2006.12.08 (Fri)

幕末機関説 いろはにほへと 第10話「上野陥つ」

本日より、第10話「上野陥つ」の配信開始ですっ!!
第9話「黒猫哭く」は12月15日正午迄
第10話「上野陥つ」は12月22正午迄

沖田さんの最期を看取る耀次郎・・・
そしてまた蒼鉄さんが動き出しましたよ!

感想は続きからどうぞ!

幕末機関説 いろはにほへと 1幕末機関説 いろはにほへと 1
浪川大輔 佐藤利奈 井上和彦
バンダイビジュアル 2007-01-26

by G-Tools

【More・・・】

【第10話 あらすじ】
慶応四年五月十五日、未明。上野・寛永寺において遂に、彰義隊と東征軍とがぶつかり合う!
戦場に向かおうとする沖田を必死に食い止めようとする耀次郎。
その頃、東征軍の新型兵器と共に、おりょうもまた江戸へと辿り着く。
戦火に煙る上野山を見上げ、嘆くおりょう。
降りしきる雨の中、死に場所を求め虚ろに揺れる沖田の視線の向こうで、
怪しい黒猫が死を誘うかのように、不気味に鳴くのだった…。



おりょうさんは入れ違いになった耀次郎を追って江戸へっ!
見送りに来ていた赫乃丈に一緒に江戸へ行かないかと誘うおりょうさん
「もう一度 耀さんに会いたくないのかい?
あんた、自分の気持ちに気付いてなかったんだね」

会ったばかりのおりょうさんも気付くぐらい、赫乃丈の気持ちは
表に出てたのか! やっぱり耀次郎に惚れてるのね(笑)

でも赫乃丈にはその自覚は無い?
針尾との戦いの時とか思いっ切り意識してるぽっかったけどなぁ(苦笑)

おりょうさんの誘いを断って横浜に残った赫乃丈・・・
まだ自分の気持ちが良く判らないのかな?

一座のメンバーも、それぞれ台詞(?)を言っていたりと
仇討ちが終わり 舞台に立つ事も必要無くなって少し寂しげ?
そんなメンバーを一人一人見て回る赫乃丈・・
恵比須君の包帯とった姿見れるかと思ったけど見れなかった(苦笑)
不知火は相変わらず琴波さんの所に行ってるようですね(笑)


「仇討ちは終った・・・ 決めたよ私は、今日を限りに解くよ」
そして遂に赫乃丈から、一座解散の決意が・・・
仕方ないと思いながらも、複雑なようですね


その頃、江戸では雨の中を戦場に向かう沖田さんの姿が・・・
しかも刀を抜き身のまま持ち歩いてるし!(汗)
ただでさえ顔色わるいのに余計具合悪くなるよ・・・
「待って下さい沖田さん! 気持ちは解りますがその体では・・・」
耀次郎が止めに来たー!!!
・・・何だか登場仕方が凄かった・・一体何処から?(苦笑)

「行かせてくれ 秋月君! 退けっ! 邪魔立てするなら 斬る!」
自分が行っても足手纏いになる事は解りながら、それでも行くと言う沖田さん・・
止めに入った耀次郎に向かって斬りかかって来たー!!

勿論、本気で戦う事の出来ない耀次郎は苦悩の表情・・
沖田さんの攻撃を受けるだけで、最後は柄で一撃を入れて
気を失わせるだけの耀次郎!

この時の耀次郎の表情が良いー!!(ぇ/笑)


高麗の聖天さまも、相変わらずですね・・ 情報だけは常に入ってるようですが(苦笑)
「あの子も、この戦も どこかでアレに――」
「『首』に動かされている、と?」
「・・・飯にしようか?」

って、いつも飯の事しか考えて無いのかっ!?(笑)
とりあえず、何らかの形で常に『覇者の首』は付いて回ってるようですね




戦いは、アームストロング型 後装施条砲の投入で一気に東征軍へと流れが傾き
そのまま東征軍の勝利で戦いは終わった――



耀次郎は沖田さんを連れて、屋敷へ戻ってましたが
ますます沖田さんの顔色が悪くなってますね・・
「秋月君 頼みがある・・ もう一度俺とたち合ってくれ
ただし、この間のような手加減は無しだ あの時、俺も手加減はしなかった」

あの時=佐藤道場での稽古の事!
耀次郎と沖田さんどちらが勝ったのか気になってたのですが
あの時はやっぱり沖田さんが勝ったんですね(笑)

耀次郎vs沖田さん
今度は耀次郎が勝ちました! まぁ沖田さん弱ってますから・・
吐血した沖田さんに、医者を呼びに行く耀次郎!

沖田さんの前に現れた黒猫――
黒猫と東征軍の人が重なって見えるシーンが印象的でした
東征軍に見つかり、斬られそうになった沖田さんを助けたのは
勿論、耀次郎っ!!!
 

そして沖田さんの最期――
「秋月、あの黒猫はまた来ているだろうな・・」
「・・はい、来ています」
「秋月、もしも歳さんに会う事があったら、頼む 伝えてくれ
『先に行っている、近藤先生と待っているから』と――」

沖田さーんっ!!!!(涙)
同時に落ちる羽織が何とも切ないです・・・(涙)
耀次郎が黒猫が来てると言ったのは沖田さんを思ってなのかな・・?
この先、耀次郎が土方さんと会う事はあるのか?
泣きそうになってる耀次郎の表情が良いです!(ぇ/笑)


やっと辿り着いたかと思ったら、一足違いでまたしても耀次郎に会えないおりょうさん
・・・こうなると、絶対会えないようになってるみたいですね(苦笑)
そんなおりょうさんに声をかけて来たのは――
「おりょう殿 茨木蒼鉄です」
蒼鉄さん出た―!! やっぱり江戸に来てたのか!(笑)
何やら火急の用事を頼んでますが・・一体何を?

で、おりょうさんが向かった先は赫乃丈一座!!
何と蒼鉄さん新作を書いていたー!
今度は一座に何をやらせるつもりですか先生!(汗)

先生の新作に驚く不知火達!
「な、何だって? 中居屋が生きてるっ!?」
マジですか! 倒したにしてはアッサリ過ぎると思ったらやっぱり・・(苦笑)
でも、確かに倒れていたのにどう言う事なんですかね?
「遊山赫乃丈一座の仇討ち芝居、次の幕は江戸で開けるよ!」
って事で、赫乃丈達も江戸へ!!

結局 耀次郎に会えなかったおりょうさんは赫乃丈に
“坂本龍馬の言葉”を託す事に・・・
「何か同じ匂いがするんだよ、あんたと耀さんて・・」
・・この言葉が気になりました! やはり赫乃丈と耀次郎って何か関係あるのかな?
前にも赫乃丈が口ずさんでいた歌に耀次郎が反応してるみたいだったし・・
オープニングで赫乃丈が同じデザインの白い月涙刀を持ってるのも気になるんですよね

舞台は江戸へ!!
・・・左京之介はどうしてるの?(笑)

NEXT⇒『一座ふたたび仮櫓(かりやぐら)』
首討ち忌憚 怨霊封じ 月涙の刺客
ちょっ!! 蒼鉄さん・・これって耀次郎の事では?
次の標的は耀次郎ですか!?



にほんブログ村 漫画アニメブログへ   
↑それぞれ参加しています。良かったら応援下さい!
ブログ作成の意欲になります・・。
関連記事
EDIT |  23:15 |  幕末機関説いろはにほへと【終】  | TB(10)  | CM(0) | Top↑
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/355-bc9097b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

第十話「上野陥つ」(12月22日正午まで配信)慶応四年五月十五日、未明。上野・寛永寺において遂に、彰義隊と東征軍とがぶつかり合う!戦場に向かおうとする沖田を必死に食い止めようとする耀次郎。その頃、東征軍の新型兵器と共に、おりょうもまた江戸へと辿り着く。..
2006/12/09(土) 05:40:26 | 日々“是”精進!
第10話「上野陥つ」雨の中を戦場へと向かう沖田。燿次郎はそんな沖田を見つけて植木屋へ連れ帰る。上野が陥ち・・・沖田も・・・ニャォ~~~ン!「動かねば 闇にへだつや 花と水」?    by沖田総司にゃんおりょうは植木屋へ訪ねてきたが、一足遅く、
2006/12/09(土) 13:47:51 | 孤狼Nachtwanderung
蒼鉄は坂本龍馬とも知り合いだったのか・・・ 秋月といい蒼鉄といい、すごい知り合い
2006/12/09(土) 13:58:28 | 超・戯れ言
{{{:  '''第10話「上野陥つ」'''慶応四年五月十五日、未明。上野・寛永寺において遂に、彰義隊と東征軍とがぶつかり合う!戦場に向かおうとする沖田を必死に食い止めようとする耀次郎。その頃、東征軍の新型兵器と共に、おりょうもまた江戸へと
2006/12/09(土) 22:48:54 | 七転び八起き妄想日記
だんだら模様の羽織が陥ちたとき。
2006/12/09(土) 23:57:56 | LUNE BLOG
「早すぎたよ、龍さん。龍さんが生きていたら、こんなことには…!」本当に龍馬が暗殺されなかったら、歴史は変わってたんでしょうね。 で、今回は上野戦争。その歴史の裏で耀次郎たちは…みたいな展開でした。彰義隊と東征軍の戦いが激化する中、沖田総司もそこを死に場...
2006/12/09(土) 23:59:05 | はざまの欠片
中居屋が生きていた!!・・・まあ予想通りの展開ですが、中居屋は何度か死んで生き返っているというようのことを以前言っていた気がするのですがこれもやはり首が絡んでいることなのでしょうか。 ↓ 
2006/12/10(日) 01:39:33 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
 ついに火蓋が切られた上野戦争。そこに死に場所を求めて行こうとする沖田を、耀次郎
2006/12/10(日) 11:02:09 | 時代伝奇夢中道 主水血笑録
おりょうさん旅立つ。赫乃丈に一緒にこないか誘うけど赫乃丈は残留。おりょうさんは赫
2006/12/10(日) 19:41:42 | 海星家(みほしや)
幕末機関説 いろはにほへと第10話 上野陥つ
2007/01/23(火) 12:31:05 | kasumidokiの日記
 | HOME |