--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.12.31 (Wed)

魍魎の匣 第13話「魍魎の匣、あるいは人の事」

「美馬坂幸四郎、最後に貴方の物語を語って頂きましょう」
ついに一連の事件に終幕が…!!
全ては美馬坂の執着が生んだ魍魎だったんですね…
一連の謎を解き明かした京極堂さんがカッコ良かったです♪

一日も早い「科学の再婚」の成就を願う 多くの輩に捧ぐ―――

魍魎の匣 第一巻 [DVD] 魍魎の匣 第二巻 [DVD] 魍魎の匣 オリジナル・サウンドトラック
美馬坂の研究所に、今収まっている意識の主が久保だと告げる京極堂。関口ら全てが部屋の中を見回す中、京極堂は、ごく普通の若手の幻想作家だった久保を殺人鬼に変えた原因を明かし始めた。

人間の本質を心に求めるなら、脳髄の他は人工の入れ物に置換が可能
そう考えた美馬坂が作った匣館そのものが まさにその入れ物…(汗)
そして今、その“入れ物”に収まっている意識の持ち主は久保!!
「もうたくさんだ京極堂!! 幕を引け!
このままでは 久保になってしまいそうだっ!」

あわゎ…この事実に関口さんの精神状態が不安定になってますよ…
以前、久保と関口さんは似てると言われてましたが、このままだとホント同じ事をしちゃいそうな感じで怖いですね(汗)
その様子を見た京極堂さんは、関口さんの魍魎が一番大きいと(苦笑)

「久保もまた被害者なんだよ」
本来なら、真っ当な気鋭の幻想作家として歩んでいたはず
そんな彼が当たった“通りもの”とは――――


養母の葬式に出るため夜行列車に乗った久保は、匣入りの生きている加菜子の頭部を見せられた。匣を持っていたのは、研究所から匣を持ち出した須崎ではなく、雨宮。陽子に付き添って14年も一緒に暮らしてきた雨宮は、実は陽子ではなく加菜子を愛していたのだ。

此処からの事実は結構凄い感じでしたね…
アバンでずっと語られてきた久保の作品、まさに事実と言うで
列車に乗っていた久保が会ったのは…匣に詰められた加菜子の生きた頭部!!
それを見せたのは雨宮さん…って、やっぱりか(苦笑)

14年も無償の献身をしてた訳ですが、それは自身が望んだ事
陽子では無く 加菜子の事を愛していたと言う雨宮さん!!
それを知ってて陽子さんは雨宮と一緒に偽りの家族を演じてたのか…
同じ事を繰り返す起伏の無い凡庸な暮らしを送る事、愛情はそんな中で育まれるものではないのかと陽子さんは思った訳ですね
でも加菜子は結果的に家出をするくらいだから、愛情は感じて無かったのかな…


武蔵小金井駅での事故の後、雨宮は、加菜子をそのままの形で死なせてやろうと主張した。しかし、須崎は、腕を一本だけ生かし、それを遺産受け取るための証拠にしようと決断。残りの3本の手足をもらった雨宮は、それを水葬にしようと相模湖まで運んだ。つまり、相模湖で発見された最初のバラバラ事件の腕と脚は、加菜子のものだったのだ。

事件が起こった事で、色々と状況が変化してしまったと言う訳ですか(汗)
遺産の為にも、加奈子の腕と脚を斬る事を前提の処置に反対した雨宮
須崎が言ってた生命維持方とは、千切れた腕を生かしておく事――
これも美馬坂がやっていた事だったんですね…
確かに腕は生きていた!
残りの手足を貰う事で承諾した雨宮は、その後は加菜子が行きたがっていた湖へと水葬したようですが、やっぱり最初に見つかっていたバラバラは加菜子のものだったのか…
でも血液型が一致しないとか以前言ってませんでしたっけ??


だが、雨宮は、さらにインパクトのあるものを見てしまう。それは、須崎が持ち出した匣入りの加菜子の頭部。須崎を殴り殺して頭部を奪い取った雨宮は、匣に入れたそれを夜行列車の中で久保に見せた、というわけだ。

生きてた証拠として送りつける為、延命装置に保存されていた加奈子の腕
警備する警察の眼を避け、人知れず その“腕”に会いに行っていた雨宮さん!
しかし、その隠し場所は焼却炉だった訳で、あの日そこには木場さんが…
生きた腕の上に知らずに居た訳ですね、だから挙動不審な感じになってたと(苦笑)

腕に会うだけでは無く、連れ出そうとまでしていた雨宮さん!
狂おしいほどに現実肯定を出来た彼は、新しい幸福獲得の手段を…!
「その腕と対面して 彼は行き着いてしまったのです
彼岸へ――」

美しいまでに生きていた加菜子の腕… しかし雨宮さんには生死はもはや関係無かったんですね、どんな形でも“加菜子”と一緒に居れれば良かったと言う事ですか…
しかし、そこへ匣へ入った加菜子の頭部と言う 聖遺物を持って現れた須崎!
…確かに、雨宮さんにしてみれば これ以上のものは無いですよね(汗)
装置から外しでも、心肺は機能してるから一日くらいなら生きていられる!
そのまま持ち出した雨宮は、列車でたまたま一緒になった久保に見せたと…


加菜子の幻影に取り付かれた久保は、同じ物が欲しくなり、次々と少女を殺し始めた。少女の匣詰めにことごとく失敗した久保は、美馬坂のことを知り、研究所にやって来た。美馬坂は、この久保の希望に従って生体実験を行い、その頭部を匣に入れてしまった。

「匣の中の娘は、屈折した半生を生きた若手幻想作家をも
彼岸へ連れ去ってしまった

匣詰めされ生きていた加菜子を見てどうしても欲しくなり、自分で作ろうとした
これが例のバラバラ事件を引き起こすきっかけ、通りものだったと(汗)
「あぁ! 生きている! 何だかひどく男が羨ましくなってしまった」
ちょっ、関口さんがだいぶ 危ない状況に(汗)
失敗が続き、事件が発覚した事で 有り金を持って美馬坂の所へやって来た久保!
成程、榎木津さんが渡した写真と、頼子から匣館の場所を聞き出したのか・・・
自ら望んで…と言う事ですが、いくら許可を得たからって これはどう見ても『医療行為』とはかけ離れてるような気がしますけど(汗)
「あんたは多くの他人の心に魍魎を植え付けてしまった」
事件に関わった人達が魍魎にとらわれ、ここにいる全員が見てはならぬモノを垣間見てしまったと言う京極堂さん!
美馬坂の究極の望みは、脳を除く全てを機械の肉体に取り換え永遠に生きる事…
肉体は精神の乗り物にしか過ぎないと言うけど、でもそれって本当に生きてるとは言えないような(汗)


京極堂は、次に美馬坂の話を始めた。戦後、研究所を維持するための資金に事欠いた美馬坂は、須崎の遺産詐取計画を見て見ぬふりをしていた。これに懸命に反論する美馬坂。そんな美馬坂を懸命にかばう陽子。まもなく、美馬坂が、京極堂と木場に責められるのを見た陽子は、衝撃の事実を明かして―。

美馬坂がそこまでした肉体を憎悪するのは、妻の絹子が病気で醜くなる厭う気持から研究に没頭し始めたのがきっかけ!?
止めに入る陽子を 娘が従うのは当然だと言う美馬坂に、京極堂さんの制止を聞かずにキレた木場さんが殴りかかるっ!!
「加菜子は… 加菜子は父の子なのです!」
思わず叫んだ陽子の口から 衝撃の事実が…!!!!
何となく前回から気になってはいましたが、やはり加奈子は美馬坂の子だでしたか
陽子が大きな秘密をまだ持ってそうな気がしましたが、こういう事だったとは(汗)

病気の絹子を献身的に面倒を見てた美馬坂けど、病気も治せないのかと罵る母の姿を見て、慰める為に父を誘ったのだと言う陽子…
陽子が愛した最初で最後の人が 美馬坂!
父を母から取る為に 絹子になりたかった陽子、だから芸名も…
加菜子を妊娠してると知り嬉しかったけど、柴田の子にはしたくなかった
何だかドロドロですね、複雑な思いが歪んで魍魎を生み出したと…

京極堂さんの詭弁が科学者である自分を責め苛んだと言う美馬坂!
しかし、それでも一つの示唆を与えたと…
世界は外側だけでは無い、むしろ脳の中にこそある、外の世界を全て電気的な信号に置き換える事が出来れば衰えて行く肉体など無用になる
そうなれば完璧な至福の千年王国だと言う美馬坂ですが 狂った妄想ですね(汗)

意識は脳だけで作られるものではない――
「そこまで言うなら良い事を教えてやろう、脳は鏡だ
機械で作られた脳が生み出すのは 機械の意識だ」

嘘だと言う美馬坂に 自分が言うのだから嘘じゃないと言う京極堂さんが良い!
このシーン、ものすごい迫力がありますね!!(笑)
一瞬でもこの言葉を信用した時点で負けになる、言葉の“呪”を掛けた京極堂さん!
京極堂さんが使える唯一の武器、だけでこの場では最強ですねw

瀕死だった加菜子とは違い健康体だった久保を使った事で、美馬坂は必ず何らかの罰を受ける事になる、もう止めるように言う京極堂さんだけど…
そんな二人とは関係無しに、久保が収まっている匣に手を伸ばしてる関口さん!!
「止めろ関口! 君も向こう側へ行きたいのか!」
ちょっ! 珍しく関口さんを呼び捨てし 怒鳴る京極堂さんがカッコ良い!(笑)
…って、しかし関口さんはホント危うい感じですね
何だか いつ向こう側に行ってもおかしくない感じで!
匣詰め…って、やっぱり惹かれるものがあるんでしょうか??(汗)

久保の入った匣を抱え、陽子と一緒にエレベーターへ乗り込もうとする美馬坂を、木場さんが何とか引き止めようとするけど、陽子に行かせてくれと言われ 謝りながら刺されちゃったし!!(汗)
警官が待機してる階下では無く上階へと向かって行った二人!
何だか木場さんが可哀想になって来た…
フラッと出て行った榎木津さんが何処へ向かったのか気になったんですが、千里眼で結末が“見えた”から先回りって感じでしょうか??
機械の制御室??で腹を切ろうとしていた甲田の所へやってきましたが…
「や!」
って、相変わらずどんな状況でもマイペースな榎木津さんが良いですね!(笑)

装置から外され、息苦しさと頭の痺れを感じながらも意識のある久保!
「私はもう人では無い 魍魎だ…
私の実態は 私の方では無く 匣の方なのだ
私は 魍魎の匣だ!!

タイトルの意味が解った感じですね(笑)
久保と美馬坂がにらみ合うシーンが印象的でした!!

雷鳴が轟き、匣へと…!!!
えぇと、榎木津さんが色々と弄くってくれたおかげで電源が落ちずに済んだのかな??
屋上へと駆け付けた木場さん達がそこで見たものは―――
久保に首元を噛み付かれて絶命してる美馬坂の姿と、その父を噛み殺した久保を殺した陽子の姿でした!!
…噛み付いたままの久保の形相が怖過ぎるよ!
「屍を喰らう魍魎――」
関口さんの表現その通りな感じで(汗)

久保をの首を花火と一緒に打ち上げた陽子、何で匣館に花火があるのかツッコミ入れない方が良いんですよね(苦笑)
次々と打ち上がる花火をバックに、木場さんは殺人と傷害の容疑で陽子に手錠を!
捕り物は陽子の方が得意だったと、悪者御用じゃと映画で言ってたセリフを聞いて涙を流すのが印象的な終幕になりました…

昭和28年、TVが普及し始めたけど どんな通りものに出くわすのか怖いと言う関口さんですが、確かに一番影響受けそうですからねw
何だかすっかり鳥口さんもメンバーに馴染んでる感じで(笑)
ニャンコと一緒に寝てる榎木津さんの寝顔が可愛過ぎるんですけどっ!!!
私も一緒にゴロゴロしたいなぁ♪(マテ)

そこへお土産持参で訪ねてきた いさまや@浜田さん!
どうやら島根の神社で匣を持った雨宮を見かけたようで…
幸せそうに匣の中に話しかけてる姿に、思わず声をかけたけど 中は真っ黒な干物みたいなものが入ってたって…加菜子(涙)
それでも、雨宮は本当に幸せなのだろうか…
「そりゃそうだろうよ、幸せになる事は簡単なんだ
人をやめてしまえば良いのさ――」


そんな雨宮を想像する関口さん…
何処までも行けるのに降りてしまうのは残念だと言う雨宮
列車から 降りた関口さんは、匣を抱え何処までも行く雨宮を見送りながら呟く
「それでも、私は何だかひどく
男が羨ましくなってしまった――」

…雨宮の話をいつか関口さんが本にする事があるのかな?


どんな結末になるのか楽しみにしてましたが
綺麗に全ての謎を解き明かしてスッキリ終わってくれて良かったです!!!
多くの人の思いが絡み合って複雑になってた話ですが
元をただせば 美馬坂の歪んだ研究が全ての始まりだったんですね…
それに“中てられた”人によって どんどん絡まっていくと言う感じで(汗)

思えば、1話の冒頭から伏線張りまくりの展開だったんですよね(苦笑)
最終回を見終えて 改めて見直すと 新たな発見がありそうです!!
今なら 京極堂さんの“魍魎”の蘊蓄も少しは解るかも(笑)

かなり感想の書き難い作品でしたが、最後まで書き終える事が出来て良かったです!
…作画も安定してて見やすかったですし キャストも豪華だし!(笑)
他にもシリーズがあるようですし、是非そちらもアニメで見たいです♪
最初は京極堂さんがいつ登場するのかと焦らされましたが、登場してからは、徐々に事件が繋がり始め謎が解け始めてと最後まで引き込まれる展開でした(笑)
機会があれば、原作も読んでみたいです!

1クールお付き合い頂いたブログの皆さま お世話になりました!



にほんブログ村 漫画アニメブログへ   
関連記事
EDIT |  15:55 |  魍魎の匣【終】  | TB(24)  | CM(14) | Top↑
★こんにちは。
とりあえす、全ての謎が解明されて、良かったですよね。
いろいろな伏線がラストに集まっていたというか・・・♪
この辺りが見事だったと思います。

そうそう、京極堂が謎を解明していくさまは見ていてカッコ良かったです。
薀蓄だらけでしたが、それでも最終回に相応しいカッコ良さでしたね。
妙は演出も冴えていました!

ただ、雨宮のことが少々引っ掛かりつつも、
全体を通して、極上のミステリーを堪能することが出来ました!


では、来年もどうぞ宜しくお願い致します。
BROOK |  2008年12月31日(水) 17:19 | URL 【コメント編集】
こんばんは。
すべてのなぞが解き明かされてすっきり、ですね。
関口が危ない状態でちょっと怖かったですけど、そちら側にいくことがなくてよかったと思いました。

加菜子が父の子、と言った時は、変な声を上げてしまいましたw
確かに大きな秘密。ですよね。

なぞを解き明かしていく京極堂は素敵でしたよねー!
登場人物みな魅力的で良かったと思います。
ほかシリーズ、ぜひアニメで見てみたいですよねぇ。

こちらこそお世話になりました、また来年もよろしくお願いします。
isamu |  2008年12月31日(水) 18:34 | URL 【コメント編集】
こんばんは。
ついにすべての謎が解明されましたね!
京極堂さん、さすがですw
美馬坂との言葉の対決も、カッコよかったですねi-189

そうそう!見つかった手足と血液型が一致しないって話があったような気がしますよね・・・?あれはなんだったんでしょうね??
関口さん、だいぶ 危ない状態でしたね;;心配しましたw
魍魎に連れてかれなくてよかったですね~(´Д`;A)
榎木津さんと猫は、この番組1番の癒しでしたねi-178
私も他のシリーズも見てみたいです。

今年はいろんなアニメでお世話になりました!
来年もよろしくお願いします♪
また面白いアニメがたくさんあるといいですね(≧▽≦)
空子 |  2008年12月31日(水) 19:16 | URL 【コメント編集】
こんばんわ^^
難解で長い話を1クールによく纏まりました(笑)
原作から美人度数倍アップなキャラデもよかったです♪

どのシリーズも分厚いですから。
そちらもアニメで気軽に(?)みたいですね(笑)

今年もいろいろお世話になりました。
また来年もよろしくお願いします^^
SERA |  2008年12月31日(水) 20:18 | URL 【コメント編集】
★こんばんは!
BROOKさん!

コメントありがとうございます♪

>とりあえす、全ての謎が解明されて、良かったですよね。
>いろいろな伏線がラストに集まっていたというか・・・♪
>この辺りが見事だったと思います。
色々と謎が多かったので、スルーされてしまう謎もあるんじゃ…と
心配してたのですが、綺麗に全て拾ってくれて良かったです(笑)
ラストへ向けて謎が解け始めてからの展開が凄かったですね!!
伏線がホント上手く散りばめられた感じで♪

>そうそう、京極堂が謎を解明していくさまは見ていてカッコ良かったです。
>薀蓄だらけでしたが、それでも最終回に相応しいカッコ良さでしたね。
>妙は演出も冴えていました!
最後まで京極堂さんはカッコ良かったですね♪
美馬坂を追い詰めて行くシーンは迫力あって(笑)
蘊蓄を話す京極堂さんも良いですが、カッコ良く決めてくれた感じです!
スタッフさんの“見せ方”が上手かったですよね

>ただ、雨宮のことが少々引っ掛かりつつも、
>全体を通して、極上のミステリーを堪能することが出来ました!
結局 雨宮さんはあのまま加菜子を連れたままなんですかね…
1クールでしたが、とても内容が詰まった感じのミステリーを楽しませてもらいました!
他のシリーズも是非アニメ化して欲しいです(笑)

ではでは、来年もお付き合いお願い致します!!
流架 |  2008年12月31日(水) 23:05 | URL 【コメント編集】
★こんばんは!
isamuさん!

コメントありがとうございます♪

謎だらけのアニメでしたが、最後にスッキリ出来て良かったです(笑)
伏線の消化など、全てが明らかになって綺麗に終わりましたね!

>関口が危ない状態でちょっと怖かったですけど、そちら側にいくことがなくてよかったと思いました。
京極堂さんがいなかったら 間違いなく あちら側へ行ってた気が…(汗)
やっぱり 精神的に危うい感じですね
止まってくれて良かったです(笑)

>加菜子が父の子、と言った時は、変な声を上げてしまいましたw
前回、美馬坂が父親だと知ってから 加菜子は誰の子になるのか
気になっていたのですが、まさか そう言う事だったとは!
…木場さんにも言えない訳ですよね(苦笑)
おぞましい事…って父親との関係って事だったんでしょうか…
この事実を聞いて、ぅぇえ!? って私も思わず声がw

>なぞを解き明かしていく京極堂は素敵でしたよねー!
最後までカッコ良かったです!!
美馬坂と対峙してた京極堂さんの迫力が凄かったでし、目に気迫がありましたよね(笑)
謎を解いてく姿が堪らないです♪

>ほかシリーズ、ぜひアニメで見てみたいですよねぇ。
この作品は、原作だと2作目…なんですよね??
1作目や 続きもアニメで見てみたいです!
…原作は分厚いので手が出しにくいですしw
登場人物が魅力的ですし、脚本も良かったと思うのでお願いしたいですね!

ではでは、来年もよろしくお願いします!!
流架 |  2008年12月31日(水) 23:05 | URL 【コメント編集】
★こんばんは!
空子さん!

コメントありがとうございます♪

>ついにすべての謎が解明されましたね!
>京極堂さん、さすがですw
>美馬坂との言葉の対決も、カッコよかったですね
謎が全て明らかになりスッキリ終わって良かったです♪
最後まで京極堂さんはカッコ良かったですね(笑)
今回は特に迫力ある感じでw

>そうそう!見つかった手足と血液型が一致しないって話があったような気がしますよね・・・?あれはなんだったんでしょうね??
鳥口さんか青木さんが 確かそんな事言ってたはず…
別人なのか と思ったのに やっぱり本人だったようで~
ちょっと アレ?と思ったのですが、綺麗に纏まってたので良いですかね?(笑)

>関口さん、だいぶ 危ない状態でしたね;;心配しましたw
>魍魎に連れてかれなくてよかったですね~(´Д`;A)
だいぶ あちら側へ引き込まれそうになってましたが
京極堂さんが制止してくれて良かったです!
かなり危うい感じでしたが・・・(苦笑)

>榎木津さんと猫は、この番組1番の癒しでしたね
>私も他のシリーズも見てみたいです。
榎木津さんとニャンコに癒されましたw
どんな時もマイペースな感じで良かったです(笑)
魅力的なキャラがたくさんなので、是非とも他のシリーズもアニメ化希望です!!

こちらこそ、今年は色々お世話になりました!
来年もお付き合い宜しくお願いします♪
ではでは、良いお年を!
流架 |  2008年12月31日(水) 23:06 | URL 【コメント編集】
★こんばんは!
SERAさん!

コメントありがとうございます♪

>難解で長い話を1クールによく纏まりました(笑)
>原作から美人度数倍アップなキャラデもよかったです♪
色々エピソードを削られてる所もあるのかもですが、1クールで上手く纏めてあるんじゃないかと(笑)
原作未読ですが、最後まで楽しめました♪
魅力的なキャラと、キャラデザが良かったです!

>どのシリーズも分厚いですから。
>そちらもアニメで気軽に(?)みたいですね(笑)
京極先生の作品は どれも分厚い感じなのですね!
長い小説を読むのは大変なので、ぜひともアニメの綺麗な絵で楽しめたらと(笑)

>今年もいろいろお世話になりました。
>また来年もよろしくお願いします^^
こちらこそ、お世話になりました!!
来年もお付き合い宜しくお願いします!

ではでは、良いお年を!
流架 |  2008年12月31日(水) 23:06 | URL 【コメント編集】
★流架さんこんにちは!
事件が解決してよかったです^^
京極堂がかっこよかったですね~v

ニャンコと一緒に寝てる榎木津さんの寝顔が
たまりませんでしたね。美しいし可愛いです。
榎さんの登場で和んだシーンが数々・・w

雨宮の話をいつか関口君が本にする事が
あるかもしれませんね。

魍魎のハコの感想お疲れ様です♪
こちらこそ、TB等でお世話になりました。
ありがとうございます☆
りの |  2009年01月03日(土) 13:02 | URL 【コメント編集】
★こんにちは!
りのさん!

コメントありがとうございます♪

>事件が解決してよかったです^^
>京極堂がかっこよかったですね~v
謎だらけで繋がりがなかなか見えて来ない展開でしたが
スッキリ解決して良かったです(笑)
最後までしっかり京極堂さんがカッコ良く決めてくれましたし
美馬坂と対峙する京極堂さんが凄い迫力あってv
全てを解き明かしていく姿が堪らないです(笑)

>ニャンコと一緒に寝てる榎木津さんの寝顔が
>たまりませんでしたね。美しいし可愛いです。
>榎さんの登場で和んだシーンが数々・・w
話しがどんなにシリアスでも、榎木津さんの存在で和みましたし、笑わせてもくれましたね(笑)
あの寝顔が可愛過ぎですよv ニャンコと仲良しなのがまたv
普段はのんびりしてる感じなのに、運転させると暴走して大変な事になる所とかも好きです(笑)

>雨宮の話をいつか関口君が本にする事が
>あるかもしれませんね。
関口さんも うっかり彼岸に行きそうになってましたが
羨ましいと言ってたので、何か色々と感じる部分もあるんでしょうし
関口さん視点での 雨宮の話を書いてくれると面白そうだなと!
それを読んだ京極堂さんの反応がまた楽しみと言うか(笑)

りのさんも 1クールお疲れ様でした!!
全13話、かなり濃い内容でしたね(笑)
他の作品でも 引き続き宜しくお願い致します!

ではでは、コメントありがとうございました!
流架 |  2009年01月03日(土) 15:34 | URL 【コメント編集】
★相互リンク
初めまして春と申します。

いつも記事の拝見、TBでお世話になっております。
この度は相互リンク希望でコメントさせてもらいました。

当方アニメの感想メインで日記等。
たまにですがベースでアニソン、ゲーソンの動画をうpなどもしております^^

春 |  2009年01月03日(土) 16:33 | URL 【コメント編集】
★初めまして!
春さん!

コメントありがとうございます!
こちらこそTBでお世話になっております

相互リンクのお誘いありがとうございます
リンクは大歓迎ですので
こちらからも さっそくリンクさせて頂きますね!

ではでは、ありがとうございます
流架 |  2009年01月03日(土) 21:48 | URL 【コメント編集】
★管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009年01月05日(月) 10:10 |  【コメント編集】
★ありがとうございます!
床さん!

こんばんは! コメントありがとうございます♪

気になっていた血液型の件 ご指摘頂きありがとうございます(笑)

>第一のバラバラ事件の時、加菜子はまだ生きていたし、誘拐もされていなかった。
>だからまさか加菜子の腕だとは思われていなかった。

言われてみればそうでしたね!
8月29日に大垂水峠、翌30日に相模湖で それぞれ加菜子の腕と両足が発見されてたけど
加菜子の誘拐が31日だったから、血液型が一緒でも加菜子のものとは考えなかったと言う事ですね!!
木場さんも 誘拐の現場に居たけど まさか頭部だけで生きてるとは思っても居なかった訳ですし 普通に生きてると思う訳で…
警察が血液型を調べたバラバラは あくまで久保が行ったものだったたと!

…これで全てスッキリしました! ありがとうございます(笑)
流架 |  2009年01月05日(月) 22:03 | URL 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1022-a973f140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

(最終回)13話「魍魎の匣、あるいは人の事」 「幸せになる事は簡単なんだ…人をや
2008/12/31(水) 16:30:39 | 心のおもむくままに
一日も早い 「科学の再婚」の        成就を願う 多くの輩に捧ぐ- この言葉から最終回は始まった これは 「魍魎の...
2008/12/31(水) 16:43:06 | 日本妄想協会 paradigm shift
最終回ということで、物語の核心についてのネタバレがありますのでご注意ください。 魍魎の匣 第13話(最終回) 「魍魎の匣、あるいは人の...
2008/12/31(水) 16:47:46 | メルクマール
「魍魎の匣、あるいは人の事」今回で最終回という事で事件の真相が全て明らかに。久保の人体の中にいるという状況が明らかになり、久保が殺人鬼となってしまった原因は雨宮にあったと。雨宮が加奈子の頭部を匣にいれているところを久保が見てしまったからだと。それをきっ...
2008/12/31(水) 16:59:52 | 地下室で手記
 第13話「魍魎の匣、あるいは人の事」(終)美馬坂は、絹子の病を治すために、機械人間の実験に励むようになったと言うが、京極堂の見解は違った。彼が言うには、美馬坂は老いて醜くなる絹子を見て嫌になっていく自分の心を紛らすため、研究に没頭していたというのだっ...
2008/12/31(水) 17:01:25 | 日々“是”精進!
  私の実態は 私の方では無く 匣の方なのだ 私は 魍魎の匣だ・・・・・! 魍魎の匣 第13話(最終話) 「あるいは、人の事」 の感想...
2008/12/31(水) 17:02:19 | この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・
魍魎の匣(もうりょうのはこ)第13話 魍魎の匣 あるいは人の事  最終回 美馬坂の研究所に、今収まっている意識の主が久保だと告げる京...
2008/12/31(水) 17:16:14 | 動画共有アニメニュース
もう少し確りと見とけば良かったかなと言うのが、見終わった後の感想。途中で付いて行けなくなりまして・・・・・・w 語りばかりではなく、もう少し視覚に訴えかけてくるものがあればあればなと、何か誤解を与えそうな言い方ですけどそう思いますねw インパクトは十...
2008/12/31(水) 18:01:32 | よう来なさった!
今年の謎もついに最終回です。
2008/12/31(水) 18:15:53 | はじまりの渓谷
屍を喰らう、魍魎。 「魍魎の匣」第13話のあらすじと感想です。 光景。 (あらすじ) 建物は、美馬坂が考えた新しい人体のデザインだっ...
2008/12/31(水) 18:16:12 | 渡り鳥ロディ
科学の再婚!? それはどういうこと?? 久保もまた犠牲者だった・・・ 久保は匣に入った加菜子を見て、通りものに当たってしまったんで...
2008/12/31(水) 19:16:35 | 空色きゃんでぃ
人を止めてしまえばいいのさ――。 京極堂によって解かれる真実…。 久保を狂気に走らせたものとは――。 年の最後までひっぱった謎もやっ...
2008/12/31(水) 20:13:13 | SERA@らくblog 3.0
終わった。 最後はあまりひっぱらないでそれほど余韻の残る感じではなかったがまあいいかな。 しかし、なんていうか原作を本気であんまり覚...
2008/12/31(水) 20:39:52 | 蒼碧白闇
「捕縄は、あんたの方が得意だったはずだがな」 今年最後のアニメ感想記事です。
2008/12/31(水) 21:49:59 | 日常と紙一重のせかい
2008年最後のアニメのオチがこれですか_| ̄|○ il||li  何かさすがにこれが2008年締めのアニメってのはアレすぎるので、後で別のアニメの感想...
2008/12/31(水) 22:59:00 | 欲望の赴くままに…。
さて感想は書いていませんでしたがちゃんと視聴していたので見終わった感想でも途中ハッキリ言って色々とゴチャゴチャと別のお話や視点が入ってしまったりしてかなり混乱した作品でした終盤のなぞ解きにしても登場人物が多くまたちょっとわかりにくい表現もあったりしたの...
2008/12/31(水) 23:01:55 | にき☆ろぐ
「あなたは多くの他人の心に魍魎を植えつけてしまった」 美馬坂が行った行為により、多くの人に魍魎が植えつけられたと語る京極堂。 「こ...
2009/01/01(木) 11:01:09 | ジャスタウェイの日記☆
新年初レビューが「魍魎の匣」・・・いいのか? 何とも13回でキレイに纏めてくれたものですが、花火だけは謎だった(汗) いや~美馬坂と花火って合わないね(爆)!!
2009/01/01(木) 18:29:04 | 風庫~カゼクラ~
とうとう衝撃の事実を迎えたクライマックス。今期一番面白かったです
2009/01/01(木) 21:33:25 | 日常のぼやき
第十三話 「魍魎の匣、あるいは人の事」 怒濤(?)の解決編。
2009/01/01(木) 22:20:50 | ワタクシノウラガワR
魍魎の匣 第二巻 [DVD]クチコミを見る 美馬坂の研究所に、今収まっている意識の主が久保だと告げる京極堂。関口ら全てが部屋の中を見回す中、京極堂は、ごく普通の若手の幻想作家だった久保を殺人鬼に変えた原因を明かし始めた。養母の葬式に出るため夜行列車に乗った
2009/01/02(金) 03:27:45 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
まさかの雨宮
2009/01/02(金) 18:40:56 | カッシーニの観測
どうも春です~ 魍魎の匣の最終話見ました~ うん。 クオリティー高須。 やはり久保は研究上で頭だけで生きていました。 そして久保がバラバラ事件を起こすようになったきっかけは箱に入った加菜子を見たため… その時に箱を抱えていたのが雨宮。 雨宮は加菜子の...
2009/01/03(土) 16:33:54 | 無題 「心色綺想曲~二重奏~」
 魍魎の匣  第13話 魍魎の匣 あるいは人の事 感想    -キャスト-  京極堂(中禅寺秋彦):平田広明  榎木津礼二郎:森川...
2009/01/04(日) 15:36:41 | 荒野の出来事
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。