--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.05.02 (Thu)

カーニヴァル #05「ピエロの処方箋」

「花礫、俺を 殺せ…!」
薬の影響でヴァルガへと変貌するヨタカ
助けようとする花礫たちの前に現れた薬を与えていた人物!

REASON ドラマCD カーニヴァル それぞれの時カーニヴァル 3 (初回限定版) [Blu-ray]

夜中に出歩くツバメの姿を見つけた花礫たちは後を追うけど
そこで見つけたのは手を血で赤く染めたヨタカの姿だった―――!
付いた血を舐めながらお腹が空いたとか、例の薬の影響でおかしくなってしまった!?
背中からは羽が生えて…って、やはり薬はヴァルガを作るためのものだったのか(汗)
3人の姿を見たヨタカは まるで無意識の様に攻撃を仕掛けてきたけど
與儀は花礫と无を抱えて飛ぶと、このまま二人に村を出るように指示

ヨタカに話があると言う花礫に、話が出来るような状況じゃないし
やられる前に言う事を聞いて 村を出てカラスナで待ち合わせだと言い
そのままヨタカの所へと向かった與儀
だけど そのまま素直に花礫が言う事を聞くはずもないですよね(苦笑)
それに、ヨタカとツバメは自分を拾ってくれたツバキの大事な妹弟
花礫と言う名前を付けてもらい、家族のように一緒に育った存在
とはいえ 当時の花礫は家族なんてくだらないと冷めた反応だったけど…

ツバキを亡くした後、ヨタカとツバメとも離れた花礫
でも何かと心配してくれる二人を冷たく突き放していたのは
自分と関わって危険な目に遭わせたくなったからなんですね…
花礫にとって、周りは雑魚かカモか敵の3つだけ
そんな中で、ヨタカとツバメの存在は確かに特別だったんだろうけど
だから巻き込みたくないし、離れていても無事で居てくれれば良いと思っていた
與儀はヨタカを倒そうとしてるから それを放っておけるはずはない!

无に一人で来た道を辿りカラスナに戻るように言う花礫
でも、そんな花礫に嫌だとしがみ付いて、壊れてバラバラになるのは嫌だからと
自分も一緒に行くと言う无だけど、付いて来て何になると怒られる事に
って、サラリと與儀は強いから心配ないと言ってたけど
それってつまり花礫は弱いから一人じゃダメって事ですかw

无の目的は嘉禄に会う事、冷静に余計な事には巻き込まれずに輪を利用して前に進め
そう諭している花礫自身も ヨタカの一件でかなり混乱していてるし
もしかしたらツバメも同じかもしれない、それでも傍観してられない!
カラスナの入り口に在った廃墟に隠れていろと上着を投げ渡して戻る花礫
役に立たない自分も、二人を壊した奴も死んでしまえと……

花礫の言葉が上手く理解出来ない无は、怪しい男に声を掛けられているツバメを発見!
ヨタカと同じように手を血に染めていたけど、何も覚えてないようですね
…これってヨタカに共鳴して、その後を追っているって感じなのかな?
怪しい男を突き飛ばして、ツバメの手を取り走って逃げる无!
そして、ヨタカと対峙する與儀は まだ完全体になっていないからまだ救えると確信
攻撃を躱しながら動きを封じ、戦いたくないのだと説得をするも
花礫の名前を出した事で、それに反応したヨタカは完全に覚醒しちゃった!?
助けるつもりが逆に…って感じになっちゃいましたね(汗)

血まみれの手が怖いし気持ち悪いでしょうと言うツバメに
怖くないし、嘉禄と同じ温かいと感じる无
花礫も無事で良かったと喜んでた事を何とか伝えようとするのが可愛いなぁw
…って、そんな二人の所へさっきの怪しい男が来たー!
やっぱりアッサリ捕まっちゃうのか…
人数が増えて研究も充実すると楽しそう連れて行く男を蹴り飛ばして花礫も来たけど
結局一か所に全員集まる事になっちゃいましたね
そして、與儀も覚醒したヨタカに倒される事に(汗)

この怪しい男、迷呀こそ今回の黒幕!
ツバキに薬を渡し、双子のデータを取りたいと言っていた張本人
本当は双子ともヴァルガにしたかったけれど、薬に疑いを持ったヨタカが
ツバメの分も飲んでいたから 共鳴はしても変化はしなかった
実験の報奨金をもらうために薬を飲み続けたヨタカだけがヴァルガに…って事だったのか
ツバキが死んだのは、初めて変化したヨタカが暴走したのを止める為
助けようと飛び込んで命を落としたのですね(汗)
だから自分の所為では無いと言う迷呀に怒り心頭の花礫!
直接手に書けてなくても原因を作った訳だし…

しかし、迷呀自身も既に人間では無くヴァルガだったのか
花礫の顔に見覚えがある、今すぐ飛べない翼を背中に書いてやると襲い掛かって来たけど
倒れていたはずの與儀が間に入り、迷呀の腕を斬り落としたー!
そのままヨタカに この場にいる全員を殺せと命じる迷呀 
立ち上がろうとするヨタカを必死に止めてそんな事しないと泣き叫ぶツバメ
その言葉に、反応して嫌だと 殺さないと抗おうとするヨタカ
ツバメがヨタカに共鳴してたように、逆にヨタカもツバメに共鳴しているのですね
ヨタカがいつまでも完全なヴァルガにならずに人との境界にいたのは
それをツバメが人間でいるように引き止めていたから…

双子ならではで面白いけど、貧しい暮らしの何にそんな魅力があるのかと言われ
日々泣いたり笑ったりするのにどんな理由があるのか知らないのは気の毒だと返すヨタカ
その言葉にすっかり興味が失せた迷呀は、それでも我々の進化に逆らう事は出来ないと!
自分と共鳴させヨタカの意識を完全に支配しようとする迷呀!
止めに入ろうとした與儀の攻撃も効かず、このままではヨタカの精神がもたない…(汗)

見ている事しか出来ない花礫に、自分を殺してくれと言うヨタカ!
もう体が言う事を聞かずツバメの首に手を掛けて締め上げていたり
このままではツバメを殺す事になるし、このまま生き続けたくはないのだと…
涙を浮かべながら殺して欲しいと言うヨタカに答え、與儀の剣を手にする花礫
しかし、そのまえにヨタカの胸を貫いたのは平門だった――!
このタイミングで…とか 明らかに狙ってましたよね

それでも最後は笑顔で消えていったヨタカ
ツバメに、遠くまで飛んで行けと言うのが…
ヨタカ的には心までヴァルガにならずに救われたのかな
まぁ、最後は花礫に…の方が良かったのかもしれないけど
人を殺すのが嫌だと言ってたから 最後で躊躇したりしてたのかも…

平門が花礫をカラスナへ行かせるのを許可したのも
この迷呀の存在に気付いてたからって事なのかな?
迷呀は輪が追っている火不火に関係あるんだろうし
このまま捕まえる事になるのか…

ヨタカの一件を受けて花礫がどうなるかも心配なところですね
ツバメもこの後どうするのか気になる


NEXT⇒『朝陽の翼』
今回の予告担当は无と嘉禄!
燭の字を尻文字で書く羊が可愛いw

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2367-672ffbb4

関連記事
EDIT |  19:45 |  カーニヴァル【終】  | TB(8)  | CM(0) | Top↑
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2217-16a293f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

カーニヴァル 第1話 ~  第5話 ピエロの処方箋 とある腕輪を頼りに「嘉禄(カロク)」という人物を探す主人公の无(ナイ)は、旅の途中でミネという女の屋敷に捕えられる。その際
2013/05/02(木) 19:58:31 | 動画共有アニメニュース
ヨタカがツバキを-----------!?血まみれの手。それをしゃぶりながら三人の前に姿を現れたヨタカ。「おなかがすいた・・・」薬の副作用か。無意識の攻撃を仕掛けるヨタカ。既に彼は人...
2013/05/02(木) 20:23:09 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
やっぱり ヨタカがツバキを殺っちゃったんですね。 でも ヨタカ自身はそのつもりがあったわけじゃなくて、ツバキもヨタカを止めようとした みたいで。。共鳴は起きるようだけど
2013/05/02(木) 22:05:11 | 薔薇色のつぶやき  別館
カーニヴァル第5話「ピエロの処方箋」「傍観してらんないわけがあるんだよ」死体の傍にいたのはツバメではなくヨタカーーーそれを見てしまったガレキは?ツバメを追いかけていった...
2013/05/02(木) 23:32:42 | SOLILOQUY
カーニヴァル 第5話「ピエロの処方箋」
2013/05/02(木) 23:33:07 | SOLILOQUY別館
カーニヴァル 第5話「ピエロの処方箋」 「傍観してらんないわけがあるんだよ」 死体の傍にいたのはツバメではなくヨタカーーー それを見てしまったガレキは?
2013/05/02(木) 23:33:08 | SOLILOQUY 2
『NORN9』の発売日が5月23日⇒5月30日に変更になってましたね。 まぁ今更1週間伸びたくらいでこちらの気持ち的に変わる事も無いというか、 寧ろ5月16日発売の『サ
2013/05/03(金) 16:19:21 | がっちの言葉戯び
「花礫…俺を…コロセ…花礫…っ!  もう…誰かを…傷つけたくなんか…ないんだっ」 ヨタカ(ノД`)・゜・。 人の心と人外の欲望との葛藤。
2013/05/09(木) 08:38:39 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。