2012.07.27 (Fri)

夏雪ランデブー 第4話

「店長にしてやれる最善は――」
六花と一緒に花やしきへと出かけた亮介!
改めて篤への思いを聞いた亮介はついに……

あなたに出会わなければ~夏雪冬花~/星屑ビーナス(期間生産限定アニメ盤) 夏雪ランデブー アニメ&原作公式ガイドブック (Feelコミックス) 夏雪ランデブー 4 (Feelコミックス)
【第4話 あらすじ】
葉月は島尾と六花の思い出の場所に六花を誘う。葉月は六花にかつての笑顔を取り戻してもらいたい一心で、押しの一手でアプローチをするが、六花は島尾との思い出が去来し涙を見せる。そんな彼女を見て、自分の力では埒が明かないと痛感した葉月はある決意をする

篤との思い出の場所でもある花やしきへとデートに誘った亮介
当日は10時に駅で待ち合わせて一緒に行く事になった二人
お昼はどうするのかと話をしている亮介は楽しそうですね!
そんな二人のやり取りを黙って見ている篤が…
いつもはウザいくらい邪魔してくるのに、急に静かになると逆に気になる(苦笑)

昔 六花と一緒に行った花やしき、その時は六花の方から篤を誘ったんですね~
でも篤はあまり乗り気じゃなさそうだったけど賑やかなところは苦手なのかな?
それでも六花がこうやった誘ってくれるから一緒に行く事にしたようですが
色々な所へ連れてってくれると言う篤に、連れて行くんじゃなくて一緒に行くのだとか
いつもこうやって二人で出かけていたんだろうなぁ

静かな篤の事を気にしながらも 明日は勝負だと気合を入れる亮介
六花の事を昔のように笑わせてあげたい――
しおらしい所もあるって… 見てるだけの篤にしてみれば複雑ですよね(汗)
一緒に花やしきに行った時の事とか思い出してるんだろうし…
デート当日、出かける六花をどんな気持ちで見送ったのか考えると切ないなぁ

いつもと変わらない六花に対して、いつも以上に気合が入って緊張している亮介
普段は被らない帽子まで被って…って、以前六花に素敵な柄だと褒められたからかw
とは言っても、社交辞令のようなものだったのか本人は褒めた事覚えて無いみたいですが…
返して俺の思い出…ってショック受けつつも、髪型凄いから結局被ったままに~
髪型直そうとして余計にボサボサになってる亮介が(苦笑)

花やしきに入る前におでんを食べる二人、声を掛けてきたお店のおばちゃんが
ビールを頼んだ亮介に、気を利かせて紙コップを一緒に持ってきてくれたから
二人で分け合い乾杯したけど、こういうのは初めてだと言う六花
以前、篤の前でべろべろになって介抱された事があったから
あまり外で飲まないようにしてたりするのかな?
少しずつ昔の事を思い出してきた六花に対して、花やしきは初めての亮介
取りあえず入口で記念写真を撮ったり…って、篤との写真を気にしてる感じですね
まだ入り口とはいえ、なかなか満面の笑みの六花の顔は見れそうも…

記念写真は断られるかもと思ったけど、来たからには超意識してると攻めていく亮介!
もちろん六花もデートだと思ってくれてるし、手を繋いで幸せそうな亮介の表情がw
意外と汗っかき?と六花って結構ズバッと言いますね
一歩お店から出れば良い雰囲気の二人、篤は外にはこれないから邪魔する人は居ない
お店ではずっと見張られ邪魔されてますからね ここは積極的にいかないと!
それにしても、あの亡霊野郎 何であんなに生々しいのかと愚痴る亮介(苦笑)

まずは花やしき全体が見渡せる乗り物から…と思ったら、いきなりお化け屋敷の六花!
もっと夢のある乗り物から攻めようと言う亮介にチキンかと聞いてきたけど
ホラーは食傷気味って お店に本物の幽霊がいますからね~
それより 入口にあったドヤ顔のアヒルのおまるみたいなのって その言い方はどうかと
白鳥のボートなのに その表現されると乗りたくなくなる感じで…
海賊船に乗りながら、花やしきのマップをチェックする亮介は
花やしきの神様、結婚良縁のご利益がある“ブラ坊の社”に目を付けたw

海賊船から見えるスカイツリー、以前来た時には無かった景色
今度そこにも行きましょうって さりげに次のデートの約束をする亮介が(苦笑)
以前とは変わっていく景色に 六花は何を思ったのか…
振り向かないで渡ると願いが叶うと言う“しあわせ橋”
その設定を知らないのか思いきり振り返る六花だけど、2回振り向いてリセットだとか
亮介は色々考え六花と二人きりのデートを楽しもうと頑張ってる様だけど
いつまでたっても 篤と一緒にいる時のような笑顔を見せてくれる事はない――…

手を繋いで歩いていても何も起こる気がしないと ちょっと凹み気味の亮介
確かにデートだと言った、デートって嬉しくて ウキウキするものではないのか?
思わずため息が漏れた亮介に、タバコならあっちに吸えるところがあるとか…
時間がもったいないと 少しでも一緒にいたい亮介の気持ちが分かってないし(苦笑)
結局 タバコを一服しながら、想像と違うし 年齢の所為なのかと悩んた亮介だけど
自分が押しが足りないのだと、ここからさらに積極的に攻める事に!

亮介を待っていた六花は篤と一緒に来た事を思い出していたけど…
一緒に来たわりには あまり乗り物には乗らなかった篤
ミホさんと一緒に乗っておいでと ひたすら待っていたようですね
戻って来た亮介に手を引かれながら、篤の残影に 言われなくても置いてく所存とか
やはり六花の中では 篤の存在が大きいんだなぁ…

二人が次に乗ったのは花やしきのシンボルタワー、Beeタワー
六花の隣に座っても良いかと聞こうとしたら 座りんかって何w
傾いちゃうからと さらっとスルーされちゃいましたね…
平日と言う事もありほぼ貸切状態、地上45メートルからは浅草の景色が一望
ここで二人で ラピュラのやり取りするのが面白いですね
見ろ人がごみの様だと言う亮介に、バルスと滅びの呪文を口にする六花がw
思わず自分は滅ばないし、長生きの家系だから年下にもメリットがあるって
やっぱりメリットの事をきにしていたのか…

六花よりも長生きするし 青汁も飲んでると言う亮介に しぶとそうだと(苦笑)
それでも先の事は分からないから断言しなくても良いんじゃないかと言う六花
長生きの家系だと言っても、いつどこで何が起こるか分からないですしね
篤は病気だったから多少覚悟は出来ていたんだろうけど また失う事になったらと
色々と考え過ぎてしまうのかなと思ったり…
言い寄られるのは楽しい、年甲斐も無く舞い上がる――

そんな六花の手を取って、願掛けをする亮介
ホントは“ブラ坊”でやるのが正解のようだけど、二人きりだから攻めてきますねw
先行き見通せないのが真理なら、六花が亮介に傾く可能性もあると言う事!
手を繋いで喋ると伝わり易いと誰かが歌っていたと言う亮介の押しの一点張りに
すっかり押されている感じの六花だけど 隠居ぶるのは無しだと更に攻める亮介!
六花の働き者の手が好き、日向のニオイがすると言いながら口に…って
篤がいないせいもあって、思いっきり強気な亮介に六花が押されているw
そんなのズルいと言いながらも嫌がってないし 心はかなり傾いてる感じがしますね

手を繋いで喋ると伝わり易いと言うのは本当、手に取るように分かると言う亮介
篤のいない今のうちに 手を打ちたいって、焦ってる感じですね(汗)
六花は自分の事をどう思っているのかを聞こうとしたところで…
お約束な展開で、時間切れ終了って(苦笑)
良い旅の途中だからと もう一度乗ろうと誘う亮介に
夏は納涼に限ると さっさとお化け屋敷に向かう六花!
人を脅かすだけが取り柄の連中に会いたく無いって、誰かの事と重ねてる感じがw

一人でも入ると言う六花に結局ついて行く亮介!
待っていると言う亮介に何の躊躇も無く一人で入って行った六花に
あのまま待っていたらカッコつかないとか(苦笑)
でも、旦那は終始こんな感じの人だったって、このタイミングで篤の話とは…
高いのも回るのも速いのもダメって、本当遊園地に来る意味がない感じで~
急に3人で遊園地に…なんて言うからおかしいと思ったと言う六花
ミホさんから 何か聞いたから、亮介が花やしきに誘った事にも気付いてたようですね

意地悪だったかと言う亮介に関係無いと答える六花
思い出は上書きしても消えてしまうわけでは無い、めそめそしてても仕方ない
割り切った風に言うけど、言葉とは裏腹に 涙目になってる六花が…
こんな表情されたら 余計に亮介は辛くなりますよね
せっかく結婚出来たのに 若い六花を残していかなければならなかった
そんな篤の気持ちを考えて 思わず同情しちゃう亮介、六花の涙は鳩尾にくると……
あぁ…ますます切ない展開になってきたなぁ

お化け屋敷から出てかき氷を食べる二人
篤との思い出に触れて やっぱり今でも好きなのだと再確認した六花
でもそれは亮介も承知の上、いまさらそんな事だけ聞かされても引き下がれない!
ただの自惚れだとしても…って、六花に亮介に惹かれてるのは確かなんだろうなぁ
どちらを選べなんて言わない、でも亮介が自分をを選んでくれてるのは分かっている六花
そりゃバイトする前からずっと 気持ち悪いくらい店通っていた訳ですしね(苦笑)
初めて口を聞いた時、一言のやり取りだったけど 帰り道3回も飛び跳ねたとか可愛いw
いけ好かない幽霊付きで 付き合っていくのも覚悟の上、それだけ本気!

篤に体を貸して欲しいと言われた事 亮介なりにちゃんと考えていたようですね
でもそれはまだ、生身の亮介が好きな子の為にしてやれることが…
六花に 自分とセックス出来るかとズバッと直球で尋ねる亮介がw
みもふたもない質問に 思わず笑い出した六花に嬉しそうな表情をするけど…
急に言われても そんなの無理に決まってるじゃんと あっけなく撃沈ww
考える間もなく否定されて すっかり落ち込んじゃった亮介がちょっと可哀想(苦笑)
せっかくの花やしきだけど 遊ぶ気も失せちゃったようですね

お店は休みだけど、これから店にいって開店までの手順を教えると言う六花
まだ時間も早いし、いまのうちに覚えていた方が良いと半ば強引に連れて行く事に!
今日付き合ってくれた事にお礼を言う亮介に、きっかけがないと行けなかったと
六花にとっても良い機会になったのかな、あの時のような笑顔は出なかったですが…
お茶を入れるから上がってと言われタバコを買いに行くと公園に向かった亮介
ワンカップのお酒を大量に飲みまくって すっかり千鳥足になってるし(苦笑)
そんな状態のまま店に戻った亮介の前に現れた篤!

自分が店長にしてやれる最善は――…
今日かなり頑張ったけど それでも埒が明かないのだと言う亮介は
体のレンタル 気が向いたかと言う篤に貸してやると!!
陳腐な奇跡だけど 酒の力を借りるとは哀れだと言われ幽霊に同情されたくないとw
言質を取った篤は二言は無しだと 亮介の体に入り込む――!
光に包まれた篤の姿が 昔の六花の様な姿になっていたのが気になりますね

なかなか戻らない亮介に 様子を見に下へ降りてきた六花
そこには、亮介の体に入った篤の姿が!!
…って お酒飲んでるから酔っぱらってるんだろ思ってるんだろうけど
六花ちゃんと呼ばれたりと 何か変だなって感じなかったのかな?
姿は亮介でも、話し方や仕草で篤だと気づかれそうな気がしなくも…

名前呼びは変だと 改めて店長と呼ぶ篤だけど、亮介の体に入れた事を確認した篤は
呼べば応えてくれるし、見えるし実際に触れると六花に迫る!
その反動でかかった飲み物の篤さに 生身の体だと涙を流すのが切ない…

ついにこういう展開になりましたか(汗)
篤に体を貸してしまった亮介だけど…
勿論貸してる間の記憶は一切ない訳ですよね?
勝手に体を使われるって 何だか奇妙な感じだなぁ

六花に触れるし言葉を交わす事も出来る
その事を実感した篤が 本当に亮介に体を返すのか!?
幽霊になってから長い間 こうして接する事が出来ずに見てるだけだったから
一度生身の体を手にしてしまったら 手放せなくなるんじゃ…

篤が六花に、自分の存在を話すのかも気になる所ですね
今でも傍にいる事を 六花が知ったらどういう反応をするのか?
今後の3人の関係も大きく変わりそうだし どうなるのか…
次回も目が離せないです!

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://sephiroth2012.blog.fc2.com/tb.php/5107-81e90de8
http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/2515-00367ffd
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/913-32defd57
http://ilgattopardo.blog.fc2.com/tb.php/2504-ce9f044f
関連記事
EDIT |  19:50 |  夏雪ランデブー【終】  | TB(20)  | CM(2) | Top↑
★こんばんは!
流架さんこんばんは!
今日もまたちょっとFC2重いですかね??
全体的にページの表示も遅いような~
エラー続きで押し出されて数回目のチャレンジですw

それにしても毎回毎回切ない…
すんなりデートのお誘い受けたのはちょっと意外な感じだったけど(苦笑)

>普段は被らない帽子まで被って…って、以前六花に素敵な柄だと褒められたからかw
こういうのって本人が気にしてるわりに相手は…だったりするんですよね
せっかく褒められたからわざわざ用意してきた帽子もさりげに
スルーされたりするのもあれだけど、六花が全然意識してないっていうのも(苦笑)
入り口のところで記念写真撮影したり、ジンクスある場所歩こうとしたり
必死に頑張る葉月は健気で可愛かったですけど(ぁ)
それにしても手汗のことを言っちゃった六花は結構ばっさりいきますね~

>時間がもったいないと 少しでも一緒にいたい亮介の気持ちが分かってないし(苦笑)
思わずイライラして二本目に…と手が伸びるもの無理ないですよね
六花は葉月のしたいことしていいって感じでサバサバしてましたし
年齢差も理由の一つなんだろうけどやっぱり島尾のことをちょこちょこ思い出して…
という影響もあっただろうし、手繋いだだけじゃ進展しないのも仕方ないような(汗)
それにしても島尾はこういうアトラクション全部苦手だったんですかね??
遊園地にきて全然乗れない…って本人あまり楽しめないんじゃ…

>そんな篤の気持ちを考えて 思わず同情しちゃう亮介、六花の涙は鳩尾にくると……
こんなの見ちゃうとますます同情してしまいますよね
笑顔にするって決めたのに泣かせてばかりだし、自分じゃ無理なら
いっそ島尾に…って思ってお酒の力で体を貸そうと思ったんですかね?
流れに任せてって感じがしないでもないけど実際に生身の体に入って久々の
感覚がわかった島尾も切なかったし、ホントどこをとってもつらい展開に(汗)
体を借りた島尾と六花がどんなやりとりをするのか気になるところです
ではでは、お邪魔しました!
李胡 |  2012年07月27日(金) 21:37 | URL 【コメント編集】
★こんばんは!
李胡さん!

コメントありがとうございます♪

時間帯もあると思いますが、ブログ重くてスミマセン(汗)
何度かエラーで押し出しされたようで…
調子良いな思ってると 忘れた頃に不具合が起こったりと
FC2さんは ホント安定しないですね(苦笑)

そういえば、前回のラストは花やしきに誘っただけでしたが
あの後 アッサリとOKしたようですね!
六花さん いきなり積極的になったりするから反応が予測出来ないw

>せっかく褒められたからわざわざ用意してきた帽子もさりげに
>スルーされたりするのもあれだけど、六花が全然意識してないっていうのも(苦笑)
あはは、二人きりのデートなのに 結構温度差がありましたよね
亮介はわざわざ褒めてくれた帽子をか被ってきたりと頑張っていたのに
当の六花は 普段通りな感じであまり意識してる様子も無く(苦笑)
それにしても、帽子に関しては見事なまでのスルーっぷりでしたね
あれだけ素敵な柄だと褒めておきながら すっかり忘れてる感じだし…
篤に張り合って 記念写真を取ったり 恋愛スポットをチェックしている亮介が可愛かったです
そして、そんな亮介の頑張りを 手汗凄いとバッサリ切る六花が~
分かっていても そこはツッコミ入れずにスルーしてあげてw

>年齢差も理由の一つなんだろうけどやっぱり島尾のことをちょこちょこ思い出して…
>という影響もあっただろうし、手繋いだだけじゃ進展しないのも仕方ないような(汗)
やはり六花にとっては篤との思い出の場所ですからね…
亮介の事を考えるよりも どうしても篤の事を思い出すのは仕方ないのかもですが
デートだと分かっているのだから もう少し亮介の事を意識してくれてもと思ったり(苦笑)
手を繋いで良い雰囲気にはなったけど 結局そこ止まりで残念過ぎるw
でも、思い出の中の篤の姿はあまり楽しそうな感じでは無かったですよね
アトラクション乗っても苦手そうだったし 後はひたすら待っているだけ…
最初から乗り気ではなかったけど、一緒に来たのは六花の為に…って感じなのでしょうか

>流れに任せてって感じがしないでもないけど実際に生身の体に入って久々の
>感覚がわかった島尾も切なかったし、ホントどこをとってもつらい展開に(汗)
最後は亮介が投げやりな感じで体を貸す展開になりましたが…
結局自分では六花に笑顔になってもらえないからとは言え
これが本当に良かったのかどうか 気になる感じですね
生身の体を手に入れた篤が返したくないとか言い出すんじゃないかと…
実際に触れる事が出来ると実感する篤の姿がホント切なかったです
六花に自分の存在を伝えるのかどうか
ここから どんな展開になるのか目が離せないですね!

ではでは、コメントありがとうございました!
流架 |  2012年07月28日(土) 21:53 | URL 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/1997-fb25fdb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

六花の笑顔を見たくて、葉月は六花の思い出の場所である花屋敷へデートに出かけるのでした。ミホから見せられた笑顔の六花。そんな六花を見たくて、葉月は六花をデートに誘
2012/07/27(金) 19:53:21 | 日々の記録
夏雪ランデブー 第1話~ 第4話 花屋でアルバイトをしている青年・葉月亮介は、店長の島尾六花に恋心を寄せていたが、彼女には六花の夫・島尾篤の霊が憑いており、葉月の恋路を邪...
2012/07/27(金) 20:14:31 | 動画共有アニメニュース
夏雪ランデブー 第4話 デートの誘い。返事はどうなる!? ってところで終わりましたが、あっさり行くことになってます。 篤との思い出の場所。 思い出は上書きしてもなくな
2012/07/27(金) 20:34:17 | いま、お茶いれますね
え、女?魂が女装?伏線? 「来週もお楽しみに」に選ばれているシーンが謎。 なんで女性の魂なんだ? 本当に死んだのは六花ちゃん? ・思い出ばかり溢れる場所 おデートですねw...
2012/07/27(金) 20:36:49 | 制限時間の残量観察
心の内には・・・
2012/07/27(金) 20:47:11 | 雨男は今日も雨に
夏雪ランデブーの第4話を見ました。 第4話 「店長、明日の花やしきなんすけど、駅で待ち合わせでいいすか?」 「うん、あ、葉月くんは直接花やしきの方が良かったりする?」 ...
2012/07/27(金) 21:26:59 | MAGI☆の日記
『ショッケンの選挙戦がスタートしたものの、チラシ等を配布するために必要な資金が不足している問題に直面する。これを解決するため、予備選挙会場で開催される物販で資金を稼がね...
2012/07/27(金) 21:36:35 | Spare Time
まさかのラピュタネタ(笑) 花やしきでのデート結果は……まぁ、こうなりますよね。 毎回毎回、次回が気になる引きですね。 この後どうなるのか、気になりますよ。 葉月は島尾
2012/07/27(金) 22:29:30 | ひえんきゃく
花やしきでデート回ですっ Amazon.co.jp ウィジェット
2012/07/27(金) 23:38:13 | ちぇっそもっさの四畳半
遂に待ち望んでいた生身の肉体に(T_T)・・・感動した!
2012/07/28(土) 01:03:51 | 真夜中日記ミッドナイトモノローグ
夏雪ランデブー 4話 の感想を 少し… 出遅れたけどこの作品の感想をぉ↑ お互いに幸せを望んでいるはずなのに、食い違う心の様を書いていくよ~ 感想一発目で、いきなりデート
2012/07/28(土) 05:21:36 | おもしろくて何が悪い
夏雪ランデブー 第3,4話いつでも笑顔でいて欲しいーーー先週、書けなかったので2話分まとめて感想になります公式HPより第3話風邪で倒れた六花を介抱する葉月を見た島尾(幽...
2012/07/28(土) 10:59:06 | SOLILOQUY
夏雪ランデブー 第3,4話
2012/07/28(土) 10:59:09 | SOLILOQUY別館
花やしきデートの打ち合わせ。 そんな亮介と六花を、めずらしく静かに見ている篤。 ああ、今週もせつなくなりそうだなあ(キュンキュン)
2012/07/28(土) 13:31:03 | 物欲ハイテンション
あいつがいないうちに手を打ちたい
2012/07/28(土) 22:31:00 | 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w)
虚無僧かwww。今日は2人、花やしきでデート。あのお邪魔幽霊は手が出せません。劇中では葉月の帽子が変みたいに言われてますが、六花の帽子のほうが変だ。てっきり花屋のバスケ
2012/07/29(日) 08:21:21 | こいさんの放送中アニメの感想
ほぼ 3人だけで ストーリーが進んでます。。 それぞれの想いが交錯する。。誰の立場をとってもみても 切ない・・・。大好きな人を残し逝かなければならなかった島尾。。 今も
2012/07/29(日) 12:04:11 | 薔薇色のつぶやき  別館
無理に決まってんじゃん。 夏雪ランデブー 第4話の感想です。 夏雪ランデブー 4 (Feelコミックス)
2012/07/29(日) 20:27:56 | ただなんとなく・・・・・
第4話 花やしきデートに誘い出せて、ひとまず進展? 島尾との写メの笑顔に対抗するなんて、可愛いなぁ葉月君は。 思い出のある場所に一緒に来てくれたので、もう少し、自分へ
2012/07/29(日) 22:44:09 | 4 1/2(ヨンとニブンノイチ)
金曜日からちょこちょこ書いてたのですが、 他の記事が優先になって、 すっかり遅くなってしまいました。 あぁそれにしても、 篤は篤で切ないのだけど、身体なんか貸しちゃって ...
2012/07/29(日) 23:10:59 | 橘の部屋2
 | HOME |