--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2015.02.22 (Sun)

デス・パレード 第7話「アルコール・ポイズン」

「見てみたいの、人間の感情を持った裁定者 その裁定を――」
裁定の形は一つじゃなくても良いと考えるノーナ
デキムさんに人間の感情を…

Flyers 「デス・パレード」Blu-ray BOX【通常版】 デス・パレード クリアファイル デキム & 黒髪の女
【第7話 あらすじ】
毎晩のように繰り返し同じ夢を見る黒髪の女。クイーンデキムでその夢に出てくる絵本を見つけた女は、戸惑いながらもデキムに持ち主を尋ねる。絵本に心当たりがないデキムだったが、もしかするとクイーンデキムの元裁定者が忘れていったものではと言い出し……。
同じころ、ノーナの家に情報部に所属する友人・クイーンが訪れた。酒好きなクイーンは、早速ノーナと飲み始めるとデキムの様子はどうかと尋ねる。


冒頭はオクルスが裁定者に関して3つの説明をしてくれましたが
一つ、裁定者は裁定をする為に存在してるから裁定を辞める事は出来ない
二つ、裁定者は人間に近づいてしまうから死を体験する事は出来ない
三つ、裁定者は人形だから感情を知る事は出来ない

彼等が人間じゃないのは分かっていましたが、ホントに人形だったとは…
裁定のシステムを作ったオクルスが創った…と言う感じのでしょうか
人形と言いつつも 普通に人と同じ生活を送ってたり
人間を裁定する意味だったり まだ色々と気になるところです

相変らず同じ夢を見続けている黒髪の女性
いつもはお酒の本ばかり並んでいる本棚の中に見つけた一冊の絵本
思わず手に取るも、それが夢で見る絵本と同じだと気付いたところで
幼い頃 母親に読んでもらった記憶が甦り、既に自分が死んでる事も思い出しましたね
その事に関しては今回は触れずに終わったけど、その辺りの話も気になる…
絵本はクイーンデキムの前裁定者であるクイーンの忘れ物ではないかと言うデキムさん

そして、裁定者となった時のエピソードが語られる事に
クイーンが裁定者から情報部へ移動…って、裁定者って裁定辞められないんじゃ??
何やら事情があっての事みたいだけど、それでデキムさんが後を任されたと…
最後の試験として ゲームをする二人を極限状態にする為に
ノーナさんからスイッチを渡されたギンティとデキムさん
最後までスイッチを押さなかった理由を問われたデキムさんは
ゲームの間 彼等が何を考えているのかに気を取られていたと――

人間なんて馬鹿ばかり、極限状態を作り愚かな姿を楽しめば良いと言うギンティに対して
生を全うした人間を尊敬すると返すデキムさんだけど結局考えている事は分からずw
スイッチを使い極限状態を作り出す事で、彼らの抱えている闇が浮き彫りになり裁定し易いし
心の恐怖橋への恐怖だったり 生への渇望だったり、それをどう捉えるかは裁定者次第
裁定の形は一つじゃなくても良いと考えるノーナさんは
他の裁定者とはちょっと違ったデキムさんに興味を持ったようでw
そして、クイーンからは何でも良いから大事なものをつくれとアドバイスが…

情報部で忙しい日々を過ごすクイーンとお酒を飲むノーナさん
デキムさんは面白い裁定者になると思うけど 今のところ芳しくない
…って、裁定者に人間の感情を植え付けようとしてたのか
三つ目の決まりに背く事になりそうだけど、オクルスにバレたら面倒な事になりそうな(汗)
ノーナさんが何をしようとしてるのか気になるところです

デキムさんが大事にしているのは人形たち、反応に困る黒髪の女性だけど
この人形にも ちゃんと意味があったのですね
日々訪れるお客さんたちは裁定が終わると人形に戻る!?
生を全うした人間を尊敬しているデキムさんは、廃棄処分され何も無かった事にされたくないと
彼等の事を忘れない為にも 引き取って生前の様に…って
結局は一定期間すれば 記憶を消去されちゃうから思い出せないけど
形に残す事で少しでもって感じなのかな

前回、裁定が出来なかった事に苛立っているギンティ
裁定しなかった…訳では無く 出来なかったのか
今まで淡々と裁定していたけど、マユの行動を見て思うとこがあったのか苦悩する姿もなかなかw
暫くはマユに振り回されながら そのうち人間に対する考えも変わってくるのかな
日々多くの人間を裁定している裁定者たち
何の疑問も持たず、生きる事も死ぬ事も無くただ機械的に裁定する人形
死んだ事も無い自分達が 死んだ人間を裁定するなんておかしいと考えるノーナさんは
人間の感情を持った裁定者が下す裁定が見てみたいのだと――

黒髪の女性が作った食事をモグモグ食べてるデキムさんが可愛いなぁ
二人のやり取りが良いですね
感想を求められてから美味しいと言うデキムさんw
一緒に居る事で互いに影響を与えそうだし、二人がどう変化していくのか楽しみです

ノーナさんの前に現れたオクルスが怖過ぎる(汗)
最近遊んでくれないけど隠し事か…って、何だか気付いてるっぽいような~
絵本のことだったり、勘付かれてそうだし どうなるのか
元々時間が無いのだと、カストラに頼みマーカー付の裁定をデキムさんに回すよう手配
本来なら専用の裁定者が行う裁定のようだけど大丈夫なのかな
そして新たなお客様がクイーンデキムへ――!

と言う事で、今回は裁定者や裁定に関する話だったり
少しずつ世界観も見えてきた感じですが
何の為の裁定なのか まだまだ気になる事が多いですね
今後の展開に期待です!


NEXT⇒『デス・ラリー』
次回のキャストが豪華過ぎるw

        にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/3695-674fe4fb
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/61173929
関連記事
EDIT |  20:28 |  デス・パレード【終】  | TB(3)  | CM(0) | Top↑
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2674-c7e4313f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

第7話 アルコール・ポイズン 公式サイトから毎晩のように繰り返し同じ夢を見る黒髪の女。クイーンデキムでその夢に出てくる絵本を見つけた女は、戸惑いながらもデキムに持ち主を尋ねる。絵本に心当たりがないデキムだったが、もしかするとクイーンデキムの元裁定者が忘れていったものではと言い出し……。同じころ、ノーナの家に情報部に所属する友人・ク イーンが訪れた。酒好きなクイーンは、早速ノーナと飲み始めると...
2015/02/22(日) 22:04:56 | ぬる~くまったりと
オクルスさんが一人で裁定者について語ってくれましたね。ひとつ 裁定者は裁定を辞めることができない。      裁定をするために存在しているから。ふたつ 裁定者は死を経験できない。      人間に近づいてしまうから。みっつ 裁定者は感情を知ることはできない。      彼らは人形だから。え~~~~~!!! 裁定者みんな人形だったんですか!?めっちゃいい出来ですよね(^^; でも、人...
2015/02/23(月) 01:19:45 | 薔薇色のつぶやき  別館
第7話「アルコール・ポイズン」 ひとつ、裁定者は裁定を辞める事ができない そのために存在しているから ふたつ、裁定者は死を経験できない 人間に近づいてしまうから みっつ、裁定者は感情を知ることが出来ない 彼らは人形だから
2015/02/23(月) 12:11:07 | いま、お茶いれますね
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。