--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.10.21 (Mon)

ぎんぎつね 第3話「神様のいる所」

「神使と普通の亀の区別もつかねぇとは 情けねぇ」
神社の近くで亀の神使を見つけたまこと
新しい住処として松梅大社へ銀太郎と一緒に連れて行く事に

ぎんぎつね (一) (初回特典:ミニ絵馬&落合さより先生書き下ろしドラマCD&イベントチケット優先購入申込み券) [Blu-ray] fhana/TVアニメ『ぎんぎつね』OP主題歌:tiny lamp ぎんぎつね 10 (ヤングジャンプコミックス) 
【第3話 あらすじ】
ある日、まことは冴木神社の近くで見つけた亀を神使とわからずに神社の中まで運んできてしまう。翌日、住まいを失った亀の神使が住めるよう、近くの松梅大社にお願いしにまことは銀太郎を伴って出かけるが、そこにいたのは狛犬の神使、歌丸と才丸だった。

冒頭は銀太郎の相方、金次郎@和彦さんが出て行くシーンから
どうして出て行ったのかと思ったら、人の願いや悩みを聞いてもどうする事も出来ず
ただ時間だけが過ぎていく事に疲れてしまったのですね
人間たちは神を信じてないし自分達も見えていないのだから適当にやれば良いと言う銀太郎に
形無きものだからこそ本音で縋るのだと返す金太郎
情がうつっても人間に肩入れしても仕方ないと言う言葉を否定してたけど
神社を出ていった金太郎が今どこで何をしているのか気になるところですね
戻って来てくれたりはしないのかな…

前回の一件で日輪子とも仲良くなったまこと、ユミも一緒にお昼を食べていたりと
何かと3人で一緒に居る事が多くなりそうですね、日輪子とユミは相変わらずですがw
母親とは冷戦中だけど気分はスッキリしたと日輪子も色々と吹っ切れたようで良かった
昼食を済ませて机の上に広げたのは 江戸時代と現代のこの辺りの地図
城や神社やお寺だったり、昔から変わらないものが多く残っている
今は一緒に学校生活を送っているけれど、自分達はやがては卒業して別々の道を歩んで行く事に
でも何百年、何千年と変わらないものが自分達を見ていてくれると考えると面白いと言う日輪子

冴木神社も元は農村に囲まれた山に立っていた小さな祠だった
毎年山に灯される狐火で翌年の収穫を占っていたのですね
江戸時代にもっと穣るようにお殿様に頼んで今の神社を建ててもらったのだとか
何百年も前から人々を見守ってきたのだと改めて思うまこと
でも神社や城がものを覚えてる訳がないとバッサリ言い捨てるユミが(苦笑)
そんな3人の姿を見ていた前回日輪子をシメようとしていた女の子たちも
生徒会長との件も噂話止まりで 自分達が恥ずかしいと早とちりだったようだし
ちょっと反省している辺り元はそんなに悪い子たちではないのかな

学校帰りに亀を拾ったまことだけど、ただの亀ではなく神使だったw
銀太郎以外の神使を見た事がないから区別がつかなかったようで…
神使と言っても色々と種類がいるようですね、一番多いのは神獣と呼ばれる狛犬なのだとか
亀を起こして何で道に倒れていたのか話を聞いてみると、住んでいた瓢箪池の祠の周囲が
時代の移り変わりによって道路開発で無くなってしまったのですね
新天地を求めて旅に出たのは良いけど力尽きた…って、すぐ隣の街なのか(苦笑)
祠も寂れて壊されたりと、酷い仕打ちをした人間を祟ってやろうと思ったけど
元々そんな力ないし面倒臭いからやめたとか、ここぞとばかりに愚痴り出した!

神使は長く祠を離れると力を失うようで 社に入り神力を取り戻し元気になった亀の神使
冴木神社は稲荷で狐を祀っているけど、亀を祀っているのは松納大社の系列
この辺りでは駅の向こうの松梅大社が離れの摂社に祀っていると父親から聞いたまこと
池もあって条件としては良さそうだし、狛犬がいる…って銀太郎が家出した時に行った神社かw
今日はもう日も暮れるし 明日神社に連れて行く事にしたまこと
小さい頃は川の近くの道で亀を良く見かけたと話していた父親だけど
車に轢かれて甲羅が花火みたいに飛び散って…とか そんなのは見たくない(汗)

水を張った桶に亀の神使を入れて休ませてあげるまこと
銀太郎の相方が見えない事を気にしていたようだけど、亀さんの相方もどうしたんですかね?
もう一人いたみたいだけど道路開発の時には一人になってたし…
相方の金次郎が出ていってから大分経ち、寂しくないのかと心配するまことに
つい昨日出て行ったように感じるけど もうそんなに経つのかと返す銀太郎
長い時間を過していると数年、数十年はあっと言う間なんですかね

翌日 銀太郎と一緒に亀の神使を連れて駅向うの松梅大社へと向かうまこと
乗り気じゃない銀太郎にデートだと思えば良いって無理やり引っ張り回していたけど
神使をそんな気安く連れて回って大丈夫なんですかねw
休日で彼氏と一緒にデートしていたユミはネコの事で言い合いになってるし
怪我してたミーちゃんは彼氏が引き取ってくれたものの ブタネコ呼ばわりされていたり(苦笑)
通りかかったまことを見つけて声を掛けるユミだけど、一瞬訝しげな表情に…
傍から見れば まことは見えない何かに向かって一人で話してるようにしか見えない痛い子ですよね
そんな姿を見ても引かずに声を掛けてくれるユミは良い子だなぁ、寂しい子と思ったみたいだけどw
銀太郎が見える事も話せば分かってくれそうな気がするし、いつか話せれば良いなと

フリーマーケットをやってるからとユミたちも一緒に松梅大社に付いてくる事に!
境内には店が並び大勢の人が集まっていたけど、大きな大社だから神職の人の姿も何人かいて
若いイケメンの人がチラッと反応してたけど 銀太郎が見えているのか!?
何か隠してるんじゃないかとユミに怪しまれながらも狛犬の所へお願いに向かうまこと
姿を見せたかと思ったら すぐに寝ちゃったりとマイペースだなぁw
摂社に亀の神使を置いて欲しいと頼みも 広いから好きに住めば良いと快く承諾
社の近くに池もあって気持ち良さそうに泳ぐ亀さんも気に入ったようですね

若いのに神使が見えるまことは珍しいと言う狛犬
歌丸と才丸と言う名前が付いてるようだけど、落語家さんっぽい感じでw
思わず可愛いと言うまことに 無礼だと言いながらも楽しんでる二人
昔は神使が見える人間が少ないながらもいたけど、今では見える人は殆どいない
この松梅大社の宮司さんは正当な跡取りだけど 引退した先代がいるから見えてないようで
二人は先代の宮司さんが日々弱っていくのが心配なのですね

長い時を生きていると毎日があっと言う間に過ぎて行くし、人間の寿命はほんの一瞬
気の合う宮司が居てもすぐに寿命が来てしまうし、いつしか顔も忘れてしまう
そんな寂しい別れを何百年と繰り返してきたのだと…
銀太郎も同じ、今はまことがいるから毎日が輝いて見えているだろうと言われたまこと
余計な事を言うなと言う銀太郎の手を思わず握り締めていたけれど
いつかは銀太郎を置いて死ぬ事になる、その事を考えてしまったのか…
怪我しているのを見つけてミカンをくれた女性の事を思い出しながら
まことの事も忘れたくても忘れられないとか デレる銀太郎が可愛いなぁ!

手を繋ぎながら赤くなってるまことと銀太郎が良い雰囲気でしたね
デートの続きだとかラブラブだしw
金次郎が神社を去ってから寂しい思いもあったんだろうけど
今はまことがいるから銀次郎も楽しいんだろうなぁ
何だかんだ言いつつ良いコンビな感じで!

今回は亀の神使が登場したけれど
狛犬に狐、他にどんな神使がいるのか気になるところ
今後も色々な神使が登場するのでしょうか


NEXT⇒『悟とハル』
ついに二人の登場ですね!
悟@賢章さん楽しみ♪

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/3661-e609e006
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/58426654
http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2458-7675daa5
http://animegane1216.blog.fc2.com/tb.php/799-6948d868
関連記事
EDIT |  19:54 |  ぎんぎつね【終】  | TB(15)  | CM(0) | Top↑
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2347-15f84619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

第3話 神様のいる所 金次郎、本気か?出て行ってどうするんだ?人間の願いに少し疲れたと去って行った。 まことと一緒にランチを食べるユミと日輪子。相変わらずユミと日輪子は言い争い。それを見て空回りしていると反省する石井達3人。現在と江戸時代の神東市の地図を持って来ていた。お城や神社は江戸時代から残っている。昔から見守ってくれていると考えると素敵。江戸時代は周りが農村で山の祠だったが五穀豊穣を願...
2013/10/21(月) 20:07:39 | ぬる~くまったりと
ぎんぎつね 第1話  ~ 第3話 神様のいる所 とある町の小さな稲荷神社を舞台に、神社の十五代目跡取・冴木まことと、神使(しんし)の狐・銀太郎の2人が中心となって、神社や神々にまつわる存在を中心とした日常 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ
2013/10/21(月) 20:11:03 | 動画共有アニメニュース
第3話スレやtwitter でも出てるけど、時の流れ方の違いからくる切なさは堪らない。どう足掻いても別れは来てしまう。でも、そのどうしようもない事実をふまえた上での握られた手!寄 ...
2013/10/21(月) 20:44:01 | アニメっこねっと
第3話「神様のいる所」 金次郎は和彦さんかぁ。豪華な神社だな。
2013/10/21(月) 21:10:30 | いま、お茶いれますね
第3話「神様のいる所」神様と人が一緒にいられる時間。
2013/10/21(月) 21:11:27 | ウサウサ日記
<記事内アンカー> てーきゅう 第27話「先輩とマッドマックス」 ぎんぎつね 第3話「神様のいる所」  艦これ2-4攻略に向けてレベル上げ中。彩雲欲しいけどなかなか開発できないな……
2013/10/21(月) 21:13:06 | Wisp-Blog
まことが、祠を無くした亀の神使を拾い。 近くの松梅大社に連れて行くことになる…。 松梅大社の狛犬たちに、神使たちと人の時間の流れが違うことを聞かされる…。 悠久を生きる神使と寿命ある人との違いについてのお話。 寂しい話ですね…  
2013/10/21(月) 22:00:54 | 空 と 夏 の 間 ...
ぎんぎつねの第3話を見ました。 第3話 神様のいる所 「銀、銀太郎!ほら、亀!」 ある日、まことは冴木神社の近くで見つけた亀を神使と分からずに動かないからと神社の中まで運んできてしまう。 「バカ、そいつは神使だ」 祠が寂れたばかりか道路開発で住まいを失った亀の神使が住めるよう、近くの松梅大社にお願いしにまことは銀太郎を伴って出かける。 そして、狛犬の神使・歌丸と才...
2013/10/21(月) 22:14:52 | MAGI☆の日記
「あの狐も可愛くないことばかり言うとろうが、 今はお前さんがいて毎日がキラキラしとるだろうよ」 アバンでは、神社を出て行ったという銀太郎の相方・金次郎が登場。 どうやら真面目すぎる性格らしく、 どうにもできない人の悩みを聞くことに疲れ、去っていってしまった様子。 今回は別の神使が登場するものの、神使にも色々あるようで。
2013/10/21(月) 22:29:11 | ジャスタウェイの日記☆
ぎんぎつね 第3話 「いろんな神使」です。 はい、『ぎんぎつね』も第三週です。先
2013/10/21(月) 22:34:20 | 藍麦のああなんだかなぁ
 ぎんぎつね   第03話 『神様のいる所』 感想    次のページへ
2013/10/21(月) 23:10:00 | 荒野の出来事
ぎんぎつね第3話「神様のいる所」 前回、船橋さんと打ち解けあい、お友達になったまこと。 今回は銀太郎と仲を深める話でした(^ω^)
2013/10/22(火) 10:03:01 | 第二の矢は受けない!
まことが、亀の神使を助けるお話でした。前回以来、まこと、ユミ、船橋さんというグループができました。船橋さんは、この前で外泊したことでお母さんと冷戦状態らしいです
2013/10/22(火) 19:54:36 | 日々の記録
心はずっと、離れまい。
2013/10/22(火) 21:48:00 | アニメガネ
銀太郎が最後にボヤいていた 「あぁ〜、デートぉ、面倒くせぇ〜い」 ・・・って、他の神使からするとリア充が何ゼータクぬかしてやがるとか言いそう(笑)。今話は神使側のエピソードでしたけど、神使も居場所から離れると霊力減少で衰弱や消滅もありえる設定になってるんですね。道路開発で池と祠を破壊されて放浪していた亀の神使は祟ってやりたくとも力不足だし面倒だと愚痴ってましたけど、もし強い霊力持ちだったら税...
2013/10/23(水) 22:11:30 | ボヘミアンな京都住まい
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。