2012.07.14 (Sat)

アクセル・ワールド 第14話「Arrestation;策略」

「間違いない、能美はバーストリンカーだ 
後は証拠さえ押さえれば!」

証拠を掴もうとするハルユキは 能美の罠に嵌る事に!
ついに本性を現した能美…!

アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray] ユナイト<初回限定盤> Accel World Original Soundtrack feat.大嶋啓之

今回から新OP・EDとなりましたね!
OPでは新たなキャラの姿もあったので登場が楽しみです
新キャラは女の子ばかりな感じですが…
2クール目は青の王とかの出番はないのかな

能美はバーストリンカーなのか!?
試合の時に、加速した様に見えたけど マッチングリストには名前は無かった
その事をタクムに話すけど 能美がバーストリンカーと言う確証はないのですね…
冷凍食品のピザを食べているハルユキとタクムに、ラザニアの差し入れを持って来たチユリ
未来のお婿さん候補の為に…って、一人で舞い上がってるチユリが(苦笑)
ラザニアと聞いて 涙目になって嬉しそうな反応してるタクムが可愛いなぁw
…って、そういえば ニコはずっと居座るわけでは無いのか
暫く一緒にいるのかと思ったら今回はもう姿なかったですし…
まぁ、ニコがいたら またチユリと大変な事になりそうですしね(苦笑)

チユリを加えて、能美に関して話し合う3人
能美と対戦したタクムも加速したように感じたようですね
チユリも事前に攻撃が分かっていたかのように見えたと…
まるで 加速しながら生身の体を動かしてるようだと言うハルユキは
以前 黒雪姫がハルユキを助ける時に使った、フィジカルフルバーストを思い出す!

しかし、あの技はレベル9のバーストリンカーにのみ許された禁断のコマンド
99%のポイントを消費して、生身の体を100倍に加速するもの
仮に能美がレベル9だとしても、たかだか練習試合で ポイント99%を使ってまで
フィジカルフルバーストを使うリスクを負うとは考えられない
だけど その下位コマンド、フィジカルバーストであれば!?
実際にハルユキとチユリの前で フィジカルバーストを使って見せるタクム
肉体は加速せず、意識だけが10倍のスピードに加速するけど 持続時間は3秒!

このフィジカルバーストを使えば、格闘技で相手の技を避けたり出来る…って
つまりは 以前剣道の試合でタクムが強かったのは これを使っていたと言う事!?
以前の僕のように…って、自分で説明しながら思いっきり落ち込んでるタクムが(汗)
能美は去年までの自分、だから試合に負けた自分は何も言う資格は無いと…
そんなタクムに拳で一撃入れて、全然違うと言うチユリ!
力を使ってまでタクムが試合に勝とうとしたのは全てチユリの為だったけれど
能美の場合は自分の為だけに使っていたし、勝った後に嘲るように笑っていた
だから違うのだとタクムを励ますハルユキとチユリ!
取りあえず今はマッチングリストに能美の名前が載らない事を調べるのが先
同じ剣道部と言う事で、タクムが部活中に色々と探りを入れる事に!
眼鏡キラーンなタクムはどうやら立ち直ったようですねw

黒雪姫が修学旅行に行く前の最後の領土戦も無事に勝利したネガ・レビュラス
試合を終えて 部活へと戻ったタクムは、能美に探りを入れてみるも…
タクムに勝てたのはたまたまだとか、もし中学の時のように本気を出していたら分からなかったとか、タクムが力を使って試合に勝っていた事も知っているような口ぶりがムカつくなぁ
そして、ハルユキは能美の事を黒雪姫にも報告していたけど
反応を見る限り 初めて聞いたって感じだし、始業式の時に黒雪姫が反応していたのは
能美の存在ではなく もっと別のものだったりするのかな?

マッチングリストに載らないのは、何らかの不正プログラムをマスキングしているから?
だとすれば わざわざそんな事をする能美の目的とは一体何なのか!?
取りあえず、リストに載らない仕組みを見破り 対戦を申し込み聞くしかない…
バーストリンカー同士戦って…と言う事になりそうですが
明日から1週間 黒雪姫は修学旅行で留守になる訳で どうなるのか(汗)
真っ先に自分が戦いところだと、仮病でも使うかと言う黒雪姫がw

能美の件はハルユキとタクムに任せる事にしたけど無理はするなと言い
さらに、物理加速コマンドの存在を知ったハルユキに忠告をする黒雪姫だけど
たった3秒の為に5ポイント消費するなら、10ポイント消費して無制限フィールドにダイブした方がお得だと言うのがハルユキらしい感じですね!
沖縄土産は何が良いか決めたかと言われ、あまり嵩張る物は悪いからと
黒雪姫が取った動画とかで良いと言うハルユキ
動画と言っても 黒雪姫の水着の高解像度のものを30㎝ケーブル経由でとか欲望に忠実w
…まぁ、実際は 旅行中に食べた沖縄料理の画像が送られてきましたけど(苦笑)

タクムから気になる連絡を受けたハルユキ!
能美の件に関しては 隙が無くてブレインバーストを調べる事が出来てないようですね
3つ上の卒業アルバムに 能美の兄貴らしい人物を発見したタクム
この兄貴が能美の親なのではと考えて 資料として画像データを送って来たけど…
データを開いたこの時に 既に…と言う事だったのですね(汗)
それにしても 似てない兄弟って これも嘘なのかな?

部活の途中で勝手に帰ったり 上級生に嫌味を言ったりと能美はホント性格悪いなぁ…
能美がバーストリンカーであると言う証拠を掴む為に尾行するハルユキ!
…って 思いっきりばれてる感じですよね 明らかにハルユキに気付いてニヤリ…だったし
能美を追って地下のシャワールームへと追いかけて行ったハルユキだけど
この時点で まんまと能美の罠に嵌る事になってしまったと(汗)
男子と女子の標識が 何故かハルユキには逆に見えてしまっているようで
思いっきり女子シャワールームへと忍び込んでしまう事に…!

証拠を掴むチャンスだと、外されたニューロリンカーに直結して
メインバーストプログラムを確認しようとするハルユキだけど…
手にする前に、ニューロリンカーの色だったり鞄の中身で違うと気づこうよw
チユリの物だと気づいた時にはもう遅く、シャワーを終えたチユリと顔を合わせる事に!
…って、相変わらずハルユキのラッキースケベっぷりが(苦笑)

こんなところを他の生徒に見つかったら退学になってしまうから
そのままシャワールームの中に匿ってもらうけど
この事態に、ようやく能美の罠にはめられた事に気が付いたハルユキ!
確かに男子の方へ入ったはずだけど、視界を電子マスキングして上書きされた!?
ニューロリンカーを使って 視界を故意に変えられていたのか…(汗)
隙を見てシャワールームを飛び出したハルユキは 改めてチユリに謝罪
…って、さっきの一件を思い出して 赤くなってるから また怒られる事にw

たかがゲームなのに皆おかしい、どうかしていると言うチユリ
ブレイン・バーストは ゲームであってゲームじゃないと言うハルユキは
能美のように加速の力を現実世界のステータスの様に使っている人は
力を守る為なら何でもするのだと言うけど
そんなのは やっぱり間違っているし、全然楽しそうじゃないと!
でも ハルユキにとっては ブレインバーストは自分を変えてくれたものなのですよね
ブレインバーストがあったからこそ、タクムとも本心でぶつかり合う事が出来た
それに 卑屈度も少し下がったとか(苦笑)

取りあえず 今回の一件は二人だけの秘密と言う事で タクムにも口外するなと!
黒雪姫に覘かれたとチクるとか 考えただけで怖いですねw
とは言え、様子のおかしいハルユキにタクムが気付かないはずもなく…
うっかり口にしようとしたら、背後でブラックオーラ放っているチユリの姿がw
…って、教室にある監視カメラみたいなのが アップにされたりと気になる感じですね
誤魔化して席を立ったハルユキに、能美からの呼び出しメールが届いた――!
指示通り、休み時間に中庭へと向かったハルユキにゲームオーバーだと言う能美が!
ハルユキがシルバー・クロウだと言う事も知ってるようで 勝負はあったと…

全ては能美によって仕組まれた事だった――!
もう対戦しなくても 勝負はついてると言う能美は ハルユキに画像を送ってきたけど
ウイルスは入ってないから安心しても良いとか やはりお前の仕業だったか!
例の能美の写真にはネームタグに視界をいじるプログラムを仕掛けられていたようで(汗)
タクムはそれに気付かず そのままハルユキに送ってしまったのですね…
今回 能美がハルユキに送ったのは、先日の女子シャワールームでの動画!
どうやって撮ったのかと思ったら 隠しカメラを仕掛けておいたのだとか
10個くらい考えた罠の内、一番可能性の低いものに引っ掛かったとバカにしたりと
やり方が 本当イラッとしますね、最低な奴だ!

そこまでして自分を退学にしたいのかと言うハルユキだけど
退学にした所で 何のメリットも無いと言う能美の目的は別のもの
中学生活を楽しむ為に、ハルユキには忠実かつ勤勉な犬になってもらうと!
自分が毎日使うバーストポイントを咥えてくる忠実な犬…って 下僕になれと言う事か(汗)
二人のやり取りを見ていたチユリが そんな事はさせないとハルユキを庇う!
もし、動画を公開したとしても 自分がシャワールームへと呼び出したと言えば効果は無い

でも能美の方が1枚上手だったようですね、さらに罠を仕掛けてあった!
女子シャワー室にカメラが入った鞄が置かれていて それが見つかったとする
その後、ハルユキの映像がローカルネットにアップされても チユリは庇い切れるのか?
まるでタイミングを見計らったかのように、女子シャワー室が立ち入り禁止の警報が!
用意周到と言うか えげつないと言うか… ここまでやるとは(汗)

たかがゲームだと言うチユリに、どうしてそう言い切れるのかと言う能美は
チユリも自分に従うしかないのだと 無礼な口を聞くなと主導権を握りながら
舌なめずりとか キモイし こいつ本当ムカつく感じですね!
猟犬じゃなくて愛玩犬にしてやるとか 下衆野郎だ!
能美が対戦する時は必ずギャラリーに入って傅けとか…
今の所は 現実世界で何かさせようとは思ってないとかイラッとするw

チユリと直結しようとする能美に向かって行くハルユキだけど
ここで 二人同時にフィジカルバーストを発動!
本当に良かったのかと自問しながらも、チユリにした事は許さないと言うも
普段は使ってないから、物理加速での戦いに慣れてないハルユキ
能美のフェイントにつられてしまい そのままブッ飛ばされる事に(汗)
物理加速での戦いは 先読みとフェイントの勝負だという事くらい ちょっと考えれば分かる
自分までコマンドを使って5ポイント損したと ハルユキを足蹴にする能美が…

次の授業まで残り3分、先にハルユキの相手をしてやると言う能美は
ケーブルを直結させ、加速世界へ――!
墓場フィールドで 対峙する事になったハルユキと能美
シルバー・クロウの前に現れた 不気味なデュエルアバターが能美ですが…
デュエルアバターはバーストリンカーの心の傷に作用するって事だけど
そう考えると 能美の心はかなり歪んじゃってるって事ですかね(汗)
どんな能力を持っているのか、ハルユキがどう戦うのか気になる所です
OPで翼が生えていたけど 能美も飛行アビリティがあるのかな??

ついに本性を現した能美だけど、予想以上に嫌な奴だった…(汗)
戦いを仕掛けてくると言う訳でもなく
相手の弱みを握って下僕扱いにするつもりだったとは…

黒雪姫の不在は痛いけど、今まで色々と頼りっぱなしだったから
ここはハルユキ達だけで 頑張って欲しい所ですね!

エンディングの二人の黒雪姫がハルユキを取り合うと言うのがw
アバターの黒雪姫を撃退する黒雪姫だったり
何だか意味深な感じもしますが、何かの伏線になってるのでしょうか?


NEXT⇒『Destruction;崩壊』
久し振りにアッシュ・ローラー@鈴村さんの出番キタ!
今回はどう関わってくるのか楽しみですw

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://kira47.blog58.fc2.com/tb.php/1757-0016d80c
http://www.nizigen-anime.com/animereview/accelworld/accelworld14/trackback/
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/tb.php/7642-7da9bcff
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/tb.php/3852-6c967fc2
http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/tb.php/220-be29a387

EDIT |  19:48 |  アクセル・ワールド【終】  | TB(31)  | CM(8) | Top↑
2012.07.07 (Sat)

アクセル・ワールド 第13話「Violation;侵入」

「ライム・ベルはヒーラーだ、これは大変な事になるぞ!」
ついにチユリがバーストリンカーに!
そして、新入生の中に新たなバーストリンカーが?

アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray] ユナイト<初回限定盤> Accel World Original Soundtrack feat.大嶋啓之

前回の予告でチユリがブレインバーストの世界へ来そうだなと思ったら
冒頭からブレインバーストのプログラムインストールから始まりましたね!
タクムからプログラムを送信してもらうと言う事で、タクムが親になるのか
…って、失敗した時の事も考えて ハルユキも巻き込んでましたけど
短いケーブルしか残ってないから またしても急接近な二人が(苦笑)
これはゲームだけどゲームじゃない、いつか後悔するかもしれない
そう忠告するタクムだけど、別に特別な力が欲しいからと言う訳ではなく
ゲームなのに深刻ぶってる二人に、楽しんでやるものだと教えたいのだと言うチユリ

タクムはブレインバーストの世界に関わる事でチユリが変わってしまうのが怖い
それなら守ってやれば良いし、インストールが成功するとは限らないと言うハルユキ
どうやら無事にインストールは完了し、バーストリンカーになったようですね!
これからはバトルの方にも関わって来る事になるのか…
親子になったタクムとチユリの関係も変わってくるのかな?

クラス替えを前に不安ばかりのハルユキは、アラヤの事がまだトラウマになってるようで…
夢でクラスメイト全員の顔がアラヤになってる映像は怖過ぎるw
バーストリンカーになって精神的にも強くなってきたのかなって思っていたけど
やはり今までの扱いを そう簡単に忘れられないようですね
夜中に目を覚ましたハルユキに通信を入れてきたチユリ!
雨風が強く 眠れないようで、ゲートを開くからホームサーバーにダイブして来いと!
仕方なくダイレクトリンクして向かうと、そこはクッション地獄…じゃなくて天国w
見渡す限りのクッションって また凄い空間ですね(苦笑)

進級祝いでメモリを増設してもらったらしく、この空間が15キロもあるのだとか!
それを聞いて 思わず自分にもいじらせて欲しいと言うハルユキだけど
戦車や戦闘機を配置しようとするものだから速攻で却下される事にw
チユリの通常アバターは 外見はそのままで猫耳&尻尾装備で可愛いですね!
相変らずブタのアバターを使ってるハルユキだけど、慣れて使い勝手が良いのかな

デュエルアバターが形作られるのにはバーストリンカーの心の傷に作用すると言う事で
怖い夢を見るかもしれないと言われたから チユリは眠れなくなったのですね(苦笑)
昔からハルユキを枕にすると良く眠れるからと、アバターのハルユキを枕にするチユリ
彼女が望むのはただ一つ、昔のように皆で遊んでいた頃に戻る事
バーストリンカーになる為に頑張ったのだから 以前の3人に戻れるよねと……
空間からチユリが消えたのは 眠ったからって事なのかな?

翌日、新年度になりクラス替えした教室へ恐る恐る入るハルユキだけど
そこにはタクムの姿が、そして後ろから背中を押して教室に入って来たのはチユリ!
どうやら新しいクラスで3人一緒になったようですね!
思わず二人の姿を見て安心したハルユキは涙目に~
新入生を迎え、体育館での朝礼が始まり 挨拶をするのは黒雪姫!
全校生徒の前で挨拶する姿に、加速世界では秩序破壊者で鬼教官だと言うハルユキがw
ハルユキの姿を見て笑みを送ってくる黒雪姫に思わず赤くなってるのが可愛い

挨拶を続ける黒雪姫だけど、何かを感じて一瞬様子が変わりましたね!
それを感じたハルユキとタクム、黒雪姫は何に気が付いたのか!?
もしかしたら新入生の中にバーストリンカーが居るのでは考えたハルユキ
ブレインバーストをインストールした者は、普通は親と同じ学校に行くみたいだけど
例外もあるし それを確かめる為に、タクムと一緒に加速世界へ入ろうとしたハルユキ
アカウントの配布も終わり 新入生がローカルネットに接続する頃!
二人でこそこそしてるのが気に入らないようで 自分も連れて行けとチユリが来たw
楽しんでやるものだと教えるには一緒にやらなければ意味が無いと!

どうせバーストポイントを使う事になるし、チユリのデュエルアバターを確かめる為
ハルユキがチユリに対戦を申し込み、タクムがギャラリーとして 3人で加速世界へ!
ついにチユリが加速世界デビューですね、名前はライム・ベル!
…って、OPには既に登場していたけど チユリとは気付かなかったw
ライム・ベルの名前の通りの色合いで 可愛い感じですね!
色が派手だと言うけど、ここまで彩度の高いアバターはなかなか居ないのだとか
そして、加速世界でのハルユキとタクムの姿を見る事になったチユリ!
アバターはトラウマの表現だと言って シルバー・クロウの姿に妙に納得してるしw
タクムに関してはイメージ通りって感じだったようですね!

リストに表示されているのは、シルバー・クロウ、ブラック・ロータス
シアン・パイルにライム・ベルの4人だけ、新入生にバーストリンカーは居ない!?
黒雪姫が反応していたのは一体なんだったのか…
そんな中、初めての加速世界でチユリは早速 必殺技を使おうとw
しかしゲージが溜まってないから技を出す事は出来ないのですよね(苦笑)
ゲージを溜めるには相手にダメージを与えるか 自らがダメージを受けるかと言う事で
シルバー・クロウをターゲットにしようとするけど、ここは建物破壊でゲージを溜める!
建物を破壊してもゲージは溜まるけど 自分の体力ゲージもダメージを受けるはず
だけど、ダメージを受ける事もなく 楽しそうに破壊しているチユリが(苦笑)

ゲージが溜まった所でハルユキに向けて必殺技、シトロン・コールを放つけど
受けたハルユキには何の変化も無いけど チユリの必殺技ゲージの減りは大きい!?
ダメージ技でもなく、幻惑や弱体化でもないとしたら――…
何かに気付いたタクムは、ハルユキを攻撃するようにチユリに指示w
攻撃を受けるだけのハルユキは可哀想な感じだけど、再びゲージを溜めたチユリが
改めてシトロン・コールを放つと、減っていたハルユキの体力ゲージが回復した!?
チユリがヒーラーだと確かめたタクムは大変な事になると!

その事を黒雪姫に話し、他に口外しないように言われたと報告するハルユキ
タクムの判断は正解、もしチユリの事が知られる事になれば
東京中のバーストリンカーが杉並に集まりスカウト合戦が始まる事になる!
…って、チユリのヒーラーの力はそんなに珍しいものなのか…
加速世界が生まれてから7年、回復アビリティを持つバーストリンカーは
今まで二人しかいなかったけど、うち一人は自分を巡る争いに耐えかね自ら退場し
現在はチユリの他には一人だけ、しかも6人の王のうちの一人なのだとか!
一体何色なのか、赤・黄・青・緑は違うだろうし 消去法でいくと紫とか?
黒雪姫の反応だと まだハルユキが会った事のない王みたいですしね

どの王なのか興味を持ったハルユキに 今はその者の名前すら教えたくないと言う黒雪姫
砂粒一つ分でも興味を抱いて欲しくないとか 何やら訳ありな感じが…
親の事に関しても 同じ様な事を言ってましたけど、同一人物だったりするのかな?
勿論ハルユキが他に興味を持ったり 誘いに乗らないと信じてはいるけど不安が拭えない
ハルユキの頬を手で撫でながら 自分の物だと言う黒雪姫!
未来永劫 誰にも渡されないと言われて、ドキドキのハルユキw

とにかく回復アビリティは加速世界にとってはレアなもの それだけで力を発揮する
一度チユリとは話をする必要があると言う黒雪姫だけど
荒れた話し合いになりそうだと心配するハルユキが(苦笑)
軽はずみな行動を取るなと言い聞かせたタクムは、レギオンに関しても放したけど
ネガ・レビュラスへの所属は強制しないのは マスターが黒雪姫だから
それでも、3人があの頃の様に戻れるのなら 所属しても良いと言うチユリ
しかしチユリは何でそこまで昔の関係にこだわるんだろうか…

修学旅行で沖縄へ行く黒雪姫は10日間 加速世界から離れる事に!
それを聞いて衝撃を受けたハルユキ、黒雪姫が居ない間の領土戦はどうするのか!?
…って、明らかに黒雪姫が居ない間に 何か起こるフラグですよね(汗)
ハルユキに留守を任せる黒雪姫だけど、必ず領土を死守するように命じる!
杉並に他のレギオンの旗が立つのは我慢ならないし、見事防衛出来たら褒美をやると!
何でも一つ願いを聞くから考えておけと言われて 妄想が広がるハルユキ!

黒雪姫からのご褒美、食事も違うし 直結は鼻息がかかる、最後のは…最低w
帰って冷静に考えようとするハルユキは、廊下でつまづき転んだ所を新入生の男の子に助け起こしてもらったけれど
掴んだ手をハンカチで拭き拭きしてる男の子が(苦笑)
何やらいかにも怪しい感じでの登場だし、今後の展開に絡んできそうですねw
黒雪姫が留守の間、タクムと二人で領土戦を戦う事になったタクム
ネガ・レビュラスに入った時から こういう展開も覚悟していたと言う事だけど
チユリに言われた、昔のように戻れるよね…と言う言葉が引っ掛かってるようですね
ハルユキに何か言いたそうだったのが気になる感じで…

以前の剣道大会は棄権し 辞めるつもりだったタクムだけど、また始めたようですね!
剣道大会に出場しているタクムの応援にやってきたチユリとハルユキ
加速の力を使わずに 実力で頑張ってるタクムが良いですね
決勝戦でタクムと対戦する事になったのは、ハルユキが廊下で出会ったあの男の子!
能美と言う1年生、何やら違和感を感じながら 試合を見守るハルユキ
完全に間合いに入ったはずなのに、それを交わされ逆に技を決めらたタクムも
何か感じていたようですね、攻め込む時に 能美の口元が動いたけど…
ブレインバーストと言っている??

加速の力を使っているのではと察したハルユキは直ぐにマッチングリストを確かめるも
表示されている名前の中に、ハルユキ達以外の名前は存在せず…
結局確認出来ないままバーストアウトし、試合はタクムが負ける事に
その後の能美の表情からして 何かありそうな感じですね(汗)
加速の力を使って タクムに勝利したのは間違いなさそうだけど…
彼は一体何者なのか、リストに名前が無いのに 加速の力を使っている?

ハルユキ達は違和感に気付いたようだけど、これからどう動いてくるのか…
黒雪姫が反応していたのは能美の事だったのかも気になる感じですね
何に反応していたのか、ハルユキ達には何も話してなかったですし
暫く黒雪姫が離れるし 何か起こりそうそうな予感が~
能美が敵になるのか 今後の展開に注目です!


NEXT⇒『Arrestation;策略』
能美が動き出しそうな感じですね
ラストに映っていたアバターが能美なのかな…?

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://sakanouenokumo819.blog46.fc2.com/tb.php/902-fad1e235
http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/tb.php/216-8b9c77a0
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/2259
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/tb.php/7619-d239a846
EDIT |  19:50 |  アクセル・ワールド【終】  | TB(28)  | CM(6) | Top↑
2012.06.30 (Sat)

アクセル・ワールド 第12話「Absolution;容赦」

「一度戦場にダイブしたなら 
相手が誰だろうとひたすら戦闘あるのみだ!」

圧倒的な強さのクロム・ディザスターとの戦い!
恐れを感じるハルユキにバーストリンカーの在り方と親の意地を見せる黒雪姫!

アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray] ユナイト<初回限定盤> Accel World Original Soundtrack feat.大嶋啓之

ブラック・ロータスvsイエロー・レディオの対戦に突如現れたクロム・ディザスター!
加速世界で現れるまでには丸1日の余裕があったはずだと言うハルユキだけど…
電車の中でバーストリンクしたから その分早く…って事なのでしょか?
そして、この時チラッと映っていた 前回気になったフードの少年
この人物がクロム・ディザスターとなったチェリー・ルークって事になりそうですね
もう一人のバイクに乗っていた女性も気になるけど 結局登場しなかったなぁ…

クロム・ディザスターに刺し貫かれたイエロー・レディオ!
ダメージは受けたけど何とか逃れたようですね、そして近くにいたバーストリンカーが
クロム・ディザスターにやられて…って、その残虐さにこれはもう対戦ではないと
改めてその恐ろしさを感じる事になったハルユキ
…って、結局このままイエロー・レディオは撤退とかw
自分で災禍の鎧を渡しておきながら 手が負えなくなったら放置ですか…

クロム・ディザスターの力を無力化して、断罪の一撃を撃つ手助けをしなくてはならない
しかし自分に出来るのかと弱気になった事で、シルバー・クロウの動きが!?
黒雪姫に偉そうに言っておきながら 今度は自分が動けなくなってしまったハルユキ
闘志なきバーストリンカーにデュエルアバターを動かす事は出来ない…!
そんなハルユキに声を掛ける黒雪姫、認めたくはないけど2年前の裏切りを悔いているし
その事により己の勝利を求める闘争心を心の底で深く恐れている
だけどハルユキは逆、敗北を恐れ 負ける事で自分の価値が下がると思い込んでいるのだと
それがここ最近の揺動戦における不調の原因だと言われ それが事実だと認めるハルユキ
しかし 見損なってくれるなと言う黒雪姫は 何があっても絶対に見放さない
ハルユキと黒雪姫、二人を繋ぐ絆がその程度のものだと思ってるのかと!

黒雪姫vsクロム・ディザスター!
激しく攻撃を繰り出す黒雪姫だけど、クロム・ディザスターに与えたダメージは
そのまま消えてましたけど 普通の攻撃だとダメージを与えられないのかな?
クロム・ディザスターの攻撃に、片膝をついてしまった黒雪姫は
心配するハルユキにこれは意地なのだと言い、さっきは不様な姿を見せてしまったから
このままでは師として 親としても、現実世界で合わせる顔が無いと!
それでも負けたら意味が無いと言うハルユキに、クレバーな撤退など犬にでも食わせろ
一度戦場にダイブしたなら 相手が誰だろうとひたすら戦闘あるのみだと言う黒雪姫
その言葉を聞き、これまで誰の目も意識せず夢中で戦っていたけど 今は負けて皆に笑われる事を恐れている、加速世界でまで人からどう見られるかを気にする自分は大馬鹿野郎だと
立ち上がったハルユキは黒雪姫と一緒に、クロム・ディザスターに立ち向かう!

カッコ良く負けるとするかと言う黒雪姫に、ニコの攻撃が直撃――!
ハルユキを庇った黒雪姫はそのまま倒れる事になったけど どうしてこんな事に!?
スカーレット・レインにやられればブラック・ロータスはポイント全損になってしまう
しかし、バーストリンカーにとって自分以外のリンカーは全て敵
ハルユキはニコの事を仲間だと思っていたけど、それを甘っちょろいと言うニコ!
加速世界には信じるべき何者も存在しない、仲間・友達・親子の絆とも幻想に過ぎない
クロム・ディザスターを倒したら、二人も纏めて始末する それが嫌なら今すぐ逃げろ、次に会う時は 敵同士だと言うニコが…

こうなるしかないのか、悲しい光景だと言うハルユキに、拗ねてるだけだと言う黒雪姫
信じる何者も存在しないと言いつつ、一番それを信じ求めているのはニコ自身
バーストリンカーの最後の絆を求めているから、クロム・ディザスターを撃てなかった
断罪の一撃を与えられず、逆に追い詰められるニコ!
チェリー・ルークとニコ、二人は親子だと言う黒雪姫
ニコにとってクロム・ディザスターになったチェリー・ルークは親なのか…
ハルユキにニコを、我々の仲間を助けに行ってやれと言う黒雪姫が良いですね!

クロム・ディザスターに喰われそうになっているニコを助けたハルユキは
仲間扱いするハルユキを甘いと言うニコこそ甘いとw
チェリー・ルークにとってはブレイン・バーストはもはや呪いでしかない
それを開放してやれるのは赤の王であるニコだけ、いつまでヘタっているのか
その言葉に 銃を手に今度こそ終わりにすべく立ち上がったニコだけど
クロム・ディザスターは長距離ジャンプで この場を離れ
リーブポイントのあるサンシャインシティへ向かいログアウトしようと!

今度こそ断罪の一撃を撃てる事をニコに確認し、クロム・ディザスターを追うハルユキ
ニコが追い付くまで 抑え込むつもりだけど、下手すれば逆に喰われる事になる…
その時は食われるまでだと 覚悟を決めて飛行アビリティで追撃!
跳躍中なら回避は不可能と攻撃を仕掛けるけど、ジャンプじゃなくてワイヤーだった!
ただ跳んでるだけじゃなく、ワイヤーを使って跳んでいたのですね…
それならと先回りをしたハルユキは、伸ばしたワイヤーを自らに繋げる――!

そのまま一気に上昇し、クロム・ディザスターをサンシャインに叩きつけるハルユキ
しかし、繋がったままのワイヤーを今度はクロム・ディザスターに引っ張られる事に!
それでも抗い上昇したハルユキは その反動を使いキックで災禍の鎧を破壊!
中から現れたチェリー・ルークは ただ力が欲しかっただけなのだと――
強くなりたいと思っているハルユキなら分かってくれるよねと言うけど
だからと言って 災禍の鎧を着て 多くのアバターを襲い 自分の子であるニコまで食おうとした事が許されるはずがないと言うハルユキ!
強くなりたいのは皆同じ、ツライもの全てに立ち向かえる力が欲しいと思っている――!

災禍の鎧を破壊し、チェリー・ルークを叩きつけたハルユキ、この後はニコの役目!
断罪の一撃を放ちブレイン・バーストからチェリー・ルークを開放――!
それを見守るハルユキに、自分たちは現実世界の本物の親を知らないのだと言うニコ
二人が通っているのは 遺棄児童総合保護育成学校
親や身寄りのない子共を育てる施設みたいな感じですかね…
ニコは性格もあり 上手く馴染めずにいたようだけど、声を掛けてくれたのがルーク
顔を真っ赤にして一生懸命話しかけて、ブレイン・バーストを教えてくれた

バーストリンカーになってからも、色々と一生懸命教えてくれたり守ってくれたけど
やがてニコのレベルが追い付き、そのうち追い抜いてレベル9になっていた
レギオンマスターになってからはニコも必死で
チェリー・ルークが何を考えているのか 悩んでいるのかを気にする事が出来なかった
リアルでの彼の変化にも気づけなかったのだと言うニコ
チェリー・ルークはニコの親でいたかった、だから力を求め災禍の鎧の誘惑に…
自分が一言いってやればと言うニコは、それをずっと後悔してるのですね

ブレインバーストはただのゲームじゃないし、自分も力の無さに怯えている
黒雪姫に見放されるんじゃないかと怖がっていると言うハルユキ
でも、現実世界での黒雪姫の事を知ってる、その絆は何があっても消えたりしない
だからニコも現実世界でもう一度チェリー・ルークと仲良くなれば良い
加速世界では別レギオンのニコとハルユキも、現実世界では友達になれたのだから!
そういうハルユキに 友達じゃなくて せいぜい手下になれたどうかって
本当は嬉しいのに素直に喜べないニコはツンデレだなぁw

黒雪姫を抱えてタクムが復活――!
前回どうなったのかイマイチ良く分からなかったのですが
コメントで状況を教えて頂き助かりましたw
相打ちになった場所に現れたマーカーの傍でゴースト状態になってたようで!
この状況になると、1時間の待機ペナルティで戦いには参加出来ないのだとか…
1時間経過したから、こうして復活したと言うことですね!
クロム・ディザスターとの戦いも無事に終わった訳ですが…
何か言う事はないかとニコに言う黒雪姫は攻撃された事を根に持ってたようで(苦笑)
悪ぃと ニコも軽い感じで謝ったものだから またしてもいがみ合う二人がw

そんな中、回りの景色が一変する事に!
夜の街並みがあっという間に森のようなフィールドに早変わり
無制限フィールドの属性は混沌、一定時間で属性が変化するようですね
思わず見とれるハルユキ達だけど、その前にやらなければならない事がある!
黒雪姫の指示に従いステータス画面のアイテムストレージを確認し
もしそこに災禍の鎧があれば消し去れと!

誰の画面にも災禍の鎧は確認されず、今度こそ消滅した…と思いきや
何やらハルユキに嫌なフラグが立った感じですね(汗)
リープポイントからログアウトしようとするハルユキも何か感じていたようですが…
〝喰イタイ〟と言う声が… これって災禍の鎧!?
クロム・ディザスターを止める為に、ワイヤーを受けたハルユキだけど
それがまだ繋がっているって事ですかね? 何やら嫌な予感がする(汗)

いつも戦っているバトルフィールドで対戦するハルユキ
最近伸び悩んでいたのは周りの目を気にしていたから――!
回りを気にしていたら今までと変わらない、相手を倒す事だけに集中!
相手は対空射撃を得意とするアバター、しかし戦っているのはライフルではなく
それを持つアバター そしてそのアバターを動かすバーストリンカー!
見事に敵を倒したハルユキを褒める黒雪姫
銃口ではなく本人を見たら照準がブレる気配があったと言う言葉に
あのライフルには視線による自動照準があったと察した黒雪姫だけど
つまり今までライフルばかり意識してたから 撃ち落とされていたと言う事ですかw

そして、ハルユキの自宅には またしてもニコの姿が!
…って、今度は同僚の子を預かると言う設定で すっかり居ついてるし!
ハルユキの秘蔵コレクションを楽しみながら お帰りお兄ちゃんってあざといw
取りあえず、クロム・ディザスターの一件に関しては 手打ちになったようですね
他の王たちに報告したと言うニコ、災禍の鎧を隠し持っていたイエロー・レディオに関しても追及したかったようだけど証拠が無いから出来なかったようで…
何だか黄の王に関しては 単なる小者な感じで終わっちゃいましたね(苦笑)

チェリー・ルークは親戚が現れ福岡に引っ越す事になったようで…
そんな事情もあったりと、災禍の鎧の誘惑に負けてしまったのか(苦笑)
離れてしまえばニコとの繋がりは ブレインバーストだけになってしまう
東京以外にバーストリンカーは少ないのか…
対戦しなければレベルも上がらないし、余計に焦ってしまったのですね
でも、ブレインバーストが無くなったおかげで 元の彼に戻ったと喜ぶニコ

それにVRワールドは加速世界だけじゃない、他にも色々ゲームがある
だからチェリー・ルークと一緒に長く遊べるようなVRゲームを教えて欲しいと!
そんなニコの言葉に喜んで 持ってるゲームなら何でも貸すと言うハルユキ
色々あったけれど、また仲良くなれそうで良かったですね
そして、協力してくれたお礼だと クッキーを投げ渡したニコ
ビックリしながらも もらったクッキーを早速食べて涙を流すハルユキがw
赤くなりながらバカかと言うツンデレニコが可愛い♪

ニコはこのままハルユキの家に居つく事になるのかな?
何だか本当に妹が出来た感じですね!
…と言うか、これを知ったらまた黒雪姫が嫉妬しそうw

無事に5代目クロム・ディザスターを倒す事が出来たけれど
ハルユキに嫌なフラグが立ったのが気になる所です…
まさか 災禍の鎧に飲みこまれて 新たなクロム・ディザスターに…とか?(汗)
今後どう影響してくるのか心配ですね


NEXT⇒『Violation;侵入』
新たな戦いと言う事で、新キャラが登場するようですね
タクムとハルユキ、そしてチユリのやり取りが気になりましたが
チユリが…と言う展開になるのか!?

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://nanohana0103.blog.fc2.com/tb.php/456-2efb0052
http://9ppm.dtiblog.com/tb.php/97-f0675a0f
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/tb.php/7590-2c8efe8c
EDIT |  19:47 |  アクセル・ワールド【終】  | TB(26)  | CM(4) | Top↑
2012.06.23 (Sat)

アクセル・ワールド 第11話「Obrigation;宿命」

「黄の王は災禍の鎧を隠し持っていたんだ 
それをチェリー・ルークに渡して 
ニコを… スカーレット・レインを誘き出した」

イエロー・レディオの仕組んだ罠に嵌ったハルユキ達!
狙われたニコ、そして 切り札により黒雪姫の様子が…

アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray] アクセル・ワールド 500ラージピース KUROYUKIHIME 500-L138 アクセル・ワールド 300ピース REAL&VIRTUAL 300-700

クロムディザスターを倒すべく無制限中立フィールドに入り池袋を目指すハルユキ達
そこへ現れたのは 黄のレギオンを統べる王 イエロー・レディオ!
このタイミングで本来の領地ではない池袋に姿を現した事で
今回の一件は全て仕組まれた事、イエロー・レディオが黒幕だと気づいたニコ!
偶然を装っているけど リアルでの1秒は 加速世界で17分 待ち伏せていたのは間違いない
…と言うか、イエロー・レディオ@石田さんって 豪華過ぎてビックリしたw

自分の可愛い部下を不可侵条約に反してポイント全損に追い込んだ
赤のレギオンの誰かに責任を取ってもらおうと出向いたまでと白々しい感じで!
最初からイエロー・レディオの狙いはニコだったのですね
先代のクロム・ディザスターを倒した時、密かに災禍の鎧を隠し持ち
チェリー・ルークに渡して、5代目のクロム・ディザスターにしたと…
それを利用して ニコを誘き出したと言うことですか(汗)
やはり、一癖も二癖もありそうな 嫌な感じの王ですね

不可侵条約には、レギオンの構成員が条約違反の襲撃により 強制アンインストールに追い込まれた場合、そのレギオンは襲撃者のレギオンから誰でも一人を選んで同様の運命を与える事が出来るとある
イエロー・レディオはこれを利用して、ニコを倒そうと言う事ですか…
全ては自らがレベル10になる為に仕組んだ狩り――!
しかし条約には 誰でも一人を選び復讐を出来るが、レギオンマスター自らが違反者を裁きポイントゼロに処した場合は その限りに非ずともある
ニコは自らチェリー・ルークを裁こうとしたけど それは叶わなかった
違反者がいつ現れるのか、今すぐ処罰出来ないと言うなら 赤の王で間に合わすしかない
最初から仕組まれた罠であり、全てイエロー・レディオにとって都合が良いのですよね…

ここは一度ログアウトして チャンスを窺うべきだと言うハルユキだけど
無制限中立フィールドでは即時ログアウトは出来ず、リーブポイントまで行かないといけない
…って、なかなか面倒なフィールドですね(汗)
ここからだと一番近くても池袋駅かサンシャインシティ、どの道一度は戦う事になる
しかし、イエロー・レディオにも 誤算があったと言うニコ
本来ならニコ一人を誘き出すつもりだったけど、ここにはもう一人王がいる
黒の王、ブラック・ロータスの存在は 彼にとってはイレギュラーな存在
大人しく見物してろと言われて、従う黒雪姫じゃないですよね!

イエロー・レディオの目論み通りに動くつもりはないと言う黒雪姫だけど
しっかり黒雪姫対策の切り札を用意していたようで…
先代の赤の王、レッド・ライダーとの最後のやり取りを見せられる事に!
レッドライダーの姿を見た黒雪姫は明らかに動揺して様子がおかしくなってるし(汗)

互いに憎み合い奪い合い殺し合う、こんなくだらない事の為に戦ってきたのか?
それぞれレギオンを率いて戦い続けてきたのは決して敵だからではないライバルだから
ブラック・ロータスの戦い方は嫌いじゃない、現実世界で会っても友達になれる
むしろ友達になりたいし、だからサドンレスの戦いはしたくないと言うレッド・ライダー
って、レッド・ライダー@津田さんってだけでカッコ良いw
ホントこの作品キャスト豪華ですね、今回だけでも石田さんと津田さんて!

レッド・ライダーの事は尊敬と言う意味で好きだと言うブラック・ロータス
しかし、不可侵条約を結び 加速世界の分割統治を提案する赤の王には同意出来ない
レベル10になる事を目指してきたのに茶番だと 以前言ってましたけど
意見を受け入れたように見せかけ、握手の代わりにハグをした時に首を刎ねたー!
それを他の王たちも 目の当たりにしていたのですね(汗)
わざわざ本人の前で その時の映像を見せるとか イエロー・レディオが悪趣味過ぎる…
精神的に不安定になった黒雪姫はそのまま倒れる事に!
この程度の覚悟でレベル10を目指すとは片腹痛いと
裏切りを引き摺ってる事を見抜き 精神攻撃で戦線離脱させて戦力を削いで一斉攻撃を!

強化外装を展開しようとするニコだけど、一度展開してしまえば身動きが取れなくなる
だから今はサンシャインシティのリーブポイントまで撤退するべきだと言うタクム
ニコがやられれば 次に狙われるのは黒雪姫、それだけは絶対に阻止しないといけない
ここは撤退を最優先し ハルユキが黒雪姫を抱えて リーブポイントまで向かう事に!
しかしさすがに大人数を相手に切り抜けるのは簡単じゃないですよね(汗)
攻撃を受けて大ダメージのハルユキ、この無制限中立フィールドでは痛覚が2倍!?
タクムが壁になりながら 何とかクレーターの端まで辿り着いたハルユキ
ここから飛行能力で一気にリーブポイントまで飛ぼうとするけれど…
イエロー・レディオの幻覚攻撃に嵌り 一気に攻撃を受ける事に!

ハルユキとニコを庇ってダメージを受けるタクム
自ら身を挺して二人を庇い、この程度ではハルユキからの借りは返せないとか
いまだにタクムは大きな負い目を感じているのですね…
でも、ニコはタクムの事を見直してくれたようで 頭だけと言ったのは撤回するとw
イエロー・レディオの必殺技の効果は後30秒程…!
その間 耐え続けるタクムだけど、攻撃を受けて後をハルユキに任せる事に!
って、結局タクムはこのまま戦線離脱してログアウトする事になるとは…
でも敵をしっかり倒していってくれたりと頑張ってくれましたよね

目を覚ます気配のないブラック・ロータス
今の黒雪姫の魂から出力されてるアバターに伝わるはずの信号はゼロ
闘志なきバーストリンカーにデュエルアバターは動かす事は出来ないし
自分の心の傷と向き合える程の強さがなければ立ち上がる事は出来ない!
それがブレインバーストというゲームなのだと言うニコ
タクムが捨て身で時間を稼いでくれたけど ここで逃げ出せる程 人間が出来てはいないと
ハルユキに黒雪姫を連れて逃げるように言うけど、ニコだけ残して行けないですよね
ニコの事も仲間と呼ぶのがハルユキらしいなと!

赤の王であるニコに倒されれば イエロー・レディオは永久退場となる
必殺ゲージを消費したイエロー・レディオに、一気に仕掛けるニコ
強化外装を展開して、近接型の敵をシルバー・クロウに任せる事に!
それでも、自分がやられたら黒雪姫を連れて飛んで逃げろと…
怖気づく部下に ニコの強化外装は固定砲台、鉄の塊に過ぎないとけしかけるも
ここで赤の王の力を存分に見せつけられる事になりましたね!
襲い掛かるバーストリンカー達を次々とミサイルで一掃していくニコ
ミサイルを撃ち込んでいくニコが良い表情してるなぁww

ハルユキも近接型の敵を倒していくも雑魚ばかりでしたね
磁石の力で吸い寄せたのは良いけど13秒しか持たないから 飛行能力で飛んだハルユキから落ちて自滅とか残念過ぎる(苦笑)
不得手である打撃特化型と近接戦になった場合はスピードを生かし、攻撃を受け流しその威力を利用すると言う黒雪姫の言葉を思い出して倒したりと成長してますね!
そんな中、ジャミングによりニコのミサイル攻撃が無効にされた!?
ジャミングを発生してる奴を特定して倒そうとするハルユキだけど…
電撃能力のバーストリンカーに掴まり動けなくなりピンチ!
その間に、ニコの強化外装が次々と引き剥がされて行く事に!
外装ごと腕を取られたりと かなりヤバい状況ですね(汗)

その様子を高みの見物しているイエロー・レディオが嫌な感じですね
所詮は成り上がりの赤の王と 裏切り者の黒の王だと…
この状況でも動く様子の無い黒雪姫に向かい叫ぶハルユキ!
このままで良いのか? こんな終わり方が望んだエンディングなのか?
黒雪姫にとって加速は、ブレイン・バーストは、前人未到のレベル10に到達すると言う野望は、たかが一人の男の思い出と引き換えられるほど安いものだったのか!?
いつまで寝ているのか、あらゆる障害を斬り倒し薙ぎ払って 最後の人になるまで突き進むと決めたはずだと言うハルユキの言葉に答えるようにブラック・ロータスが復活!
その言い方だとまるで自分とレッド・ライダーが恋仲みたいに聞こえるとか
すっかりいつも通りの黒雪姫に戻った感じで良かったです!
ハルユキはさっきの映像で、ブラック・ロータスとレッド・ライダーが恋仲だとw
でも、黒雪姫が初めて好きになったのはハルユキなのですよね

ハルユキの受けてる電撃は土に手を突き刺せばアッサリ破れるものだったのですね(苦笑)
復活した黒雪姫はピンチのニコの所へ!
何だかんだ言いつつ黒雪姫もニコの事を心配してるのが良いなぁ
そんな黒雪姫の周りを取り囲むバーストリンカーたち!
自分と戦うのなら 痛覚2倍の無制限中立フィールドで部位欠損ダメージを覚悟してもらう事になると言う黒雪姫のニヤリ…な黒い笑みが良いなぁw

ここからのバトルシーン、良く動いてて迫力ある感じでしたね
次々と斬り倒していくブラック・ロータスに、どうして今さら現れ邪魔をするのか?
裏切り首を刎ねた友の事を忘れたのかと言うイエロー・レディオ
今頃 レッド・ライダーは何をしているのか、二度と戻れない加速世界の事
その原因である誰かの事を思い出したりしてはいないのかと
またしても精神的な攻撃をしかけてきたけど、もう黒雪姫は吹っ切れたのかな?
イエロー・レディオは勘違いしてる、一つ目はブラック・ロータスにとってレッド・ライダーの首を同じ重さをもつと思っているが それは違う、二つ目は初めて会った時から大嫌いだった事
ここからの黒雪姫の戦いがカッコ良い感じで!

ニコの援護に回ったハルユキは、ジャミングの発信源を特定し倒しに向かう!
そこを狙い撃ちにされるけど 以前とは違い、銃弾を見切って避ける――!
しっかり空中戦での戦いも成長してる感じですね
ジャミングが解除され、残りの黄のレギオンメンバーに向けて一斉掃射するニコ!
そして、ブラック・ロータスvsイエロー・レディオ 王同士のバトル!
加速世界始まって初のレベル9同士のガチな戦いを良く見ておけと言われたハルユキ
あまりに早過ぎて 戦いの様子が良く見えない程のぶつかり合い!

二人のバトルはここからが本番、そろそろ両者の必殺技ゲージが溜まる――!
ブラック・ロータスの必殺技は直接攻撃系、イエロー・レディオの必殺技は 幻覚系の攻撃
幻覚攻撃が発動する前に直接攻撃が届くかどうかがこの勝負の分かれ目になる!
先に必殺技を発動させようとしたイエロー・レディオだけど…
ここでまた凄い展開になりましたね
クロム・ディザスターが現れ、イエロー・レディオの体を突き刺したー!!

ここでクロム・ディザスターの登場となりましたか…
イエロー・レディオの支配下にあるって訳ではないのかな?
本来の目的である クロム・ディザスターになったチェリー・ルークとの戦いに!?
何やらまた面倒な展開になりそうですね(汗)

ニコは強化外装がやられダメージが大きいけど
チェリー・ルークを倒すには 断罪の一撃が必要だし
ここはハルユキがクロム・ディザスター相手にどこまで戦えるか
黒雪姫もいるから大丈夫だとは思うけど どうなるのか気になる所です
イエロー・レディオも これで終わりとは思えないけど…


NEXT⇒『Absolution;容赦』
次回で色々と決着がつきそうですね!

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://sakanouenokumo819.blog46.fc2.com/tb.php/893-8fb6588d
http://hissy00.blog39.fc2.com/tb.php/1754-18c1dcfb
EDIT |  19:53 |  アクセル・ワールド【終】  | TB(30)  | CM(8) | Top↑
2012.06.16 (Sat)

アクセル・ワールド 第10話「Activation;出撃」

「これより君を我々バーストリンカーの 
真の戦場へと案内しよう」

5代目クロム・ディザスター 討伐ミッションスタート!
加速世界へ入ったハルユキたちの前に現れたのは…

アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray] アクセル・ワールド 300ピース REAL&VIRTUAL 300-700

2週間ぶりのアクセル・ワールド!
前回どんな展開だったかと思い出しながらの視聴になりましたが
ニコに協力してクロム・ディザスターを倒しに行くんでしたね!

ニコに見送りされて、黒雪姫と一緒に登校…と言う事で
可愛い妹と綺麗なお姉さんに挟まれ すっかりデレデレなハルユキがw
取りあえず、学校から帰ってくるまでの間に、ニコがクロム・ディザスターの
出現ポイントと時間を調べておくと言う事で任せてあるのですね
エレベーターで黒雪姫にネクタイを直してもらって赤くなるハルユキだけど
次の瞬間 乗り込もうとするチユリと遭遇し 一気に青ざめるのが(苦笑)

何とかタクムが間に入って誤魔化してくれたようですが
相変らずチユリは黒雪姫の事は良く思ってないんですかね…
ブレイン・バーストをしていたと言われて、自分にもコピーインストールして欲しい
バーストリンカーになると言い出しちゃいましたが どうなるのか(苦笑)
ハルユキはどんくさいから無理だと言うけど、タクムは結構前向きっぽい感じ?
第一条件である生まれた時からニューロリンカーを装着と言うのはクリアしている
第二条件である大脳反応速度の方は実は厳密な決まりがあるわけではなく
VRゲームが苦手な者でもインストール出来た前例はあるようですね
脳において肉体を動かす回路も アバターを動かす回路もほとんど同一
ブレインバーストの世界に入る事自体は そう難しいものではないと言う事でしょうか

しかし、誰かを確信無しにバーストリンカーにするのは大きな賭けだと言う黒雪姫
現在ブレインバーストのコピーラインセンス、親として誰かを子にする権利は
成否に関わらず1回と決められている、故に親子の間には強い絆が生まれる
もし、タクムがチユリの親になれば 二人の間には強い関係が生まれる事になる
だけど、必ずしもプラスの要素だけが存在する訳では無い事を覚えておけと…
タクムがチユリをバーストリンカーにするかどうか気になる感じですね

誰かを子にする権利は一度だけ、黒雪姫はその一回に自分を選んでくれた
そう考えるハルユキは、黒雪姫の親の事が気になり 聞いてみる事に!
黒雪姫も呼び出された時点で何を聞かれるかは気付いていたようで…
しかし、今はまだ話す訳にはいかないし、万が一にもその人物と接触して欲しくない
レギオンマスターとしても一人の女としても…って、かなり訳ありっぽい感じで(汗)

黒雪姫の親、その人物はかつてとても近しい存在だった――
世界の中心で永遠に明るく輝き続け、あらゆる暗闇や寒さを遠ざけてくれると思っていたと…
ハルユキにとっての黒雪姫のような存在だったのですね
だけど それは幻想に過ぎず、今では究極の敵と言っても存在だと言う黒雪姫!
出来る事なら 今すぐその人物と戦い 手足を斬り飛ばし 地に這わせ
無様な命乞いを楽しんだ後に 容赦なく首を刎ねてやりたいと!
しかしそれは敵わぬ望みだと言う黒雪姫、そこまで憎しみを抱く親ってどんな人物なのか…

ブレインバースト内の親子関係が、それ以外のバーストリンカー同士との関係と決定的に違う部分は親子は例外なく互いのリアルを知っている事!
リアルを知るが故に、加速世界の事象が現実世界にまで影響を及ぼす
愛しさや恋しさだけではなく怒りや憎しみといった感情まで影響するのですね…
バーストリンカーの親子関係は加速世界で最も強固な絆になるが最も巨大な呪いにもなる
戦いたくても現実世界での影響力を考え戦えなくなると言う黒雪姫
バーストリンカーの存在証明は対戦なのに、これを呪いと言わず何と言うのか

自分は黒雪姫とは戦わないし、戦わないと誓ったと言うハルユキ
もしそうなったらプログラムをアンインストールするとまで…
そんなハルユキに たとえどんな未来が訪れても 選んだ事を後悔しないと言う黒雪姫
…これって、そのうち二人が戦う事になる伏線に感じる(苦笑)
いずれは親を超える為に戦わないといけない状況もありそうな…

学校が終わり家に帰り作戦開始を待つまでの間に、ニコと話をするハルユキ
先代の赤の王を倒した黒雪姫の事を憎んでいないのか?
憎んではいないし むしろ感謝してるくらいだと言うニコ
自分が赤の王になれたのも黒雪姫が先代を倒し一度レギオンを解体してくれたおかげ
ニコは先代の王とは面識が無いから その辺は気にしてないのかな?

絶対に本人には言うなと話を続けるニコは、黒雪姫は凄い奴だと!
他の王たちが不可侵条約を結び温い対戦を続けている中、本気でレベル10を目指してると認めているのですね
ニコ自身はレベル10を目指しているのか聞かれて分からないと…
王の中では1人でもレベル10のバーストリンカーが現れるとエンディングを迎え、そして全バーストリンカーのプログラムがアンインストールされると噂がある
実際嘘とは言い切れないから 条約を結んで今の均衡を保ってるのもあるのかな?
ニコもそんな事は考えたくないし、それくらい加速世界にはまってしまっている

そんな執着がこのブレインバーストの世界を歪めてもいる
クロム・ディザスターがその良い例、チェリー・ルークが災禍の鎧に手を出したのも
不可侵条約で停滞した今の加速世界でハイレベルを目指した結果
そして、そうさせてしまったのは自分の所為だと言うニコ
…ニコ自身かなりの時間を加速世界で過ごしてるようだし 色々とありそうですね
思わず自分の気持ちを話しちゃった後に 忘れろと蹴りをいれるニコが可愛いw

ニコは間違っていないと言うハルユキ
ゲームが終わって欲しくない、この世界に居たいと思うのは当然の事
山ほどネットゲームをやってきたハルユキは エンディングの無いゲームの終わり程寂しくて悲しいものは無いと、ゲームに飽きたプレイヤーが次のゲームに移って行き ある日急に馴染みのNPCが笑顔のまま消える
そんな体験を何度も味わってきたからその辛さは良く分かるのだと
もしブレインバーストにエンディングが存在するのなら それを目指すべきだし
その結果として加速能力を失ったとしても、理不尽な形で世界の終わりを見せられるよりはずっと正しい事だと言うハルユキ
そんなハルユキの言葉にニコも少し見直してくれたようですね!
…って、ずっと足を掴んでたから蹴り飛ばされる事になりましたけど(苦笑)

メンバー全員が揃ったところで ついにチェリー・ルークが動いた!
西武池袋線に乗り池袋に向かっていると言う事で、今回の狩場は池袋
しかし、その前に桜台駅前に居た パーカーの少年とバイクに乗った人物が気になる…
もしかして今回はチェリー本人が動いてるって訳でもなさそうな?
とにかく追いかける事にしたメンバーは、加速世界から追跡!
バーストリンカーの真の戦場へ案内しようと言われたハルユキは
ポイントを10消費してアンリミテッドバーストで加速世界へ――!

メンバーが入ったのは 無制限中立フィールド、以前クロム・ディザスターを狩った場所
そしてこの空間だと時間制限が無いのですね だから無制限フィールドですか…
レベル4以上での立ち入りだけど、一度ダイブしたらずっと居る事も可能
現実世界で丸1日居たと計算するとここでは3年
何でもっと早く教えてくれなかったのかと言うハルユキに 止めた方が良いと言うタクム
1日2日ならまだしも、数か月半年とこっちで過ごしてしまうと
現実世界に戻った時に人間が変わってしまう、肉体はそのままでも魂の年齢が異なる
…って、この後のニコが反応が気になるけど もしかしてニコはそういう状況なのかな?

池袋へと移動する事になったメンバーだけど
移動手段はやはりシルバー・クロウの飛行能力ですか!
ここで再びニコと黒雪姫の睨み合いが勃発しましたね
どちらが抱っこしてもらって飛ぶかで言い合いになる二人!
抱き着いたニコに目を光らせるブラック・ロータスが怖いし…
手足が刃だから抱えてもらうのは当然だと言う黒雪姫にたして
そんなデザインなのが悪いと 一人で電車で行けと言うニコが(苦笑)
それなら僕が…と意見しようとしたタクムの扱いが酷過ぎるw
いじけて ちーちゃんとか書き始めたし…

結局 両腕にニコと黒雪姫を抱え、タクムが足に掴まって移動する事に!
現実世界の隣に常に存在する 一時的じゃない永続する世界
眼下に広がる世界こそ加速世界、そしてバーストリンカーの真の戦場
今はまだその時じゃないけど、いずれレベル9を目指すならハルユキもここで戦う事に
そして、この場所にはシステムが生み出し動かす エネミーの存在が…
巨大生物の姿をしたエネミーは、この世界で通常対戦以外でポイントを稼げる唯一の方法
とは言え狩りをして倒せたとしても もらえるのはせいぜい10ポイント
本来 このゲームでのエネミーの狩は補助的なものだからポイントも少ないのですね
しかし、相互不可侵条約の為 今では高レベルに達せる唯一の手段でもあると…

他の方法が無いわけでは無い、ここにはエネミー以外にも バーストリンカーも居る
ハイレベルのバーストリンカーは不可侵条約もあり 己のレギオンから出る事は少ない
でも、狩の場に出てきた場合には 好きなように襲い掛かる事が出来る!
それを実行してるのが、クロム・ディザスターと言う事なのですね
そうすると、今ここにいる黒雪姫やニコの存在って 狙われる事になるんじゃ?
…って思っていたら 早速攻撃を受ける事になったー!

ミサイル攻撃を受けるハルユキたちは、一度地上へ降りる事にしたけど
まさに誘い込まれた…って感じで、バーストリンカーたちに囲まれちゃいましたね(汗)
そこへ姿を現したのは、黄の王 エロー・レディオ!
本来の領地ではなく池袋に姿を現した事で、今回の黒幕が黄の王だと気づいたニコ!
…つまり チェリー・ルークに災禍の鎧を与えたのは イエロー・レディオ!?

今回の一件、チェリーをクロム・ディザスターにした狙いはニコって事になるのかな
ピエロなアバターからして 一癖も二癖もありそうな感じですね…
桜台駅前にいた二人のうちのどちらかが本体なのか、それともチェリー・ルーク自身なのか


NEXT⇒『Obrigation;宿命』
次回は黄の王とのやり取りも見れそうですが
激しいバトルになりそうですね…

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/128-897300c1
http://sephiroth2012.blog.fc2.com/tb.php/4990-88fd91ad
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/tb.php/7543-0aa5ad9a
http://alicetail904.blog42.fc2.com/tb.php/1173-84571855
http://animesake.blog.fc2.com/tb.php/104-2ec9188e
EDIT |  19:49 |  アクセル・ワールド【終】  | TB(35)  | CM(6) | Top↑
2012.06.02 (Sat)

アクセル・ワールド 第9話「Escalation;激化」

「シルバー・クロウ、あんたの背中の翼 
飛行アビリティの力を一度だけ借りたい 
災禍の鎧を破壊する為に――!」

災禍の鎧、クロム・ディザスター
黒の王 黒雪姫と赤の王 ニコの対面!

アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray] アクセル・ワールド クリアファイル 通学シーンアクセル・ワールド03 フィギュア付き特装版

スカーレット・レインの一件をタクムにも話す事にしたハルユキと黒雪姫
屋上で一人でチユリのお弁当を食べてるタクムだけど、二人一緒の所って
そういえば見なくなっちゃったけど まだ付き合ってるのかな?
それにハルユキと黒雪姫の様に学校で堂々とラブれるような関係じゃないとかw
思わずラブってないと否定するけど 息ピッタリなハルユキと黒雪姫が(苦笑)
黒雪姫をマスターと呼ぶ方が、タクムにとっては自然な感じと言うことで
結局 このままタクムは黒雪姫をマスターと呼ぶことになりそうですね

赤の王の目的は情報不足で分からないが、身元が露呈しなかった場合ハルユキに何をしようとしていたかは推測出来ると言うタクム
ハルユキの性格からして3日も一緒に暮らせば情がわく
そこでバーストリンカーだと言う事を話し、一生懸命溜めたポイントを先輩に取られて困っているから一緒にレギオンきて助けて欲しいと懇願する作戦
そんな見え透いた嘘に騙されるはずがないと言う黒雪姫だけど… ハルユキは騙されそうw

妹を助ける為に、レギオンを移籍し助けた後 再び戻ってくる事は不可能だと言う黒雪姫
断罪の一撃(ジャッジメントブロー)レギオンマスターのみに与えられた処刑の為の必殺技
その一撃を受けたレギオンメンバーは、即座にポイントがゼロになりブレインバーストを永久消失する事になるようで…
もし、ハルユキが赤のレギオンに一時でも遺跡すれば、生殺与奪は赤の王が握る事になる
つまり、ジャッジメントブローで脅して ハルユキにさせたい何かがあったのではないか――
そう考えるタクムだけど、以前タクム自身も青の王に処刑されそうになった事も…
寛大な処置で免れたけど、あの時 時間をくれと言ってたのは そういう事だったのかな?

妹の偽装がバレた赤の王は、今度は黒雪姫に直接会って取引を持ちかけようとしている
とにかく、話があるのなら聞いてやると言う黒雪姫は ハルユキの部屋で会う事に!
午後四時と約束をして ハルユキの家に向かった二人だけど…
心の準備が出来てないし、部屋も散らかってると 場所を変えようとするハルユキに
赤の王は良くて自分が家に入るのは駄目なのかと張り合ってる黒雪姫がw

自室のコレクションだけは絶対に死守すると決めたハルユキだけど…
スカーレット・レインによって晒される羽目に(苦笑)
グロい内容のゲームソフトのようですが、勝手に持ち出して遊んでるし!
しかも、違う意味でZ指定のものは触れてないとか すっかりバレてるようで~
母親から鍵を発行してもらってるから やりたい放題って感じですねw

ついに対面する事になった赤の王と黒の王!
…って、さっそく睨み合い火花散るやり取りになってるし!
黒くて夜だったら暗くて見えないと言われた黒雪姫は、明るいから交差点にぶら下げたら車が止まって面白そうだと反撃!
可愛い妹と綺麗なお姉さんがいっぺんに出来て嬉しいとフォローしようとするハルユキ
馬鹿か、殺すぞと言われて結局一番立場が弱いのですねw
後からやってきたタクムが 取りあえずこの場を収めてくれたけど
笑顔で頷くタクムに 思わず抱き着くハルユキが(苦笑)

先ずは自己紹介と言う事で、互いのネームタグを見せて確認する事に!
赤の王の名前は上月由仁子と言うのですね!
ここで ついに黒雪姫の本名が明らかになるかと思ったら… 黒雪姫ってw
結局 本名に関してはこのまま分からないままなのか~
王と自称するより姫の方が可愛いとか言うから また二人の睨み合いになってるし!

タクムが仕切る形で話し合いの席に着き、本題に入る事になったけど
まずはどうやってハルユキのリアルを割ったのかを聞く事に!
杉並区の全中学に見学を申し込みパスをもらい 学内ローカルネットに接続
それだけなら 梅郷中の誰かとしか分からないけど、校門の向いにあるファミレスで張り
生徒一人一人に加速してマッチングリストを確認すると言う地道な作業だったのですねw
リストにシルバー・クロウが現れた時、境界に居た人物が…って事ですか
その作業にバーストポイントを200ちょっと消耗したとかすご過ぎる…

そこまでして どうしてハルユキに接触しようとしたのか?
惚れたのかと言う黒雪姫に、中の人じゃなくてアバターに用があると言う赤の王
シルバークロウの背中の羽根、完全飛行アビリティの力を借りたいのだと――!
災禍の鎧を倒す為と聞いた黒雪姫が ここで大きく反応してましたね
2年半前、災禍の鎧 クロム・ディザスターが破壊・消滅したのを この目で確かめたと…
そんな黒雪姫に、それなら何故再び現れたのかと言う赤の王
前回ラストに映っていたのが クロム・ディザスターだったのかな?

災禍の鎧、クロム・ディザスターに関しては実際に見てもらった方が早いと
直結用のケーブルを用意するようにハルユキに言う黒雪姫!
…って、ここでケーブルの長さで また一悶着が~
1メートルと50センチのケーブルしかないと言う事で 誰がどれを使うか…
さっさと50センチのケーブルでハルユキと直結する赤の王(苦笑)
黒雪姫が本当は50センチのを使いたかったようだけど 先にやられちゃいましたね
ケーブルの長さで新密度が…って くだらないと言いつつ気にしてるのが可愛いw

互いにケーブルを繋げたところでダイレクト・リンク!
それぞれの通常アバターが見れましたが、タクムの通常アバターはブリキ兵っぽい感じで
赤の王はいかにもって感じのアバターなのですね、これはこれで可愛いですが(苦笑)
仮想世界ではなく、脳内で直接映し出される記憶映像――!
黒雪姫の記憶を映像で共有してるのですね、映し出されているのは2年半前の記憶
純色の七王と4代目クロム・ディザスターとの戦い――!

クロム・ディザスターは7年前に加速世界に存在した伝説のバーストリンカーの名前
その戦い方は苛烈・残忍、凄まじい戦闘力で暴虐の限りを尽くしたのだとか…
当時最高レベルにあったバーストリンカーが集結しクロム・ディザスターを打倒す事に!
加速世界での死を迎えた瞬間クロム・ディザスターは この世界を呪い汚す 何度でも蘇る
そう言い残した通り、死してもクロム・ディザスターの強化外装は消えずに残った
…それが災禍の鎧と言う訳ですね、本来は外部アイテムに過ぎ それ自体に意志は無い
だけど、その災禍の鎧は 討伐に加わったバーストリンカーに取り憑き精神を乗っ取り残虐な殺戮者へと変貌させてしまった
その後同じ事が3度続き、討伐されても災禍の鎧だけは残り また別の人物に取り憑く…
そうやってずっと繰り返されていたのですね(汗)

黒雪姫が見せたのは、その4度目のクロム・ディザスターとの戦い
災禍の鎧を装着するアバターにより、姿かたちは大きく変わるが攻撃性だけは変わらない
って、アバターを次々倒していく姿はやはり怖いし
本当にバーストリンカー、生身の人間が入っているのかとハルユキも衝撃を受けたようで…
そんなクロム・ディザスターと戦っていたのは、緑の王 グリーン・グランデ!
二つ名は絶対防御(インバルナラブル)と言う事で、守りが堅いのですね
他の王と戦い 瀕死の状態にも関わらず 荒ぶり向かってくるクロム・ディザスターを
ブラック・ロータスも参戦して倒し、最後は七王全員で災禍の鎧が存在しない事を確認

あの時呪いは断ち切られたはずだと言う黒雪姫、それなら5代目が現れたのは一体!?
今回クロム・ディザスターとなったのは、王ではなく赤のレギオンメンバーの一人
チェリー・ルークと言うレベル6のバーストリンカー
目立った能力は無かったけど良い奴、これから楽しくなるとこだった
しかし、赤のレギオンに所属したままクロム・ディザスターとなり
不可侵条約を破り、他の王のレギオンメンバーを襲っていると言う事で
レギオンマスターとして 赤の王は粛清をしなければならないのですね

ジャッジメントブローは 射程距離ほぼゼロの近接技
しかし、5代目クロム・ディザスターは 化物並みの跳躍力と空中での機動力だったりと
飛んでるようなものだから そのジャッジメントブローが当たらないのですね(苦笑)
そこで、完全飛行アビリティを持つシルバー・クロウの力に目を付けたのか…
つまりはハルユキにクロム・ディザスターを捕まえてもらうと言う事!
それは流石に無理だと焦るハルユキだけど、何事も経験だと乗り気の黒雪姫がw

そんな中、冷静に罠かもしれないし危険だと言うタクム
自分たちの目的はレベル10になる事
つまり他のレギオンの王は敵でありいつか倒さなければならない存在だと…
そんなタクムを睨みつけながら、眼鏡キャラか あだ名は博士かと言う赤の王
思わず凹んで何も言い返せなくなったタクムがw
生身でコンタクトしてし 裏切った時は いつでもリアルでけじめを取りに来れば良いとか
赤の王のサバサバした感じが良いですね!
リスクもあるがメリットもある、交換条件も用意してだろうと黒雪姫もしっかりしてるw
暫くは杉並に手を出さない条件で交渉成立――!

クロム・ディザスターが現れる時間と場所は赤の王が調べるが おそらく明日の夕方…
明日の放課後にまたハルユキの家に集まる事で 取りあえず解散になったけど
3日間の外泊許可をでっち上げてきたと言う赤の王は このまま居座る事に!
それを聞いた黒雪姫も このまま泊まると言いだして張り合ってるのが(苦笑)
二人のやり取りに ハルユキはすっかりフリーズしてるし!
仲良く夕食の買い出しに向かう3人のやり取りがまたw
カップ麺を選ぶ黒雪姫にツッコミ入れる赤の王だけど…
黒のイカ墨とか、赤のとうがらし旋風って 凄い商品名ですね~
個人的には棚に並べてあった 青のとうがらし旋風が気になるw

ハンバーグが食べたいと言う親子の会話を聞いて、夕食のメニューは決定
材料を集めて行くハルユキは、本当なら親に甘えたい年頃だと考えていたら
考えは全てお見通しだったようですね、つまんない事考えるなと(苦笑)
ブレインバーストプログラムは、加速と言うテクノロジーのお陰でリアルを薄める
黒雪姫や赤の王がどれだけの時間を費やしてきたか知ったらたらぶっ倒れるって
累計プレイ時間が そうとう凄い事になってそうですね…

ハルユキに、由仁子ではなくニコと呼べと言う赤の王が可愛いなぁ
普通に呼ばれるよりも、愛称で呼ばれる方が好きなのか それともハルユキだから?
ちゃんとか付けるなと赤くなってるのがw
夕食を済ませて 黒雪姫とニコがお風呂に入っている間 この状況を振り返るハルユキ!
親が留守の間に女の子が二人泊まりに来て、ご飯作ってお風呂入ったり…
こういう時、男としてどういう選択肢をチョイスすれば良いのか!?
ゲームやアニメなら、お風呂場に湯加減を聞きに行き 転がり込んだり、桶とか投げられて退散するものだとかイメージするするハルユキ!
…って、結局実行する前に 二人ともお風呂から出てきちゃいましたけど(苦笑)

湯上りの黒雪姫を見てパーフェクトですと言うハルユキに 赤くなってるのが可愛いw
ニコに余計な事を言われそうになって 一撃加えたりしていたけど
一緒にゲームをしたりと 何だかんだ言いつつ仲良くやってる感じですよね
ニコも普通に楽しそうだったし、抱き合って一緒に寝ていたり
こういう姿を見てると 年相応の女の子だなと!

しかし、そんな二人を見ながら タクムの言葉を思い返すハルユキ
他のレギオンの王は敵であり いつか倒さなければならない存在――
でも、ハルユキにはもうニコを倒す事なんて出来ないですよね
情も湧いただろうし、関わった以上 無理だろうなぁ…
今後どう影響していくのか気になる所です!

ニコの目的も明らかになり、協力する事になったハルユキだけど…
クロム・ディザスターを捕まえ倒す事は出来るのか!?
どんな戦いになるのか楽しみですね!


NEXT⇒『Activation;出撃』
クロム・ディザスター戦が始まりそうですが
1週開くのか…(苦笑)

そういえば、2クール目のエンディングは 黒雪姫@三澤さんが担当なのですね

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/1781-1c6b4329
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/tb.php/3820-4bd61c3b
http://vnr2034.blog133.fc2.com/tb.php/1721-56ce049e
http://sakanouenokumo819.blog46.fc2.com/tb.php/885-41cb385e
EDIT |  19:56 |  アクセル・ワールド【終】  | TB(31)  | CM(8) | Top↑
2012.05.26 (Sat)

アクセル・ワールド 第8話「Temptation;誘惑」

「僕はもっと速く 強くならなくちゃいけないんだ 
あの人の為に あの人のパートナーであり続ける為に!」

もっと強くなろうと一人で特訓を続けるハルユキ
そんなハルユキの前に現れた はとこを名乗る女の子!

アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray] アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫) アクセル・ワールド クリアファイル

領土、つまりレギオンによるエリアの支配権は毎週土曜に設けられている領土戦により決まる
レベル不問の同数対決で、平均勝率50%を維持しなければならない
ネガ・レビュラスの領土を拡大する為、領土戦を繰り返す黒雪姫とハルユキ、タクム!
今までの必勝法は、主戦力を黒雪姫とタクムが抑え、その隙にハルユキが飛行し
相手の陣地に一気に攻め込むと言う戦い方だったけれど
何度も戦っているうちに その戦略も見抜かれ、分かれば飛行型は狙いやすい的に!

黒雪姫の為にもっと速くならなければならない、パートナーでいる為にも――!
撃ち落とされてしまったハルユキは 無茶なアプリを組んで特訓していたのですね(汗)
トイレの個室に籠り、銃撃を避ける特訓 しかし避けきれずにダメージを受けるばかり
違法パッチまであてて 限界の痛覚まで…って、また凄いやり方をしてるようで…
今までは飛べば無敵だったけど、レベル4になった辺りから停滞してきたと言うハルユキ
ネガ・レビュラスの領土拡大も進んで無いと言う事で、焦ってるのもあるのかな
飛行能力を封じらたら ただの撃たれ弱い近接戦闘型になってしまう
だからこそ対空射撃を回避出来るようにならないといけないのだと!

焦る事はないと励ますタクムだけど、黒雪姫の事は今後もマスター呼びなんですね
そして、そんな二人のやり取りをつまらないと言うチユリ
ブレインバーストに関わってない彼女にすれば、良く分からない話で盛り上がったりと
せっかくまた3人で一緒にいられるのに 一人だけ仲間外れっぽい感じですし(苦笑)
そのうち、チユリも参加…なんて言う展開もあるのかな?
タクムには焦るなと言われたけど、やはり黒雪姫の為にも強くなりたいと思うハルユキ!

家に帰るとハルユキの事をお兄ちゃんと呼ぶ女の子が!
思わず天使と書いてエンジェルと振り仮名って反応するハルユキだけど…
空想的かつ妄想的な状況なれど、女の子がリアル過ぎるから 何者かがニューロリンカーに仕掛けた視覚欺瞞トラップだと考え
…って、何故なら 俺の妹がこんなに可愛いわけがないってw
思わずニューロリンカーを外すけど、女の子は消えないから本物!
彼女は中野のサイトウトモコ、どうやらハルユキのはとこなのだとか~
ちゃんと母親からもメッセージが残されていて、海外出張中の間預かる事になったようで!

クッキーを焼いてくれたりと 可愛い女の子に思わずクラっとしてるハルユキだけど
ニューロリンカーは嫌いだからと付けてないあたり 何だか怪しいw
ゲームなんかより お兄ちゃんの中学の事など色々聞きたいとか…
妹がいるってこんな感じなのか、しかも3日間二人きりと言う事で顔がゆるむけど
あまりにも出来過ぎな状況に、さすがのハルユキも怪しんだようですね!
お風呂に入り、ニューロリンカーのデータで 中野のサイトウさんを探すも 画像は無し
本当にはとこの子かと疑問に思ってるところに、自称はとこの女の子が入って来たー!

思わず慌てるハルユキだけど、彼女の首筋にはニューロリンカーの日焼け跡が…!
さらに、山形の祖父のホームサーバに残っていた トモコの写真
それはどう見ても別人だし、目の前の女の子の方が可愛いってw
新手のバーストリンカーだと気付いて指摘したら、態度が変わったー!
さっきまで可愛いロリっ子だったのに 雰囲気が一変しましたね(苦笑)
母親へのメールを偽造してハルユキと接触し、踏み台にしてレギマスの黒雪姫にハッキングでも仕掛けるつもりだったのか?
相手はブラック・ロータス、正面から戦いを挑んでも勝ち目がないのは分かるけど
こんなやり方はどうかと言うハルユキに、自分の正体を明かしたスカーレット・レイン!
ハルユキにぶっ殺してやると宣言したのは良いけど、お風呂場で滑って転倒しそうになり
そのままハルユキに倒れ込みながら湯船の中に落ちる事になったけど…
受け止めたスカーレット・レインの胸を…って、またしてもハルユキのラッキースケベがw

スカーレットと言う名前から、赤の王のバーストリンカーかと考えたハルユキは
黒雪姫に通信を入れ、スカーレット・レインと言うバーストリンカーを確かめるも
今までは通称ばかりで名前を使っていなかったけど、ハルユキも不勉強だと言われ
スカーレット・レインは2代目赤の王だと聞かされる事に!
…って、あの女の子が赤の王だったのか!(驚)
その直後、風呂場に戻って来たスカーレット・レインにより加速世界へバーストリンク!
いきなり赤の王と対戦する事になったシルバー・クロウ!

見た目は小さなデュエル・アバターだけど、重装甲で巨大化した!?
ハルユキを変態呼ばわりして、大きな砲口で狙いを定めて砲撃してきたけど
赤の属性は遠隔、ここで逃げて距離を取るのは愚の骨頂
巨大かつ重武装のボスをゲームで倒すには、背後に回り込むのが有効な攻撃法
速さを活かしてスカーレット・レインの背後を取ったシルバー・クロウ!
…って、その辺りはちゃんと対処済みなのですね、炎攻撃が来たー!
思わず焦ったけど、メタル属性に炎は効かないとドヤ顔なハルユキがw

このまま一気に背後から攻撃しようとしたけど今後は砲撃が襲ってきた!
建物の中と言う事もあり、とっさに外へと飛び出し飛行するシルバー・クロウ
いくら要塞のようなアバターでも 建物ごと崩壊したら自滅…と思いきや
さらに放たれた砲撃により、一瞬で都庁に大穴が開いた!?
さすが赤の王、攻撃力も凄いですね!
飛行するシルバー・クロウに、一度対空砲火をしてみたかったと言うスカーレット・レイン
巨大戦艦戦艦はロボット一気に倒されると決まってると言うハルユキだけど
変態が乗ってるロボットにそんな活躍出来るかとバカにされる事にw

飛行するシルバー・クロウめがけて、砲撃が一斉掃射が放たれる――!
…って、ここで冒頭にやっていた対空射撃の特訓が役に立つ事になるのですね!
迫る砲弾をかわしつつ、スカーレット・レインにキックを繰り出すシルバー・クロウ!
しかし、その攻撃も重装甲を解除し 避けられる事に(苦笑)
私の勝ちね お兄ちゃん と言う事で、結局負けてしまったハルユキ
銃口を向けながら、お願いを聞いてくれる?と言うスカーレット・レインは
互いに生身でリアルの世界でレギマスに会わせろと!
…リアルで会って何をしようというのか?

翌日、ラウンジで黒雪姫と会ったハルユキだけど目の下にクマが出来てるし(苦笑)
待たせるよる待つ方が良いと言う黒雪姫が可愛いなぁ
昨夜の通信が気になると言う黒雪姫に、スカーレット・レインとの一件を話したハルユキ
話を全て聞き終えて、思わず振り上げようとした拳を押さえる黒雪姫がw
初めに見た時に気付けと言われたけど、赤の王がリアルハックしてくるのは予想外
取りあえず、要求はリアルで会う事だけど、その目的は会った時にと言う事で
結局 スカーレット・レインが何を考えてるのかは分からないまま…

スカーレット・レインとの一件は、貴重な体験をさせてもらたっと思えば良い
王との直接対決はどんなにバーストポイントを積んでも買えないものだと言う黒雪姫
全てのレベルアップポイントを遠距離火力へ継ぎ込んでいる重装甲のデュエルアバター
不動要塞、イモービル・フォートレスと呼ばれてるようだけど
それは動かないからではなく、動く必要がない事からつけられた二つ名なのだとか…
そんなスカーレット・レインを最後の一撃で 一歩だけど動かす事が出来たハルユキ
これは凄い事なのですね、黒雪姫も褒めてましたし!

赤の王はてっきりレッド何とかと言う名前だと思い込んでいたハルユキだけど
加速世界でレッドの称号を冠したのは 後にも先にもただ一人、レッド・ライダーだけ
その名を口にした途端、表情が沈んだ黒雪姫だけど、かつての戦いで倒した相手でしたね…
初代赤の王は、黒雪姫にとって仲の良い人物だったのかな?
昨日の通信や今の質問は無神経だったとハルユキに
随分昔に自分の中でケリをつけたと思っていたし、己以外のバーストリンカーは敵だと思い定めたのに不意をつかれるとこの様だと言う黒雪姫
何やら、黒雪姫も色々と自分の中に 気持ちを押し込めてる感じですね

そんな黒雪姫の手を取り、自分は絶対に敵にならないし 戦わないと言うハルユキ
黒雪姫は自分の親で 自分は黒雪姫の子、対戦者である前に親子なのだと!
そう誓うハルユキに、ちょっと複雑そうな笑顔を見せた黒雪姫
たとえ親子であろうと 戦わないといけない現実もある事を知ってるのかもしれない
それでも自分だけは絶対に黒雪姫とは戦わないとハルユキは決めたようで…
って、このやり取りが 物凄い伏線になってそうな感じがしますね
そのうち、いつか二人が対立する事になったりするのかな?

一方、バトル観戦をしていたスカーレット・レイン
彼女が見ていたバトルが気になる感じですね
相手を次々と引き千切っているアバター
何やら普通のアバターとは随分と雰囲気が違うようだけど
スカーレット・レインが黒雪姫に接触したがっているのと 何か繋がりがあるのかな??


NEXT⇒『Escalation;激化』
黒雪姫とスカーレット・レインのやり取りが楽しみですw
直接会って何を話すのか…

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://4wd555.blog.fc2.com/tb.php/1278-ff74dff0
http://renpounasu.blog.fc2.com/tb.php/311-87d7928e
http://sakanouenokumo819.blog46.fc2.com/tb.php/883-d1e54246
EDIT |  19:53 |  アクセル・ワールド【終】  | TB(36)  | CM(8) | Top↑
2012.05.19 (Sat)

アクセル・ワールド 第7話「Restoration;修理」

「私はアクア・カレント 
貴方が50ポイントに回復するまでお手伝いするの」

アクア・カレントとタッグを組み、バトルに挑むハルユキ!
そして加速世界で戦う事になった黒雪姫とタクムは…

アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray] アクセル・ワールド クリアファイル 通学シーン アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)

用心棒、アクア・カレントと合流したハルユキ
その頃 黒雪姫に呼び出されたタクムは 加速世界で彼女に戦いを挑まれる事に!
今回は二つの戦いが同時進行と言う感じでしたね

ハルユキと顔を合わせる事になったアクア・カレントは 二つの可能性を考える
一つ目は 物凄い食わせ者でリアルを割る為にわざと接触してきたのではないか
二つ目は 単なるおっちょこちょいなだけ…って、明らかにこっちですよね(苦笑)
ハルユキ自身はあまり知らないけど、シルバー・クロウは完全飛行能力もあり
その存在は加速世界では かなり知れ渡っているようで…
ここ2週間の勝率は平均7割、頭脳派に見えて頭に血が上りやすく 抜けているとか
かなり分析されている感じなのですが(苦笑)
そんなシルバー・クロウがポイント全損の危機になってる事自体怪しいと思ったようで…

イレギュラーな形での顔合わせとなったけど、どうやら信じてくれたようですね
ハルユキのポイントが安全圏の50を超えるまで タッグを組んで戦いの手助けを!
すぐにタッグバトルの用意をし グロバール接続してバーストリンクする事に…って
このエリアでポイントが回復出来ればそれで良いし、ダメなら秋葉原特区だったりと
どこにでもバーストリンカーがいると言う訳でもないんですね
何か質問はあるかと尋ねるアクア・カレントに、胸触った件を謝るべきか考えるハルユキ
しかし 今は直結してるから思考は全て相手に駄々漏れ状態 全て聞かれていたw

加速世界へと入った二人だけど、アクア・カレントの通常アバターが可愛いなぁ♪
ハルユキはブタだけど、アクア・カレントは…カワウソ??
今回のタッグバトルの対戦相手をリストから選ぶのは 格上レベルのタッグ
ハルユキはレベル2、アクア・カレントはレベル1で合計レベルは3
だから、対戦相手が合計レベル7以上の相手なら 仮に負けても全損は免れるのだと!
そういう事も考えて、アクア・カレントはレベル1のままで用心棒をしてるのですね
しかしそれは理由の半分、もう半分は教える時が来るかもしれないし 来ないかもしれない
って何やらまだ色々と秘密がありそうな感じで!

今回タッグバトルの対戦相手として選んだのはサンド・ダクト、ニッケル・ドール!
レベル4と3の相手だけど、ポイントに余裕があるから真向勝負をしてくるはず
そういう相手なら ハルユキが落ち着けば実力が出せるとか
ちゃんとハルユキの事を考えた上で 対戦相手を選んでくれているのですね
気合が入るハルユキに いつも通り戦う事が大事だと言うアクア・カレント
負けられない一戦だけお 勝つ事よりも楽しむ事――!

今回のステージは腐食林ステージ 毒沼まであるし…!
シルバー・クロウの姿になったハルユキ、そしてアクア・カレントは名前の通り水ですか
そこへ現れた サンド・ダクトとニッケル・ドール!
いよいよタッグバトルの開始…!!

一方、タクムと戦う黒雪姫は ブラック・ロータスの姿で本気モード!
激しく攻撃する黒雪姫に、防戦一方のタクムは押されてる感じですね
本気でかかってこいと言う黒雪姫は いつの間にかポイントもそれなりに回復してるようで
ポイントを荒稼ぎするチャンスだと わざとタクムを挑発するような事言ってるし…
何でこんな事をするのかと思ったら、タクムの事を色々と調べていたようで!
レオニーズを脱退し、さらに剣道部まで辞めた事を知って呼び出したのか…
前回 トーナメント表を見ていたのは それを確かめる為だったようですね

罪を犯した自分が今のままネガ・レビュラスに居る訳にはいかない
タクムなりのけじめとして、今まで得たものを全て捨てる事で償おうと…
そして、ハルユキが一人前のバーストリンカーになるまでサポートしたら
その後は自らブレインバーストをアンインストールするつもりなのか(汗)
一緒に戦おうと誘ってくれたハルユキや必死に許そうとしているチユリの気持ちはどうなるのか、タクムがやろうとしてるのは二人の気持ちを踏みにじる事だと言う黒雪姫
しかし他にどうすれば罪を償えるのか分からないのだと気持ちをぶつけるタクム!

他に自分の何を差し出せば罪が雪げるというのか?
そんなタクムに罪を雪ぐためにプログラムをアンインストールするのでは無く
ブレイン・バーストに関わる限り、自分の罪を感じ続けるのが嫌だからだと言う黒雪姫!
ハルユキが全てを許し、チユリがいつも通り接しようとする程 罪の意識を感じ
そうやって許されている事が耐えられない、完璧な自分でいられないのが耐えられないだけ
自分に酔い、自分を罰する事で 罪から逃げようとしてるだけだと!
違う!とムキになるあたり 痛い所を突かれた感じですかね…
ハルユキはタクムにどうして欲しいか言ったはず、何故その言葉に耳を傾けないのか
タクムを親友だと言ったハルユキの希望を聞く事がタクムの第一歩ではないのかと!

サンド・ダクトはアクア・カレントが相手し、ハルユキの相手はニッケル・ドール!
ニッケル・ドールの両腕は電流が流れるから要注意!
飛び掛かって来たニッケル・ドールの脚を掴み そのまま毒沼へと落としたハルユキ!
シルバーに毒は聞かないと 得意気なハルユキだけど、もっと自分のカラーに付いて勉強した方が良いとニッケル・ドールに言われる事に(苦笑)
銀と言うのは抗菌力があるけど、金属の中で一番電気を通すのだと電撃が直撃!
一気にライフポイントが削られる事になっちゃいましたね(汗)
しかし必殺技ゲージが溜まり 空に飛びあがったシルバー・クロウの反撃!
倒す事は出来なかったけどダメージを与える事には成功

それでも これで勝負は決したと言うサンド・ダクト
ハルユキ達はタッグ戦において重要なパートナーとの連携がまるで無い
いくら個々が強くてもそれじゃタッグ戦は戦えないと言われたけど
だからこそ まだ勝負は決してないと言うハルユキ!
タクムとタッグを組んで戦ってきたから 相手を信じる事が大事なのは分かっている
そして今はアクア・カレントの事を信じていると!

ウルトラゴージャスな必殺技で終わらせると、連携技を仕掛けてきたニッケル・ドール達
それを見たアクア・カレントは 二人同時にやられる訳にはいかないと別行動w
状況を見て必要なら助けに入ると言って 距離を取られちゃいましたね(苦笑)
まぁ、これも考えがあっての事だった訳ですが…
サンド・ダクトは両腕のタービンで風を作り吸い込む事で気体分子を飛ばし真空領域を!
しかし風そのものに攻撃力は無く 近づいて接近戦になるだけ
そこでハルユキは一気に接近して蹴りを入れようとしたけど、誘い込まれた感じですかね
接近されるのは分かっているから、そこをフォローするのがニッケル・ドール
真空に近い低圧下では電極間で絶縁破壊が起き、電流が気体中を流れる!
逃げ場がなハルユキは そのままライフポイントが大きく削られる事に…!

もう逆転が可能な程ライフポイントも残ってないし 諦めろと言われたハルユキだけど
負けるわけにはいかないし、親友であるタクムと これから始まるのだと!!
ギリギリのところでハルユキの助けに入ったアクア・カレント
水は伝導体のはず、しかしアクア・カレントの水は不純物を一切含まない理論純水
不純物ゼロの水はほぼ完全な絶縁体になる――!
アクア・カレントが電気を遮断してるその隙に ハルユキは溜まったゲージを使って
必殺技でサンド・ダクトとニッケル・ドールを撃破…!!

そして、黒雪姫とタクムの戦いも終わったようですね
加速世界にレギオンが存在するのは 仲間と競い支え合う事で あらゆる可能性が広がるから
独りで戦ってきたタクムは その喜びも その素晴らしさも知らないと言う黒雪姫は
その無限の可能性に賭ける事が、タクムの罪滅ぼしだと――!
この言葉でタクムは色々と吹っ切れた感じでしょうか

戦いを終えて現実世界へ戻って来たハルユキとアクア・カレント
今回の戦いでポイントは54まで回復、これでバウンサーの任務は終了!
お礼を言うハルユキに、他のバーストリンカーの奥の手を見れて楽しかったとか
アクア・カレントがバウンサーをしてるのは 情報収集の意味もあるのかな?
また会えたら…と考えるハルユキだけど、もう二度と会う事はないと言うアクア・カレント
この場所を選んだのはバーストリンカーが少なく、後払いの報酬を受け取り易いから!
再び加速世界へ入り、回復したポイント全てを頂くって またもピンチ!?

ポイントがゼロになるまで直結対戦でポイントを奪うと言うアクア・カレント!
こんなことでもない限り バウンサーを続ける意味がないと言う事だけど…
最初に会った時から悪い人じゃないと感じ アクア・カレントを信じるハルユキ
タクムと本気で憎しみをぶつけて戦ったけど、結局最後はタクムを信じた
その時、一度信じたらずっと信じる、信じ続けると決めたと言うハルユキ!
信じた人を裏切りたくない、だからアクア・カレントとは戦わない…
まぁ、後払いの報酬と言うのは冗談だったけど ハルユキを試したのかな?
カッコ良い事言ってたけど 超怖かったと言うハルユキがw

自分にも大切な友達とマスターがいたと話すアクア・カレント
しかし、ある事があってバラバラに…って ブラック・ロータスの一件??
だから友達を大切にするようにと言うけど、本当はアクア・カレントと会うのは早かった?
ハルユキと黒雪姫の歩む長い道のりに、エレメンツが介入するべきではない…
その為、ハルユキの記憶の中にあるアクア・カレントに関する記憶を貰うと!
…と言う訳で、アクア・カレントと会った事は 無かった事に~
そのうちまた 時期がきたら出会う事になるのかな

剣道大会の会場へ行ったチユリはタクムが剣道を辞めた事を聞かされ
ゴミとして捨てられていた剣道着等を拾い 家に届けてくれたようで…
黒雪姫との対戦で、気持ちが吹っ切れたタクムはある決断を…!
いつも通り学校で顔を合わせたハルユキとチユリだけど まだぎこちないですね(苦笑)
もう終わった事だと言うチユリに、そうだよと同意したタクム!
…って、二人と同じ学校の制服に 眼鏡なタクムの姿にビックリw
どうやら 新たにやり直す為に転校してきたようですね!

ニューロリンカーの視力補正があれば眼鏡は必要無い
しかし、これからは自分の眼で本当のハルユキやチユリ、そして自分を見たいのだと!
そんなタクムに似合ってると声をかける黒雪姫が良いですね
どうしてそんなに自分の事を知っていたのかと言うタクムに何も知らないと言うけど
自分はかつて取り返しのつかない罪を犯したと言う事で
黒雪姫なりに感じるものがあり 心配してくれたのかな

タクムが同じ高校に転校してきた事で、3人の新たな関係が始まりそうですね!
今回は黒雪姫とハルユキのやり取りが見れなかったのがちょっと残念でしたが
無事に退院出来たようだし、次回以降のやり取りに期待です!
…そういえば、うっかりレベルアップしてポイント枯渇した事に関しては
そのうちやっぱりバレる事になるのでしょうか
眼鏡キャラになったタクムですが、個人的には眼鏡なタクムも好きですw


NEXT⇒『Temptation;誘惑』
次回はまた新キャラの登場となりそうですね!

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://4wd555.blog.fc2.com/tb.php/1234-cbe785c0
http://zspecium.blog.fc2.com/tb.php/555-2e54f019
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/tb.php/3809-9f4d8910
http://yusyu.blog34.fc2.com/tb.php/1071-d087eb27
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/tb.php/7456-aa2f454c
EDIT |  19:52 |  アクセル・ワールド【終】  | TB(39)  | CM(8) | Top↑
2012.05.12 (Sat)

アクセル・ワールド 第6話「Retribution;応報」

「少なくともレベル4になるまで 僕がバックアップする 
それが僕の義務だよ」

タッグを組んでレベルアップに励むハルユキとタクム!
レベル2になったのは良いけど、ポイント全損の危機に…!

アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray] Chase the world 【アバター盤】〈DVD付〉 アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫)

前回の戦いでハルユキに負けたタクムは、自分の罪を償う為にも
ハルユキと黒雪姫のいるネガ・レビュラスに入る事にしたようですね
今まで所属していたレオニーズは、取りあえず脱退って事で良いんでしょうか?
そして、今回ついに青の王、ブルーナイトが登場しましたが
ブルーナイト@櫻井さん! これは今後のブルーナイトの登場が楽しみです♪
OPで気になっていたブルーナイトが櫻井さん、個人的にテンション上がる感じで!
しかし、すんなり脱退と言う訳にはいかず 側近のコバルトとマンガンと戦う事に…
でも最後はブルーナイトが タクムの事を許してくれた感じでしょうか?

黒雪姫のお見舞いにやって来たハルユキ、もしかして毎日着てるのかな
生徒会に指示を出していたようですが、これも何かの伏線になってたりするのか?
怪我の具合は大分良くなったみたいだけど、大事を取ってもう暫く入院する事に
…って、せっかく黒雪姫がハルユキが好きだと言っていた髪型にしたのに
なかなかそれに触れてくれないから、自分から口にする黒雪姫が(苦笑)
三つ編みも可愛かったけど、ポニテな黒雪姫も良いですね♪
髪型には気付いてたのに 色々考え過ぎて口に出来なかったハルユキだけど…
こういうのは先に触れておくべき話題ですよね 結局黒雪姫に怒られるハルユキがw

ブレインバーストに関する事を全てをチユリに話したハルユキとタクム
凄い怒ったチユリに辞書を投げられ、泣きながら二人とも引っ叩かれたのだとか(苦笑)
それ以来 全く口を聞いてもらえないけど、自分からも話すと言う黒雪姫に
これは自分とタクムの問題だから 二人で何とかすると言うハルユキ
そういえば、タクムが新宿の中高一貫の学校に行ってると聞いた黒雪姫が
何か引っかかってる感じだったのが気になる所ですね~
タクムも加わればネガ・レビュラスの戦力になると言うハルユキ
罪を償う為にも黒雪姫が退院するまでにはハルユキをレベル2にすると言うタクム
この後も、二人でタッグ戦に誘われていると嬉しそうに話したりと
すっかり今まで通りの関係に戻った二人に、裏切られ傷つけられても信じ合える友がいるのは羨ましいと言う黒雪姫

タクムとのタッグ戦でついにレベルアップ可能になったハルユキ!
レベルアップボーナスは考えて選べよと言われていたけど
そういえばレベルが上がると 新しい武器とか色々もらえるんでしたね
ハルユキが一人前のバーストリンカーになるまで、せめてレベル4になるまでは
自分がバックアップすると言うタクムは それが自分の義務なのだと…
タクムの所為だけじゃないと言うハルユキだけど、自分がした罪は重いものだと
犯した罪はしっかり償いたいって どこまでも真面目ですね
今日の戦いはここまでにして、バーストアウトする事にした二人だけど…

現れたレベルアップ表示画面でレベルアップを選んじゃったものだから
せっかく溜まっていたポイント308から、レベルアップポイントを引かれて
保有バーストポイントが残り8に…!!
レベルアップには300ポイント消費すると警告が出ていたのに しちゃったのですねw
例えレベルアップ可能でもすぐにレベルを上げるものではないのか…
とにかく、やってしまったものは仕方ないから 現状を確認する事に
残りポイントは8、これでは同レベルの相手に倒されただけでポイント全損
と言う事で、その時点でブレインバーストを失う事になってしまうのですね(汗)

取りあえず直結対戦で自分のバーストポイントを半分移すと言うタクム
そして、時間と場所を選び タッグバトルで少しずつポイントを戻す事に…
無抵抗で攻撃を受けポイントを移そうとするタクムに、それは出来ないと止めるハルユキ
直結対戦ならハルユキのポイントを0にする事は難しくない、もしかして自分の事を疑っているのではと考えたタクムだけど
ハルユキは単に戦いを汚したくないし 一方的に攻撃なんて面白くないから嫌なのか…
それに、自分を助ける為にフィジカルフルバーストを使って助けてくれた黒雪姫
ポイントがヤバイのに 一度もポイントを分けてくれとは言わなかったし
分けると言ったら きっと怒るだろうと言うハルユキ
レベルも経験も違い過ぎるけど、バーストリンカーとして彼女の様に生きたいのだと!

そんなハルユキの言葉に、他に良い方法が無いかを探してみると言うタクム
それまでは絶対にグローバル接続はしない事、今襲われたら終了ですよね…
そこへチユリから呼び出しが入り、頼まれたアイスを買ってチユリの家へ向かった二人!
…って、ハルユキとチユリの家には 3人分のお揃いのスリッパがあったけど
タクムの家にあったのは 母親が捨てた…とか ちょっと切ない感じですね
大量のアイスを片っ端から食べ始めたチユリだけど、好きで怒ってる訳じゃないし
これを全部食べたら 話した事全てを許してあげるつもりの様ですね(苦笑)
顔を合わせればハルユキは申し訳なさそうな顔するし、タクムは謝ってばかりだと…
そんな二人の姿にチユリはイラッとしてたのかな

今後もブレインバーストを続けるのかと言うチユリ
黒雪姫が夢中だから二人も夢中なのか…って、やはり気に入らない感じですね
ブレインバーストプログラム自体に罪はないと言われても 良く分からないチユリ
話すより見てもらった方が早いとタクムが言ったので、てっきりチユリも誘うのかとw
そうじゃなくて辞書を投げてもらい それをブレインバーストの力で避けて
実際に力を見てもらおうと言う事だったのですね
得意そうに言うハルユキだけど、思いっきり本直撃してるし(苦笑)

取りあえず、残ったアイスを3人で食べる事で仲直りって事になったけど
デンジャラスバナナって気になるw
チョコバウンサーが目に留まったタクムは、何やら閃いたようですね!
レベル2のハルユキにバウンサーと言う手があったと!
その前に、病院へお見舞いに行ったハルユキは 水曜に退院すると黒雪姫に聞かされたけど
退院前にレベル2になれるようなら 空白区である杉並をネガ・レビュラスの領地として宣言しようと考えていたようですね
何とか言葉を濁して黒雪姫に隠そうとするハルユキだけど いつまで隠し通せるか~
すぐにレベルアップしてしまうと 大変な事になるって もう遅いですが(苦笑)
…この時も、タクムと一緒に戦うと聞いて 何やら反応していた黒雪姫が気になるなぁ

タクムが言っていたバウンサーとは、ブレインバースト内に一人だけ存在する用心棒の事
アバターネームは、アクア・カレント バーストリンカーのポイントが危険な時に
安全基準に達するまでタッグマッチの相棒を務めてくれるのだとか…
よほど強い人なのかと思ったら、通り名はザ・ワンと言う事でレベル1!?
何でレベル1で用心棒が務まるのか等 色々と謎が多そうな人物ですね
そして、彼を雇える条件と言うのがレベル2までのバーストリンカーである事
依頼をする時はリアルを明かす事、つまりリアル割れが報酬
接触するにしても、実際に指定場所に行かないと分からないって事ですか…

指定場所へと一人でやって来たハルユキ、待ち合わせの席に着くと
そこには見知らぬ荷物が置いてあり、タブレットみたいなのが入っていたけど
アクア・カレントはあくまでリアルでは会わないって事なのかな?
名前を入力するように指示され、シルバー・クロウと入力したら自動で写真までw
報酬は頂いたと連絡が入り このまま待機して10分後に依頼を始めると!
近くでハルユキの事を窺っているようですが、ここは考えずに従う事に…

時間になる前にトイレに行こうとしたハルユキは、転んで女の子を押し倒したー!
慌てて飛び退き 土下座で謝ったハルユキ、拾った荷物から落ちたのは…
先ほど名前を入力したものと同じタブレットが!?
しかも、ハルユキの情報が表示されていたりと この子がアクア・カレントなのでしょうか
自分の荷物ではないと言いつつ 取り上げようとしたり、やっぱりこの子なのかな
それにしても、何だか感情が読み難い感じの子だなぁ(苦笑)
知らない振りした方が良かったかと思うハルユキだけど もう遅いですよねw

人前でいきなりケーブルを取りだしハルユキと直結しようとしてきたアクア・カレント!
男女で直結は…と慌てるハルユキとは逆に、話を聞かれたくないと至って冷静だし
この強引と言うか有無を言わさない感じが黒雪姫みたいだと感じながらも
結局アクア・カレントと直結して会話をするハルユキ
他の人と直結したと黒雪姫に知られたら また怒られそうですね(苦笑)

そう言えばタクムはレギオンを抜けただけではなく 剣道部も辞めてしまったのか
道場の名札も外されていたし、大会に出場しない事はチユリの耳にも入ってたし…
アクア・カレントに会いに向かったハルユキを一人で待っていたタクムだけど
黒雪姫からメールを受け取り 彼女の病室へ向かう事に!
もしかして、ハルユキとタクムの行動がバレたのかと思いきや
黒雪姫は剣道大会のトーナメント表を見て、何かに気付いてタクムに確認をしようと??
病室にタクムが現れたと同時にバーストリンクした黒雪姫!

相変らず気になる所で終わりますね~
今回は青の王も登場しましたし、他の王の出番も楽しみです!
それにしても、バーストリンクした黒雪姫はタクムをどうするつもりなのか
アクア・カレントはハルユキの用心棒を受けてくれるのか…
次回も楽しみです!


NEXT⇒『Restoration;修理』
次回はバトルメインになりそうですね

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/1762-4c07d98a
http://sephiroth2012.blog.fc2.com/tb.php/4894-c06a5f28
http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/tb.php/173-652d1133

EDIT |  19:50 |  アクセル・ワールド【終】  | TB(39)  | CM(10) | Top↑
2012.05.05 (Sat)

アクセル・ワールド 第5話「Aviation;飛翔」

「恐れるな、僕は やるしかないんだ!」
シルバー・クロウvsシアン・パイル!
想いをぶつけるハルユキ、ボロボロになった所で思い出した黒雪姫の言葉

Chase the world 【アバター盤】〈DVD付〉 アクセル・ワールド〈11〉超硬の狼 (電撃文庫) アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]

病院へ現れたタクム、その姿を見たハルユキはバーストリンク!
タクムが黒雪姫に対戦を申し込む前に、自分が先に対戦を申し込む事が出来るのか!?
前回の引きが気になっていたけど、どうやらタクムとの対戦に間に合ったようですね
シルバー・クロウの前に現れたシアン・パイル―――!
これがタクムのデュエルアバター、見た目からも強そうな感じですね
まさかハルユキがバーストリンカーになるとは思わなかったと言うタクム
しかし、昨日はさすがに冷静ではいられなかった、バックドアを通じてタクムは
ベッドの上でチユリと直結してるハルユキの姿を見ていた!
彼氏でもないのに直結してメモリーを漁っていたハルユキに怒りのタクム

チユリは自分に手を引かれている時よりも、ハルユキの世話を焼いてる方が嬉しそう
だけど、彼氏として自分を選んでくれた時は ようやく現実を見てくれたと思った
つまりタクムは最初からハルユキの存在を下に見て 邪魔に感じていたのですね…
成績学年一位、剣道では都大会優勝の自分の方が…と言う事か…
それも全てはブレインバーストの加速の力を使ってのものだと言うハルユキ!
だけど、その加速の力すらも自分の力だと言うタクム
彼がこのバーストリンカーになった経緯も明らかになりましたね
剣道部の主将に誘われブレインバーストの世界へ、彼女は青の王の側近だったようで
子であるタクムは親衛隊候補として期待されているのだとか…

いまさらバーストリンカーになって自分と対等になったつもりかと言うタクムに
確かに自分に持って無い物をもっているけど 大ばか者だと言うハルユキ!
ゲームではタクムがハルユキに勝った事はない、しかしそのプライドも無くす事になる
…って、結局このまま二人のバトルになってしまうのですね
シアン・パイルは速いがアッシュ・ローラー程では無いから躱す事が出来る
攻撃を避けながらシアン・パイルの横をすり抜けて行ったシルバー・クロウだったけど
シアン・パイルの武器は伸ばす事が可能なのですね、そのまま腕をやられる事に…

取りあえず建物の外へ出ようとエレベーターに乗ったハルユキは屋上へ!
そこには既に観戦者たちが集まっていて、二人の戦いを見に来ていましたね
相手がタクムでも、黒雪姫の為にやるしかない…!
覚悟を決めたハルユキ、シアン・パイルの間合いは確かめられたし
シルバー・クロウの早さに慣れる前に勝負をつける!
スピード勝負をかけたハルユキは攻撃を避けて背後に回り込んで仕掛ける事に!
バカ野郎とシアン・パイルを殴りつけながら、思いをぶつけるハルユキ
チユリは学年一位とか優勝とか そんな事を求めていた訳ではない
タクムがタクムのままでいて欲しかった ただそれだけなのだと!

そんなハルユキの声も届かず、攻撃を仕掛けてきたタクム!
必殺技ゲージが溜める事も出来て、タクムは余裕な感じですね
それとは逆にダメージを受けたハルユキの方は、シルバー・クロウの脚が…!(汗)
破壊されてしまえば 武器である速さを使っての攻撃がもう出来ない
立ち上がる事さえ出来なくなってしまったシルバー・クロウ
結局はこうなるのだと言うタクムは、そうしている方がお似合いだと…

少なくてもタクムよりはチユリの事を分かっていると言うハルユキだけど
一緒に居てもチユリは悲しそうな顔をする、それは決まってハルユキの事を考えている時
それを知った時の自分の気持ちを考えた事はあったかと叫ぶタクム!
タクムと付き合いながらも どうしてもハルユキの心配するチユリ
まぁ、そんなタクムの気持ちも分からなくはないですが…
ハルユキがそんなだから いつまで経っても タクムもチユリもハルユキと言う泥沼から抜け出す事が出来ない、消えて自由にしてくれと!
全て終わりにしようと言うタクムは、一気に大技を仕掛けてきたー!

攻撃を受けたハルユキはそのまま建物の階下へと叩き落とされる事に…
ダメージを受けてゲージも残り僅か、このままタイムアップすればタクムの勝利
観戦者の皆に訴えかけるタクム、特に青のレギオンのメンバーに
少しくらいポイントを使い過ぎたと言っても、捨てるには惜しいはずだと!
…タクムもタクムで 自分の居場所を守る為に必死と言う事ですかね
レギオンでのタクムの立場は ヤバい感じなのでしょうか?
だから 黒雪姫に執拗に決闘を申し込んだりと ポイントを稼ごうとしていたのかな
シルバー・クロウを倒し まだ役に立つと自分の存在を示すタクム!

タクムやチユリの為、そして黒雪姫や何より自分の為にも負けてはいけない戦い
けれど ボロボロのシルバー・クロウでは これ以上戦っても…と涙を流すハルユキ
落とされた先にあったのは、眠ったままの黒雪姫のアバター!
ニューロリンカーがネットに接続されているから 加速世界にアバターが存在するって事?
崩れる体を引き摺り 黒雪姫の所へいき 頬に触れるハルユキ

黒雪姫を守れず、期待に応える事が出来なかった――
変われると思った、黒雪姫の言葉、優しさ、気持ちで自分が変われると…
でもダメだった、アバターの所為ではなく シルバー・クロウをこんな風にしてしまったのは
空を見ようとせずに、したばかり抜いて這い蹲っていた自分の所為だと言うハルユキ
黒雪姫が軽やかに羽ばたく遥か遠い空に行きたかった
泥沼のような現実を抜け出し一緒に高く遠く飛びたかった――

黒雪姫の胸に頭を寄せたハルユキは彼女の鼓動を感じる!
同じように黒雪姫も 生きようと戦っているのですよね
強さと言うのは決して結果としての勝利を意味するものではない
そんな黒雪姫の言葉を思い出したハルユキ、強さはただ勝つ事だけではない
たとえ不様で滑稽でも最後まで抗い続ける事、倒れてなお空を見続ける事!
それだけが強さの証しだと言うハルユキの言葉に反応するかのように
シルバー・クロウの背中から、飛翔する為の翼が…!!

そのまま一気に飛翔して舞い上がったハルユキ!
高く飛んだ空から眼下に広がる景色、この世界は無限――!
そんなシルバー・クロウを見た観戦者たちは 飛翔するアバターに驚愕
どうやら飛行能力は、加速世界では初めてのようですね
ハルユキは加速世界初の飛行アバター、ますます注目されそうな感じでw

そんなハルユキの姿に、見下ろすなと激昂したタクムはついに必殺技を!
必殺技ゲージのポイントを使って放たれた攻撃に 突っ込んでいくハルユキだけど
飛行能力でスピードを出すのは 早さを武器にするシルバー・クロウに合ってますね
必殺技を見切り、そのままシアン・パイルごと空へと飛翔するハルユキ!
それに気づいたタクムは落とされたらポイントが無くなり ブレインバーストを失うと怯え
お願いだから落とさないでとか 何だか随分情けない感じになっちゃいましたね(苦笑)

タクムは黒雪姫の夢を、たった一つの希望を消し去ろうとしたと言うハルユキ
その事を詫びながら、やっぱりゲームでは勝つ事は出来なかったと
ハルユキの勝ちを認め、自ら落下しようと手を放したタクム!
落ちて行くタクムの手を掴み、加速世界では勝てない事を認めるかと問い掛け
現実世界では敵わないけど 加速世界では自分には勝てない、これで対等な立場になったと言うハルユキ
だからタクムに自分の仲間になれと言うハルユキ、そして黒雪姫の配下として戦えと!

友達を裏切った自分をどうして信じられるのか
そんなハルユキの言葉に、チユリに全てを話すと言うハルユキ!
ブレインバーストの事、二人が戦った事、そして隠していた気持ちも全て打ち明ける
自分たちの関係は そこからやり直さないと行けないのだと…!
ハルユキは全てを打ち明け、タクムと仲間としてやっていきたいですね
タクムを連れて地上へ戻ったハルユキの前に現れたのは黒雪姫!
どうやら無事に目を覚ましたようですね、これで助かったのかな
声が聞こえたと、ハルユキが護ってくれたのも分かっているようで!

シルバー・クロウの翼を撫でながら綺麗だと言う黒雪姫
今まで純粋な飛行アビリティを実現したデュエルアバターは存在しない
やはり自分の予感間違いは無かった、この世界を変えていく者だと満足気そうですね
安穏とした繭から出て再び空を目指す時が来たと言う黒雪姫!
シアン・パイルへも対戦を避けていた事を謝罪し、望むなら全力で相手をすると
ついに本来のアバター、黒の王 ブラック・ロータスの姿へ!!
醜悪だと言ってたので どんなアバターかと思っていたけど 普通にカッコ良い感じですね
誰かと繋ぐ手が無い…って、両手や両足そのものが剣になっているのか!

ハルユキに姫抱っこされ空へと舞い上がり、観戦してるバーストリンカー達に向かい
自らブラック・ロータスと名乗り、先王の支配に抗うものだと言い
黒のレギオン、ネガ・ネビュラスは 偽りの平穏を破ると戦いを宣言!
剣を取れ、炎を掲げよ、戦いの時 来れり――!
…と言う事で、今後は本格的にレギオン同士の戦いになっていくのでしょうか?
これからのバトルも気になる所ですね!

現実世界に戻り、黒雪姫の所へお見舞いへやって来たハルユキ
何となく入り難く、扉の前で立ち尽くすハルユキに さっさと入れと言う黒雪姫がw
いつもと違い、髪の毛を結っていると 随分と印象が変わる感じですね 可愛い!
チユリに仕掛けられたバックドアの出所は分からないままになったけれど
タクムにそれを渡した人物はポイント全損処分となったようですね
…結局タクムはこのままハルユキの仲間になるって事で良いのかな?

預かっていた生徒手帳を返すハルユキ姫だけど、慌てる黒雪姫の反応が可愛いなぁ
素直に中を見た事を謝るけれど、チラッと見ただけだから
あだ名ではなく本名を呼んで欲しいと言われても 本名が分からない(苦笑)
改めて自己紹介する黒雪姫、あだ名と大差ないと言ってたけど…
結局 黒雪姫の本名に関してはまだ謎のままなのですねw
黒雪姫の本名が気になる~!

シルバー・クロウとシアン・パイルの戦いと言う事で
ハルユキとタクムの関係がどうなるのか心配でしたけど
一応、丸く収まったと言う事ですかね
チユリに全てを話すと言ってたので、今後はチユリもバーストリンカーになりそうな…
二人の話を聞けば きっと自分も…ってなるだろうし(苦笑)
今後の3人の関係も気になる所です!


NEXT⇒『Retribution;応報』
チラッと映っていた青いアバターが 青の王なのかな?
新キャラも登場するようですね!

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://wendykai.blog60.fc2.com/tb.php/1755-829b8e70
http://waitingfrofresong.blog.fc2.com/tb.php/168-5a7ea5dd
EDIT |  19:49 |  アクセル・ワールド【終】  | TB(37)  | CM(6) | Top↑
PREV  | HOME |  NEXT