--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2013.12.23 (Mon)

ぎんぎつね 第12話「夏越の祓」

「銀 約束、最後まで付き合って!」
皆が繋いできた神社を守りたい――
最終話!

TVアニメ ぎんぎつね オリジナルサウンドトラック ぎんぎつね (一) (初回特典:ミニ絵馬&落合さより先生書き下ろしドラマCD&イベントチケット優先購入申込み券) [Blu-ray] ぎんぎつね 春夏秋冬 (JUMP j BOOKS)

いよいよ夏越の祓、朝から準備で忙しいまことたちを見守る銀太郎
達夫さんも着物を着て気合を入れていたけど日輪子はその姿に思わず赤くなってるし!
普段居酒屋を営んでる高見さんは いつもならこの時間から寝るのだと眠そうなのが(苦笑)
境内の準備を終えて巫女の衣装に着替えるまことたち、日輪子が一番巫女さんっぽくて似合いますね
達夫さんにも言われて恥ずかしそうにしたりホント分かり易いなぁ
金髪の男の子が来てると聞いて将平かと思って出てみたら桐嶋生徒会長だった…!
穢れを祓うと言っても気休め的なものだと言う会長に帰れよとツッコミ入れる悟だけど
一番の目当ては巫女姿の日輪子だったり こっちも分かり易しですね
そんな桐嶋生徒会長をすぐ近くでジロジロと見る銀太郎とハルが面白いw
まだ時間があるからと すっかり近所のおばちゃんと会話が弾んで馴染んでるし

儀式の礼儀作法を確認するまことたち、こういう事に関しては日輪子が厳しい感じで!
おにぎりを食べながら休んでいたら、小学生メンバーがやってきたけど
女の子二人は以前お願いしてた通りタイガ君の隣の席&同じ班になれたのか
どんな男の子なのかと思ったら可愛い美少年だったとはw
男子3人組は相変わらずな感じだったけど達夫さんの言うことはちゃんと聞いてましたね
クラスメイトの梢と咲、剣道部の絹川主将と小杉もやって来たりと人が集まり賑やかに!
形代に名前と年齢を書き息を三回吹きかけたり悪い所を撫でたりして穢れを移したものと一緒に
御祓いを受ける為の初穂料が必要になるって相場は幾らくらいなんですかね…
剣道部全員の形代を一世帯分にして5千円払っておくと悟が言ってたけどそのくらいなのかな
初穂料を出してもらうお礼は体でと言われて 桐嶋生徒会長を連れて帰れと言う悟が(苦笑)
そして小杉はまことの姿に一目惚れ!? 激カワ天使とかw

結局一寝入りしてた高見さんも起きて来て 達夫さんに着替えて準備をするように言うまこと
そんなまことの姿を見て由子さんと良く似てると言う高見さんて もしかして由子さんの事……
神主はほどほどにモテるけど 特別な人間に見られそれ以上は踏み込んではこない
憧れるのも分かるけど 憧れるだけにしておけとか、自分の経験からって感じですかね
高見さんが神主さんになったのは巫女だった由子さんが好きだったからっぽいなぁ…
夢見てると痛い目みるとユミに言われて思わず高見を睨む日輪子だけど
高見さんは達夫さんが女子高生に好かれるのが面白くなかったようでw
一度は結婚したけど今は独身…って、やはり由子さんの事が忘れられないのかな

達夫さんと高見さんも浄衣に着替えて いよいよ夏越の祓の儀が始まる!
祝詞をあげた後、茅の輪を八の字に3回周り潜り汚れを祓い
最後は清めのお酒を飲んだり、萱で輪を作ったのを持ち帰り玄関に飾り無病息災を願う
儀式が終わった後は直会(なおらい)で神様に捧げた供物を皆で分け合う
つまりは宴会が行われるけど、その前に形代を川に流しに行く事に!
桐嶋生徒会長はしっかり絹川主将が連れて帰ってくれましたねw

まことは悟と一緒に皆と離れて橋の上から眺めている銀太郎とハルの所へ!
儀式の間は本殿に籠り姿を見せない銀太郎は宇迦之御魂大神と話をしていると聞き
色々と気になるまことに、神は一定の所へは定まらず祭りが終われば別の所へ移ってしまうし
神は居ようが居まいが構わない、信じれば居ると言うのが人間の世界の考え方
でも 神使が見えるまことや悟は他の人よりも更に信じる事が出来るのだと言う銀太郎
昔の行事が今もこうして続いてるのは 皆がずっと繋いできたから
それをずっと銀太郎たちは見続けてきたし、これからも続いて繋がっていく――
大祓を受けて本当に千年生きる事が出来れば ずっと一緒に居られると言うまことに
どんだけ干からびるつもりだと言いつつ、最後まで見届けてやると頭に手をやる銀太郎が良いですね

大きくなったら達夫さんのお嫁さんになると言った時の事を思い出したまこと
銀太郎はお狐様だから無理だけど、宮司の達夫さんと結婚すればずっと一緒にいる事が出来るって
お父さんが大好き…って訳じゃなくて 銀太郎と離れるのが嫌って事だったのかw
皆が繋いできた皆が集まる神社をずっと守りたいと強く思うまことは
最後まで付き合って欲しいと銀太郎と約束の指きりを!
…って手が大きいから指きりになってない感じなのが(苦笑)
それを見て 同じ様に指きりしてる悟とハルが可愛いなぁ♪

今日は夏越の祓でたくさん集まっているのだから銀太郎も挨拶をして来いと言うまこと
そんなんだから銀次郎も出て行ったんじゃないかと言われ 思わず動揺する銀太郎だけど
年に何度も人は縁を結んでいるのに、神使が縁を結ばないでどうするのかと怒られ
仕方なくハルを連れて松梅大社の狛犬や亀さん、天吹寺の神社にいる猿の神使に挨拶に行く事に!

夏越の祓を終えて季節は夏へ――!
最後はいつもと変わらない神社の風景で終わりましたね
悟とハルも加わり少しは賑やかになった感じで!
お供えものもミカンが取れる季節じゃなくなりミカンを使ったものへ変わっていたり
ハルにはちゃんと好物のクリームパンがw

最終回は今まで登場した人たちが勢揃いな感じで綺麗に終わりましたね
毎週ほのぼのした雰囲気を楽しんでいたので ちょっと寂しい感じですが
1クール楽しませてもらいました!
こういう雰囲気の作品もっと見たいなと思います

個人的には もっとまことと銀太郎のエピソードが欲しかったなと
ハルも可愛いかったので もっと活躍を見たかったです!
悟@賢章先生も良かったし、チョイ役のキャスト陣も豪華でしたね


スタッフ・キャストの皆さん1クールお疲れ様でした
そして、TB等 お世話になったブログの方々ありがとうございました!


      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://amaebi1988.blog.fc2.com/tb.php/420-ea66926b
http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2458-7675daa5
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/tb.php/4155-da400c16
http://mugimugimugichiya.blog.fc2.com/tb.php/211-7c531dc2
http://moon12.blog.so-net.ne.jp/2013-12-23

関連記事
EDIT |  20:08 |  ぎんぎつね【終】  | TB(12)  | CM(0) | Top↑
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2401-ddc22bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

ぎんぎつねの第12話を見ました。 第12話 夏越の祓 夏越の祓の当日を迎え、まこととユミ、日輪子は巫女姿に着替えると、日輪子が巫女姿になると聞いてやってきた清志郎が5時間も早く訪ねてくる。 「船橋、ちゃんと教えなきゃダメじゃん」 「というか、そもそも呼んだ覚えはないし」 吉住だけでなく、絹川、小杉もやってきて部員全員に書かせたという形代を持ってきてくれる。 「先輩...
2013/12/23(月) 20:18:52 | MAGI☆の日記
第12話 最終回 夏越の祓 夏越の祓、当日の朝8時に準備が始まる。準備が終わって日輪子、ユミ、まことの3人は巫女装束に着替える。外人みたいな生徒が来ている、生徒会長の桐島清志郎だった。本番は3時なのに10時日輪子の巫女装束を見るためにやって来た。日輪子はユミを厳しく指導。葦原梢、鈴井咲も初めての参加。形代に名前を書いて息を吹きかけて穢れを移す。初穂料が必要。 吉住も訪れる、日輪子の巫女装束に...
2013/12/23(月) 20:31:38 | ぬる~くまったりと
ぎんぎつね 第1話  ~ 第12話 夏越の祓 最終回 とある町の小さな稲荷神社を舞台に、神社の十五代目跡取・冴木まことと、神使(しんし)の狐・銀太郎の2人が中心となって、神社や神々にまつわる存在を中心とした日常 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ
2013/12/23(月) 20:38:22 | 動画共有アニメニュース
第12話(終)「夏越の祓」 最終回は夏越の祓。 巫女服に着替えた3人娘。ユミが思った以上に様になってたな~ 達夫さんに似合っていると言われて嬉しそうな船橋。完全に惚れてるやろ、これw 船橋は達夫さんの宮司姿に見惚れ過ぎですw
2013/12/23(月) 21:23:11 | いま、お茶いれますね
<記事内アンカー> てーきゅう 第36話「先輩とコーチ・カーター」 ぎんぎつね 第12話(最終回)「夏越の祓」 漫画感想(「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」8巻、「いますぐお兄ちゃんに妹だっていいたい!」1,2巻)  ふう、やっとまともに荷解きできて部屋のスペースが広がった。これで布団を広げる場所に困らず済むな。終わってないけど。そして整理してみて...
2013/12/23(月) 21:28:26 | Wisp-Blog
  ぎんぎつね 第12話(最終話) 「夏越の祓」 の感想です ちょっと短めにね
2013/12/23(月) 21:44:59 | この世の果てで、ざわ・・・ざわ・・・
「銀!私ね、ずっとずっと守っていきたいの。 みんながつなげてきた、みんなが集まるあの場所を」 いよいよ「夏越の祓」当日。 朝からジャージ姿で準備をしつつも、本番前は巫女姿へと衣替えするまことたち。 桐島やまことのともだち、 それに剣道部主将や悟といがみ合ってた小杉もやってきてにぎやかになってきた。 キャラ勢ぞろいで、とうとう『ぎんぎつね』も最終回です!
2013/12/23(月) 22:00:27 | ジャスタウェイの日記☆
ぎんぎつね 第12話 「まことの未来」です。 はい、『ぎんぎつね』も第十二週です
2013/12/23(月) 22:28:05 | 藍麦のああなんだかなぁ
第12話「夏越の祓」信じれば神様はいる。
2013/12/23(月) 23:28:29 | ウサウサ日記
代表的な神祭りの行事である夏越の祓。その作法、茅の輪のくぐり方がよく分かる回でしたね。 形代を川に流すことまでふれたのは、さすが神社アニメだと思いました。 そして最後まで、清々しく和やかな気持ちになる作品でしたね。 それでは、ぎんぎつね 最終話の感想です。 あらすじ : 夏越の祓の行事の当日、早朝から起き出し巫女服に着替えるまこと、ユミ、日輪子。 やがて境内には参拝者た...
2013/12/24(火) 13:46:07 | 二次元美少女の笑顔を守りたい duple
「ぎんぎつね」も、いよいよ最終回です。最終回というより、第1期完結といった方がいいのかもしれませんが・・・。いよいよ夏越の祓です。まことたちは、朝からその準備で
2013/12/24(火) 18:29:27 | 日々の記録
「夏越の祓」 巫女さん可愛い。 外国人??て生徒会長張り切りすぎ。 スパルタ(笑) あ、クォーターだったの。 寝ないっていったのに。 連れて帰れとか。 色んなとこで恋愛フラグが。 神主さんて大変。 ほんとカッコイイ。 関俊さんすごいな、読経CDもあったし今度は祝...
2014/01/06(月) 22:56:56 | 朔夜の桜
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。