2012.03.27 (Tue)

BLEACH 第366話「変わりゆく歴史、変わらぬ心」

「同じ死神代行として それくらいはしてやりてぇだけだ 
これからも死神代行を続ける以上はな」

一護vs銀城の戦いに決着――
全てが終わって一護が出した答え!
ついにアニブリも最終回…!

BLEACH BEST TRAX(DVD付)
【最終話 あらすじ】
虚化した銀城に、新しい卍解の姿で向き合う一護。お互いの刃と刃が激突する中、銀城は一護がまるで自分を理解しているような目をしていることに気がつく。ついに、一護と銀城の戦いが決着!戦いの後、一護たちは、エクスキューションたちは、死神たちは……!?

卍解した銀城と対峙する一護!
その姿を確認した兄様たちはソウル・ソサエティへ帰還を決断
自分たちが来た目的は達したと言う兄様は、一護の決断を見届けに来たのだと――!
…って、この後の 暇だから見に来たと言う剣ちゃんのセリフがカットされたw
ソウル・ソサエティでは次に死神代行が現れれば 遅かれ早かれ銀城がその人物に
目をつける事は分かっていた、そして そうなったときには その死神代行を
銀城の居場所を掴む餌として使い、然る後に両者共に抹殺すべしと言うのが大半の意見

しかし、新たな死神代行である一護に触れる事によりソウル・ソサエティは変わった
殺すはずだった死神代行の為に力を分け与え、殺す為ではなく見届ける為に隊長を派遣
ルキアは一護の監視の為と言う命に反発したけど、それは正しかったと言うシロちゃん
一護は銀城の誘いに乗る事は無く、真実を知り決断した――
その決断は死神メンバーの知る一護の、そしてルキアたちの信じる一護の変わらない決断

自分たちの役目は終わったし、ここから先は一護が一人で片を付ける
銀城の次の死神代行が一護で良かったと言うシロちゃんが良いですね
一護は最初から何も変わっていない、そのたった一人の不変に
死神たち、ソウル・ソサエティの百万年の不変が悉く覆されていった――!

激しくぶつかり合う一護と銀城!
アニメでは二人の戦いが原作よりも派手になっている感じですね
自分を裏切った死神たちを叩き潰すと言う銀城は、一護が真正面からそれは違うと
正論を語ると思っていたようだけど、それすらせずに ただ静かに見てくるだけ…
自分を理解しようとしている奴の眼、同じ立場に立って肩を並べる奴の眼――
そんな一護には、自分を理解した上で全てを否定していると感じた銀城!
ここからの両者のバトル迫力もあり、見応えありましたね

激しくぶつかり一護の攻撃を受け剣を折られた銀城はそのまま倒れる事に!
卍解がとけて元に戻っていく様子が何とも…
自分を見下ろす一護の姿に 語りかける銀城
もし順番が逆だったら、自分たちの立っている場所も逆だったか?
一護は銀城みたいになったいたか? もし逆だったらどうなっていたか――…
もし逆だとしても 一護は今のままだったんでしょうね
銀城の周りには信用出来る死神の仲間がいなかったのかな…

戦いの決着がついたところで、一護の背後から月島さんが来たー!
…って、ルキアの中のリルカの反応が原作よりも分かり易くなっていましたねw
一護の前に飛び出したルキアの中から潜んでいたリルカが現れ月島さんの攻撃を受ける!
相手の過去に自分を挟み込むものではなく、相手を殺す本気の剣
庇ったリルカに邪魔だと怒鳴り、銀城に死ぬなと叫ぶ月島@小野Dの演技が凄いですね
そんな月島さんに いい加減気付けとリルカがカッコ良いなぁ
自分たちは銀城を救えなかった、リルカたちを救ったのは銀城
そして銀城を救ったのは一護なのだと――…
最終回だからOP無しかと思ったら、ここでOP入りましたねw

一人ぼっちだった月島さんに声をかけてくれた銀城
月島さんにとって銀城が全てだったのですね…
力の使い方を教えてくれ、戦い方を教えてくれた銀城の死にショックを受ける月島さん
どうして自分が死んだらどうすれば良いか教えてくれなかったのか…
月島さんは銀城に依存しきっている感じですね、一人でどうすれば良いのか分からない
そんな月島さんの前に現れたのは獅子河原君、しかしその表情は…
って、アニメでは そうだよねと言う月島さんの言葉の意味が分かり難かったような(苦笑)

シロちゃんの技から解放された雪緒が氷を蹴りながら歩いているとジャッキーが!
恋次との戦いでてっきり…と思っていたけど どうやら無事に生き抜いたようですね
しかし、ジャッキーのブーツはボロボロでもう完現術は使えない
ジャッキーだけは本当に力を嫌っていたけど、不思議とあれほど嫌っていた力を失った今は 力を持ったまま死んだギリコが羨ましく思えると…
そう感じるのは 自分たちを繋げていたのが完現術の力だけだったと気付いていたから――
しかし、その後の雪緒とジャッキーの会話がバッサリとカットされちゃいましたね…
3年で大人になった会社を大きくして 皆を働かせてあげると言うシーン
何だかんだ悪態ついてたけど 皆の事を仲間だと思っているんだなと思った場面なのになぁ

月島さんに斬られたリルカは裏原商店に運ばれ助けられたけど
他のメンバーに関しては…と言う事で、原作のように見つけられなかったと
リルカに対して言葉を濁す事はしなかったですね
そして、リルカの隣で寝ていた織姫は良かったと涙を流しているけど
ここで織姫の記憶の中から 月島さんの存在が消えてるシーンだったり
織姫の反応で月島がどうなったリルカが気づく場面とか細々カットされてますね
一護の一言で全てを察したと言う感じで 挨拶も無しに姿を消したリルカ!

そして 倒れた月島さんは獅子河原君に助けられる事に――…
色々考えたけど 自分にとっては月島さんが最強だと言う獅子河原君
最後まで月島さんの事を見捨てなかった獅子河原君に
銀城がいなくなって初めて気づく事が出来たと言う月島さん
そのことを 銀城は知っていたのではないか…
獅子河原君に背負われながら、最期にありがとうとお礼を言う月島さんが…
死ぬ前に自分は一人じゃなかったと気づけただけでも良かったのかな

原作では完現術篇ラストのシーンを アニメではここで入れてきましたね
銀城にエクスキューションに誘ってくれた事を感謝するリルカ
そして、自分たちの事を信じてくれたチャドや 泣いてくれた織姫にもお礼の言葉を…
最後に一護には安心して 自分の事は忘れてと別れの言葉を言えると言うリルカ
どんな風に別れを告げても 一護は自分たちの事をずっと忘れないでいてくれるから――
これで本当に完現術メンバーとの別れとなりましたね

銀城との一件が全て終わったソウル・ソサエティ
久し振りに仙太郎と清音の出番となりましたが、相変わらず賑やかですね(苦笑)
二人から一護が銀城に勝利した報告を受けた浮竹さん
そして、ここで銀城の遺骸が運び込まれた事も先に伝えられましたね
一護も無事だと聞いて ホッとする浮竹さんだけど 久し振りに病弱モードになってるしw

ここからはアニメオリジナルも加わった展開に!
兄様たちの帰還報告を受ける山じい、それ以外にも一護が来たと言う報告も!
久し振りにソウル・ソサエティに姿を現した一護!
ここから死神メンバーが 集まるのが良いですね
何事も無かったかのように現れた一護に驚く恋次の反応がw
そして、京楽さんは今回の一件で同じ死神代行して色々と思うところがあるだろうし
死神代行証を返しにきたのではと 嫌な立場だと呟くのが…

久し振りにヴァイザードメンバーの出番もありましたね
平子や拳西をはじめメンバーはソウル・ソサエティに戻って隊長をしてるようで!
…って、マユリ様の姿が見れなかったのはとても残念ですw
山じいと謁見する事になった一護は、労ってもらう為に来たのではないと本題を…
一護が頼んだのは、恋次に持ち帰らせた銀城の死体を現世に埋めてやりたいと!
それはつまり 銀城の恩赦を申し出る事でもあるのですよね
砕蜂は多くの死神から力を奪って殺し続けた大罪人だと反対するけど
自分が何を言ってるのか解っているのかと言う平子
銀城は一護の家族や仲間をむちゃくちゃにした相手
そんな奴を赦せるのか… 許して良いのか?

平子の問いかけに 許すも許さないも無いと言う一護
家族も仲間も元に戻ったし、自分も生きている
そして銀城はただの死神代行なのだと――
その答えは熟考した上のものかと尋ねる山じいに
同じ死神代行として そのくらいはしてやりたいだけ
これからも死神代行を続ける以上は――!
一護のその言葉を聞いて嬉しそうな表情を浮かべる剣ちゃんや
顔には出さないけど満足そうな兄様やシロちゃん平子の表情が良いですね!

山じいも一護の言葉を聞き入れる事に!
以前と比べると 確かに山じいも丸くなった感じですかねw
今度から空座町にくる死神には 代行証を分からせておけてと
監視・制御するためのものと分かった上で 持っている事を選んだ一護
どんな答えを出すのか怖かったから浮竹さんは来なかったのかな…
一護が代行証を持って帰った事を聞いて安心していましたよね
皆を信用しているから代行証を持っていると言う一護の言葉に
成長したと改めて感じた浮竹さん、それに気づかなかっただけだと…
若い子の成長は年寄には目を背けたくなるほど眩しいと言う京楽さんが(苦笑)

銀城の遺体と共に現世に戻る一護を見送るルキア!
今までの事を思い返しながら、ありがとうとお礼を言うルキアが良いですね
そして、何度となく見た じゃあなと言う別れのシーンだけど
これが終わりじゃないし まだまだここからですよね
笑顔で現世に戻っていく一護が良いですね!

エンディングでは死神メンバー総登場な感じで♪
久し振りに見るメンバーもいたし こういうエンディングは良いですね
相変わらず賑やかなメンバーのやり取りが楽しいです
卯ノ花さんの容赦ない治療を受けてる一角とか
新しい隊長になったローズが気に入らないのか愚痴ってる吉良君とかw
相変わらず乱菊さんに振り回されてるシロちゃんだったり
喜助さんと平子を的にしてる砕蜂や、ひよ里と電話してる平子とか!
そして、マユリ様の姿が見れて良かった――!
何やらまた色々と実験をしてるようですね、代行証を持ってきたネムちゃんに
キラーンと目を光らせているマユリさまが また何か企んでいるようでw

そして、現世に戻って来た一護を出迎えたのは現世メンバーたち!
こっちも全員集合って感じでしたね!
空座町を見下ろしながら、またなと言う一護
そして 自己紹介の職業欄に 再び死神代行が加わっているのが良いですね
アニメのラスト、綺麗にまとめてくれたと思います!

長い間続いたアニメもついに終わっちゃいましたね
原作はまだまだ続いていますが
アニメはこれでピリオド、毎週見ていただけにちょっと寂しい感じで…
連載終わったら、最終章もぜひアニメ化して欲しいところです
またいつか一護たちにアニメで会えたら良いなと…

スタッフ・キャストの皆様、長い間本当お疲れ様でした!
TB・コメントでお世話になったブログの方々、ありがとうございました!


長い間 ブリーチの感想にお付き合いいただきありがとうございました!


 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   
関連記事
EDIT |  21:17 |  BLEACH【終】  | TB(9)  | CM(4) | Top↑
★こんばんは!
「おぼろ二次元日記」のおぼろ.です。
いつもTBではお世話になっています!

ついにアニ鰤も最終回を迎え、自分で想像していた以上に来週は
もう放映が無いんだ、というダメージを受けています。
寂しいですね。


>一護のその言葉を聞いて嬉しそうな表情を浮かべる剣ちゃんや
顔には出さないけど満足そうな兄様やシロちゃん平子の表情

ここは私も感動しました!
ルキアと恋次だけではなく皆からの信頼を得ているんだと
思った瞬間でした。

>笑顔で現世に戻っていく一護
いつもそうでしたね。
ルキアと一護の絆はつねに笑顔と叱咤であったと思います。
(笑)

いつも流架様の丁寧な感想を楽しく拝見させていただきました。
またBLEACHでご一緒できれば、と楽しみにしています。
お疲れ様でした。
おぼろ. |  2012年03月28日(水) 00:34 | URL 【コメント編集】
★こんばんは!
おぼろ. さん!

コメントありがとうございます♪
こちらこそ、いつもTBでは大変お世話になっています

>ついにアニ鰤も最終回を迎え、自分で想像していた以上に来週は
>もう放映が無いんだ、というダメージを受けています。
>寂しいですね。
長年続いていただけあって 終わってしまうのはやはり寂し感じですよね…
オリジナルストーリ等、色々とツッコミ所がったりしましたが
何だかんだいいつつ ずっと見続けてきたし、毎週あるのが当たり前になっていたなと(苦笑)

>>一護のその言葉を聞いて嬉しそうな表情を浮かべる剣ちゃんや
>>顔には出さないけど満足そうな兄様やシロちゃん平子の表情
>ここは私も感動しました!
>ルキアと恋次だけではなく皆からの信頼を得ているんだと
>思った瞬間でした。
アニメのオリジナルシーンでしたが、このシーンとても印象的でしたよね!
一護がどんな決断をするのか… そんな不安もありつつ
それでも 一護なら必ず続けるだろうと信じていてくれたのだなと!
安心したというよりも 変わってない一護に嬉しそうでしたし
ちゃんと皆との絆を感じられた場面でした

>>笑顔で現世に戻っていく一護
>いつもそうでしたね。
>ルキアと一護の絆はつねに笑顔と叱咤であったと思います。
>(笑)
今まで何度も見てきたシーンではありますが
一護の後姿に 改めてありがとうとお礼を言うルキアが良かったです
この二人の関係も 今までと変わらないし
やはり死神代行として、笑顔な一護の姿を見ると安心します!

>いつも流架様の丁寧な感想を楽しく拝見させていただきました。
>またBLEACHでご一緒できれば、と楽しみにしています。
>お疲れ様でした。
こちらこそ、いつもTBお付き合い頂きありがとうございました!
感想を書かれているブロガーさんも 年々少なくなり
私自身も かなりモチベーションが下がった時期がありましたが
いつも書かれている おぼろさんの存在に励まされた部分も多かったです
最後までご一緒出来て良かったです、お疲れ様でした!

ではでは、コメントありがとうございました!
流架 |  2012年03月28日(水) 19:56 | URL 【コメント編集】
お久しぶりです。たまにブリーチ関連でコメントしにきて
トラックバックも送ったりしていた花月(かづき)です。覚えてますか?
今回はとあるブログの評価企画へのお誘いに来ました。
3月終了アニメ評価企画という企画なんですが
よろしければどうでしょうか?
「ブリーチ」も評価対象です。
7年間続いた作品なだけに評価企画に参加してくれると嬉しいです。
下のURLにルールが書いてあり、
記事を書き終えた後にそこにトラックバックを送れば完了です。
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5909.html
花月(かづき) |  2012年05月25日(金) 22:48 | URL 【コメント編集】
★こんばんは!
花月さん!

コメントありがとうございます♪

ご無沙汰しております、BLEACHではTB・コメントでお世話になりました!

終了アニメの評価企画、今まで参加する事はなかったのですが
せっかく声を掛けて頂いたので、企画サイトさんへ伺ってみますね!

>7年間続いた作品なだけに評価企画に参加してくれると嬉しいです。
アニメ7年も続いていたのですねw
応援してきた作品でもあるので 評価に参加したいですが
アニメシリーズを通してみると、やはり総評は辛口になりそうな(苦笑)
色々と思うところも多いですしね…
取りあえず、検討して参加出来たらしたいと思います!

ではでは、コメントありがとうございました!
流架 |  2012年05月26日(土) 22:33 | URL 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1912-445dd330
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

『変わりゆく歴史、変わらぬ心』 内容 死神代行証の真意を知っても一護は、銀城と戦い続ける。 その様子を見て冬獅郎は、ルキアに告げる。 「お前は正しかった。  黒崎一護は、真実を知り、決断した。  その決断は、俺達の知る黒崎一護の。  そしてお前たちの信じた黒...
2012/03/27(火) 21:22:18 | レベル999のgoo部屋
元死神代行である銀城空悟と最後の戦いに臨む一護、 ホロウ化した銀城相手に一護は卍解を発動し… 黒崎一護、17歳、高校3年、 職業は…死神代行!!!
2012/03/27(火) 22:19:38 | 星屑の流星群
今まで通り。あいつはただの死神代行で、俺もそうなのだから。「変わりゆく歴史、変わらぬ心」あらすじは公式からです。虚化した銀城に、新しい卍解の姿で向き合う一護。お互いの刃...
2012/03/28(水) 00:27:42 | おぼろ二次元日記
公式HPよりあらすじ 虚化した銀城に、新しい卍解の姿で向き合う一護。お互いの刃と刃が激突する中、銀城は一護がまるで自分を理解しているような目をしていることに気がつく。ついに、一護と銀城の戦いが...
2012/03/28(水) 00:46:08 | 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
3月29日 BLEACH&謎解きディナー 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11205138639/57bd65b9
2012/03/29(木) 13:57:10 | スポーツ瓦版
は最終回で銀城編が終了だが VS銀城は予想以上アッサリで ジャッキー達の過去カット仕方ないが &拳西の隊長を見れて嬉しくて 功績が大きくて納得...
2012/03/29(木) 13:57:10 | 別館ヒガシ日記
BLEACH 第366話(最終話)「変わりゆく歴史、変わらぬ心」 「またな」 月曜と火曜の18時は私はどうしたらいいんだろうorz(放心) 「銀魂」と違って、前もって予告はあったの
2012/04/15(日) 02:30:07 | SOLILOQUY 2
BLEACH 第366話(最終話)「変わりゆく歴史、変わらぬ心」「またな」月曜と火曜の18時は私はどうしたらいいんだろうorz(放心)「銀魂」と違って、前もって予告はあったので、一応心...
2012/04/15(日) 02:30:08 | SOLILOQUY
BLEACH 第366話(最終話)「変わりゆく歴史、変わらぬ心」
2012/04/15(日) 02:30:13 | SOLILOQUY別館
 | HOME |