--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2015.03.20 (Fri)

暁のヨナ 第23話「誓いの朝」

「明日阿波を発つ、一緒について来てくれる?」
阿波を発つヨナ達!
そしてジェハは――

暁のヨナ 17 (花とゆめCOMICS) 【Amazon.co.jp限定】暁のヨナVol.1(クリアブックマーカー付) [Blu-ray]アニメ「暁のヨナ」オリジナル・サウンドトラック
【第23話 あらすじ】
戦いに勝利し街中に希望が戻った阿波では、街の人々と海賊たちが盛大な祝いの宴を開いていた。そんな中、ジェハはある決意を固める。そしてヨナは阿波を発つことを決め、ハクや仲間たちにそのことを伝えるのだった。思い出深い阿波からいよいよヨナたちが旅立つときが来た。お互いに別れを惜しむ一行と阿波の人々。だがその中にジェハの姿はなく……。一方、地の部族の各地を視察していたスウォンは、その目的を全て果たし、緋龍城へと帰ることにする。

ヤン・クムジから解放され自由を取り戻した阿波
街を歩いて回っていたヨナの前に現れたのはスウォン――!
思わぬ再会に両者とも驚きを隠せず…
ヨナはまだ複雑な思いもあるし、スウォンにとってはテジュンから亡くなったと聞いてたから
偶然とはいえこうやって顔を合わせるのはって感じですよね
半信半疑になりながらもヨナが本物だと確信したスウォンは
こうして無事なのはハクが側で守っているのだろうと…

ジュド将軍に見つかりそうになり、とっさに外套でヨナの姿を隠したスウォン!
大人しく庇われていたヨナだけど、腰の剣を見て思わず手を伸ばすも…
それをさり気なく制止しながら ジュド将軍と話を続けた後に
自分を憎いと思うのは当然だ言うスウォンは、それでも今はまだ死ぬ訳にはいかないのだと
やるべき事への覚悟も感じるけど、失うものも多そうな感じですよね
頬に触れようとした手を戻し別れを告げて去る姿を ただ見ている事しか出来なかったヨナは
嗚咽を堪えられずその場に泣き崩れることに…
姿が見えず探していたハクは その声を聞き駆け付けるも
すぐに何があったのか察したようですね、スウォンの去って行った方へ鋭い視線を向ける!

各地を視察する目的を果たしたスウォンは緋龍城へ戻る事に
原作ではこの後にグンテ将軍に会いに…だけど
アニメでは先に行っちゃったから城に戻る流れですね
偶然の再会をした後、いつも通りに振る舞おうとして空回っているヨナの姿が…
人前で着替えようとしたり かなり重症な感じで(苦笑)
そんなヨナをフォローするハクの手にはしっかり大刀が握られ
クムジとの戦いの後なのに平和ボケしていたと険しい表情を!
ハクの見据えた視線の先に居る人物に興味を持ちながら哀しい殺気だと…

結局いまだに捨てられず持っているスウォンからもらった簪
色々と思うとこはあるけれど、このまま感傷に浸っても居られないし
自分のすべき事の為に 今は前を向くしかない――
緋龍城を出てからを振り返るヨナに、護衛として傍に居るから何かあったら呼べと言うハク
阿波を発つから一緒に来てと袖を掴まれ、はいよって返すのが良いなぁ
そして、密かに見ていた他のメンバー達がw

阿波での最後の夜を楽しむヨナ達、前回カットされたシーンはここで入れてきましたね
危なっかしくて力が無くて面倒だし、こんなとこまで自分を探しに来て迷惑だと言いつつも
ヨナの手を掴み傍に居て欲しいと引き留めるジェハとヨナのシーン好きだなぁw
そして、海賊たちにとっても最後の宴――
皆は猟師に戻るけれど、ジェハは街を出て行くと感じ取っていたようで…
そんなメンバーが 大好きだと言うジェハは、本当に家族の様に大事に思っているのだなと

ギガン船長とジェハの関係も良いですね
自分にとっては理想の女性であり、50年早く生まれていたらって
確かにギガン船長は良い女ですし本気で口説きたかったんだろうなぁw
ヨナの素性に関しては二人とも気付いてる感じでしたね
一緒について行くのは厳しいし、龍の宿命かどうか分からない
それでも自分の目の届くところにいてくれないと落ち着かないと言うジェハ
もう帰って来るなと毒舌のギガン船長だけど、口説き文句の一つでもひっさげて来いとか
何だかんだ言いつつ大切に思っているのが感じられて良いなぁ

翌朝、ギガン船長と海賊の皆に見送られながら泡を旅立つヨナ達
船が必要になったらいつでも用意してやると頼もしい言葉と共に
貴重な千樹草を持たせながら、体の心配までしてくれるギガン船長
ヨナにとっては ホントお母さんって感じですよね
寂しさのあまり思わず泣きつくシーンが良かったです
今回、2回涙を流していたヨナだけど、その理由が対照的なのがまた印象的だなと

ジェハに別れを言えなかったのが心残りだと言うヨナだけど…
実は一緒について来ていたジェハ!
泣きながら自分を探すヨナの姿を見てたら興奮したとかw
四龍の宿命なんて関係無いし
今までもこれからも自分で選び進んだ道を行くだけ、何も自分の美学に反してはいない
今はただヨナを放っては置けないから一緒に連れて行って欲しいと!

改めてメンバーに自己紹介をするジェハ!
これでようやくジェハが仲間になって四龍のうち3人が揃いましたね
残るは黄龍のゼノだけですが、最終話での登場
まぁ、ここまでは予想通りな感じでしょうか
2クールならやはり四龍揃うところまでですよねw
最後まで原作通り丁寧に描いてくれる事を楽しみにしたいと思います


NEXT⇒『これから』

        にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://animedouganews.blog44.fc2.com/tb.php/2587-6ec34369
http://norarincasa.blog98.fc2.com/tb.php/3891-8df51a9f
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/61299271
http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/899-0f51dc8b
http://104bk.blog.fc2.com/tb.php/3685-ac48b609
関連記事
EDIT |  20:36 |  暁のヨナ【終】  | TB(5)  | CM(0) | Top↑
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2689-8e447a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

暁のヨナ 第1話   ~ 第23話 誓いの朝 高華王国(こうかおうこく)の皇女ヨナは、優しい父王と幼馴染で護衛のハク達の元で大切に育てられていた。そんな中で迎えた16歳の誕生日、ヨナは従兄のスウォンへの恋心を彼との結婚に反対する父王にわかって貰おうとするが、その父を恋しいスウォンに殺されてしまう。嬉しい誕生日が一転して地獄に変わった。 FC2 Blog Ranking 人気ブ...
2015/03/20(金) 20:47:24 | 動画共有アニメニュース
第23話 誓いの朝 公式サイトから戦いに勝利し街中に希望が戻った阿波では、街の人々と海賊たちが盛大な祝いの宴を開いていた。そんな中、ジェハはある決意を固める。そしてヨナは阿波を発つことを決め、ハクや仲間たちにそのことを伝えるのだった。 思い出深い阿波からいよいよヨナたちが旅立つときが来た。お互いに別れを惜しむ一行と阿波の人々。だがその中にジェハの姿はなく……。 一方、地の部族の各地を視察して...
2015/03/20(金) 20:54:20 | ぬる~くまったりと
あらすじ(公式HPから抜粋) 戦いに勝利し街中に希望が戻った阿波では、街の人々と海賊たちが盛大な祝いの宴を開いていた。そんな中、ジェハはある決意を固める。そしてヨナは阿波を発つことを決め、ハクや仲間たちにそのことを伝えるのだった。 思い出深い阿波からいよいよヨナたちが旅立つときが来た。お互いに別れを惜しむ一行と阿波の人々。だがその中にジェハの姿はなく……。 一方、地の部族の各地を視...
2015/03/21(土) 00:35:17 | 悠遊自適
今回も盛りだくさんでした!! スウォンとの再会のシーンはとっても丁寧な作りで大満足!! お互いに驚くスウォンとヨナ。 亡くなったと報告を受けたヨナが生きていたことを信じられないと思うと 同時に少なからずスウォンはそれを嬉しく思ったのでは・・・ が、目の前のヨナの様子から幻ではなく本物のヨナで、そして自分は ヨナから怨まれているのだということを再確認。どうしてヨナが阿波の街にい...
2015/03/21(土) 01:10:42 | 薔薇色のつぶやき  別館
再会は突然に、ヨナたんとスウォン。 忘れたくても忘れられない想い人。 しかし父の敵。 これは平常心ではいられませんわ… スウォンはお忍び調査で阿波の国へ。 やはりクムジの情報は耳に入ってたか。 機転を利かせて場を取り繕ったスウォン。 それにしてもよくしのいだな。 ヨナたんの気持ちを汲み取りつつ、我が選んだ道へ。 重い十字架を背負い続ける覚悟とともに。 去っていくス...
2015/03/21(土) 03:38:51 | のらりんすけっち
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。