--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2015.08.11 (Tue)

GANGSTA. 第6話「THORN」

「こんな場所だ、なるようにしかなるまいよ この街は」
エルガストルムの均衡を崩そうとしているコルシュカ
四大父を巻き込む不穏な動き――

Renegade(アニメ盤) GANGSTA.: オリジナルノベル (新潮文庫nex) GANGSTA. 2 (特装限定版) [Blu-ray]
【第6話 あらすじ】
テオ医院で、ダグとの戦闘の傷を治療するニコラス。テオが不在にもかかわらず、適切な治療を施すニナの手腕に感心するウォリックは、 四大父を巻き込んだ不穏な空気がエルガストルムを包んでいることを感じていた。

コルシュカの狙いはモンローさんではなく、傘下のクリスチアーノ・ファミリー
手柄欲しさに独断専行で黄昏種を雇い襲撃させた下っ端から話を聞いたウォリック
生かして帰しても棄てられる、これも優しさですね
今回の襲撃で犠牲になった部下の遺体をチャドさんから返してもらい葬るモンローさん
ダグに襲われ負傷したデリコは結局病院へは行かずヤンに縫合してもらったようで…
この辺りのモンローさんとのやり取り、今思えば…って感じなのが(汗)

コルシュカが本当にクリスチアーノを狙っているなら全面戦争になる――
しかしこの街では なるようにしかならないと冷静なモンローさん
そして、その裏ではイヴァンがコルシュカと密会し暗躍を…
廃工場の一件はコルシュカの命令、そしてイヴァンも関わっていたようで
賄賂を渡し捜査を難航させたりとチャドさんの動きにも警戒してましたね

パウルクレイさんにダウナーを撃ち込まれたニックを担いでテオ病院へ運んだウォリック
ニナの治療を受けるも、通常の3倍の濃度のダウナーだから すぐには動けず…
法廷濃度は1.5倍だけど パウルクレイさんのは特別製w
そんなのを4発喰らったダグだけど、人によって耐性が違うのだとか
予め準備してたのはウォリックの声が聞こえたと言うニナだけど
どうしてウォリックの声だけは聞こえるのか気になるところです

目を覚ましたニックに何度も〝命令〟なんて言わせるなと言うウォリック
コルシュカがクリスチアーノを取り込みエルガストルムの均衡を崩そうとしている――
チャドさんに見せてもらった資料から 廃工場の死体遺棄事件の被害者が黄昏種だと気付き
確実にコルシュカが関わっているし、どう転ぶにしても要になるのはモンローさん
クリスチアーノを傘下に置き、黄昏種擁護派ですからね…
モンローさんには世話になったし 手出しはさせない
この一件に関わる事になりそうだし、便利屋としての立場も色々変わってきそうです
いくら頑張っても黄昏種は生き残れないと言うニックが…

今回も間に過去のエピソードが入る形になってましたが
原作よりも端折られていたけど、やはりこうして見るとキツイですね(汗)
反抗出来ないように発作が起きないぎりぎりのセレブレを与えられていたニック
隊長が娼婦を孕ませて出来た子で、金になるまで生きていれば売るつもりとか…
立場は違うけど 似たような境遇のウォリックとニックの奇妙な関係
どちらかと言うとウォリックの方が…って感じですけど

辛くないのか、何で逃げないのか、どうして平気な顔が出来るのか
〝どうして〟って思わないのか――
これはアレックスがウォリックに尋ねた言葉でもありますよね
街では反黄昏種運動の暴動が激化、それに伴った黄昏種狩りが増加
事態収拾のために政府が傭兵隊を招集、ニックも傭兵として参戦
帰りを待っていたウォリックのシーンだったり
途中端折られているから アニメだけだとちょっと分かり難い感じですかね

電話に出ないアレックスを心配して事務所に戻ったウォリック
そこには引っ掻き傷を作ったテオ先生の姿が!
意識がぼうっとして記憶が曖昧、睡眠も少ないと言う症状を報告していたから
もし当たりなら そろそろ頃合いだと様子を見に来てくれていた先生
アレックスの症状は女を従順にさせるピルの典型的な症状
通称TB(トァブ)、持続性は高いけど毒性は無く依存性も低い
ただ、効果が薄まると一時的に重い幻覚症状に襲われ自殺する者が多いのだとか
幻覚から逃れる為に、誰かに与えられた環境や物に異常に縋り始める
それがまったく意味が無いものでも…って、先生が渡した白紙の意味はそういう事

最近は良くなったと油断していたウォリックが探しに出ると、客を取ったアレックスが…
ベルトに手をかけてきた彼女を正気に戻そうと 頭突きを喰らわせるけど
逆に思いっきりダメージを与えられたウォリックが(苦笑)
バリーの幻影に怯えるアレックスに、誰がやったと思ってるのかと安心させるウォリック
この後、普通に一日の愚痴を言ったりするのが良いですよね
取りあえずアレックスに関しては これで完全に症状も治まったかな

原作コミック2巻と、3巻の過去エピソードの一部を消化
過去エピソードに関しては 今後も間に挟んでいく形になるのでしょうか


NEXT⇒『BIRTH』

        にほんブログ村 漫画アニメブログへ

http://84870.blog13.fc2.com/tb.php/3838-09aaaa5a
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222433/62055594

関連記事
EDIT |  20:42 |  GANGSTA.【終】  | TB(2)  | CM(0) | Top↑
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/2744-82a7fe11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

第6話「THORN」 モンローを襲ったのはコルシュカ・ファミリーの下っ端ども。 しかしコルシュカの目的はモンローではなく、ファミリーの傘下にあるクリスチアーノ・ファミリー。 薬に特化したファミリーのようですが、コルシュカの狙いはどこにあるんでしょう。
2015/08/11(火) 21:08:15 | いま、お茶いれますね
Act. 06 THORN コルシュカはクリスチアーノ・ファミリーを狙っている。それを聞いてトワイライトを雇って独断専行した コルシュカの若い部下だった。 モンローは失くなった部下の遺体をチャド刑事から 引き受けて葬儀を執り行う。デリコは負傷を押して警護しているので、テオ先生に 治療してもらえと怒鳴りつける。 ニナの治療でニコラスは無事、通常の3倍の濃度の ダウナーを打ち込まれていたらしい。...
2015/08/11(火) 21:15:33 | ぬる~くまったりと
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。