--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2014.10.22 (Wed)

暁のヨナ 第3話「遠い空」

「俺はスウォンを許さない 
だかそれ以上に 俺はあんたに生きて欲しい」

幼い頃の3人の思い出――
人形のようになってしまったヨナの姿にハクは…

暁のヨナ 1 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 1 (花とゆめCOMICS)
草凪 みずほ

暁のヨナ 2 (花とゆめCOMICS) 暁のヨナ 3 (花とゆめCOMICS) 暁のヨナ 4 (花とゆめCOMICS) 暁のヨナ 5 (花とゆめCOMICS) 暁のヨナ 6 (花とゆめCOMICS)

by G-Tools
【第3話 あらすじ】
城を追われた王女・ヨナを守りながら山道を進むハク。だが、気力を失ったヨナは、ただハクのあとを歩くことしかできなくなっていた。弱る一方 のヨナを辛そうに見つめるハク。その脳裏に、幼い頃、ヨナ、スウォン、そして自分の3人で過ごした日々と、かつての親友と交わした言葉がよみがえる。
何とかヨナに気力を取り戻して欲しいと願うハクだが、そんな中、ヨナが初めて、自分自身の意志で歩き出すできごとが起きる


城を逃げ出し山道を行くハクとヨナ
いまだに現実を受け止められず 気力を失ってしまった姫様を様子を見ながら
3年前の思い出を振り返る形での 過去エピソードとなりましたね
ハクをヨナ姫の専属護衛にと考えてスカウトしていたイル陛下だけど
貴族との付き合いだったり、将軍になる事に関して煩わしいだけであり
何より身分が違うし ヨナがスウォンの事を好きなのも知っている訳で…
ヨナと会うと調子が狂うからと なるべく近づかないようにしてたハク

火の部族長の二男であるカン・テジュンに言い寄られて困っていると言うヨナに
スウォンに助けを求めれば良いと、思わずキツく返してしまったけれど
関わりを持ちたくないと思いながらも 謝りに来たヨナが自分で対処すると言いつつ
しつこく付きまとわれているのを見て放って置けずに助けちゃったり
気になって仕方ないし 調子が狂う理由だったり分かり易いですねw
「俺の姫」「将来を誓い合ってる」と抱き寄せて助けるハクがカッコ良い
それにしても、カン・テジュン@櫻井さんとか、今期アニメの櫻井さんの出演率高過ぎるw

剣を抜こうとしたカン・テジュンを止めに入ったイル陛下から
ヨナの事を頼まれ、その命を跪き引き受けたハク
争い事を嫌い、武器を持つ事を嫌うイル陛下だけど 決して臆病なんかではない
素手でテジュンの剣を止めた為 手から血が流れるも それを気付かれないように隠す姿に
ハクは自ら仕える主と決めたけれど、その陛下はスウォンの手に掛り…
涙を浮かべながら眠るヨナを見ながら、心残りは自分が守るし 必ず城に帰ると誓う!

皇妃が亡くなった時、落ち込むイル陛下を励ましていたヨナだけど辛いのは自身も同じ
そんなヨナの傍で支えてくれていたのがハクとスウォンだったのですね
雪遊びを楽しんでいた3人だけど はしゃぎ過ぎて熱を出し寝込んでしまったヨナ
心配するハクとスウォンも 同じ様に熱を出して結局は一緒に寝込む事に(苦笑)
3人仲良く布団を並べて寝ているところへ顔を出したのは
ハクを養子として育て面倒を見てくれている風の部族長・ムンドク
そして、スウォンの父であり ヨナにとっては伯父にあたるユホン
しかし、皇妃を亡くし公務も溜まり忙しいのか イル陛下だけは顔を見せず
一人にしないでと寂しがるヨナは 食事もとらないまま…

空腹を感じたヨナに運ばれてきた好物である鶏粥だけど ビックリするほど不味かった!?
実は見舞いに来れず一人にしていたお詫びに イル陛下が作った物だった(苦笑)
自分の為に作ってくれたと知り 不味いと言いながらも涙を流しながら食べるヨナが良いですね
その後 熱も下がってすっかり元気になった3人
あのまま一緒に寝ていたかったと言うスウォンに、ずっと一緒に居るくらい簡単な事だと返すハク
これからも3人一緒に… しかしそれはもう叶わない

スウォンがイル陛下に剣を突き立てた場面を思い出し目を覚ましたヨナは
水を汲んで戻って来たハクの姿を見つけて 思わず号泣してしまう
時間が経ってもイル陛下とスウォンの裏切りを受け入れられないまま弱っていく姿を見て
このままでは食事もせず ただ手を引かれて歩くだけの人形――
共に過ごした日々も、大切にしていた姫様も全てを壊してスウォンは満足なのか?

スウォンがヨナの誕生日祝いに送った簪を拾ったハク
失くした事に気付いたヨナは まだ思いを捨てきれず一人探しに行くも
毒蛇の巣窟に踏み込んでしまい 探しに来たハクと共に襲われる事に!
自分の所為で足を噛まれてしまったと謝るヨナに
生きる為に自分を使えば良いし その為にいるのだと!

城から逃げ出した後 人形のようになってしまったけれど
失くした簪を探しに自らの意思で動いたヨナ
何か繋ぎ止められるものがあるなら何でも良い、それが捨てきれない想いでも――…
スウォンは許せないけれど 何よりヨナには生きて欲しい、その思いから 簪を渡したハク
その頃、二人を探す事を諦め 今自分がすべきことを優先させるスウォン

人相描きが出回ってる可能性があり人里は危険だと判断したハクは
今 唯一頼れる場所、故郷である風の部族の風牙の都へヨナを連れて向かう事に!
…と言う事で、原作コミック1巻を消化って感じでしょうか
この先 ヨナに少しずつ変化も見えてくるし ここからの展開にしたいところです


NEXT⇒『風の部族』

      にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/60525701
http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2587-6ec34369
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/3469-d3fe4c6d
http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/651-d9b28bf8
関連記事
EDIT |  21:39 |  暁のヨナ【終】  | TB(6)  | CM(0) | Top↑
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2609-1d47f888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

第3話 遠い空 公式サイトから城を追われた王女・ヨナを守りながら山道を進むハク。だが、気力を失ったヨナは、ただハクのあとを歩くことしかできなくなっていた。弱る一方 のヨナを辛そうに見つめるハク。その脳裏に、幼い頃、ヨナ、スウォン、そして自分の3人で過ごした日々と、かつての親友と交わした言葉がよみがえる。何とかヨナに気力を取り戻して欲しいと願うハクだが、そんな中、ヨナが初めて、自分自身の意志で...
2014/10/22(水) 21:57:20 | ぬる~くまったりと
暁のヨナ 第3話「遠い空 感想(画像付) 気力を無くしたヨナがすがったのがスウォンの髪飾り。 ヨナが生きる力を出せるなら、切ないな…ハク。 裏切られてもまだ捨てきれないものがあるんですね。 城を追われた王女・ヨナを守りながら山道を進むハク。 だが、気力を失ったヨナは、ただハクのあとを歩くことしか できなくなっていた。 弱る一方 のヨナを辛そうに見つめるハク。...
2014/10/23(木) 00:03:51 | 空 と 夏 の 間 ...
今も昔もハクがイケメン! 回想ロリ時代の幼なじみ3人組。 無邪気で素直でかわいいのう(^^) スウォンはどこで道を間違えてしまったのやら… 国王は内に強さを秘めた人でした。 でも傍目には頼りないと思われてしまったか。 スウォンへの想いが捨てられないヨナちゃんが切ない。 ハクはどんな時もヨナちゃんを全力で守ってますね。 えちいシーンに遭遇しても冷静なのはワルロマの主人公と似...
2014/10/23(木) 04:06:41 | のらりんすけっち
暁のヨナ 第1話   ~ 第3話 遠い空 高華王国(こうかおうこく)の皇女ヨナは、優しい父王と幼馴染で護衛のハク達の元で大切に育てられていた。そんな中で迎えた16歳の誕生日、ヨナは従兄のスウォンへの恋心を彼との結婚に反対する父王にわかって貰おうとするが、その父を恋しいスウォンに殺されてしまう。嬉しい誕生日が一転して地獄に変わった。 FC2 Blog Ranking 人気ブロ...
2014/10/23(木) 04:32:57 | 動画共有アニメニュース
遠い日の思い出-----------!!大好きだったスウォンと、ハクの3人で過ごした日々。優しい父と幸せに囲まれていた緋龍城での日々は、最早夢幻・・・。ヨナは気力をなくし、ただハクに手...
2014/10/23(木) 07:55:08 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
あらすじ(公式HPから抜粋) 城を追われた王女・ヨナを守りながら山道を進むハク。だが、気力を失ったヨナは、ただハクのあとを歩くことしかできなくなっていた。弱る一方 のヨナを辛そうに見つめるハク。その脳裏に、幼い頃、ヨナ、スウォン、そして自分の3人で過ごした日々と、かつての親友と交わした言葉がよみ がえる。何とかヨナに気力を取り戻して欲しいと願うハクだが、そんな中、ヨナが初めて、自分自身...
2014/10/24(金) 00:23:48 | 悠遊自適
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。