimemory.blog.fc2.com/tb.php/292-a3c28b7e
http://rollingstar77.blog103.fc2.com/tb.php/812-c2d0d8e2
http://yuruhou.blog65.fc2.com/tb.php/636-08f0b6b8
EDIT |  19:57 |  ギルティクラウン【終】  | TB(37)  | CM(4) | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。