--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.07.02 (Tue)

アラタカンガタリ~革神語~ 第2話「創世ノ光~SOUSEI NO HIKARI~」

「変えてみせる この世界を 
門脇の心を、自分自身を――!」

革vs門脇!
最終回、ついに創世を目覚めさせた革!

TVアニメ アラタカンガタリ~革神語~オリジナルサウンドトラック アラタカンガタリ~革神語~ 2 (完全生産限定版) [Blu-ray] アラタカンガタリ ~革本~ ─公式ファンブック─
【最終話 あらすじ】
ヨルナミとの戦いの最中に、門脇が再び姿を現わす。門脇は“降し合い”をするために鞘になったと言うが、革はその言葉に納得できない。そんな革に構わず、門脇は劍神を振るってきて……。革と門脇──現代と天和国をまたいだ二人の信念が、ついに激突する!!

ヨルナミと話をする革の前に割って入て来た門脇は
お互いこの天和国で劍神を操る鞘となり随分変わったけど
自分達の関係はあの頃から何も変わっていないと革を精神的に追い詰める
本気の降し合いを望み、門脇の事が鬼になるほど憎いと認めろと!
自分と今度こそガチで戦えと言われ、鬼にはならないしお前の心を変えると返す革
しかし、自分の心を折れるのは力だけ だから戦えと逐力を向けて来た門脇
逐力も興奮してる…って劍神が成長した!?

ぶつかり合う革と門脇だけど、ヨルナミさんの城の中でとか迷惑過ぎるw
城の中を走って行く革を 逃がさないと追いかける門脇
待ちに待った戦い、じっくり楽しませてもらうと病みっぷりが(苦笑)
その様子を上空の艇から見ている六ノ鞘!
全ての源である創世と唯一倒す事が出来る逐力、光と影の劍神の戦いを楽しませてもらうと!
門脇から一方的に力で押さえつけられ降され続けてきたと話を聞いていたコトハは
革が再び鬼化してしまうのではと不安になりカンナギに助けを求めるも
これは革と門脇の戦いだから 見届ける事しか出来ないと…
今は革を信じるとコトハに言うカナテ!

門脇に押されながらも全ての攻撃を受け流してる革が凄いですねw
防戦一方の革に これは遊びじゃ無く降し合いなのだから攻撃して来いと言う門脇
戦わなければ自分がやられてしまうし 秘女王の所へ行けないと言うカナテの言葉に
秘女王の気持ちに応えたいけど、門脇を降したくないと悩む革
皆が革の事を信じていると言うコトハの言葉が一番届いたのかな
しかし、それを後悔させてやると更に力を増す門脇の逐力!
あわよくば相討ちに…って六ノ鞘にすれば 門脇は捨て駒みたいなものなのか
でも想像を凌駕する存在になるかもって そのうち逆にやられる事になるんじゃ…

逐力の神意が強過ぎて創世の無効化の力が通じない!?
この力が、創世を唯一倒す事が出来る…って事なんですかね
このまま無効化の力が使えなければ、攻撃の神意を持たない創世では打つ手がないと
皆に今まで仕えてくれた事を感謝し、革に降る事を決めたヨルナミ!
十二神鞘の一人でもあるから 属鞘たちが止めに入るけれど
革に全てを託す、それはきっと大王になる事よりも遥かに尊い
母親も今度こそ褒めてくれると決意は固いようですね
「生きよ 鞘革、私はそなたが統べる世界を見てみたい」
創世の中で革の戦いを支え見届けるのだと!

自ら降ろうとするヨルナミを止める革に、逃げるのかと叫ぶカンナギ
世界を変えるのなら、逃げずにこの試練を受け入れろ
降すとは人を殺す事でも犠牲にする事でも無い、その者の生命を預かる事
かつてのツツガと同じように、他者の生命を思いを願いを背負って命ある限り前に進む事!
その覚悟を持ってヨルナミを降し、信じる者の為に前しろと!
迷う革の為に 色々と教えてくれるカンナギがカッコ良いなぁ

哭多と共に革へと降ったヨルナミ!
創世に吸収される衝撃が凄かったですね 城が全壊しちゃったw
まさかヨルナミを降すとは思っていなかった門脇だけど
これで漸く革が本気になったと楽しそうな感じですね
そこまでして どうして自分と戦おうとするのか?
他の誰でもなく革に勝ちたい、例の勝負の一件をずっと引きずっているのか
結局 哀れみだとか関係無く 単に革と互いに本気の勝負がしたかっただけ
門脇は革にちゃんと向き合って欲しいだけなんだろうなぁ
だけど 力で甚振りイジメたりするから その気持ちは革に伝わるはずもないし
それで何も分かって無いと言われもヤンデレ過ぎるw
門脇的には本気でぶつかる事が出来れば何でも良かったのかな…

戦うしかないと逐力を向ける門脇に 哭多で対抗する革!
降ったヨルナミの力を早速使っていたけど、革に扇の劍神は似合わない(苦笑)
それぞれ持ち主に似合った形状をしてるんだなと感じますね
でも降った劍神の力を使えるのは便利だし、哭多があれば戦いも楽になりそうな
自分を真直ぐ見据える革に、そうだその目だ…って満足そうな門脇がw

失うものが何も無いと悟った時に力を手に入れたと言うアカチの言葉を思い出し
革に勝てるなら何でも捨てて力を入れてやると!
友達でライバル同士だった頃の思い出を全て捨てて…って事ですか
「アンタのこの眼で見ててくれ 俺の戦いを アカチ!」
門脇の口からアカチの名前が出た事でカンナギが反応してましたね
アカチの眼、一体何をしたのか――?
カンナギがアカチから火焔を取り戻すのはいつになるやら…(苦笑)

決着をつけるべく ぶつかり合う革と門脇!
皆の思いに応えたい、もう自分一人の戦いでは無いと門脇を弾き飛ばし
自分は降せないと言う革の言葉に応えるように創世の輝きが増す――!
そして、地面が大きく隆起したりと何やら凄い展開になってるけど
仲間の為、創世に降った生命の為、信じてくれる人たちの為
そして この世界を変える為にも、自分は何にも誰にも屈したりはしない―――!
創世から溢れた光が 大きな翼の様に革の回りへ広がる!
その様子はまるで 大王のようだと言うカナテ
そして、その光を見たカンナギは、革が完全に創世を目覚めさせたと!
この眩い光は 創世の日輪 これが創世の本当の力なのかな

世界を変える為に戦うと言う革に、それなら俺は俺の為に戦うと言う門脇
創世の日輪の力を受けながら、次は絶対に降してやるから覚悟しておけと!
逃げたりしないからいつでも来いと受けて立つ革に
その言葉を忘れるなと捨て台詞を言って そのまま飛ばされていった門脇w
今回は革の勝利だったけど、今後はまた執拗に絡んできそうですね(苦笑)
しかし、命がけの降し合いだったけど 何か高揚感感を感じていた革
それは中学時代に門脇と一緒に隣を走ってた時と同じような感覚
ずっと前を向いて走っていろと言ってくれた門脇の言葉だったり
革にとっては やっぱりまだ友達なんだろうな…

門脇との戦いを終えた革の所へ向い、無事で良かったと思わず抱き着くコトハ!
いつ渡せるのかなと思っていたスズクラで買った簪を ここで渡す事に
ありがとうと嬉しそうに受け取ったコトハが可愛い
何やら良い雰囲気になっていたし、この二人がどうなっていくのか楽しみですw
改めて前に進む事を決意し、一緒に行こうとコトハに言う革が良いですね

そして、残ったヨルナミの属鞘たちも革を信じて生命を預けて降る事に!
ヒルコも降っていたけど、スズクラを変えると言うルカとの約束は……
他の属鞘も色々と担っていた仕事とかあるんだろうけど、皆いなくなって大丈夫なの?w
スズクラとか色々混乱しそうな感じだけど、あまりツッコミ入れない方が良いのか…
それにしても、随分と一気に降ったけど これだけの力を使えるって事ですよね
ヨルナミの哭多、ヒルコの多花邏、今後はこれらの劍神の能力も使っていくのかな

門脇が六ノ鞘と入れ替わって天和国に来た事を現代のアラタに報告する革
アニメでは結局 現代サイドの展開はあまり見れなかったけれど
これからアラタにはハルナワの脅威が迫る事になるんだろうなぁ…
最初に会った頃に比べて逞しくなったと言われ素直に頷く革に嬉しそうなアラタ
…って、出来ればコトハにもアラタの姿を見せてあげて欲しいのですが(苦笑)

革が創世を目覚めさせ 創世の日輪を出現させた事で
自分達の願いを叶える為にも消えてもらわなければならないと言う六ノ鞘
創世は滅び 世界が変わる
その日を 現世で楽しみにしていると言うハルナワ
…その制服どうやって調達したのか気になるw
せっかくの石田さんキャラなのに 出番が無さ過ぎて残念ですね
ここからアラタと色々とあるんだろうし、この先が見たい
そして、革がヨルナミを降した事はすぐに知れ渡ったようで
自分が降してやるから早く来いと言うクグラ
ヤタカ@マモも最後に一言だけあったけど、これだけの出番とか勿体無いw

カンナギはエミスに命に代えても火焔を取り返し、この手でアカチを降すと決意
…結局 この二人に関しても決着がつかないまま終わりましたね
エミスとカンナギを逃がした後、アカチに何があったのか気になる!
裏切られたと言う出来事や、どうやって鞘になったのか…
やはり1クールでは色々と中途半端な感じになっちゃうのが残念です
そのアカチは いつになったら悪夢に苛まれない眠りに就けるのかと
エミスと呼ぶ女の子と一緒に居たけど これはどういう事!?
また気になる謎を残してくれた感じで…

改めて革は凄いと感じる門脇、一度は認めた存在
でもだからこそ許せない事もあるし、負ける訳にはいかない――!
馬鹿な意地でも構わない、革に勝たなければならないのだと
やっぱり革の事が…とミヤビに言われてウルセェと返したり
また全力で降し合おうぜと嬉しそうな顔したり本当ヤンデレですねw
いずれまたぶつかり合う事になりそうだけど
本気で対峙する事で 少しずつ二人の関係も変わっていくのかな?
結局自分の事を見て欲しいだけみたいだし…

この世界を、門脇の心を、そして自分自身を変えてみせると言う革!
自分を信じてくれる人、信じて降った者達の為にも 前に進み続ける
改めて覚悟を決めた革に、ただ信じていると言う秘女王――


…と言う事で、予想通りまだまだ戦いはこれからだと言う展開で終わりましたね
せっかくここから面白くなっていきそうなところで終わりとはw
気になったら続きは原作を読んでねと言うパターンですか(苦笑)
十二神鞘の登場人物が多いだけに全員の出番が無かったのが残念な感じですね
仕方ないとはいえ、チラ見せで終わってしまったクグラとヤタカ、ハルナワが…
色々な意味で残念な感じになってしまったなと

それにしてもキャストが豪華な作品でしたね
カンナギ@友樹さんボイスも好きですが
個人的にはアカチ@たっつんの低音ボイスが好きだ!
ここまで低音ボイスのキャラってあまりなかったような…?
アカチの他にOLDCODEXとしてエンディングも担当してましたが
「The Misfit Go」がカッコ良かったです♪


スタッフ・キャストの方々お疲れ様でした
そして、TB・コメントでお世話になった皆様ありがとうございました!


      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2357-266a178a
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/2990-6200ec99

スポンサーサイト
EDIT |  19:59 |  アラタカンガタリ~革神語~【終】  | TB(6)  | CM(10) | Top↑
2013.06.25 (Tue)

アラタカンガタリ~革神語~ 第11話「生命~MITAMA~」

「完璧に事を成し遂げる為ならば 
私はどんな手段でも使う」

革vsヨルナミ、門脇の乱入!
完璧に拘るヨルナミの過去――

TVアニメ アラタカンガタリ~革神語~オリジナルサウンドトラック アラタカンガタリ~革神語~ 1 (完全生産限定版) [Blu-ray] アラタカンガタリ~革神語~ 2
【第11話 あらすじ】
革たちはヨルナミの城・玉依ノ宮までやってきたものの、ヨルナミの力によってコトハが捕えられてしまう。コトハを追って王宮へと入った革の前に、ヨルナミが姿を見せる。ヨルナミは、コトハを助けたければ「自分を降すか、自分に降るように」と告げ、革に戦いを挑んでくる。

変わってしまったヨルナミを戻して欲してくれるかもしれない
そんなヒルコの言葉もあり、ヨルナミの城・玉依ノ宮へと向かう革たち!
さすがに十二神鞘の城と感心してたら、自分の城の方が大きいと自慢気なカンナギw
はいはい ってカナテがサラッと流してたり 何だかんだ仲良いですよね(苦笑)

全ての源の劍・創世を手に入れれば大王は目の前――!
母親の期待に応えられるはずだと言うヨルナミだけど
変わってしまったのは母親の影響が大きいようですね
母親の為にと作った送り物に対しても、こんな物を作っている暇があるのなら
武芸の鍛錬に励めと厳しく言い放ったりと 褒めてくれる事はなかったようで…

玉依ノ宮の偵察に向かったカナテを心配して様子を見に行ったカンナギ
二人きりになり革に元の世界へ戻りたいし寂しいよねと声を掛けるコトハ
元の世界には大切な人たち、好きな人がいるだろうし 無事に戻れるまで見守っている
って、何だかそう自分に言い聞かせてるようにも感じるけど どうなんだろう…
でも革自身はそんな事は考えていなかった、秘女王の信じると言う言葉に応えたかったし
この世界でなら自分を変えられると思って 今までずっと頑張って来た
だれど、その先の事は――?
コトハの事も気になっているし、こっちの世界に残りたいと思ってたりするのかな
それでも やっぱり本来生きていた世界へ戻るべきなんでしょうね
アラタと入れ替わったままではいられないですし…
革はやっぱりスズクラで コトハが気にしてた簪を買っていたのか
この簪は いつ渡す事が出来るのだろう…

コトハがヨルナミの操る水に捕まりそのまま連れ去られたー!
すぐに玉依ノ宮へと助けに走る革だけど、カナテもカンナギも追いつけない速さw
門の扉は開かれ 見張りも居ない…って 明らかに罠で誘い込まれてますね(汗)
捕らわれているコトハを助けようとするも、神意が効かない!?
そして、革の前に現れたヨルナミ!
カンナギも追いついて来たけど、アカチに劍神を奪われた男とバカにされたし…

コトハを助けたければ、降るか 降されるかのどちらか―――!
降し合いにコトハは関係無いと言う革だけど
完璧に事を成し遂げる為ならどんな事もするのだと返すヨルナミは
全ては母親の期待に応える為、自分に失敗は許されないのだと言い
最強の劍神を下す姿を見ていてくれと襲い掛かって来た!
コトハを助けようとするカンナギたちも 黙って見てろと足止めを…
その様子を他の属鞘たちと見ているヒルコだけど、元のヨルナミに戻ってもらう為にも
今は革に全てを託し 信じて見守るしかないのですね

そして、革がヨルナミの所へ向かったと報告を受けたアカチの右目が眼帯になっている!
門脇も恐らく向かったのだろうって、やっぱり目をあげたのか…
絆と言う幻影を断ち切ってやるとアカチに目を突かれた門脇
失って初めて見えるものがある――
かつて全てを失い、自分にはもう何も失うものが無いと悟った時に得た強さ
同じ様になれば強くなるのか、どうしても強くなりたいと言う門脇は
アカチを引き留めて革に勝てるなら残りの眼もくれてやると!
覚悟が決まった門脇の決意に免じて 代わりにくれてやると自らの右目を与えたアカチ
…ってそんな簡単に取って渡したり出来るものなのw

アカチに会って様子が変わった門脇の事を心配するミヤビ
初めて自分自身を見てくれた存在であり、初めて近づきたいと思った
門脇はアカチに心酔していきそうな感じですね
ヨルナミの所へ向かいながら、革と会うのが楽しみだと…
一方、哭多(ナキサワ)の攻撃を避けながらヨルナミと戦う革
背後からの攻撃を受けそうになり、ヒルコが思わず声を上げるも
革の方に付いたヒルコたち属鞘に 愚行を恥じろと攻撃を放ち
そのまま革を水球に閉じ込め、時返しの術を発動するヨルナミ!

眠りにつき微睡の中で自ら降るのだと言うヨルナミの前に現れた門脇!
水の中に沈む革の姿を見て ヨルナミに向かって行ったけれど
革を倒すのは自分だとか、相変わらずのヤンデレっぷりですねw
自分以外の誰かに倒されるのは我慢ならないとかホント病んでるなぁ(苦笑)
付き合ってもらうと、そのままヨルナミと共に水の中へと引き込まれる事に!

温かくて気持ち良い、何だかホッとすると微睡の中へと落ちて行く革
ヨルナミは革の時を遡り、意識を操って降させようとしてるのか(汗)
降下の誓言を言わせようとするも なかなか意識を手放さない革をさらに時を遡らせる!
中学から小学校、さらには幼児期にまで……
喧嘩をするのはもう嫌だと言う革に学校なんて行かなくても良いと言う母親
辛いなら止めれば良い、嫌いなものなら見なくて良いし 逃げても良い
もう泣かなくても良いし 十分頑張ったし
終わりにする言葉を言えば良い、そうすれば楽になれる――!
創世を降らせる言葉を革に言わせようとする母親が(汗)

しかし、最後まで従わず抗い続ける革!
やはりヨルナミごときでは 革を降す事など出来ないと言うカンナギが良いですね
母親の言いなりで生きてきたヨルナミによっては、母親に逆らう事はあり得ない事
何だか母親と言う呪縛に雁字搦めにされている感じですね…
降す事が出来ないのなら創世にはもう用は無い、ここで消えてしまえと言うヨルナミ!
更に時が遡り赤ちゃんの姿になってたけど、このまま存在自体を消すつもりなのか(汗)

そんな革を助けたのはやっぱりコトハの存在でしたね
革ならきっと出来るから負けないで、ちゃんと見ていると言う言葉に呼び戻される!
今まで心配かけたけどもう大丈夫、それに好きな子が出来たのだと告げる革
幻影とは言え、行ってらっしゃいと送り出す母親が良いですね
本当の母親なら諦めて楽になっても良いのだとは言わないし
信じて待ってると言ってくれる人ですからね、それにもう自らの足で立てるのだと!
この程度の幻影で降されるような革では無い――!

そのままヨルナミの術を破り、コトハの事も助け出した革!
創世の神意の光が溢れだすシーンが凄かったw
全ての術が解け、ヨルナミの劍神・哭多も戦意を喪失
降し合いに負けた事実を突き付けられ、母親のもとへと駆け寄るも
既に本当の母親は死んでいて、水球の中にいたのはヨルナミが作り出した幻影
自分を認めてもらう前に母親を亡くした事で 病んじゃったって感じなのか
属鞘の人たちも 気付いていたけど、何も言えなかったんだろうなぁ…

完璧になれば母親に認められ受け入れてもらえると思い頑張ってきたヨルナミ
しかし十二神鞘になっても認められる事はなく その母親が亡くなった事で
認めてもらいたいと言う思いは更に強くなり、大王になれば認めてもらえるのではないか
それ故に属鞘たちにも完璧を強いるようになったのですね
革を降せず失敗したいま、もうそれも終わりだと…

亡くなる前にヨルナミに 自らの生命(みたま)だと小箱を託した母親
これを守りきれなかった時は 死ぬ時だと思えと…
形見として大切にしてきたけど 中身を見たことは無いし
母親の期待に応えられない自分が どうして中身を見る事が出来るのか
しかし、本当は中身を見て欲しかったのではないかと言う革
自らの生命(みたま)と言ってた程の物、伝えたかった事が入っているのではないか?
それを確かめる為に箱の中身を確かめると、中には幼い頃に送った装飾品が…!
こんなものを作る暇があるなら…と言ってたけど、大切に持っていたのですね

属鞘の一人が本当のヨルナミの母親の事を話して聞かせてくれたけど
こうなる前に もっと早く話してあげても良かったんじゃないかなw
ヨルナミの言うような厳しい人では無く、人一倍優しく子供想いの人だった
それ故に優し過ぎるヨルナミの事を心配して思い苦しんでいた
父も母も亡くなった時、残されたヨルナミはどうなってしまうのか?
もしまた戦乱の世になったら…と考え、鬼になる事を決めた母親
どんなに恨まれる事になっても 強くなってくれれば良いと
優しくしてあげられない代わりに、もらった物を生命(みたま)の様に大切に…

そんな母親の本当の気持ちを知ったヨルナミは ヒルコたち属鞘に謝り
ヒルコの言った通り 革が悪しき呪縛から解き放ってくれたと!
これで漸くヨルナミの心も救われた感じですね
かつて母親から聞いた 劍神・創世の鞘となるのは
深き眼、広き心、強き意思で 世界を導く力を持つ者だけ――
まさに 革が持つに相応しいって事ですか

どこまでその心を貫き通せるのか一つ聞きたいと
この世界で一番大切なものは何かと尋ねるヨルナミに
ヨルナミと母親のような絆だと答える革!
しかし、それを鼻で笑い飛ばしたのは門脇
ヨルナミの術を破った事は褒めてやるが、何が絆だお前が言うなと!
「テメェはなぁ 俺だけ見てりゃ良いんだよ!」
門脇の革への執着が怖過ぎる…と言うか
自分だけ見てればいいとか 革の事好き過ぎるだろw

やはりアニメの最後は 革と門脇の戦いになるのか
予告を見る限り 二人の戦いがメインになりそうですし…
と言うか、現代サイドがすっかりスルーされてますね(苦笑)
門脇と入れ替わったハルナワの動きだったり
アラタの事も色々と気になるところだけど
アニメでは これ以上の展開は見れなさそうだし 残念です

エンドカードのヨルナミの扱いがw
矢印なにかと思ったら見切れてた(苦笑)

NEXT⇒『創世ノ光~SOUSEI NO HIKARI~』
いよいよ最終回!
どんな結末になるのか…

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/2954-89574602
http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2357-266a178a

EDIT |  19:58 |  アラタカンガタリ~革神語~【終】  | TB(8)  | CM(6) | Top↑
2013.06.18 (Tue)

アラタカンガタリ~革神語~ 第10話「憧憬~SHOUKEI~」

「革、俺の知ってるヨルナミ様に会わせてくれ
お前なら変わってしまったヨルナミ様を元に戻せるはずだ」

ヨルナミの属鞘に会う為にスズクラへ向かう革たち
そこで出会ったのは ずっと革たちを見ていたヒルコ!

TVアニメ アラタカンガタリ~革神語~オリジナルサウンドトラック アラタカンガタリ~革神語~ 1 (完全生産限定版) [Blu-ray] アラタカンガタリ~革神語~ 2
【第10話 あらすじ】
十二神鞘の一人・ヨルナミの治める領地へとたどりついた革たち。革は、ヨルナミ本人に会う前に彼の人柄を知るため、彼の属鞘に会おうと考える。属鞘の一人であるヒルコが治めるスズクラの街を訪れた革たちだったが、街に入るためには通行税を取られると聞き──。

ミヅハメの地へ入った革たちの動向を見ていたヨルナミ
前回ヒルコが言ってた事が気になるところですが、どう変わったと言うのか?
そのヨルナミは部下の仕事には何事も完璧を求める完璧主義者
出来の悪い属鞘なんて無意味、必要のない人間だと切り捨てる冷酷さ
…って、昔はそんな性格では無かったって事ですかね

このままヨルナミの所へ行くのではなく、彼の属鞘に会いヨルナミについて知りたい
戦って降すのではなく、争いの気持ちを静めてその御霊を預かるのが革のやり方
さっきまでは早くヨルナミの所へ行くって言ってたカナテだけどコトハが賛成するならって
プライドは無いのかとカンナギにツッコミ入れられたw
前回の一件もあり、革を新と別人と受け入れタメ口になったコトハに気付いたカナテ
勿論それはカンナギも気付いていて、一線を越えたのだろうって(苦笑)

一番近くに在るヨルナミの属鞘が治めている街は、天和国一商業が盛んなスズクラ
カンナギも会った事は無いが 属鞘のヒルコが治めているのか
さっそく街へ入ろうとしたメンバーだけど、この街は入るも出るも通行税が掛かる
…って、何でもかんでもお金掛かりそうな街ですね(汗)
4人分の通行税が払えないメンバー、領主でもあるカンナギさんお金持ってないの?(ぁ)
街に入るのなら足りない通行税分は働いてもらうって事になったけれど
そこで声を掛けてきたのはヒルコ… じゃなくてここではスエヒロ!

スズクラの中心街を通り仕事場へと案内される革たちだけど…
うっかりカンナギの名前を口にしそうになったカナテが首を絞められたw
何だかこの二人のやりとり面白いですね
名前を口にすれば十二神鞘だとバレるし、わざわざ額の刻印も隠しているカンナギ
…ってもうヒルコにはバレバレですけどね(苦笑)
男は石切り場、女は織物工房と言う事で それぞれ労働してお金稼ぎ

石切り場で労働する革たちだけど、カンナギだけは何気に楽してるのが(苦笑)
しかし、こうやって働いているだけでは属鞘に会うどころでは無い
何とかしてヒルコの事を知りたい革は、彼に近いであろうスエヒロに近づく事に!
休憩時間に織物工房で働いてるコトハの様子を見に行った革
何やら二人とも意識してたりと ここからの二人の関係が気になるところですね
新と革は違うとは分かっていても まだどう接して良いのか慣れないコトハ
何かを言おうとして止めたりとか…物凄い気になるんですけど!

そして、革と再び戦う前に合わせたい人物がいると言われハニヤスへと向かう門脇
革と門脇、二人の関係に良く似た経験を持つ十二神鞘の一人・アカチ
秘女王が倒れ神意が解かれた時に力を解放したアカチの戦いを収めた映像
そこには人々を次々と倒していく残虐な場面が映し出されていたけれど
その圧倒的な強さを見せつけるアカチに興味を持った門脇!
あぁ… これはまた色々と厄介な展開になりそうな感じですね(汗)

仕事を終えた後、スズクラの中心街でヨルナミについて聞いて回る革
でも街の人は 十二神鞘であるヨルナミ関して詳しい事はあまり知らない感じで…
昼間コトハが奇麗だと言って気に入ってた簪に目を止めていたけど
稼いだお金で買ってプレゼントしてあげるのかな?
そんな革に声を掛けてきたヒルコにお人好しだと言われちゃいましたね(苦笑)
ヨルナミがどんな人なのかと効かれ、崇高で慈愛に満ちた人だと答えたヒルコ
何事にも目が行き届き、今は人にも自分にも完璧を求めている
〝今は〟と言うヒルコの言葉に革も何か感じたようですね
このスズクラの規則もヨルナミが考えたもの、おかげで天和国一の商業街に成長した
そして、表向きは完璧な街だけど、その裏側では…って部分を見る事になる革

石切り場で働く少年、ルカを何かと甚振る者達の存在
自分より弱い物を虐げる事で、自らの鬱憤を晴らしてる感じが(汗)
わざと荷車に細工をして、その責任を負わせたりと どこでもこういう奴はいるんですね
親方らしき人も自分の評判ばかりを気にして 使えない奴は要らないと切り捨てたり…
荷車の修理代で今までの給金は無しだと言われ、思わず殴りかかろうとするカナテ
ギンチとそう歳も変わらない感じだし カナテ的には我慢出来ない感じだったのかな
騒ぎになりそうだったけど、ここは上手くヒルコが収めてくれましたね

賑やかな表通りのすぐ裏には 貧しい人々が細々と暮らしている者も多い
誰もが一攫千金を夢見てスズクラを目指すも、現実はそう簡単では無い
表通りで織物問屋をしていたルカの父親が病に倒れ、それに続くように母親も…
店にいた従業員たちは皆辞めてしまい店をたたむ事になった
ここでは誰も助けてはくれないのですね、誰もが自分の事ばかり
石切り場で仕切ってた人は、以前店の番頭をしてた人だったりと酷いですね
こんな街なんか出て行けば良いとルカに言うカナテだけど、通行税に銀が十かかる
結局貧しい人はここから出て行く事も出来ないのか…
他人を蹴り落として上に上がる、それがここスズクラだと言うカンナギは
こっそりやり取りを聞いていたヒルコに気付いてたけど… バレバレ過ぎる(苦笑)

何者かと問い質すカンナギに、ただのケチな仕切り屋だと返すヒルコ
それよりも十二神鞘であるカンナギが 革の旅に同行している方が気になるようで
大王の座を狙っているなら目的は革が持っている創世かと挑発するも
けしかけても無駄だし甘く見るな、特に革は手強いと返すカンナギ!
何だかんだ言いつつ 革の事は認めてくれてる感じで良い奴ですね
自分達を弄んで楽しんでるようだがって、お互い色々バレバレだったようですしw

ルカが元気になるようにとスープを作ってあげるカナテの姿に
思わず昔同じように母親が好物のコンソメスープを作ってくれた事を思い出す革
門脇に虐められるようになり学校に行かず部屋に閉籠っていた革を責める事なく
やりたいようにやれば良い、自分の意思で動けるようになるまで信じて待つし
何があろうと どんな事があろうと味方だと受け入れてくれた母親の優しさ
辛い時に誰かが支えてくれる有難さを革は分かっているし
あまりに辛くて もう消えてしまいたいと思っていたと言うルカの気持ちも良く分かる
嫌な事ばかり続くと自分は悪くないのにどうして…と逃げたくなる
でもそこで全部捨ててしまったら、何の為に生まれて来たのか分からないし
この世に生まれたからには 自分で終わらせたりしては駄目だと言う革

いなくなって良い人間なんていない――!
革の言葉を聞いて思わずハッとするヒルコ
この街を出たいと言うルカを逃がしてあげる事にした革たち
後の事を心配するルカに、その気持ちを忘れずに生きていって欲しいと!
そして、カンナギから事情を聞いたコトハも協力すると言うけど
革と一緒に行動する事になってから カンナギも随分変わってきましたよねw
街が鎮まったら 早速ルカを逃がす為に作戦決行!

一方、六ノ鞘の船でハニヤスへ向っていた門脇
怪我もすっかり治って良かったと自分の事のように喜ぶミヤビが不思議なようですね
家庭環境もあって 誰かにこうやって心配してもらう事も無かったんだろうなぁ
こういうところも革とは真逆な感じだし、歪んじゃっても仕方無い感じも…
六の鞘に用は無いとアカチからの攻撃を受ける事になったけれど
その姿を見つけ 迷わずアカチの所へと飛び降りて行った門脇は一緒に組まないかと!

アカチの宿敵であるカンナギは、門脇の宿敵である革と一緒にいる
互いに手を組んだ方が何かと得だと持ちかける門脇に まるで興味が無いアカチは
一人で戦う覚悟の無い奴と手を組んでも足手纏いだとバッサリ言い捨てたw
以前もアラタに群れないと何も何も出来ない奴だと言われたし
革をイジメるのも周りを巻き込んでたりと 一人では何もしてないのですよね…

それでもアカチに追いすがり、自分はどうしても勝ちたいのだと訴える門脇
革に勝てないならここに来た意味が無い、自分が劣っていると思いたくないのだと!
何としても勝ちたいと言う門脇に地龍を突き付け、お前は革に勝てないと告げるアカチ
その理由は 瞳に映る絆と言う幻影に囚われているから――!
自分がそれから解放してやると、門脇の右目を突いたアカチ!!
これで幻影を断ったと言う事なんだろうけど
予告のシーンを見るとアカチが自らの目を抉ってたから、門脇に与えるのかな…

夜になり街が鎮まった所でルカを逃がす為に行動を起こした革たち!
そんな革の前に現れたスエヒロはヨルナミの一番属鞘であるヒルコだと正体をバラし対峙
この街は完璧なんかじゃなく、人を人とも思わない 心無い街だと言われ
ヨルナミに出会い拾われた時の事を思い返すヒルコ
人が欲しいのは金だけ、自分は必要のない人間だとヨルナミを襲いかかり
その神意で消してもらおうとしたところを、属鞘になれと拾われたのですね
必要無い人間などいない、それはさっき革がルカに言った言葉と同じ
しかし、今は役に立たない者を 必要無いと切り捨てているヨルナミ
以前のヨルナミと同じ考えの革なら 救ってくれると思ったのか…

ここで劍神を向けてきたけど、ヒルコの多花邏(タカラ)の神意は小判!?
すぐに消えちゃったけど、これに当たったらどうなるのか…
革の事をヨルナミの命令でずっと見てきたと言うヒルコ
苦しんでる姿も 戦っている姿も そして鬼になった姿も――…
だから本当に相応しい男かどうかを確かめたかったのだと!
この様子をヨルナミが飛ばした蝶を使い見ている事を知りながら
完璧ごっこはもう終わり、この街は自分が変えるとヨルナミに背くと言うヒルコは
自分の知っているヨルナミに会わせて欲しい
革なら変わってしまったヨルナミを元に戻す事が出来ると!!

そのやり取り呆れた事だと言い捨てたヨルナミ
自分に背いたヒルコを必要の無い人間だと切り捨てるだろうし
革がそんなヨルナミを力で降さず、元に戻す事が出来るのか!?
次回は直接対決となりそうですね


NEXT⇒『生命~MITAMA~』
ヨルナミに捕まったコトハがピンチに!(汗)
何がヨルナミを変えたのかも明らかになるのかな

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2357-266a178a
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/2914-741f2897


EDIT |  19:58 |  アラタカンガタリ~革神語~【終】  | TB(8)  | CM(8) | Top↑
2013.06.11 (Tue)

アラタカンガタリ~革神語~ 第9話「鬼化~ONIKA~」

「やっと俺をまともに見やがった 
でなきゃ ガチで勝負出来ねぇよなぁ 
逃がさねぇぞ 日ノ原!」

革の前に現れた門脇!
その影響で創世が鬼化――!

アラタカンガタリ~革神語~ 1 (完全生産限定版) [Blu-ray] TVアニメ アラタカンガタリ~革神語~オリジナルサウンドトラック アラタカンガタリ ~革本~ ─公式ファンブック─
【第9話 あらすじ】
門脇が天和国に現れた!困惑する革だったが、門脇から数々の憎しみの言葉をぶつけられ、その気持ちに変化が表われる。その後、門脇の存在と自分の変化に呆然とする革に対し、カンナギが強い言葉をぶつけてくる。
それでも迷いを断ち切れない革。そんな革に、カンナギは──


創世が反応する中、ついに革の前に姿を現した門脇!
その姿に思わず動揺する革だけど、カンナギはすぐに気配で鞘だと気付いてましたね
そして、こっちの世界…と言う言葉に反応していたコトハ
さっそく逐力の力を解放し襲って来た門脇は 革の創世を確かめた後
替え玉を立ててまで妙な世界に逃げ込み、そんなに自分が怖かったのかと!
今までアラタからやられた事の鬱憤を晴らすかのように喋ってきた(苦笑)
現実世界ではどうしようもない腰抜けの情けない奴で逃げてばかり
それなのに天和国では最強の劍神の鞘で大王になるなんてふざけるなと言い
悪いのは全て革、逃げ出すのは許さないし一生自分の下に這い蹲っていれば良いと!

そんな門脇の言葉に革の負の感情が(汗)
それに反応した創世が禍々しい力を放ち鬼化!?
これはガトヤでツツガの劍神が鬼化した時と同じですね
強烈な一撃を門脇に放ち額に傷を負わせた革
自分がどんな思いをしたか、クズはお前だと!
このままでは創世が完全に鬼神になると言うカンナギの言葉に
革を止めようと飛び出したコトハは、鬼になっては駄目だと元に戻そうと呼び掛ける
優しい人だから鬼になんかならない、信じていると言うコトハの姿に
何とか完全に鬼化しないで済んだ革だけど精神的ダメージは大きいですね…

さらに向かって来ようとする門脇を引き止めたのは六ノ鞘
創世が鬼化するとは予想外、逐力を完全に目覚めさせる必要があると一旦退く事に
随分と早く門脇が革の前に現れたなと思ったら 六の鞘の船で来たのかw
革が創世を手から放したのを見たカンナギは それを奪って行っちゃったし(汗)
さっきの人は誰なのか あっちの世界とは?
革に違和感を感じたコトハ、アラタとは違う反応を見て別人だと気付いたようだけど
アラタは自分を意識しない…って、何度か革が意識してたシーンあったのにw
今までずっと一緒に旅してきたのに その間は全く気付かないのもどうなのか(苦笑)

貴方は誰なのかと言われ、アラタと神開の森で入れ替わった別の世界の人間だと話す革
…って、このやり取りってマカリから聞いてたんじゃなかったの?
神開の森で単に記憶がなくなっただけで、別人とは思ってなかったのか…
アラタと入れ替わりこの世界に来て 誤解を解く間もなく創世の鞘になってしまった
そこからはコトハもしってる通り、だますつもりは無かったと謝る革から
アラタは無事だし向うの世界で元気にやっていると聞くも
いきなり別人だと言われたコトハはどう受け止めて良いか分からない感じなのかな
…ミチヒノタマを使い通信する事が出来れば コトハも分かり易いんじゃ(苦笑)

その頃 門脇は六ノ鞘の船で侍女と使える事になったミヤビと会う事に
出て行けと冷たく扱う門脇に怯む事も無いし、ちょっとドジっ子!?
普段は六ノ鞘に仕えている感じなのかな
ようやく革がまともに自分の事を見てくれた、そうじゃないとガチの勝負は出来ない
逃がさないとか門脇の革への拘りが さらに増してる感じですね
と言うか、単に革に自分の事を対等に見て欲しいだけにも(苦笑)

鬼化したのは門脇が自分を嫌っているから―――
コトハに門脇から受けていたイジメを話した革
毎日一方的な力で押さえつけられ、降され続けてきたのだと…
弁当をゴミ箱に捨てられたり、暴力を受けたりと陰湿な感じですね
しかも門脇が直接…と言う訳ではなく 周りの人たちが言うのがまた(汗)
時には力が必要な事は分かっている、でも恐怖や痛みや惨めさは味わった人しか分からない
だから力は持たない 絶対に人に力は振るわないと決めた革
しかし自分の中に同じように その力があった…
また鬼化してしまうかもしれない、そうなったら今度は…と不安を口にするけど
話を聞いて、アラタと同じ名前の革をコトハはどう感じたのかな?

創世を持って姿を消したカンナギを追いかけるカナテ
今はヨルナミの領地内であり降っている雨も神意、襲われたらひとたまりもないと
革の為にも創世を取り返そうとするカナテは良い奴ですね
見つけたカンナギの背後からそっと近づいて…ってバレバレ過ぎるw
そのまま大人しく戻ったカンナギだけど、本当は革が追ってくると思っていたのかな
しかし、その本人はすっかり情けない顔で雨に打たれて意気消沈気味

何の反応も見せない革の胸元を掴み立ち上がらせ、創世を突き立てるカンナギ
世界を変えるんじゃなかったのか? そう決めたのなら何があっても貫き通せと!
他人の劍神を始めて手にしたけど創世は重い、それは使命と責任の重み――
革以外に誰が扱えるのか、もう一度 創世を手にしろと言うカンナギだけど
すぐに手にしないのは また鬼化するんじゃないかと恐れもあるのかな…

それでもカナテを相手に剣術の特訓をして着実に腕を上げていく革
元々運動神経も良いし 飲み込みも早いんでしょうね
二人の特訓を見ていたカンナギが自ら相手をすると名乗り出たけど
やはり十二神鞘だけあって どんな武器でも扱いこなす感じで強いなぁ
逐力の鞘になった門脇が六ノ鞘の一員に…とカンナギから聞いた革は
その六ノ鞘の一人と入れ替わって天和国に来た事に気付いたけど
向うに行ったハルナワの動きが見れないから気になるところです…

二人の間に何があったのかは知らないけど、門脇は必ず再び襲ってくる
その時どうするのか革の迷いを読み取り、創世を崖下に弾き落としたカンナギ!
再び鬼化する事を恐れ 迷っていると全てお見通しですね
そんな奴に世界を変えられるのか、今の革は信用に値しない
日没までに創世を探し出せなければ何処へでも失せろと言い捨てる!
崖の下は深い森が広がり、落ちた場所が分からず探すのは厳しい…と思いきや
探しに向かった革の前に 創世を銜えた狼が現れた!?

思わず走って追いかける革だけど、OPのシーンと重なる場面がいくつかありましたね
もう一度創世を手にしても良いのか? カンナギやアカチを否定した同じ鬼の力を…
そんな自分が前に進んで良いのかと悩む革は、全力でいけよと言う門脇の言葉を思い出す
ここで革サイドからの回想シーンとなりましたが、昔はホント普通の友達だったし
門脇も今とは違って病んでないし、革と走ると風になれるし気持ちが良いとかw
全力で走り続けるから ずっと前を向いて走って全力でいけよ――
友達であり良いライバルでもあった二人、革にとってそれは変わらない
…創世を銜えていた狼って何か意味があるのかと思ったけど、そうでもないのかな
てっきりヨルナミ関係の何かで ヨルナミの所へ誘き出されてるのかと(苦笑)

門脇にとって革は憎むべき相手で、腰抜けのクズで目障りだから叩きのめす存在
しかし、本当に嫌いなら無視すれば良いだけだと言うミヤビ
それでも気になって仕方ないのは 好きの裏返し、本当は友達になりたいのではないか
自分達の事も知らずに知った風な口をきくな、全ては革が悪いと逐力を向ける門脇
結局何が決定的なものだったのか分からなかった二人の確執だけど 見えてきましたね
大会を控えスランプに陥り、メンバーに選ばれるかどうかギリギリのタイムだった門脇

唯一自分が認めた革と一緒に走らせてもらうように頼み、全力で競って負けたならそれで本望だと思ったけれど
ゴール間際わざとスピードを落とされた事で、哀れみ馬鹿にされたと感じたのか…
革の反応を見る限り わざと…と言う感じには見えないけれど
もしかするとスランプの門脇の事を思い 無意識のうちに…って部分もあったのかな?
一緒に走らせてくれと革を選んだのも 一緒に走ると風になれる気がすると言ってたから
スランプの自分を革が引っ張ってくれるんじゃないかと思ったのかな
家庭環境もあり、勝手に馬鹿にされたと思い込んで 一人でこじらせてるような気も…
友達だと思っていたのは自分だけ、だから潰すのだとか
門脇は一度冷静になって ちゃんと革と話をするべきだと思う(汗)

言われた通り日没までに創世を手に戻って来た革を信じてやると言うカンナギ
何だかんだ言いつつ、ちゃんと戻ってくるとは思っていたんだろうな
全ては革の為にやっている感じだし 革自身も門脇が吹っ切らせてくれたと迷いが消え
前に進みたい、今はまだ自信が無いけどやってみる、門脇の心を変えてみせる
そして鬼には絶対にならないとコトハに約束する革
そんな革の姿にコトハは涙を流しながら信じるし 見ていてあげると何やら良い雰囲気に!
思わず声を上げるカナテを殴るカンナギがw

「コトハ ありがとう」「大丈夫だよ 革なら」
革の事を知ってから 一度も名前を呼ばなかったコトハだけど
最後に、ちゃんと革の名前を呼んでくれたのは良かったですね!
アラタではなく革の事を見てくれてるし、この二人の関係がどうなるのか気になる
優しいだけが取り柄のお坊ちゃんかと 一部始終をずっと見ていたヒルコは
暗黒の力とそれを鎮める心を持つ革なら、ヨルナミを元に戻せるかもしれないと!

なにやらヒルコが気になる言葉を言ってましたが…
今のヨルナミは昔と変わってしまっていると言う事?
今後いづれ対峙する事になるんだろうけ、革が戻す事になるのでしょうか
残り話数から考えると ヨルナミの件はアニメでは…って感じかな
門脇と分かり合う事が出来るかどうかも微妙な感じが(苦笑)

今回はエンディングが変わってましたね!
OLDCODEXの「美しい背骨」
こっちの曲もカッコ良いけど、いつもの曲の方が好きかな
エンドカードは門脇と現代のハルナワ!


NEXT⇒『憧憬~SHOUKEI~』
アカチと門脇が接触しそうだし面倒な事になりそうな…

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2357-266a178a
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/2878-8c987ec6
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/57568747

EDIT |  19:59 |  アラタカンガタリ~革神語~【終】  | TB(10)  | CM(10) | Top↑
2013.06.04 (Tue)

アラタカンガタリ~革神語~ 第8話「逐力~OROCHI~」

「あの日ノ原は偽者 
本物はこっちの世界にいるんだな!」

動き出した六ノ鞘
そして、ついに門脇が――!

アラタカンガタリ~革神語~ 1 (完全生産限定版) [Blu-ray] アラタカンガタリ~革神語~  オリジナルサウンドトラック アラタカンガタリ ~革本~ ─公式ファンブック─
【第8話 あらすじ】
カンナギの過去を知り、改めて天和国を変える決意をした革。カナテに剣術の稽古をつけてもらいながら、首都を目指して旅を続けていく。その頃、現代日本のアラタは、革を裏切った優と出会う。罪悪感でいっぱいの優に門脇の元へと案内してもらったアラタ。そこで門脇から革に対する思いを聞くのだが……。

冒頭ではさっそく六ノ鞘が動き出していた感じですね(汗)
秘女王の天通力は弱まり、このまま放っておけばいずれは…
しかし新が創世の鞘である事が分かり、首都に向かっていると言う事で
接触するような事になれば秘女王が復活する事になると危惧する六ノ鞘
相手は全ての源である創世、そう簡単に降す事は出来ない劍神
しかし、次の手を打つ…と言う事で何をするつもりなのか!?

改めて天和国を変える決意をした革はカナテを相手に剣術の稽古!
なかなか集中出来ずに怒られたけど、その原因はカンナギ
剣術ごっこは終わりか?と横になりながら、腹が減ったから飯を用意しろと威張ってるし
おまけに隙あらば…って感じで劍神を狙っている目が怖いw
一緒に旅するなら少しは手伝えと言われるも、別に同行するつもりはなかったけど
革が一緒に来て下さいと言うから仕方なく…ってツンデレかww
何やら面倒そうなのが増えた感じですね、さっそく後悔してる革が(苦笑)

食べ物を探して戻って来たコトハを気遣う革がカナテに弾き飛ばされたりと
3人の様子を眺めながら、劍神を収めるの目にして視線が険しくなったカンナギ
火焔をアカチに奪われたままで 武器が無いしやっぱり手に入れたいのかな
面倒臭そうなカンナギの相手をカナテに押し付けられている革が(苦笑)
これから この4人の旅がどうなるのか気になるところです

そして、現代サイドでは新に蹴り飛ばされアッサリと倒された門脇が荒れてましたね
クソッ!と怒りをあらわに本棚を倒し 物に当たり散らしていたり…
落ち着いた後 一人で片づける事になるから 余計に空しくなりそうだけどw
本に挟まれていた一枚の写真、革の部屋に飾ってあったのと同じ陸上部でのもの
踏みつけたりと どうやら陸上関係の事で憎んでいるっぽいですね…

一方、アラタの方は何とかやってるみたいだけど 母親との付き合い方に悩んでいるようで
何かと心配してくれる母親を一度も「母さん」と呼んで無い事を妹に指摘されたけど…
親なんて居ないし どう接して良いのか分からないと 上手く会話が出来ない(苦笑)
と言うか、やはりアラタの両親は既にいないのですね…
門脇の名前を聞いた革の反応は もしかして友達なのか?とアラタには分からない事ばかり
窓の外に優の姿を見つけベランダから飛び降り 聞きたい事があると追いかけていたけど
友達なのかと聞くアラタに 優は自分の思いを全てぶつけてきた!

門脇との会話をやはり聞かれていたと知り、最低だけど ああするしかなかった
自分が標的にされるのは嫌だし、同じ立場だったら同じ事をしてた…と言うも
革はそんな事はしないと分かっているし、ただ自分が弱かっただけだと…
そんな優に それなら仕方ないしやっぱり友だちだなと笑顔で返すアラタ
詳しい事は知らないけど 相手の弱さを分かってくれてる感じでしたね
ここから新しく関係を築いていければ良いなと!
優の話を聞き もしかしたら門脇も本当は友達かもしれないと
門脇のいる場所へ案内してもらう事に…ってアラタは行動的ですね

その門脇は帰宅した父親と言い合いになってたけど
ここまで荒れてしまったのは家庭環境も色々と関わってそうな感じで…
母親は門脇を置いて出て行き、父親は市会議員だけど問題も多そう?
高校に入ってからは塾もサボり勉強するでもなく、部活にも入らずフラフラしてるだけ
中学の時も陸上の強い学校に行きたいと父親の進める学校を蹴って入学するも
その陸上も2年で止める事に、どうせ他の人にちょっと負けただけだと言われたけど…
陸上の試合での一件が 大きく革との関係を変えた感じで(汗)
中途半端で成し遂げる根性が無い、そのくせ反抗ばかりは一人前
そんな父親に女性問題も汚職並みに上手くやれと返すも
減らず口を叩くなと相手にされなかったりと ますます苛立ちを募らせる門脇

一方、首都に向かって旅を続ける革たちは
十二神鞘の一人、水の劍神の鞘であるヨルナミの領地へ!
と言う事で、今度はヨルナミと戦う流れになってきそうですね…
カンナギは焔、アカチは土、そしてヨルナミの水
他の十二神鞘はどんな力を持ち、どんな人なのかと尋ねる革に
戦いに備えて情報を集めたいなら甘いし、自分も創世を狙っていると言うカンナギだけど
何だかんだ言いつつも 色々教えてくれるのか(苦笑)
十二神鞘は特別な式典以外に付き合いは無い、特に六ノ鞘とは――…
カンナギからしても彼らは不気味な存在で、いまだに仮面の下の顔も知らない
戦う事になれば厄介になると警戒してる感じですね
…と言うか、革たちの行動全てヒルコに筒抜け状態なのが(汗)

六ノ鞘が向かったのは神開の森、アラタがこの森で異世界へ行った事に気付いてる?
と言うは革が異世界から来たと言うのも知ってるって事ですかね
鞘である革と創世を消す為に、とある劍神を目覚めさせようと
その鞘に相応しい人物を見つける為に 神開の森へと入った六ノ鞘のハルナワ@石田さん!
こうやって入れ替わってる人、何気に結構いそうな感じがする…

革との間に何があったのか知りたいと、門脇がいつもいる繁華街へと向かったアラタ
何も言わずに出て来た事を気にする優だけど、すでに母親が心配してるし(汗)
たむろってた友人の会話を偶然耳にしてしまった門脇
最近つまらないし 革にも負けてダサいとか… 結局その程度の友人だったのですね
親が市会議員で金持ち、それしか取り柄が無いとか 金蔓扱いだったようで
そろそろ革にも飽きてきたから 次のターゲットは門脇!?
うわぁ… 何だか色々とベタな展開になってきた感じで(苦笑)

どいつもこいつも…と険悪なムードになった所へアラタが声を掛けてきた!
1対4じゃ不公平、何なら自分が門脇の助っ人に入ると言うアラタだけど
しらけたと言ってアッサリ終わっちゃいましたね
アラタに向かい そうやっていつも涼しい顔で馬鹿にしてると声を荒げる門脇!
あの時も…って、試合の事を思い出していたけど 何が気に入らないの?
ゴール直前で革に手を抜かれたと思ったのかな…
いつも人を見下して最低だとか、勝手な被害妄想にも見えるけど(苦笑)

それは何かの誤解じゃないのか、革はそんな奴ではないと言うアラタ
本人とちゃんと話した方が良いって、この状況じゃ余計に怒らせるだけじゃw
ここではアラタは革な訳で、門脇的には更に馬鹿にされてるようにしか…
急にいなくなった息子を探しに来た母親に平手打ちされたアラタだけど
記憶がおかしい状況でいなくなって どれだけ心配したかと泣かれて
思わず慌てながらも ようやく〝お母さん〟と呼ぶ事が出来ましたね

その様子を見ていた門脇は思わず手を握りしめて その場を離れて行ったけれど…
結局、自分が手に入れらないものを全て持っている革が羨ましかっただけなのかな
母親に置いてかれ捨てられた自分と違い、母親に心配され大事に思われている革
得意だった陸上でもなかなか勝てず、そういう思いが憎しみに変わった感じがする
革が自分の居場所を奪った、そう思わないとやってられなかったとか…
だからと言って、革がいなければって八つ当たりするのはどうかと(汗)

異界の扉を開き、憎しみに満ちた魂を導きたまえ―――!
ハルナワの呼びかけに引っ張られるようにして 入れ変わる事になった門脇!
こちらでの革の様子を見せられ 神開の森を通って天和国へ!
おかしいと思ったら 現代にいるのは偽者で自分を騙していた
本物はこっちの世界にいるのかと、すっかり病んじゃってる感じだし
これでますます革への執着が強くなりそうですね…
と言うか、現状を把握し順応するの早過ぎるw

革は創世の鞘となり、天和国の大王になる事を狙っていると聞かされ
十二神鞘の一人として鞘になり、革をその手で倒せと言われた門脇
革を降せるのは憎みや恨みの強い思い、その思いに導かれた者だけ
選ばれた人間だと言われれば門脇も弱いだろうし、革を消せるなら…って感じですね
相応しい剣があると言う六ノ鞘だけど、選ばれるどうかは門脇次第
革が持つ創世に勝てる唯一の劍神、代々の秘女王に封印されていた逐力

禍々しい感じの劍神、逐力を手に知る門脇
逐力の鞘となると、それとも喰われるか――…
周りにある死体は 鞘となろうとして喰われた人たちなのか(汗)
逐力を目覚めさせようとしてるのは、アカチやヨルナミ、そしてカンナギも察したけど
革の創世も反応してたし、かなりヤバい劍神っぽい…
火焔を手にしながら どうする?と問い掛けるアカチ
ヨルナミは革を降すのは自分だと言ってたし、また色々と動きがありそうですね

革への憎しみだけで ついに逐力の鞘となった門脇――!
さっそく革を倒しにやって来そう…


NEXT⇒『鬼化~ONIKA~』
天和国で再会する革と門脇
やっぱり違う 貴方誰なの? と言う事で、コトハが気付きそうですね

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/2841-c834bbf9
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/57522696

EDIT |  19:57 |  アラタカンガタリ~革神語~【終】  | TB(9)  | CM(6) | Top↑
2013.05.28 (Tue)

アラタカンガタリ~革神語~ 第7話「火焔~HOMURA~」

「一緒に来い カンナギ、俺と一緒に行こう 
変えるんだ、この国を この世界を――!」

カンナギの過去を知った革は…
そして、現代ではアラタが学校で門脇と対峙

アラタカンガタリ~革神語~ 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]アラタカンガタリ もふもふミニタオル 革アラタカンガタリ もふもふミニタオル カンナギ
【第7話 あらすじ】
革と入れ替わりで現代にやってきていたアラタは学校で門脇に出会い、“試合”をすることに。一方、天和国では首都への旅の最中に、コトハが足をくじいてしまい、革たちは廃村で休息を取ることに。革と二人きりになったコトハは、勇気を振り絞ってある行動に出る。

先週はお休みだったので2週間ぶりのアラタカンガタリ!
どこで終わったんだっけ?となりましたが、アラタと門脇が学校で会ったんでしたっけw
門脇の姿を見つけ 革と仲が良い友達なんだろうと声を掛け色々と教えて欲しいと言うアラタ
久し振りに学校に来たと思ったらいきなりそんな風に話しかけられたものだから
余計に門脇の中のイライラが増すし、ふざけてるのかと思うのも仕方ないか…
取りあえず学校には記憶喪失と言う事で母親が説明をしてくれたようだけど
おばさん呼ばわりするアラタはお母さんでしょうと怒られて ちょっと感慨深げでしたね
そういえばアラタの母親っていないんでしたっけ?

引き籠っていたら今度は記憶喪失ごっこかと、仲間に新を屋上へ連れて来させた門脇
いかにも呼び出し…って感じだけど、そんな事より見晴らしの良い景色に夢中なアラタw
いきなりフェンスに上ったりとフリーダム過ぎる(苦笑)
その姿を見て余計にイラッとする門脇だけど、上から目線に動じる事ないアラタは
つるまないと何も出来ない弱い奴は相手にしないと言い捨てる!
聞き捨てならないとばかりに アラタに殴り掛かる門脇だけどアッサリと防がれ
試合するなら望む所だと、そのまま蹴り飛ばされ一撃でダウン!
門脇が弱過ぎる…と言うか、この場合アラタが強過ぎる感じですかねw
狩りをして走り回っているアラタの一撃は強烈そうだし…
革が門脇に何をしたのか知らないけど、自分の代わりに命がけで頑張ってくれている
だから馬鹿にするのは許さないと言うアラタがカッコ良いなぁ

一方、首都に向かい旅を続ける革たちだけど 足を挫いてしまったコトハ
大丈夫だと立ち上がろうとするけど よろけて革に抱き着くかたちに(苦笑)
思わず赤くなって反応する革が可愛いけど、背負ってやろうとするカナテの事はスルーw
何だかすっかりカナテは可哀想なポジションになっちゃってる感じで…
取りあえず休む事にしたけど 采女族の力は自分を治す事は出来ないとか不便ですね
カナテは怪我に効く薬草を取りに…って、その様子をカンナギが見ている!

急いで秘女王の所へ行かないといけないのにスミマセンと謝るコトハは
こんな時にしか出来ないからと隣に座る革に凭れ掛かり
いつも傍にいるのに 凄く遠く感じる事があってそれが寂しいと腕を掴み
自分は普通の女の子だと 怪我をしてる事もあり甘えていたけど
コトハがそうているのは 自分ではなく あくまで“アラタ”の方なのですよね
伸ばした手を戻し、外を見て来ると出て行く革の気持ちが複雑すぎる(汗)
コトハが想っているのはアラタ、そう言い聞かせているのが…
そしてコトハも大事な時なのに…って こっちも複雑な感じですね

久し振りにミチヒノタマが光り、現代にいるアラタと交信する事が出来た!
いつでも繋がるって訳でもないし、どのタイミングで繋がるのかも分からないのが(苦笑)
アカチがカンナギの劍神を奪ったりと、最近の状況を聞いて
ヤバい事になってるし、今は革も鞘だから気を付けろと言うアラタだけど…
部屋にゴミが散乱してたり チョコが散らばっていたりと 汚いのが気になるw
コトハの事を気に掛けるアラタに、彼女の事をどう思っているのかって
革は気になった事はズバッと直接聞いちゃうタイプなのかな

いきなりどうしたのかと言いつつも、赤ん坊の時から一緒で改めて考えた事は無かったけれど
あえて言うなら妹、絶対守ってやらないといけない存在だと答えるアラタ
今は離れ離れになってしまったけど、自分の代わりにコトハの事を守ってやって欲しいと!
必ず守ると約束する革だけど、妹だと言う言葉にホッとしてた感じ?
コトハがアラタとは違う革の存在にも気付いてくれると良いですが…

こちらの話もしておかないといけないと、学校へ行った事を革に報告するアラタ
ウザい奴がいたから一発伸してやったとか、サラリと言われて慌てる革がw
頼むから大人しくしてくれと言っても、そんな性格じゃないですからね(苦笑)
しかも倒した相手が門脇だと聞き 思わず動揺し何も言えなく…
結局ここで時間切れとなり ミチヒノタマの力も消えてしまったけど
様子がおかしくなった革の姿にアラタは何か感じていたようだし
アラタなりに門脇との関係を探る事になるのかな?

そして、薬草を探しに行ったカナテはエミスの墓のある場所へと…
突然 炎が上がり周囲を取り囲んだりと 何が起こっているのか!?
門脇の名前に動揺する革の背後から カンナギが襲い掛かって来たー!
羽交い絞めにしながら、全ての源である剣〝創世〟を渡せと!
火焔を取り返す為にも 新たな劍神が必要って事ですか…
その火焔を奪ったアカチも あまりに簡単過ぎて、これが自分の望んでいた形なのかと
この二人の間には色々と複雑な関係がありそうですね

創世を渡すのを拒否する革を追い詰めていくカンナギ!
周囲に炎の柱が上がるけど、火焔を持たないカンナギに炎を操る事は出来ない
この地帯は地脈に沿って溶岩流が流れ、それが地上に吹き出している
ここの炎は人を喰らうけど、火焔は無くても鞘であるカンナギは守られるのか…
劍神を出して襲って来た炎を防ぎ払った革!
創世が選らんだのは自分でカンナギではない、しかしそれは革の尽きるまで
苦しまずに殺してやると言うけど、奪ったとしてカンナギを選ぶとは思えない
それでも、火焔を取り戻す為に残された希望はもう創世しかないのだと!

斬ってみろと挑発するカンナギに劍神を向けるも、傷つける事は出来ず震えるだけの新
相手を傷つけるくらいなら自ら負けを認めるとは情けないと言われたけど
戦う神意を持たない創世は だからこそ革を選んだんだろうなぁ
そのまま創世を革から奪い 斬りかかってきたカンナギ!
しかし、そこへ痛めた足を引き摺りながらコトハが来ちゃいましたね(汗)
再び噴出した溶岩流の炎に包まれる姿に、思わず手を止め動揺するカンナギは
コトハの姿にエミスを重ねて見ていたけど、同じような状況で喪ったのか…

革にはやるべき事があるから自分には構わず逃げろと言うコトハだけど
アラタに必ず守ると約束したし、助ける為に躊躇わず炎の中へと飛び込む革!
その姿を見て肩の痕を押さえるカンナギに聞こえたエミスの声
創世を投げ捨て、炎の中から二人を助け出したー!
そのまま痛みに蹲り魘されるカンナギ、コトハの力でも治す事は出来ず
鞘になる前に受けたもので、心の傷なのではと…
コトハの姿がエミスに見えたりと、カンナギにとってはかなりのトラウマのよう(汗)

ここで、アカチとエミスとの出会いが明らかになりましたね!
カンナギの屋敷へ連れて来られ仕えるなった二人
アカチは後ろ手に手枷をされていたりと罪人だったりするのでしょうか…
この二人の過去も気になる感じだなぁ、と言うか二人はどういう関係?
兄妹の様にも見えるけど、エミスが好きなカンナギに複雑そうな表情のアカチ
昔は兄弟のように仲が良かったアカチとカンナギだけど
もしあの時、国が荒れず領地での暴動、使用人の反乱が起こらなかったら
領主であり、先の地龍の鞘であったカンナギの父が無事だったら こんな事には――…

使用人たちの反乱で命を狙われる事になったカンナギ
彼を助けてくれたのがアカチだったのですね、使用人たちを引き受け
二人乗りのリフトでエミスとカンナギを逃がしてくれたけど
この後アカチがどうなったのか気になるところです…
そのまま船に乗り命からがら逃げ延び、エミスを幸せにする事を支えにハニヤスカグツチまで辿りついたカンナギはオヒカに助けられる事に!
あぁ、回想シーンとは言え またオヒカの姿が見れて嬉しいです

心優しいカグツチの民に触れて、この地で暮らしていく事を決めたカンナギたち
しかし熱に倒れる事になったカンナギを心配するエミスは
地脈が活性化して危険だと言うオヒカの制止を聞かずに、一人で薬草を取りに…
そしてお墓があった場所で、溶岩流の炎に巻かれる事になったと(汗)
あぁ、だから墓の周りに薬草が生えていたのか
炎が上がっているのに気付いたカンナギがすぐに駆けつけたけど
結局助ける事も出来ずに 目の前で炎に呑まれ喪う事に…
炎に吹き飛ばされたカンナギも危なかったけど、肩の火傷はその時のものだったのですね

エミスを喪い生きる意味が無い、命をくれてやるから自分も連れて行けと
自らも命を絶とうとしたカンナギだけど、その嘆きに応えたのは劍神・火焔!
その炎のごとき慟哭は我が鞘に相応しいと選ばれる事に―――!
エミスを見殺しにして、その引き換えに鞘となり今も生き永らえている
火焔はカンナギにとってエミスそのもの、だからこそアカチの手から必ず取り返す!
以前は通じあっていた二人だけど、今では対立する関係に…

二人を逃がした後、アカチがどうやって鞘になったのか
カンナギの父が領主をしてたハニヤスを、今はアカチが治めていたり
その辺りの詳しいエピソードも見たいなぁ
アカチが先に裏切ったのはカンナギの方だと言ってたけど
エミスを守ると言う約束を果たせなかったからって事なのでしょうか…
どこで どんな風にすれ違ってしまったのか(汗)
二人の関係に、自分と門脇の関係を重ねて見る革

ただ自分の大切な人の為に戦っているカンナギに
自分と一緒に行こう、この国を 世界を変えようと言う革
今まで色々と酷い事もされたけど、ここで許せちゃうのが凄いですね
どこか似てるところがあるから 放っておけないと言うのもあるのかな
取りあえず、これで新たな仲間ゲットって感じでしょうかw

しかし、この事はもちろん他の十二神鞘が黙っていないですよね
革を動きを見張っていたヒルコはカンナギを丸め込んだ事をヨルナミに報告
そしてアカチも部下から六ノ鞘が動き出したとの報告を受けていたり
ここから色々と話が動いてきそうですね!

予告を見る限りだと、いよいよ現代でも大きく話が動きそうだし
次回はアラタのいる現代がメインになりそう
そろそろ門脇が天和国に…と言う展開になりそうな?
革と門脇の間に何があったのかも明らかになると良いですが…


NEXT⇒『逐力~OROCHI~』

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2357-266a178a
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/2805-dd389bfc

EDIT |  19:57 |  アラタカンガタリ~革神語~【終】  | TB(10)  | CM(10) | Top↑
2013.05.14 (Tue)

アラタカンガタリ~革神語~ 第6話「地龍~OKORO~」

「大王争いは始まっているのだ カンナギ」
カンナギvsアカチ!
鞘同士での降し合い、それを見た革は…

アラタカンガタリ~革神語~ 1 (完全生産限定版) [Blu-ray] アラタカンガタリ~革神語~総集編 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕) アラタ カンガタリ~革神語~ 19 (少年サンデーコミックス) 
【第6話 あらすじ】
旅の途中に倒れたアラタを助けてくれたカンナギの属鞘・オヒカ。そんなオヒカの家に、十二神鞘のアカチが現れ、自らの属鞘となれと告げる。カンナギに忠誠を誓っているオヒカはそれを断るが、そんな彼に対し、アカチが取った行動は──。そして、アカチの一連の言葉を聞いていた革は……。

オヒカの所へ現れ属鞘へなれと有無を言わせない雰囲気のアカチは
秘女王殺しを画策したのはカンナギだとバラしたけれど…
そんな話を信じないし、それが真実だとしてもカンナギに忠誠を誓った身だから
属鞘として共にその罪を背負うと アカチの言葉を拒否…!
揃いも揃ってあんな男を信頼するとは…って、他の属鞘も同じように断られたのかな
劍神を取り出し力を放ち、その矛先をフヨウへと向けたアカチ
あぁ… 同席してる時点で嫌な予感がしてたけど やっぱりこうなるのか(汗)
奥さんを人質に取られたら…って感じですよね

アカチが大王を狙っているのなら属鞘である自分をどうして狙うのか?
カンナギの属鞘であることを恨めと言われたオヒカ
既に六振の劍神を降し、他のカンナギの属鞘たちも既にアカチの力になっている
自らの意思で降るか、妻の死を目の当たりにした後に降されるか選べと――…
その様子を見ていた革は思わず劍神を手にしたけど、逃げなかった事はオヒカも気付き
結局 自らの意思でアカチに降る事を選び、妻とお腹の子、そして客人に手を出すなと!
奥さんだけじゃなく 革のことも守ろうとしてくれるのが優しいなぁ
まぁ、そんな約束を本当にアカチが守るとは思えないですけど…

アカチに降ったオヒカ、これでカンナギの属鞘は全員…って事ですか(汗)
物音を聞き付け駆け付けた使用人たちを切り捨て
手を出さないと約束したフヨウも容赦無く…って これは酷過ぎる
最初から生かしておくつもりなんてなかったんだろうなぁ、他も皆殺しだったし…
隠れていた革たちの存在も気づかれてしまったけど、そこへカンナギが!
惨状を目にして怒りを露にするカンナギに 大王争いは既に始まっていると返すアカチ

カンナギvsアカチ、ここから一気に二人の争いとなりましたが
戦いの衝撃で吹き飛ばされる革たちは、改めて十二神鞘の戦いの凄さを感じる事に…
どうしてこんな事をするのかと叫ぶカンナギに、エミスの名前を出すアカチ
エミスってやっぱりカンナギの彼女っぽいですね、一体何があったのか?
思わず動揺して隙が出来たカンナギは そのまま劍神をアカチに取られる事に!
他の6人の属鞘と共に劍神を貰うと言われ、素手で立ち向かうけど敵わず…
二人は幼い頃から手合わせをしてたりと 幼馴染みたいな関係なのかな?
先に裏切ったのはカンナギの方、失う辛さを味わうが良いと言うアカチは
その右肩に刻まれた傷と共に苦しみは未来永劫続くのだと!
…この二人の過去にも やはり裏切ったとか何だとか色々とあるのか(汗)
カンナギの口から降ると言う言葉を聞くまでは殺さないと甚振るアカチ!

大王になる為に他人に罪を擦り付け秘女王を裏切ったカンナギ
しかし丸腰で一方的にやられるのを見ていられず止めに入る革
お前も大王の位が欲しいのかと問うアカチだけど
平和に暮らす人達の生活を壊し、何の罪も無い人を 生まれるはずだった命も殺してまで
手に入れるような価値は大王には無いと言う返事に甘っちょろい正義感だと吐き捨て
これからは、降すか降されるかの戦い 鞘なら覚えておけと!
カンナギに猶予を与え せいぜい悩み苦しめと言い残して姿を消したアカチ

目の前でオヒカを降され、フヨウが殺されるのを見てショックを受けたホニは
カンナギにオヒカを取り戻して欲しい、助けて欲しいと訴える!
尊敬される凄い鞘なら出来るだろうと言われるも、無理だと応えるカンナギ
一度降され相手の劍神に取り込まれてしまえば二度と戻らない帰って来る事は無い
それに、劍神も取られてしまい 今のカンナギには力を使う事も出来ないのですね
初めての子供でオヒカもフヨウも喜んでいたし
皆笑っていたのにと涙を流すホニに ただ謝る事しか出来ないのが…

落ち込んでいるのは劍神を取られたからか それとも他の属鞘たちを降されたからか?
カンナギを呼び止めた革は こうなる事は分かっていたのではないかと
秘女王を斬ったのはカンナギ自身、これはその結果だし
鞘同士で降し合いになるのは分かっていたはず
オヒカは良い人だったし会ったばかりの革を庇い、最後までカンナギを信じていた
それなのに、カンナギは自分を信じた属鞘を全員裏切る事になったのだと!
へこんでるのが許せないと胸元を掴みかかるけど、何が分かるのかと振り払われた革
十二神鞘には十二神鞘なりに 秘女王にずっと押さえつけられていた不満があるようで…
交代のチャンスを逃す訳にはいかなかったし、劍神・火焔を自由にしてやりたかったのだと

今回の一件ですっかり鞘の事が嫌いになってしまったホニ
ツツガを自分の劍神に降した革の事も アカチと同じだとキツイ言葉を…
家族として扱ってくれたオヒカたちを失ったショックがあまりに大きい感じで(汗)
このままアカチを追い 降し合いをするのかと言うカナテの言葉を否定する革
しかし、秘女王が国を束ねて欲しいと言ったのは 大王になれと言う事なのではないか?
大王にはならない、相手を力でねじ伏せるようなやり方は革は嫌なんだろうなぁ…

その頃、現代のアラタは門脇との写真を眺めていたりと、そろそろ話が動き始めるかな?
窓から見えた西島の姿、やっぱり革の事が心配なのですね
アラタが声をかけていたけど、裸足で塀の上に降りたりとか野生児過ぎるw
西島に関しての情報は無いから アラタにしてみれば初対面で誰と聞くのもわかるけど
相手にしてみれば もう自分は友達じゃないと否定されたように感じてしまうのが…
どうやら借りっぱなしだったゲーム(?)を返しに来たみたいだけど
このままだと西島が何だか可哀想だし心配だなぁ…

天和国を束ねて欲しいと革に頼んだ秘女王、それはアカチ同じ様に降せと言う事なのか?
アカチは許せない、だけど止める為には戦うしか…
カンナギをアッサリ倒すくらい強いし戦うのが怖いのは当然
それに アカチの心がまるで見えないと言うコトハ
怖いだけでは無く、それ以上に革は自分が動けなかった事が悔しいのだと言う革
自分自身が弱いから力が足りないから強くなりたい
強くなってアカチを…、でもそれではアカチと同じになってしまう
強い者が弱い者を降す、それは結局殺し合いだと…!

それを聞いたいたカナテは革は考え過ぎだし、本気で戦った事が無いのだと言い
小石を投げつけながら 頭にきたならかかって来いと挑発するけど…
誰も傷つけたくないと返す革に、それなら何もするな見なかった事にして逃げれば良いと
強くなりたければ、欲しい物を手に入れたければ傷つくし傷つけるもの
それが嫌なら 国を束ねるのは無理、今すぐやめてしまえと言うカナテ!
思わず門脇との事を思い出し、もう逃げるのは嫌だと声を上げる革
秘女王は信じてくれた、その思いに応える為には強くなり戦わなければいけない
十二神鞘が神意で戦ったらこの国は酷い事になる
でも、誰も降さず誰にも降されず止めるなんて出来るのか?

ツツガは革に負けて降った訳ではない、御魂を奪った訳ではなく預かったのだと言うコトハ
確かに、正しく審判の力を使えるだろうと自ら降ってましたしね
マカリから攻撃の神意を持たない この世の源を統べる伝説の劍神があると聞いた
革が手にしたのは その伝説の劍神〝創世(ツクヨ)〟ではないかと――!
手にした劍神の事も少しずつ見えてきた感じだけど
名前が分かった事で 創世の力を使いこなして本当に覚醒するって感じなのかな?
眩く光る創生にカンナギも気付いたようだし、ヨルナミも反応してましたね
…源の劍と言う事で、十二神鞘にますます狙われる事になりそうw

劍神に取り込まれた御魂を助け出す事が出来るかもしれない
秘女王なら…と言う事で、まだまだ先は長そうですけど(苦笑)
でも、本当に助け出せたとしても フヨウさんはもう居ないしオヒカにとっては辛い…
取りあえず助かる可能性が出た事でホニには希望が湧いたかな
天和国を束ねる、その意味が分かった気がする
これ以上悲しむ人を増やさないために前に進む事を決めた革…!

そして、現代ではついにアラタが学校へ登校して門脇と対面
…と言うか 自ら積極的に声をかけていくとは!
この後の門脇の反応が気になるところですw
次回は現代の方のやり取りも多そうな?

次回の放送は5月27日(月)
…って1週休みなのかw


NEXT⇒『火焔~HOMURA~』
カンナギとアカチの過去も明らかになりそうですね

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2357-266a178a
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/2734-7d2fd6ce

EDIT |  19:50 |  アラタカンガタリ~革神語~【終】  | TB(10)  | CM(6) | Top↑
2013.05.07 (Tue)

アラタカンガタリ~革神語~ 第5話「属鞘~ZOKUSHO~」

「これ以上 お前の自由は束縛させん 
大王の座、お前の為に――…」

十二神鞘による大王争い―――
そして、アカチがついに動き出す…!

アラタカンガタリ~革神語~ 1 (完全生産限定版) [Blu-ray] アラタ カンガタリ~革神語~ 3 (少年サンデーコミックス)
【第5話 あらすじ】
革と入れ替わりで現代に転送されたアラタに対し、家族たちはいつもと様子が違う革に困惑しつつもなんとか会話を成立させようとしていた頃、ガトヤを脱出した革たちは、首都を目指していた。その途中、革は天和国の秘女王と十二神鞘の関係を知る。さらに、出会った民たちから、秘女王が倒れたことで世界が荒れると聞かされて……。

冒頭は久し振りにアラタが飛ばされた現代のやり取りが見れましたね
…アラタの事だから上手くやってるのかと思いきやフリーダム過ぎる…!
革の部屋は散らかされ、部屋で逆立ちしてたりと体力を持て余してる感じだし
家族も様子がおかしいからと病院へ連れて行ったみたいだけど
一時的に記憶が混乱してるだけだと言われ、知恵と勇気で乗り越えようとしてる母親に
父親と妹も巻き込まれる感じで気を使ってあげてるのが(苦笑)
やっぱり狩りに行かないと体が…とか、こんな感じで大丈夫なのか
まぁ、本人楽しそうだから良いですけどw

こんな様子だから学校も暫くは休む事になったけれど…
また自分から逃げてると余計に門脇の怒りが増してるし(苦笑)
登校してこない革に我慢できず、家に押しかけちゃうパターンですかね?
アラタと門脇がどういう形で会う事になるのか気になるなぁ

一方、ツツガを劍神に降ろしてガトヤを舟で脱出した革!
逃げ出したのは良いけど、人力の動力だから大変そう…
と言うか、すぐにカンナギに見つかりそうだけど そこはスルーなのですねw
マストが折れてボロボロになりながらも ガトヤから一番近い陸へと着いた革たち
秘女王の命がもっている間に首都へ向かい劍神を届けなければならないけど
ここからは かなり遠い道のりになりそうな感じで…
しかも首都に行くには、カンナギの領地を通る事になるのだとか(汗)
天和国は首都を除き十二の領地に別れ、それぞれ収めているのが十二神鞘なのですね

ツツガから革の劍神は源の剣だと聞いたカンナギ、その劍神に覚えが??
ガトヤを離れ 領地であるカグツチへ戻る事に、そこにはエミスと言う人物のお墓が…
このエミスと言うのはカンナギの大事な人って事ですかね

村が無いはずなのに焚火の煙を見つけた革たちは様子を見に!
カンナギが追って来たのかと警戒するも、そこにいたのは普通の人たち
しかも、その中には探していたギンチの母親の姿も!
…って随分と早い再会となりましたね、無事に合えてよかったです
その姿を見ていたカナテは色々と複雑そうな表情だったのが…
秘女王が倒れてこれから天和国は荒れる事になる、その戦乱に巻き込まれる前に
辺境へと移動している人たちの一団だったのですね

秘女王の代わりに十二神鞘が国を治めるのではないかと考える革だけど
その十二神鞘の中で上に立つのは誰か、国のトップに立てるのは一人
秘女王か 鞘による最高位である大王(おおきみ)だけ
以前は十二神鞘による大王争いの戦いが絶えなかったけど、秘女王が即位して
神意を押さえた事で争いがなくなり平和になったと言う事ですか…
なるほど、その神意が解き放たれた今 再びその大王争いが始まると(汗)

母親と合流したギンチとはここでお別れ、そしてカナテとも…
一月に一度だけ 滝の流れが止まり辺境へと続く道が現れる!
ギンチにお別れを告げ、自分らしく生き自分に嘘はつくなと言う革
その言葉を受けてカナテは、元気でやれ母親と二度と離れるなとギンチと別れを…
ギンチの村を襲い母親と引き離したのはカナテたちの盗賊団
自分が一緒に行く訳にはいかないし 自分に嘘はつきたくない
これからはカナテも自分らしく生きて行こうと決めたのかな

そんなカナテの手を取り 自分の言う事を聞けと首都まで一緒に行く事に!
健康第一 暴力反対 絶対安全とか、革らしい感じですねw
改めてカナテが旅の仲間に加わり賑やかになりそうです
しかし、さすが現代っ子の革は体力が無く、歩いての移動は厳しい(苦笑)
少し休もうと言い ムルの肉を渡したりと色々と気遣うコトハが優しいなぁ
こうしていると平和だし、とても戦乱が起こるようには思えない

戦乱とは別のピンチな状態に陥った革たち
ムルとはどんな動物か気になっていたところに、その本人が現れた!
見た目は何だか恐竜っぽい感じだけど、攻撃的な動物ではない!?
いやいやいや、物凄い怒って殺気立ちながら突進してきましたけど――!
現代では そんなムルの肉が食べたいとボヤいてたアラタ、好物なのかw
どう考えても現代では その肉は食べれませんから…!

慌てて逃げ惑う革たちは 石に躓き将棋倒しになってしまったけど
倒れた事により 上手い事ムルの間をすり抜ける事が出来て助かった!
そこへ大きな卵を抱えた女の子が飛び出して来たけど…
どうやら彼女が卵を盗んだ所為でムルが激怒していたようで(苦笑)
早く返して来いと言うも、卵をあげたい人がいるからとその気は無い
戻ってきたら…とか言ってたら ムルが本当に戻ってきちゃった…!
またしてもピンチになった革たちだけど、カナテに押し付けてるし
たぶん大丈夫だろうって酷いw

ムルの卵は滋養があり、お腹に赤ちゃんが居る奥様にあげたかった
これを食べて元気な赤ちゃんを…って、取ってきたのは良いけど
あげる前に卵が割れてムルの赤ちゃん出て来ちゃったよ…!
これじゃ卵食べるどころじゃ無くなっちゃいましたね(苦笑)
この生まれたムルの赤ちゃんどうしたのだろうか… 戻したのかな?

ムルに追いかけられていたカナテはオヒカ@小西さんに助けられたようで!
知らない国に来て色々あった事もあり、疲労で熱を出して倒れてしまった革は
そのままオヒカの屋敷へ運ばれ世話になる事に…
コトハが釆女族の力を使って解放してくれたようで熱も落ち着いた?
オヒカの奥さんのフヨウが美人だから 分かり易い反応をしてるカナテがw
そういえば携帯には西島からのメールが届いてたけど
これはこっちに飛ばされる前に送られたメールなのかな
向うはもう違うかもしれないけど、やはり革にとっては今でも友達なんですね
友達がいなくなったって大した事じゃないと言うカナテがまた…

助けてもらったオヒカはカンナギの属鞘だった!
属鞘とは十二神鞘に仕える鞘の事、つまりここは敵地の真っただ中!?
姿を見せたオヒカの手には劍神があり、革が鞘なのも既に知られていた(汗)
一体どんな力があるのかと思ったら、自ら見せてくれましたね
カナテの武器を治してくれたけど、農具や武具を作る劍神・鍛冶(カネリ)
戦うだけが神意ではないと、オヒカは友好そうな人で良かった
カンナギには良くしてもらっているし、元来人望のある人って…
領地の人たちにとっては カンナギは良い領主のようですね

そのカンナギはエミスの墓前に立ち右肩の傷が疼くと…
傷はエミスの死と関係ありそうですね、どんな過去があったのか気になります
これ以上自由を束縛させないと劍神を手に誓うカンナギ
大王の座を狙うのは エミスの為って事ですか
しかし、領地の屋敷で起こった惨殺事件!
何が起こったのか尋ねると 返ってきたのはアカチの名前
いよいよ本格的にアカチが動き出した感じですね

大王争いは始まる、いや既に始まっているのかもしれないと言うオヒカ
民と暮らし家族を愛しこの地で静かに生を終えたいし、戦乱に加わる事は無い
だがそうは思っていない鞘たちもいる、地位の為に殺し合うなんて…
でも殺し合わなくても大王の座は手に入る、全ての鞘を降し劍神を統一すれば良い!
降ると言うのは劍神共々御霊を相手に託す事
降った御霊は朽ちる事無く降した劍神の中で生き続ける
つまり ツツガの時の様に鞘を一人ずつ降ろすって事ですか
全ての源の剣を持つ革の劍神なら それが出来る可能性もありそう

ツツガがとある鞘に自ら降った事はオヒカの耳にも入っていたようで…
その人物こそ新たな劍神を操り、秘女王の命を狙った鞘と言われてるけど
それが本当なら謀反は誤報、あるいは謀略と言う事になる
ツツガの神意は本質を見極める審判(サニワ) その彼が降ったのなら罪人では無いと!
その人物の名前は革と同じ名前…って、オヒカさん絶対気付いてるでしょ(汗)
そんなオヒカに客人って 嫌な予感しかしないのですが…!

ホニがオヒカの事が好きなのを察したコトハは服を取り換えっこしてたけど
コトハと同じような髪形をして簪を指し服をきたホニが可愛い♪
胸の辺りが…って それはサイズが違うから仕方ない(ぁ)
さっそくオヒカに見せるチャンスがきましたが、褒めてもらえて嬉しそうw
ホニはカンナギに拾われて、6年前からここでお世話になっているのか
そんな彼女に急ぎの用があると頼んだのは、革を村から急いで出す事!

そして他の村ではアカチによって次々と皆殺しにされる凄惨な事件が発生…
あぁ、これってカンナギの属鞘を狙っていると言う事ですか!
全ての鞘を自分に降らさせ 最後にカンナギを降ろさせる狙いですよね(汗)
オヒカへの客人は勿論アカチ、主であるカンナギを通さずと言う事で
最初からおかしいと感じて 革を逃がそうとしてくれてるのかな

カンナギの忠実な属鞘であるオヒカへ真実を伝えに来たと言うアカチは
今回の秘女王殺しを画策したのはカンナギだと いきなりバラしちゃったけど
その会話をこっそり盗み聞きしていた革もしっかり聞いてましたね
自ら大王の座を狙い秘女王への忠誠を捨てた
その謀反に利用した秘女族の少年の口封じに奔走している
…って、そうするように唆したのはアカチじゃないの!?

今回の計画、カンナギの背後にはいつもアカチがいたし
良い様にカンナギを手駒に使っているようにしか見えない…
そして、オヒカに自分の属鞘になれと命じるアカチ!
ならないか?ではなく、なれと言うあたり異論は認めない感じだし
嫌だと断れば、他の属鞘と同じように殺される事になりそう(汗)
思いっきりオヒカにフラグが立ってしまったけどカンナギは間に合うのか…!?

二人のやり取りを聞いてた革も 黙って見てられないだろうし
次回は一気にバトル展開になりそうですね


NEXT⇒『地龍~OKORO~』
カンナギvsアカチ
あきらかにカンナギがピンチ…

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2357-266a178a
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/2696-8aaaf97c

EDIT |  19:52 |  アラタカンガタリ~革神語~【終】  | TB(12)  | CM(10) | Top↑
2013.04.30 (Tue)

アラタカンガタリ~革神語~ 第4話「覚醒~KAKUSEI~」

「俺は応えたいんだ 頼む劍神、顕れたまえ!」
カナテとギンチを助ける為ツツガの所へ向かう革
窮地に陥った革の呼びかけに劍神が応える…!

アラタカンガタリ~革神語~ 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]アラタカンガタリ~革神語~ 2 (完全生産限定版) [Blu-ray]アラタカンガタリ~革神語~ 18 (少年サンデーコミックス)アラタカンガタリ~革神語~ 17 (少年サンデーコミックス)
【第4話 あらすじ】
ガトヤの管理者・ツツガの“審判”により、さらわれたカナテとギンチ。二人を探していた革は、ツツガの目の前で命を賭けて戦う二人を目撃する。勝った方を“無罪”にするというツツガに対し、革は劍神を抜き、怒りをぶつける。しかし、劍神の力を呼び出すことができず、窮地に陥ってしまい──。

目の前で審判に喰われたカナテとギンチを助ける事が出来なかった革
本当なら自分が喰われているはずだったし、このまま放っておけない
まだ死んだ訳では無いと二人を救出しに 管の通った道を辿り追いかける事に!
しかし、その先にはこのガトヤの管理者である鞘のツツガが……
危険は承知だけど 此処を出るには避けては通れない相手
コトハの事は自分が守ると 革もここから主人公らしくなっていくのかなw

途中でオソメと再会してツツガの所へ行くのを止められたけど
審判に喰われた二人を助けに行かないといけないし
誰かが何とかしないと このまま毎日審判に怯え続ける事になると言う革
怯えて隠れて惨めだけど それでも生きて行ける、それが此処での考えなんだろうけど
いざとなったら逃げ足も速いし 行かなければならないと言う革を良い男だと言い
情報量として前回コトハから取った髪飾りを返しながら
可愛い彼女を泣かす事は許さないと言うオソメが良いですね
彼女って言われ反応してたコトハだけど、それはアラタの方を意識してですよね(汗)

一方、審判に喰われた二人は ツツガの所へ…
喰われたらお終いでは無く広間のような所へ運ばれるのですね
これから二人を裁くと言い、一度だけ命乞いを聞いてやると言うツツガ
目の前の者と戦い勝った方を無罪として解放する、拒めば死あるのみだと!
兄弟の様に生きてきた二人に そんな事は出来ない…
しかし、勝った方だけでもこのガトヤから出るのだと武器を取るカナテ!

二人を追いかけて来た革とコトハはその光景を見る事に…
生き延びたければ相手を殺せと 二人を戦わせているツツガに
二人は親友同士なのだから こんな事はやめろと止めに入るも
神聖なる裁きの邪魔をする事は許さないと攻撃を受ける事に(汗)
悪い奴等では無いと言う革に 本当にそうかと問い掛けるツツガ
人は皆同じく我が身が大事、自分の身が助かりたいと思うのは二人も同じ

自分の事を兄と慕うギンチに 弟分でも何でもないと突き放す言い方をするカナテ
その言葉に 思わず西島が言ってた「友達じゃない」と言う言葉を思い出した革
カナテも同じなのかとショックを受けていたけれど…
最初からギンチの事を助けようと わざと突き放す言い方をしていたのですよね
ギンチだけでも生きてガトヤから出してあげようと自ら倒れたカナテ
最初は盗賊団に攫われてきたギンチの世話を見るように命令されただけ
でも、弟のような存在であるギンチが母親の指輪を握りしめ泣いている姿を見て
いつか必ず自分が母親の所へ…と約束したから その為にもギンチを逃がそうと…

そんなカナテの想いに気付いた革だけど、ツツガの狙いは最初から二人の処刑
戦いに勝った方を解放すると言いつつ 結局どちらも…って事ですか
罪人は罪人だと 解放する気なんて無かった、人の心を試して弄ぶのが審判の正体
それに怒りを感じた革は劍神を抜いてツツガへと向かって行く!
しかし、姿を見せないツツガが操る管の攻撃を受けてピンチに…
落ちそうになり劍神を管に突き刺し体を支えたりと 相変らず革の身体能力が凄いなぁ
劍神を使えぬ鞘が自分に刃向うなんて…とツツガに言われちゃったけど
ちゃんと劍神を扱い、剣術を習ったらかなり強くなりそうですねw

ここまでかと思わず諦めかける革は、コトハにゴメンと口にするも
〝信じている〟と言うコトハや秘女王を思い出し、その想いに応えたいのだと
劍神の力を呼び出す為、顕われたまえと叫ぶ―――!
最初に発動して以来、何の反応も無かった劍神がついに応えた…!
革の体を光が包み込み、これでついに覚醒した!?
そんな革の事が気になっているカンナギがガトヤへと艇を向かわせていたけど
劍神の力を感じて反応していましたね!

解き放たれた劍神の力によりツツガの力が掻き消されていく…!
その光はまさか…とツツガは 革の手にしてる劍神の力を知っている??
歴代の劍神に関しての記述の中にも無いし、やはり特別な劍神って事ですか
ツツガの操る管を一掃し、ついにツツガ本人のお出ましとなったけれど
思ったよりも年を取っている方でしたね、しかも体が半分管となっていて
体の中心には 黒くなった劍神が突き立てられ身動きが取れない状態に…

苦しそうに呻くツツガの体から劍神を抜こうと触れた革に記憶が流れ込む!
ガトヤの管理者として罪人に裁きを与え悔い改めさせてきたツツガだけど
誤って人を殺めた古い友人にも、罪は罪だと悔い改め更生するよう促し
心が変わる時この島から出る事が出来るし、信じていると言うも
偉そうな事を言うなとその友に裏切られ、突き落され劍神を突き立てられる事に(汗)

その裏切りに対してのツツガの憎しみが ガトヤを今の姿に変えたのですね
負の感情が高まると劍神は黒くなってしまうのだろうか…?
解き放たれた力により、管がガトヤを取り巻く事に!
所詮人間は変わらない、ならば自分と共に劍神は神ではなく鬼となるのだと――!
鬼の力を持って 罪人共を永遠に閉じ込める、こうして最果ての地獄と呼ばれる事に

誰にも自分の気持ちは分からない、早く止めを刺せと言うツツガだけど
信じてた共に裏切られたツツガの過去、革には痛いほどよく分かりますよね…
だからこそ、彼を助けようと黒くなった劍神を抜こうと!
鬼と化した劍神に逆らおうとする革は その力に呑み込まれそうになるも
〝憎め〟〝復讐しろ〟と言う負の気持ちに抗う!

革が自分と同じように共に裏切られた過去を持つ事に気付いたツツガ
裏切られても自分には大事な友達だった、今でもまだどこかで信じているのかな
人間なんてまだ全然分からないと言う革は、それでも一人で囚われたままいては駄目だと
苦しんで何になるのかと 突き刺さっていた黒い劍神を引き抜く!
信じて裏切られて苦しくて、でもまだ信じたい 許したいと思っている――
だからそれを見せてくれる誰かを探し、試してはまた絶望していたのですね…
自分もそうなっていたかもしれない、苦しかっただろうと涙する革に
もしかしたら自分を止めてくれるのを望んでいたのかもしれないと言うツツガ

革がツツガの体から抜き、本来の姿を取り戻した裁きを司る劍神・サニワ
本来の力を正しく使う事が出来るだろうと、劍神と共に革に降ったツツガ
劍神は他の劍神に降る事でその力を与えると言うか融合(?)する事が出来るみたいですね
つまり革の持つ劍神でサニワの神意の力を行使する事が出来るようになった!?
自分の役目は終わったと言うツツガは、新たな管理者としてガトヤを元に戻せと!
サニワの力を使う時は 劍神の形も変わるのですね
革によって本来の姿を取り戻したガトヤ!
今まで審判によって喰われた人たちも無事に戻って来れたようで
オソメの大切な人も審判に喰われていたのですね、再会出来て良かったです

しかし、そこへカンナギが到着しツツガに促され急いで島を出る革たち!
カナテたちの住んでた場所は船だったのかw
元の姿に戻った事でそのままガトヤを離れ
秘女王のいる首都を目指して ここからまた旅が続くわけですね
取りあえず、ギンチが心配だったけど無事で良かった!
もしかしたらガトヤから革たちを逃がす為に犠牲になるんじゃないかと心配だったし…

そして革に倒されたツツガが降った事を知ったカンナギ!
革は強いと言い、革の持つ劍神こそが この世界を統べる源の剣だと――!
この世を統べるって、そんなに凄い劍神だったのか!
ツツガはその存在を知ってたけど、他に知ってる鞘もいるのかな?
アカチあたり 知ってそうな感じもするなぁ…

秘女王は勿論知ってて 自分の所へ届けるように言ってるんだろうし
源の劍と知ったカンナギは ますます革に興味を持ちそうだし
この先も追い掛け回される事になるのかな
どうなるのか気になるところです

で、今回も出番が無かったアラタ
そろそろ現代での動きも見たいですw


NEXT⇒『属鞘~ZOKUSHO~』

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2357-266a178a
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/57278638
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/2659-944905f8

EDIT |  19:57 |  アラタカンガタリ~革神語~【終】  | TB(11)  | CM(8) | Top↑
2013.04.23 (Tue)

アラタカンガタリ~革神語~ 第3話「審判~SHINPAN~」

「こんな俺を信じてくれた思いに応える為に 
劍神を必ず秘女王のとこへ届けてみせる!」

ガトヤへとやって来た革とコトハ
一日一回、囚人が二人喰われる審判の恐怖…!

アラタカンガタリ~革神語~ 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]アラタカンガタリ~革神語~ 2 (完全生産限定版) [Blu-ray]アラタカンガタリ~革神語~ 18 (少年サンデーコミックス)アラタカンガタリ~革神語~ 17 (少年サンデーコミックス)
【第3話 あらすじ】
“最果ての地獄”と呼ばれる流刑地「ガトヤ」へ流された革とコトハは、到着早々カナテとギンチという二人の少年に襲撃される。ガトヤでは、秘女王襲撃の“犯人”である革に関する噂が流れていたのだ。辛くもその場は逃れた革だったが、ガトヤの一部が崩壊したことにより、コトハと離れ離れになってしまう。

最果ての地獄と呼ばれるガトヤへと連れて行かれる事になった革とコトハ
そんな二人の前に現れた秘女王は頼みを聞いて欲しいと!
審議の際に秘女王の気持ちを考えろと言う言葉を嬉しく感じたようで
その時に 革の心が道を開くと悟ったのだとか
今まで天通力を使い劍神を一つにまとめ神意を御してきたけど
秘女王が倒れた事で劍神たちは解き放たれ、鞘が自在に神意を使い始めれば正義が歪められ民は嘆き苦しむ事になる
辛うじて命を繋いでる秘女王の体がいつまでもつかは分からない
代わりにこの天和国を束ねて欲しいと革に託す秘女王は、自分の命が尽きる前に劍神を自分のところへ届けて欲しいのだと!

自分には何の力もないし何も出来ないと言う革に、信じてると返す秘女王
革なら必ずやってくれると 何か確信めいたものを感じてるんですかね
御守だとミチヒノタマをコトハに渡していたり、秘女王はどこまで分かっているのか…
神を束ねるなんて自分に出来るのかと劍神を手に自問する革に
秘女王が信じてくれるのなら必ず出来ると言うコトハ
その為にも劍神は大切にしまっておいた方が良い…って 一体どこにしまうのか?
例えばこことか…て いきなり革の手の平にしまい始めたコトハがw
鞘となった者はその体に劍神を宿す事が出来るようで、体にしまうのですね
そう言えば、前回カンナギは左腕から劍神を取り出してったっけ
体にしまう…って何だか奇妙な感じですよね(苦笑)

ガトヤは最果ての地獄と呼ばれるだけあって 海に囲まれた絶壁の孤島
逃げ出す事はかなり難しそうだけど、秘女王の願いを叶えるには
まずこのガトヤからどうやって脱出するかが問題になりそう…
何やら建物全体が禍々しい…と言うか不気味な感じで(汗)
このガトヤまで既に噂は広まっているようで、秘女王殺しと言われる革
何処に行っても…って感じですね、そんな二人の前に現れたのはカナテとギンチ
荷物を渡してもらおうかって追剥ぎかw

美人のコトハを見て思いっきり反応してたけど、まずは秘女王殺しの新の首を狙ってきた!
ただ避ける事しか出来ない革だけど、避けれるだけでも運動神経は凄いですね
何とか誤解を解こうとするけど、突然地響きが起こり慌てふためく囚人たち
カナテも勝負は一旦お預けだと逃げてしまったけど、一体何が起こっているのか?
地響きの正体はガトヤを管理しているツツガの審判だと教えてくれたのはオソメ
一日一回 囚人の中から二人を選び、選ばれた囚人は喰われる事に!(汗)
触手みたいに動くパイプっぽいものに襲われ取り込まれたもう助からないのかな…

首都では裁判の為に集まっていた十二神鞘たちはそれぞれ自分の領地へと戻るなか
革が手にした劍神に関しての記述を調べていたカンナギ
記述に残されてない事で 余計に気になるって感じでしょうか
革を死刑では無くガトヤ送りにした事を不審に思ったアカチが声をかけて来たけど
やはり誤魔化せないと、革に関して調べたい事があると言い
何か分かったら知らせると返すカンナギだけど
あまり勝手な事をするなとアカチにさり気なく釘を刺された感じですかね
一人で調べている事をあまり良く思っていないのか、アカチがどう動くか気になるなぁ…

これからどうなってしまうのか不安に感じる革は劍神を手にし顕れたまえと口にするも
劍神は応えず… 鞘に選ばれたと言っても 思いの通りに使える訳ではないのか
良い所を見つけたとコトハが案内した先にあったのは
地下と繋がっているパイプから湧き出していた温泉!
さっそく浸かる革だけど、コトハが傍に居る事に気付いて慌ててるのがw
カナテに襲われた時の傷を治してくれたけど、秘女族に使える釆女族の女性には
傷を癒したり、気持ちを落ち着かせたりする力があるのですね

今まで自分の事ばかりで コトハの事を気遣う事を忘れていた革は
自分を信じて付いて来てくれた事に 改めてお礼を言おうとしたけど…
地響きと共にまたしても審判の時が訪れた!?
突然足下が崩れ穴が開いたと思ったら、そのまま落下してしまったコトハ!
すぐに助けに向かうも、ここにいる囚人たちは他人にあまり興味がないと言うか
ここから出る為なら何でもしそうな怖さがありますね
秘女王殺しの革の首を取れば出られると またしても狙われる事に(汗)

逃げ隠れながら、コトハが落ちるのを見るだけで足が竦み動けなかった事を悔やむ革
そこへ劍神に選ばれ鞘になったのに何を嘆くのかと問い掛ける声が…
ぼやっとした影だけで姿は分からないけど、この人物がガトヤを管理してるツツガ??
信じてくれた人に応えられそうにない、助ける事が出来ないと言う革の言葉に
自身も信じた人を裏切るのかって、思ったほど悪い人ではないのかな?
秘女王やコトハの顔を思い浮かべ、裏切るようなことは市内と返す革だけど
既に人影はなく、代わりに現れたのは 色々と情報を教えてくれたオソメ

コトハに関して何か知ってそうなオソメから情報を得る為に鞄を差し出した革に
今回は要らないと ただでコトハに似た女の子をカナテが連れて行ったと教えてくれたり
何かと革に絡んでくるオソメは ガトヤから脱出するための力になってくれたりするのかな
大切なものを失う辛さは分かっているつもりだとか、この人も過去に色々とありそう…
お礼を言って カナテの所へ急ぐ革だけど、当のコトハはおもてなしされていた!?
どうやら落ちたコトハをカナテが助けてあげたようですね
初対面の時からそうだったけど、カナテはコトハの事が気になってる感じで(苦笑)
ギンチが気を利かせて 二人きりにしてあげていたけど、会話が続かず気まずい雰囲気にw

間が持たずギンチの様子を見に行ってくると部屋を出たカナテが見たのは
倒されたギンチの傍にいる革の姿…って、これでまた誤解されちゃうのか…
問答無用で襲い掛かって来るカナテに、劍神を取り出し対抗する革
コトハは何処だと聞かれ お前も惚れているのかと返すカナテだけど
革にとってコトハは この世界に来てからずっと傍に居てくれて
何度も助けられ 何度も励ましてくれた、自分を信じてくれる女の子!
だから 今度は自分が守ると言うのがカッコ良いですね

気を失っていたギンチが目覚め、革にやられたのではなく危ない所を助けてもらったと!
どうやら囚人の間にも対立グループみたいなのがあるようで…
襲われた所を革に助けてもらったのですね、再び襲い掛かって来た部下に
容赦無く本気の跳び蹴りを喰らわせておきながら、思いっきり入ってしまったとか言う革はちょっとSっ気あったりするのでしょうかw
ギンチの生き別れの母親の物である指輪を取られた事を知り 取り返しに向かうカナテ!
そして負傷したギンチを連れ、コトハと無事に合流した革
小さい頃に盗賊団に攫われ、そこでカナテと出会ったギンチ
しかし、盗賊団がヤバくなった時 二人は罪を被せられガトヤへ流刑にされたようで…
この二人も裏切られた…って事で 革と似たような経験をしていたのですね
いつかこのガトヤから出ようと二人で約束してるのだと!

天和国を束ねて欲しいと言う秘女王の願いを叶えられるか自信が無かったけど
こんな自分の事を信じてくれた思いに応える為にもやってみる
必ず秘女王の所へ劍神を届ける決意をする革!
その為にも 先ずはここからどうやって出るかが問題
このガトヤを管理しているツツガをどうにかしようと考えているのなら無理な話
ツツガも劍神を操る鞘だと聞かされる事に…
そう簡単に脱出する事は出来なさそうですね(汗)

ギンチの指輪を取り返して戻って来たカナテからお礼を言われ
コトハを助けてもらった事を聞き お礼を返す革
これで貸し借り無しと言う事で、再び戦いを挑んできたカナテは
何としてもギンチの為にガトヤから出ないといけないのだと!
しかし、このタイミングで審判が始まったー!
いつもの事だと驚いた様子の無かったカナテが襲われる事に(汗)
さらに革も狙われる事になったけど、庇ってくれたのはギンチ
カナテが喰われたのなら…って自分から飛び込む形に…

目の前で二人が喰われるのを見ながら 何も出来なかった革
そんな革とは逆に、カナテの為に動いたギンチ
さっきのコトハの時と同じく、動けなかったままではいけないと
革は二人を助ける為に立ち上がる――!

審判によって喰われた人は すぐに死ぬ訳ではないのかな?
取りあえずカナテはOPにもいるから大丈夫だろうけど
ギンチがどうなってしまうのかは心配ですね…
喰われた先には一体何があるのか!?

今回は現代の動きは見れなかったけれど
アラタは上手くやってるのかなw


NEXT⇒『覚醒~KAKUSEI~』

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2357-266a178a
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/2618-785c8b53

EDIT |  19:56 |  アラタカンガタリ~革神語~【終】  | TB(8)  | CM(8) | Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。