2013.01.19 (Sat)

まおゆう魔王勇者 第3話「いままでどこほっつき歩いていたのよ!」

「魔王、今一瞬 少し寂しそうな顔しなかったか?」
湖の国へ向かった魔王と勇者、修道院で再会したのは勇者の仲間!
そして、同盟へ羅針盤を持ち込んだ魔王の狙いとは…

まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典/橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説付き) [Blu-ray] まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (5) (カドカワコミックス・エース) まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ~ 4 (チャンピオンREDコミックス)
【第3話 あらすじ】
農業改革を進めるには教育が重要なことを悟った魔王と勇者は、湖の国の修道会を訪れる。
二人が事情を説明しようとしたその時、修道女がいきなり勇者に飛びかかってきた。その修道女とは、かつて勇者とともに魔王討伐の旅をしていた仲間の一人だった。二人の間に、どんな経緯があったのだろうか?


秘密兵器もあり、冬越し村での魔王の食料自給率上げる農業改革の実験は
新しい農法を農民が受け入れてくれた事で 上手く進んでいるようですね!
始めてから3か月という短い期間でも 少しずつ成果は出ているようで
おかげで認めてくれたのか、今まで無視していた農民たちも声をかけてくれるように!
…しかし、楽しそうに話す魔王を見ていた勇者は何やら思う事があるようで…

メイド姉妹も魔王の家で働き始めてから村人たちとも上手くやってるようですね
実験も順調で問題無い感じだけど、魔王と勇者の関係は相変わらずの様で
見守っているメイド長は進展のない二人がじれったいようで(苦笑)
次の作戦として、湖の国の修道院へ向かった二人!
この世界の人間は〝光の精霊〟を崇めて進攻しているようだけど
勇者にとってはは崇めると言うよりも、戦場で戦っていると身近に感じるもの
お告げを聞いたから友達感覚だし、精霊と言え 面倒事を断れない気弱なお人好し知り合いなのかw
勇者は特に信仰心が篤い訳でもないようだけど、貴族たちは教会で読み書きを習うから
王様よりも教会の方を大事にしてる人も多いようですね
人間界に置いての教育や学術は教会の下にある、その組織力に魔王は期待しているようで!

修道院へ向かい修道院長と面会する事になった二人
交渉が拗れて変な奴が出てきたら任せろとか 勇者の言葉が頼もしいw
しかし、魔王が時々寂しそうな顔をするのが気になるようで…
冒頭で気にしてたのは その事だったのか、本人はあまり気付いてなさそうと言うか
自覚が無いといってたけど、もしかして隠していたりするのかな?
結局詳しく聞く前に、修道院長が現れ中断しちゃいましたね

紅の学士だと自己紹介する魔王に合わせて、白の剣士だと挨拶する勇者だけど…
修道院長だと現れた人物は、勇者の仲間の女剣士だったー!
今までずっと連絡も無しにほっつき歩いてたものだから 再会と同時に引っ叩かれたw
適当な伝言を残して消えた勇者の事を心配してくれていたんだろうけど
いきなり綺麗な女の人と現れたものだから余計にって感じですか(苦笑)
取りあえず魔王が以前流していた噂に合わせて、手傷を負った勇者を助けた事で
そのお礼に今は護衛のような事をしてもらっているのだと説明し納得してもらう事に

女剣士の方は、勇者が一人で魔王城に向かった後 その事を報告し
それから一か月程したら特使が現れ
その身を顧みず魔王に一太刀浴びせたとしその恩賞金を出すと言ったのだとか…
でも、勇者の出汁に出世するのは嫌だと重い 騎士の叙勲を受けた修道会で皆の為に働こうと思ったようですね
その話を聞きやっぱり男気溢れているし、猫被らなくても良いと言う勇者が(苦笑)
思わず口調が戻っていたけれど、こっちが素だけど教会にいるから演じていたのかw

他のメンバーに関しては爺さんは恩賞金をもらい出世して 何処かの国の諜報部へ
そして女魔法使いは魔界へ戻り勇者を追って行ったようで!
止めたけど翌朝荷物が無くなっていたと言う女騎士
仲間だったし、自分を追って…となるとやはり心配になりますよね(汗)
でも女魔法使いの事だから、そう簡単にやられたりしないと!
それに今日は学士様の件で来たのだからと話を戻す勇者

教会の力を借りたいと、持って来た秘密兵器〝馬鈴薯〟を見せる魔王!
どんなものなのか分かり易いように、教会に来た時に料理するように頼んでいたようで
それを食べながら、馬鈴薯について色々と説明を受ける女騎士
栄養価も高いし、地中に出来るから鳥の害も受けにくいし、痩せた土地や寒冷地でも栽培で来て冷暗所であれば1年近く保存が利くし、条件が合えば年に3回収穫する事も可能
弱点としては毒がある事、しかしそれは日光にあたり発芽しかけた物だけで
収穫や保存の際にきちんと処理すれば問題は無い
面積当たりの収穫量としては小麦のおおよそ3倍、一度に多くの量を収穫出来るから
飢えた人を一度に大勢救う事も出来ると言う効果的な食糧

魅力的な話だけど、金銭的な援助を望んでいるのなら無理だと答える女騎士
援助があれば嬉しいが、自分たちの当面の目的は他にあると返す魔王
それは冬越し村に修道院を建て、従来の農業に代わる新しい生産性向上の手法を農民に指導してもらう事
そして周辺の国や村にも修道院を増やし新しい栽培方法を伝えていって欲しいのだと!
しかし、その事で魔王にとってはどんな利益があるのか?
その先に進めばまだ見ぬ丘の先を見る事が出来る、戦争の無い未来 飢餓の無い世界――!
馬鈴薯の栽培方法が広まれば食糧事情が改善され そこへ近づく事が出来る
丘の向こうが見たいと言う魔王の思いに、女騎士も修道院の総力を上げて助力すると!

冬越し村には自分自らが赴くと言う女騎士に思わず動揺する勇者
何か不味い事でもあるのかって、学士が魔王だと気付かれるかもですしね(苦笑)
協力してくれると言うのだから失礼だと、ぜひお越しいただきたいと歓迎する魔王
余裕すら感じるその様子に 女騎士も何か察した感じ?
契約の相手には最大限の敬意を払うと言う魔王に、騎士道精神に則り正々堂々と…って早速両者で睨み合ったりと不穏な雰囲気になってるのですが!(汗)

二度とアエナイと思っていた勇者との再会、そして学士が齎した馬鈴薯
これは光の精霊の導きだと言う女騎士に
純粋に人の成した事、魂持つ者の努力の賜物だと言う魔王
秘密兵器も効いて、上手く話が纏まり修道院を後にする二人だけど
まさか勇者の昔の女が現れるとはって 女騎士との関係を疑っていた魔王がw
魔王のこういう所が可愛いなぁ

ここ最近ずっと魔王は部屋に籠っていたようですね
一か所にに留まり大地の恵みを当てにしてたらすぐに限界が訪れる
そこで大地に捧げものする、焼いた食物や動物の遺骸 糞尿や食べかすなど
一番良いのは魚のようだけど、冬越し村だけでも3万匹必要って調達は無理過ぎる(汗)
そもそも海には魔族の将軍がいて、衝突すると面倒なのだとか…
さらに面倒なのが同盟、商人たちの寄合のような集まりのようだけど
商業範囲は南部を中心に中央大陸全部…と言う事で、かなり影響は大きいようですね
資産も天文学的なもので、その気になれば王の首を挿げ替える力もあるようで
そんな化け物によって 色々動いているって事になるのか…

勇者も以前プロパガンダで演説のような事をしたらしいけれど
普通なら謝礼に金貨数百枚のところ、金貨15枚って易く見られてようでw
パーティに参加してドレスの女性に囲まれ、モテますねと言われたりと
話を聞いて不機嫌になってキツイ教育が必要だと言う魔王が(苦笑)
でも、その時に青年商人と会った事もあったのか…

しかし同盟に意思は無い、自分達の身を守り成長する事だけを願う組織
だからこそ利用し甲斐があると考えた魔王、ここで2か月籠っていたいた理由が!
魔王が作ったのは二つの円環により どんな場所でも水平が保てる羅針盤
これを同盟の商人の所へ送りつけたようですね
これがあれば世界を変える事が出来るし、莫大な利益を得る事も出来ると盛り上がるも
だけど発明して届けた者の思惑を考えなければと慎重な一面もあるようで
この羅針盤を使い、魔王を同盟に何をさせようとしているのか?

送り主は紅の学士、冬越し村は何の特産品も無い開拓村だけど
辣腕会計が つい最近 湖の国に何かを打診してる事に気付く事に!
わざわざ遠い国の修道院へ赴いてると言う事で 怪しむメンバー
羅針盤と関係があるのなら厄介な事になるし
自分達 同盟が羅針盤を独占することが出来なくなるのは困ると!
他の組織に売り込まない事を祈るばかり、商人であり暗殺者にはなりたくないとか…
何やらきな臭い展開になりそうな予感がしますね(汗)

冬越し村ではメイド姉妹も村人と仲良くなり、学士の所へ客が来ると言う事で
仕留めたウサギを分けてくれたりと親切にしてもらってるようだけど
自分とは生まれが違うと言う言葉に メイド姉が反応してたのが気になる…
農奴だった過去の事を気にしているのか、それとも他に何かあるのか?
メイド姉妹の事も色々と気になるなぁ

夜中に完全武装する勇者の所へ現れた魔王!
どうやら自分を追って魔界へ戻った女魔法使いを捜しに行くようで~
放って置く事は出来ないし じっとしてられないのを魔王も分かってたようですね
助けに向かう勇者の為に 装備まで用意してくれていた!
見送る魔王は こういう時に人間の親しい関係の者がする挨拶が…って
なかなか進展しない関係にじれて 積極的に迫って来たし!!
どうやらメイド長から言われた事で 余計に焦ってる感じですかね
女騎士に、女魔法使いと勇者の周りの女の子が現れヤキモチもあるのかw

勇者はヘタレだから結局おでこにキスして そのまま行っちゃいましたけど
学士の所へやってくると言うお客さんと言うのが気になる所ですね
同盟サイドが動いてくるのか!?
魔王だけで大丈夫なのか、まぁメイド長もいますし…
そういえば、魔王はどれくらい強いのだろうか
戦っているところって見た事ないから気になる感じです!

女魔法使いを捜しに行った勇者の方にも色々起こりそうな…
すんなり見つかれば良いですけど、暫くは離れ離れで行動する事になりそうですね


NEXT⇒『そんなことになったら勇者に噛みついてやる!』

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2327-8f6d54ab
http://unabaranohikari.blog115.fc2.com/tb.php/707-48aa5a5a
http://irizasama.blog95.fc2.com/tb.php/1186-2bc12de5
http://kenohito.blog67.fc2.com/tb.php/1868-2f0b1d67

EDIT |  21:05 |  まおゆう魔王勇者【終】  | TB(25)  | CM(2) | Top↑
2013.01.12 (Sat)

まおゆう魔王勇者 第2話「わたしたちをニンゲンにしてください」

「自分の運命を掴めない存在は虫です」
小さな村へと向かった魔王と勇者
そこで二人を待っていたのはメイド長!

まおゆう魔王勇者 (1) [Blu-ray] まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (5) (カドカワコミックス・エース) まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ 4 (チャンピオンREDコミックス)

戦争の先にあるもの、まだ見た事の無いものを求めて手を取り合った勇者と魔王!
先ずは食料の問題から手を付ける事にした二人は、小さな開拓村へ向かう事に
大きな栄えた国よりも こういう小さな場所での方が実験がしやすいと言う事だけど
正体を隠す必要もあるし、既に手の者を先に忍び込ませているようですが…
思いっきり〝魔王さま〟と連呼しながらやって来たメイドがw

このメイド長が魔王の手の者のようですね、一軒家も用意してくれてるって
物凄い立派な建物だし、逆に怪しまれるんじゃないかと心配になりますね
人間の村なんだから注意するように言ってたけれど
勇者、魔王と役職しか付いてないから名前で呼ぶことが出来ないのが不便過ぎる~

しかも、いつの間にやら魔王と勇者が結婚した事になっているー!?
期間無制限の相互所有契約、確かに結婚と言う意味に取れなくもないですかね(苦笑)
メイド長は魔王と同じ種族で、どうやらメイド道に目覚めてしまったのだとかw
魔王軍を任せた事もあるようで、実はかなり凄い人だったりするのかな
取りあえず、村長たちなど主だった人たちには挨拶は済ませてあり
魔王は、聖王都の進学校で研究した学者の娘の姫君と言う設定で
この村で暫く色々やる事になるようですね

魔王城で魔王と勇者は決闘した事にし、その結果双方深手を負った事にして
魔王は療養中で勇者は生死不明で一説に寄れば落ち延びたとし噂を流して
1年くらいは これで魔王サイド人間サイドどちらも慎重になるだろうから
その間に まだ見ぬ結果をあげなければならないと言う事に…
果たして上手くいくかどうか気になる所です

同じ畑で麦を収穫し続けると土の質が悪くなる、その為3種類に分けてローテンション
夏の畑 冬の畑、1年休耕という具合に 畑を使い分けているが
それを4種類に増やしたいと言う魔王
大麦を作る畑、クローバーを作る畑、小麦を作る畑、カブを作る畑と分けて4年周期で活用する畑に作り替える
クローバーは夏の間、カブは冬の間に豚などに食べさせ、放牧すれば肥料で土も肥える
1年中畑を有効に使え、かつ土を痩せさせず 農作物以外も豊かに出来るアイデア!

寒くて貧しい村にはピッタリ、だからこの村を選んだようだけど…
まだまだ課題は山積み、当面は農地と村の統廃合、利権の争いも絡み難しい問題
魔王の考え通りに上手くいけば良いけど、村の人の反応が冷たいですね(汗)
取りあえず食料自給率を上げる事を目標にしたのは良いけど村長との意見が合わない
まともに話を聞いてくれなかったのか 思った通りにはいかないようで…
何より先に教育が必要、じゃなければ話が進まないと考えた魔王

二人っきりになり 積極的に勇者にアピールする魔王が可愛いw
特等席だと自分の隣に来るように言う魔王に、素直に従う勇者
二人のやり取りにニヤニヤって感じですが、良い所で邪魔が入るのはお決まりですね
魔王の膝枕を堪能する勇者、魔王も勇者の髪に触れてモフモフして
このまま良い雰囲気に…と思ったら 厩舎の方が騒がしく!?

裏手にある厩舎に向かうと、そこには逃げてきた農奴の姉妹が!
どうやらこの村は周辺とは違う権力に属しているようだけど…
その別の権力と言うのが気になる感じですね
農奴は奴隷とは違い、個人財産や家や農具を持つ事を許されているけれど
職業選択や移動の自由は認められていない、労働力として選択の自由なく働かされる身
どうやらこうして農奴が逃げて来るのは良くある事で
メイド長はそのたびに通報し引き取りに来てもらってるようで…
逃亡奴隷は重罪、こんな事で村の立場を悪くしても益が無い事

自分の運命を掴めない者は虫、そう厳しく言い放つメイド長
取りあえず今晩は通報せずに、服と食事を与えるように命じる魔王
農奴の姉妹は何とか通報しないでくれと頼み込むも
最低限の格好でお金も無く 乞食のような事をするのかと言われる事に
それでもこれからも逃げ続け都に行くのだと言う二人
百歩譲ってそれを努力だと認めても、その為に人の家に忍び込み好意に縋り
寝床や食料を与えてくれた人を逃亡によりさらに立場を悪くすることになる

所詮それが農奴のやり方、改めて虫と呼び嫌いだと蔑むメイド長は
このまま虫でいつづける事を甘んじる人を人間だとは思わないと!
厳しいけど言ってる事は正しいし、メイド長なりの優しさなのですよね
それに気づいた姉は迷惑を掛けた事を謝罪し、自分達を人間にして欲しいと頼み込む
メイド長が自分たちの運命だと土下座までして 必死なその姿を見て
人手が足りないからと 新たなメイドとして雇い入れる事に!
メイドを嫌う人はこの世にいないとかw

メイドとして働く事になった二人、呼び名がメイド姉とメイド妹に!
妹の方はすっかり勇者に懐いたようですね
農奴から解放されて 随分と生き生きとして表情になって可愛いなぁ
魔王から文字や算数を教えてもらっているようですが…
上手くやれば儲けでウハウハって 一体どんな教育を(苦笑)
姉と頑張って色々やるのだと言う妹の言葉に、思わず弱気になる勇者
自分は何もしていない、頭が良いわけでも金勘定が出来る訳でもない
畑仕事も動物の世話もダメ、せいぜい剣の先生くらい
食糧を調達してくれるのは助かると思うけど、それ以外はまったく駄目なのか

口先ばかり平和とか言ってたけれど、平和って何なのか?
平和になったらどうすれば良いのかなんて ちっとも考えていなかった
ここにきて色々と思う事があるようで、これからどう変わっていくのか
勇者なりに自分が出来る事、自分がやるべき事を捜す事になりそうですね
何とか勇者サイドのメンバーも加わってくれれば良いけど…

魔王は貴族、軍人、商人の子弟を集め
現在の経済状況から導かれる戦争の最大規模などを話し合う事に!
遠征軍で第一に必要なのは戦争終結への熱意、そして経済的支援
それがなければ社会も戦争も成り立たない、人間は食べなければ飢えて死ぬ生物
しかし、飢えと言うのは精神的弱者の言い訳に過ぎないし
そもそも領主が保護している人民に飢えなど存在しないとか…
裕福な立場にいる人たちには まだまだ教育が必要なようだし
そういう人たちを上手く纏めて行く事が出来るのか(汗)
問題が色々多くて、何で教育なんて言い出したのかと さっそくお疲れの様子(苦笑)
いっそカエルに変えてしまうかと言いだすしw

この後の村長の家での授業に付き合ってあげる事にした勇者
雨が降って寒いとおねだりする魔王に 自分の外套を掛けてあげる勇者が良いですね
勇者を手に入れて本当に良かったとか 二人のやり取りが可愛い
しかし、悲しい程権威がものを言うと言う魔王
貴族の子弟を受け入れ箔がついたら、農民も新しい農法に協力的になった
それなりの規模で実験開始と言う事で 態度が随分かわりましたね
結果が出るのに何年かかるのかと言う勇者に 秘密兵器を手に入れたと返す魔王
彼女が村長の家に持って来た秘密兵器とは一体何なのか!?

この村から少しずつでも 二人が目指す世界になっていれば良いけれど
やっぱりそう簡単に話は進まないんでしょうね…
問題も多そうだし、二人がどうやって乗り越えていくのか楽しみです!


NEXT⇒『いままでどこほっつき歩いていたのよ!』
次回は勇者の仲間が、勇者を捜して来るようですね!

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/2732-e6edf061
http://nijiirosekai.blog55.fc2.com/tb.php/3739-089d9a4e
http://irizasama.blog95.fc2.com/tb.php/1184-24e638c0

EDIT |  20:26 |  まおゆう魔王勇者【終】  | TB(26)  | CM(4) | Top↑
2013.01.05 (Sat)

まおゆう魔王勇者 第1話「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」

「さあ行こう、丘の向こうを探しに!」
魔王討伐へ向かった勇者の前に現れた魔王!
しかし、その魔王は可愛い女の子!?

まおゆう魔王勇者 (1) [Blu-ray] まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (5) (カドカワコミックス・エース) まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ 4 (チャンピオンREDコミックス)
【第1話 あらすじ】
一軍にも匹敵する強大な戦闘能力を持つ勇者は、人間の敵として立ちはだかる魔族の長である魔王討伐の為、単身で魔界の奥深くへと乗り込む。しかし、魔王の城に到達した勇者の前に姿を現した魔王は、美しい人間の女性の姿だった。戸惑いつつも果敢に戦いを挑もうとする勇者だったが、魔王はそれを受け流すかのように、とある説明を始める。どちらがこの戦争に勝利したとしても、その先に平和は訪れないのだと…。

2013年新アニメお試し視聴感想、一つ目は「まおゆう」
原作未読、予備知識ゼロでの視聴です!

人間と魔族が戦争を始めてから15年――
小競り合いを続けながら、長引く戦いに人々は苦しめられる事に
そんな中、一人の勇者が立ちあがり 3人の仲間と魔王の討伐に乗り出したけど…
何故か 単身で魔王の元へと向かって行った!?

魔王の居城へと乗り込んで行った勇者だけど、剣を向けた先に居たのは可愛い女の子!
こんにちは勇者と挨拶をする 胸の大きな女の子に 思わず動揺する勇者w
しかも、この女の子が第43代の魔王だった――!
魔王=男と思っていたようだけど、伝統的な呼び名って事みたいですね
字名は紅玉の瞳と呼ばれる 美人さん♪
紋章も胸にあると 見せようとする魔王にタジタジだったりと
スッカリ魔王のペースにはまっている勇者はヘタレキャラですか(苦笑)

勇者は皆の為に魔王を倒す!
意気込んだのは良いけど、戦う気ゼロな魔王にすっかり戦意喪失ですね
改めてこんにちはと挨拶をして、勇者が来るのを待っていたと言う魔王!
言葉を交わすのを楽しみにしていたといい、今こそ最初のあるいは最後の
自分と勇者の幕を開けようと、自分の物になれと宣言する悪魔だけど
アッサリ断られて、そこをなんとか…と泣き付いてるのが可愛いw

魔王のおかげでたくさんの国が滅んだと言う勇者
…しかし、全てが魔族の所為ではなさそうですね
森の国が滅んだのは、考えも無しに森林を伐採し木炭を作った事による公害
鈴の国の大臣が憑依されたというのは、悪事を働いて捕まったら魔族に洗脳された事にする責任転嫁だったりと
どちらかと言えば、魔族を悪者に仕立てている人間の仕業!?
一方的に 魔族が悪いとされているけど、そう単純な事でもなさそうだし
単なるファンタジー作品かと思いきや、なかなか重い題材も入れ込んでますね(汗)

しかし、たくさんの血が流れたのは事実、魔族は悪だと言う勇者だけど
それは一体誰が決めた事なのかと 経済的視点から実状を突き付けられる事に!
…って、経済に関してサッパリな感じの勇者の反応がw
戦争の良い所を纏めた記述を広げる魔王に、良い所なんて無いと言い捨てる勇者だけど
実際、戦争によって実際に経済が潤い利を得てる部分もあるのは確か
商人たちは特に…って感じですかね

戦争相手が魔族になった事で、人間の結束が固くなり
500年以上続いていた疫病と飢餓がずいぶんと減ったようで…
中央大陸は戦争により莫大な富を得る事が出来た
それは人間だけでは無く魔族にも言えるようで、そういう意味で戦争は
魔族と人間を大きく変えたけれど、始める理由にも続けて良い理由にもならない!
自分が付き合ってやるから投降しろと魔王に言う勇者だけど
今この戦争を終わらせる訳にはいかないし、そう簡単な事では無い…

人間たちは中央諸国は戦争して疲弊している南部小王国に義捐金を与え
そのお金で物や食べ物を買ってもらう代わりに、安全を得ている――
つまり、金を渡し小王国に戦争をさせる事で中央は安全を確保しているのか…
実際 中央は戦争とは無関係の別世界 豊かな生活を送り夜会に興じる貴族たち
これも戦争があるからこそ出来るもの、もし戦争が終わってしまえば
巨大消費が無くなれば 中央の生産者は大ダメージを受け失業者が続出し
日々の糧にも事欠き、恐らく数十万の死者が出る事になる――

それに問題がもう一つ、戦争のおかげで食糧が行き渡るようになったものの
全体の食糧生産が劇的に向上した訳では無いし 餓死者は世界中に存在する
戦争が無くなれば、そういう人々がさらに溢れる事になるのだと…
生きていれば食べ物がいる、でも食料を増やす事は出来ない
それは人間の王たちも分かっている事
この戦争を終わらせたら、勝っても負けても人間は滅びてしまう
だからこそ軍を使わずに、勇者を送り出したのだと!

人間、魔族、どちらが勝っても 負けた方を奴隷に植民地を増やす
そうやって多くの国が滅びていったのを知っている魔王は
この状況を 自分達で何とかしたいと 勇者に話しかけ協力を得ようとしてたのですね
戦争の向こうにある 見た事の無い景色を見てみたい――
それが魔王の望み、改めて勇者に自分のものになって欲しい
まだ見ぬものを探すため、自分の瞳 明かり 剣になって欲しのだと!!

勿論最初は駄目だと断っていた勇者だけど、魔王の可愛さにやられてる感じで
交渉の余地ありと見られ、更に交渉に踏み込まれる事にw
故事によると世界の半分を交渉材料とするようだけど、そんな事では勇者は動かない
それなら、半分では無く全部上げられるものがあると言う魔王
自分自身をあげる代わりに 勇者の全てが欲しいとか言い出したー!
…って、初回からプロポーズ様な台詞が飛び出しましたね(苦笑)

魔王はどこまで分かって言ってるのかと思いきや、胸のときめきを伝えても良いかと
かなり本気のようですね、奥手なんだと言いながら勇者に迫っているのがw
すっかりタジタジになっている勇者の反応が面白い
魔王を独占すると色々と便利、この戦争の向うへと行ける
しかし、直ぐにとはいかない 投降しても人間の王はそれを隠すだろうし
魔界では新魔王が立てられる事になり 結果的には何も変わらない…
それくらい、この戦争は双方にとって必要なものになってしまっているのですね

だからこそ、別の結末を迎える事が出来るのなら自分達だけではなく
三千世界にとってまだ見ぬ希望ではないかと言う魔王
戦争を終わらせるのが軍だとすれば、終わる地点を模索するのが王の役目
そういう魔王の考えに触れ、勇者も現状を知った事で考えも変わったのか
何だかんだ言いつつ、良い関係を築けそうな雰囲気で!

戦争が終わるまでは手を血で汚さない約束は出来ない
魔王も勇者も非道な事をたくさんする事になる――…
それでも、その先の…って事ですね
魔王と触れ合い契約成立、先ず最初の一手は食料から!
果たして二人だけで上手くやれるのか…
勇者に関しては、勝手に一人で行っちゃったことで 何だか誤解受けそうな気も(汗)
他のメンバー達がフォローしてくれてればいいけど、どうなるか気になる所ですね

長い旅になりそうだけど、魔王に向かい覚悟は出来てるのかと問う勇者は
既に覚悟は決まってる感じでカッコ良かったですね
勇者と今後一生離れる気は無いんだからなと言う魔王に
当たり前だと言い切り、契約は守ってもらうと手を掴む勇者がw
思わずテレてる魔王が可愛かった♪
ギューってして良いかと飛び掛かったは良いけどランプに触れてしまい
恥ずかしい場面を見られる事になりましたけど(苦笑)
…と言うか、角は取り外し可能なのかww

丘の向こうへ行こう!と言う事で 勇者と魔王が現状打開の為に動き出しましたが
今後どうなっていくのか、次回も気になる感じです
取りあえず、視聴は続行予定ですが
感想に関しては、来週から本命の「ちはやふる2」が始まるので
続けるのは厳しいかも…(汗)
面白くなって来れば たまに感想書きたいなと言う感じです


NEXT⇒『わたしたちをニンゲンにしてください』

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://renpounasu.blog.fc2.com/tb.php/518-aee29f99
http://irizasama.blog95.fc2.com/tb.php/1182-c2d392bd
http://d.hatena.ne.jp/umineko01/20130105/p2
EDIT |  19:40 |  まおゆう魔王勇者【終】  | TB(36)  | CM(6) | Top↑
PREV  | HOME |