2012.09.14 (Fri)

夏雪ランデブー 第11話

「僕たち どうすれば良いのかな…」
六花、篤、亮介、3人の出した答えは―――
ついに最終回!

夏雪ランデブー 第1巻 初回限定生産版【Blu-ray】SEE YOU(期間生産限定アニメ盤)(DVD付) 夏雪ランデブー アニメ&原作公式ガイドブック (Feelコミックス)
【最終話 あらすじ】
島尾に葉月への心変わりを告げたことを後悔する六花。島尾の骨を手元に置き、彼をこの世につなぎとめた責任を感じた六花は、自分もおそろいの骨になると告げる。ショックを受ける葉月の目前で、六花は島尾に鋏を渡す。

ここに来て確認するまで ずっと亮介だと思っていた六花
亮介の中に篤がいる事を知り、自分が好きになった亮介は何処に居るのかと尋ねるも
さぁ どこだろうねって言葉を濁し目を逸らす篤が…
こんなところまで追いかけて来ておきながら 何てことを口走っているのか
でも亮介を好きになったのは事実、今さら他に何て言えるだろうか?
亮介の中の篤の瞳の奥を覗いても――…

篤がいなくなった時、覚悟はしていたつもりだったけれど
どうしてこんなに悲しくて寂し事が起こらなければならないのかと耐えられなくて
どうかなっちゃいそうだったけれど、自分は今もこうして生きているし
世界はちょっとやそっと絶望したくらいじゃ 終わらないのだと思ったと言う六花
しかし、篤にとっては本当にあっという間だったから その気持ちは分からない
言った後に 今のは意地悪が過ぎたと謝ったけれど、頭では分かっていても
六花や篤を見ていると 余計な事まで口から零れそうになるのだと…
正論は生きてる人間の為と言うか 正論からすれば今の篤の存在は全否定になる

そんな少し投げやりで理屈っぽい所を見て、改めて篤だと感じる六花
初めて自分を受け入れてくれた人 やはり六花にとっては大きな存在なんだなぁ…
残される事も 残していく事も知っていたけど、それでも一緒に店を作った
でも、あの日の あのままの篤は もう何処にもいない、それは六花も分かっている
二人の様子を木の上から見ている亮介は いつの間にか自分に思いを寄せてくれていて
両想いになっていた事を知って 嬉しそうだったし
篤よりも自分を選んでくれている事に安心した感じでw

酔った時の口癖を覚えているかと篤に聞く六花
〝花は咲く時がきたら咲く、春は来るときに来る〟
勿論忘れていない、だからこそ苦しいと感じる篤
最初にこの言葉を使ったのは飲み会の時、ベロベロに酔っぱらってる六花の姿がw
花屋になるのに才能なんて要るのかと言う篤に、器用な人には解らないし
色彩センスは特に磨くには限界があるのだと愚痴るけれど
配色も悪くないし 綺麗に纏めるの上手いと褒められても つまりは無難と言う事
何でか平凡にしかならないと嘆く六花に 独特か奇抜が良いのかと尋ねる篤に
自分は篤になりたいの…って、ホント好きなんだなぁ
篤の目で見た景色を 篤の手で選んだ花で飾り立てられたら こんなに落ち込まないと…

どうしたら そうなれるのか、普段どんな事を考えながら花をいじっているのか?
そう聞かれ篤が適当に答えたのが〝花は咲く時がきたら咲く、春は来るときに来る〟
しかし六花は妙に気に入り、酔って絡むたびに同じ事を聞いては満足気に…って
酔うと何度も同じ事聞いてくるタイプの人でしたか(苦笑)
だから厳密には篤の口癖ではないのですね、心外だけどそういう事よりも
お酒の入った思考で どうでも良い言葉をインプットしていてくれた事が嬉しいし苦しい

六花に言った言葉の意味を覚えている、花を生ける時 変化する事を念頭に置いて作った
花が咲き 枯れ 香り 実り、その全てを美しいと思った
例えば この流れで自分が六花に 何か諭されてるのだとしたら
たぶん上手く納得出来れば、それで全て丸く収まるのだと言う篤
これ以上 ここにいたら駄目だと 篤自身もちゃんと分かっているのですね…
最後は六花に決めてもらう…って事ですか
そんな篤の言葉に、思わず涙を浮かべる六花だけど
今ここで泣いてはズル過ぎる、心変わりを伝えてしまった――…

どうしたら自分は六花から離れられるのか?
あの時 六花が呼び止めてくれたから、もうどこにも行かないと決めた
でも今は ただ苦しめる事にしかならないのだと…
景色も気持ちも変わると分かっていたはずなのに、自分一人だけ根腐れおこしていた
一人にしないでと言う六花の気持ちに応えたかっただけなのに切ないですね
篤の思いを聞いて 苦しめているのは自分だと感じた六花
大事に思ってくれる人たちを いつの間にか巻き込んでしまっていた
嘘を言わない事が罪になる事もある、死んだ先でも苦しめるなんてあんまりだと…

自分達はどうすれば良いのか、このままでは皆がただ苦しいだけ
だから悲しいだけなのは もう… 終わりにしようって事ですかね
まずやるべき事は まず亮介に体を返す事だと言う六花
せめて亮介は元に戻してあげたい、その後はどうすれば良いのか
お揃いの骨になるとか?って そんな事言ったら 本当に篤に連れてかれるよ…

見守っていた亮介も衝撃を受け、そんな事をする為に体を貸した訳では無いと!
取りあえず亮介の体を家に帰さないと こんな所に一人では迷子になってしまう
それとも 今ここでそうしようか…って 六花はどこまで本気なのか
大人しくしてられず、捨て身は自分と篤だけで充分だと止めに入った亮介!
その言葉は聞こえてるはずなのに、こっちに来る覚悟はあるかと確かめる篤が(汗)
誰にでも一度だけくる機会だからと、ポケットに入れられた鋏を手にする六花
道具をポケットに入れるクセは変わってないとか 妙に冷静だし…

何馬鹿な事を言っているのかと焦る亮介
六花は自分に振り向くはずではなかったのか?
鋏を手にして六花を抱き寄せる篤に それは茎と葉を切る以外の用途は無い
まだその時じゃない、それはアンタも分かっているのだろうと叫ぶけれど
そんな亮介に視線を向けながら 鋏を持つ手をあげる篤が…
何とか止めようと 近づいた亮介は、そのまま再び絵本の世界へ逆戻り!?
全て篤の思い通りになってしまうのが何とも…

戻って来た亮介の前には ハート女王の姿をした六花
…って、今度は不思議のアリスの世界ですか
鳥籠に囚われてる亮介はアリスポジション!?
王子は不在でもバラのアーチは完成したし、いつの間にか自分も女王
こうなると もうあの人は来ないかもと言う六花
その言葉に衝撃を受けつつ、自分はとんでもない事に加担してしまったのではと…

一方、鋏を振り上げた篤は最初から六花を…と言うつもりは無かったのかな?
実際は首筋に噛み付き痕を残し、痛かっただろうし 消えるまで覚えていて欲しいのだと
後の手当ては 体に戻ってくる奴に頼むと良いと頬を摘み笑みを向けて
これで六花もこっちの仲間入り、実は吸血鬼なのだと言う篤が…
ようやく篤も気持ちが吹っ切れたんですかね
お揃いの骨になっても良い、そう言ってくれた六花の言葉は嬉しかったんだろうけど
六花の幸せを願っているのも本当だから やっぱり生きてて欲しいのかな…

そのまま亮介の体から抜け出た篤
散骨はちゃんと適切なやり方を調べてから撒いて欲しい
出来れば海でも山でも砂漠でも、六花がこの世界のどこかで一番美しいと感じた風景の中に
新しい種をまくように放たれるその日まで 風や水のつもりになって待っている――
だけど、このまま自分が残した歯型や骨の事を思い出さなくても それはそれで良いのだと
未練が無くなった訳じゃないんだろうけど
篤なりに気持ちにケリがついた感じですかね…

ようやく久し振りに自分の体に戻ってくる事が出来た亮介!
あのまま…なんて事にならなくてホント良かったです
目を覚まし 目の前に居る六花の頬に触れて 戻った事を確認し 無事だった事に一安心
自分が篤に体を貸した事は結局 六花にも篤にもしんどい思いをさせるだけだった
そもそも間違っていたのだと謝る亮介に、手を握り返して ありがとうとお礼を言う六花
ずっと私が気付けなかった独りぼっちの篤を見つけてくれた上に
全部を使い、体を張ってまで その事を教えてくれたのだと…

亮介がいてくれて良かったし、篤以外に好きになったのが亮介で良かった
ここで本人の口から ようやく思いを聞く事が出来ましたね!
思わず六花を抱きしめた亮介は、絵本の中にいて そこで骨の事を聞いた
つまり何が言いたいかというと、六花と篤の記憶の一部を共有出来る唯一のつもり
だから六花には自分以外は無しと言う事、分かりますよねと 強気で攻めてきたー!
顔が近いと言う六花に こういう予定ですからって、キスをする亮介!!
ようやくって感じですが、実際は体を借りてた篤によって色々と勝手されてますからね…

いつになったら再婚する予定があるのか、自分は空けてあると さらに攻める亮介w
さすがにそれは早過ぎると言われるも、自分一人だけ遠回りさせられて遅いくらい
…しかし、篤が残していった六花の首筋の噛痕に 大人しく消えておけと愚痴が(苦笑)
とにかく、六花が許してくれるなら 篤の骨を一緒に食べても良いのだと!
以前 旦那ごと引き受ける覚悟があるって言ってけど そこまでの覚悟だったのですね
倫理的にどうなのって感じなら一緒に味見程度に舐めよう
それくらいどうって事ないと、篤が残した噛痕を舐めながら
これから先の六花の時間は自分が貰うのだからと言い切る亮介!

目の前には健やかに生きて 呼吸してる六花、伝わる熱が楽しい
死ぬまで生きていくこの奇跡――
夢の中みたいな変な場所でずっとフワフワしてたけど
今の方がよほど夢みたいでフワフワしているようだと感じながら
六花に好きです言う亮介、これでようやく3人の関係に答えが出た感じですかね
篤の事も含めて覚悟を決めている亮介の思いは 六花も嬉しかっただろうなぁ

黄色い花の中を歩く篤に、絵本の中の六花が花冠を乗せようとしているイラスト
スケッチブックに描かれた 最後の絵だったりするのでしょうか
前に、重要なのは誰が主人公なのかって事だと言ってましたけど
これがその全ての答えなのかな…
六花の幸せを願う篤の気持ちが叶った瞬間だけど切ない

六花と亮介が結婚する数年後…かと思いきや、いきなり数十年後とかビックリです
しかも二人ともお亡くなりに…って、二人の結婚生活を見たかったですね
六花の後を追うように65歳で他界した亮介 若過ぎるよ…
でも、 六花よりも長生きすると言う約束は守れたから良かったのかな
二人の間には娘のユキも…って、目つきが亮介そっくりなのがw

亮介と六花がどんな夫婦になったのかは、アルバムの写真でしか窺い知れないけど
ちゃんと結婚式をあげて、しょちゅう花を送ったりと 仲良かったようですね
篤に嫌がらせで短く切られた髪もまた伸ばしたようですし(苦笑)
六花もベリーショートから 少しずつ髪をのばしたようで、お似合いの二人にw
亡くなる前日まで庭いじりしてたり、そういうのも幸せだろうし
娘夫婦が店を継ぐと言う事で 思い残す事も無いし、孫の顔も見れたと…

このお店は 娘夫婦が住む…と言うよりは、古いから通いになりそうですね
それに、この家には開かずの部屋がある…って、篤の部屋か(苦笑)
その部屋の主人、篤がフラッとやって来たけど
あの時に成仏したんじゃなかったのー!?
今でもこの世をフラフラしてたり、あの後も結局残ったのか…
もしかして 密かに六花と亮介の事を見ていたのかな
六花を悲しませるような事をしたらすぐにでも…とか見張ってたり?(苦笑)

開かずの部屋、子供の頃からユキは入った事がないようで
今度掃除がてら入らないとだけど 何か怖い…と
そんな部屋に入ろうとしている ユキの息子…って 亮介の孫ですね
血を引いてるからなのか、篤の事が見えてる!!
そういえば、ミホさんとユキの横を通っていたけど 二人の反応は無し
亮介の娘のユキには 篤の姿を見る事は出来ないのか…

ノックしないで部屋に入ろうとする男の子を注意するけど
怪しい篤の姿に動じず、言われた通りにする当たり 亮介に似てる感じがw
見た目は亮介や六花と言うより ミホさんに近い感じですね…
今度はちゃんとノックした男の子を偉いと褒めて
僕の部屋に招待しようと篤が扉を開けるとそこには一面の花畑が…って
もしかして絵本の世界に通じてるとか!?

まぁ、それは冗談として 驚きの少ない所を見込んで 2つお願いがあると言う篤
1つは この部屋の中身を全部処分して欲しいって まだ気にしてたのか…
結局 六花も亮介も この部屋はいじらず そのままにしていたのですね
この場所は大事にされ過ぎた、だけど自分には本当に必要が無くなった
もう六花も亮介もいないですしね…
今の男の子には難しい事かもしれないけど、覚えていたらで良いと

もう1つは 自分の事を おじいちゃんて呼んでごらんとw
自分の姿が見れる二人の孫に おじいちゃんと呼ばせようとするとは…って
これって つまりそういう事なの!?
お願いをして 満足そうに空へと消えていった篤
これで 本当に思い残す事は無くなったようだし
あの世で 六花と亮介と再会なんて事もあるのかな
この光景を 男の子はどうとらえたのかな?
願い通り 篤の部屋にあるものを いつか処分してあげるのだろうか…

そういえば、OPの最後に夏雪草を植えている 小さな男の子
もしかして 六花と亮介の孫なのかな…
そう考えると このOPって色々な伏線が込められていたんだなと

最後は亮介と六花の結婚話をすっ飛ばして いきなりお亡くなりに…だったので
思わず えぇ!?となりましたけど
でも、それぞれ納得のいく答えを見つけ 綺麗に纏まっていた感じですね!
途中から 絵本の中へ閉じ込められ、蚊帳の外な扱いになっていた亮介ですが
最後はちゃんと報われて良かったです!

六花、篤、亮介、それぞれの抱える思いが切なかったけど
シリアスだけじゃなく 途中笑えるシーンなんかもあって楽しめました!
登場人物が少ないぶん、それぞれのキャラの心情が良く伝わってきたし
思いがわかる分 切なかったなと…
FEEL YOUNG (フィールヤング) 2012年 10月号 [雑誌]
FEEL YOUNG (フィールヤング) 2012年 10月号 [雑誌]
発売中の10月号には 番外編が掲載されてるようで… 気になる

キャスト・スタッフの皆様 お疲れ様でした!
TB・コメントにお付き合い頂いたブログの方々、ありがとうございました!

来期のノイタミナでも宜しくお願いします!
サイコパスに期待♪

 にほんブログ村 漫画アニメブログへ   

http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/2582-9de2263b
http://kenohito.blog67.fc2.com/tb.php/1776-c6e21638
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/tb.php/2918-107b6244
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/tb.php/1126-05988ed2
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/1219-5ac6a3ae

関連記事
EDIT |  19:47 |  夏雪ランデブー【終】  | TB(20)  | CM(2) | Top↑
★こんばんは!
流架さんこんばんは!
ちはや~二期来年一月から決定しましたね♪
中学生篇の小説も発売されたとあとから知って
一緒に買ってくればよかったとちょっと後悔w

最終回、終わり方は綺麗に纏まってましたね
あと一話あればもう少し後日談も…と思うところもあるけど
どうにか葉月が報われてホントよかった~あのままじゃ不憫すぎるし(苦笑)

>これ以上 ここにいたら駄目だと 篤自身もちゃんと分かっているのですね
自分が過ごせなかった時間を六花と共有できるし幸せな時間だから
尚更もう少し…と思ってしまったのもわかるし、理性じゃやめなきゃ
と思いつつもずるずる引きずってしまったんでしょうね
ちょっと悪霊な感じになりかけてたけど、悪あがきだって自覚はしてたんだなと
それにしても、島尾の未練だけで成仏できないのかと思いきや六花の
言葉がきっかけで現世に残ったままだというのも明らかになりましたし
やはりこうしてみると六花も自分のせいだって感じてしまったんだろうなぁ…

>一方、鋏を振り上げた篤は最初から六花を…と言うつもりは無かったのかな?
六花の幸せを願う気持ちは本心からだし、それを考えれば…ですかね?
とはいえやたら冷静だし葉月ははじき出されちゃうしでハラハラしましたよ!
あの場で本当に心中しちゃうんじゃないかと一瞬思っちゃいました(汗)
とはいえ六花が一緒の存在にまでなってくれるという気持ちもわかったし
それでも葉月がすきならということで踏ん切りがついたんでしょうか
最後に噛み傷残して消えるまで忘れないでとかやってくところもまたw

>二人の間には娘のユキも…って、目つきが亮介そっくりなのがw
あはは、ユキさんホント葉月そっくりでしたね~
あ、でも子供の頃の目が据わった感じとかちょっと可愛かった!
孫も旦那さん似とかじゃなくて六花に似てるのが可愛いですね♪
それにしても、二人の新婚生活とか見られるのかと思いきや写真で流されるとは(苦笑)
成仏するのかと思ってた葉月もちゃっかり居座ってるし、何十年も二人の生活を
見守ってたのも幸せになってくれてるかどうか確認したかったというももありますかね?

原作は番外編も掲載されてるんですね!
そのあとのやりとりとか補完されてるのだとした読みたい…(笑)
1クールお疲れさまでした、次枠のサイコパスも楽しみです♪
ではでは、お邪魔しました!!
李胡 |  2012年09月14日(金) 21:57 | URL 【コメント編集】
★こんばんは!
李胡さん!

コメントありがとうございます♪
「ちはやふる」2期の放送開始は年明けからですか!
今から楽しみです~
うた恋い。のおかげで 百人一首についての 印象も変わりましたし
また違った目線で 作品を楽しめそうな感じです
…と言うか、ちはやふると聞くだけで 業平の顔が浮かんでしまうw

どうなるかと不安でしたが、最後は綺麗に纏めてくれましたね
あまりに亮介の扱いがあんまりだったので
最後はちゃんと報われて本当に良かったし 一安心です!

>ちょっと悪霊な感じになりかけてたけど、悪あがきだって自覚はしてたんだなと
途中 かなりヤバい感じになってる部分もありましたからね(汗)
まぁ、そうじゃなくても かなり好き勝手やってくれてましたけど…
実際に体を手に入れてしまったら やはり離れがたくなるだろうし
こうして六花と一緒に居られればと 余計に執着しちゃいますよね
頭では駄目だと思っていても 気持ちは抑えられない感じで~
そもそも 篤のこの状況は、六花の強い思いからと言うのがまた何とも…
こうして辛い思いをさせたと 罪悪感を感じる六花も切ないなぁ
本当の事を言うのが罪になる事もある…って言葉が 何気に重かったですね

>あの場で本当に心中しちゃうんじゃないかと一瞬思っちゃいました(汗)
あの状況の篤ならやりかねないと思っちゃいました~
六花も覚悟決めてる感じでしたしね…
一緒に居たいけど 六花には幸せになって欲しいと願うなら
やっぱり生きて…と言う事なんでしょうね
亮介への心変わりを告げながらも 骨になっても良いと言ってくれた
それだけでも 篤には嬉しかったんでしょうし
ようやく踏ん切りがついて 解放してあげる事が出来たのかなと
噛み痕を残したのは 篤の最後の嫌がらせの意味もあったんですかねw

>あはは、ユキさんホント葉月そっくりでしたね~
思わず笑っちゃいましたw
直ぐに分かるし 目の据わり具合とか ソックリ過ぎて面白かったです~
孫も 目のクリッとしてる所が六花そっくりで可愛いかったですね♪
まぁ、いきなり何十年後…と言うのには正直驚きましたが
出来れば 亮介と六花の結婚エピソードとか見たかった…
写真でサラッと流すには あまりにも年数が経ち過ぎてますよね(苦笑)
篤もあの時のまま 結局まだウロついていたようですが
二人の事を最期まで見届けるまでは…って感じですかね
最後まで執念深い感じでw

>そのあとのやりとりとか補完されてるのだとした読みたい…(笑)
番外編は 噂によると 亮介と六花のその後のエピソードみたいですよ
どんな感じなのか読んでみたい~
アニメでやってくれれば良かったのになぁw

1クールお付き合い頂きありがとうございました!
サイコパスはチェック予定ですので
引き続き宜しくお願いします!

ではでは、コメントありがとうございました!
流架 |  2012年09月15日(土) 21:45 | URL 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2032-cf5adf27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

「夏雪ランデブー」も、いよいよ最終回です。島尾は葉月の体を乗っ取ろうとしました。そんな島尾に、六花は体は葉月に返さなくてはダメだというのでした。その代わり、自分
2012/09/14(金) 19:54:57 | 日々の記録
この作品の真・主人公は島尾篤だったと。 六花と結ばれたとたんあれとは……亮介が不憫かも。 ハッピーエンドでよかったですけどね。 島尾に葉月への心変わりを告げたことを後悔
2012/09/14(金) 19:56:34 | ひえんきゃく
優しくなるためのサヨナラ~♪
2012/09/14(金) 20:02:41 | 真夜中日記ミッドナイトモノローグ
夏雪ランデブー 第1話~ 第11話 最終回 花屋でアルバイトをしている青年・葉月亮介は、店長の島尾六花に恋心を寄せていたが、彼女には六花の夫・島尾篤の霊が憑いており、葉月
2012/09/14(金) 20:14:33 | 動画共有アニメニュース
夏雪ランデブーの第11話を見ました。 第11話 傍で篤と六花の話を聞いていた亮介は六花と共に海に行き、宿に泊まったことを知る。 「じゃ、私が好きになった葉月くんは…葉月く...
2012/09/14(金) 21:23:33 | MAGI☆の日記
『島尾に葉月への心変わりを告げたことを後悔する六花。島尾の骨を手元に置き、彼をこの世につなぎとめた責任を感じた六花は、自分もおそろいの骨になると告げる。ショックを受ける...
2012/09/14(金) 21:57:13 | Spare Time
じゃぁ・・・私が好きになった葉月くんは、どこにいるの? 原作を読んでいるとき、この先どうしてしまうんだろう、葉月の想いは報われないのか? 島尾はやはり自然の摂理に反して
2012/09/14(金) 22:57:34 | 薔薇色のつぶやき  別館
店長 いつの間に俺の事を… 両想いかぁ、そっかぁ…
2012/09/14(金) 23:30:04 | 日影補完計画(あ゛ぁやっちゃったなぁ… おい… な毎日w)
夏雪ランデブー 第11話 私が好きになった葉月くんはどこにいるの? 自分の心変わりを篤に告げてしまった六花。 篤はいなくなったのに自分は今も生きて他の人を好きになった・
2012/09/14(金) 23:55:03 | いま、お茶いれますね
そうか。こう来たか。そうまとめたか! Amazon.co.jp ウィジェット
2012/09/15(土) 00:07:23 | ちぇっそもっさの四畳半
 「どうしたら僕は君から 離れられるのかな----  僕はひとり 根腐れを起こしちゃったんだ・・・」 自分の悲しみが死んだ先でも彼を苦しめていたことに涙する六花。  「・・・
2012/09/15(土) 00:33:25 | shaberiba
「じゃぁ・・・私が好きになった葉月くんは、どこにいるの--------?」いよいよこの切ないお話にも決着の時が--------!!島尾なのか、葉月なのか。自分が好きになったのは誰?「どこ・...
2012/09/15(土) 02:00:56 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
夏雪ランデブー 11話 最終回 の感想を 怒って 泣いて そして笑って、光のあたる方へ進む 奇跡が起きて、花を満開の咲かす 開けない冬はない、凍えた3人に暖かい春が訪れた
2012/09/15(土) 05:14:34 | おもしろくて何が悪い
夏雪ランデブーの感想です。 篤の決断とその後は。
2012/09/15(土) 12:02:32 | しろくろの日常
死ぬまで生きる。この奇跡を胸に。
2012/09/15(土) 14:15:32 | LUNE BLOG
六花ちゃん。。残酷。 世界はちょっとやそっと絶望しても終わらない。 正論は生きてる人のためのもの。 名言だなぁ。 葉月くん、めっちゃ嬉しそう。 忘れられないから苦しい島尾くん...
2012/09/17(月) 23:18:54 | 朔夜の桜
奇妙な三角関係の奇妙な結末 公式よりあらすじ 島尾に葉月への心変わりを告げたことを後悔する六花。島尾の骨を手元に置き、彼をこの世につなぎとめた責任を感じた六花は、自分も...
2012/09/18(火) 10:32:35 | 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
葉月が島尾に体を貸してからが長くて、これ最後には戻るよね?と心配の目で見ていましたが、最後は綺麗に収まってくれました。 島尾は気持ちの中では六花との事にケリをつけよう
2012/09/20(木) 20:04:29 | ホオズキの匣
アニメ「夏雪ランデブー」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました おなじみノイタミナ枠です 花屋でバイトしている葉月、店長の六花、六花の病死した夫 篤 彼らの三角関係、...
2012/09/28(金) 20:42:22 | 笑う社会人の生活
こちら今期ノイタミナのひとつ 始まる前から期待していた作品です 松尾監督といえばプレスコ!ということでこの作品かなり声優さんの人数が少ないんですよね 松尾監督の持ち味は日...
2012/10/02(火) 23:25:37 | にきログ
 | HOME |