--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.12.29 (Fri)

幕末機関説 いろはにほへと 第13話「覇者の首入魂」

遂に本日12月29日から、2007年1月12日正午迄
第1話から最新第13まで 一挙公開スタートですっ!!!

まだ見てない人はこの機会に是非見て下さい~!!


↓クリックで飛べます!
GyaO 「幕末機関説いろはにほへと」
公式ブログ 「幕末機関説いろはにほへと」

第13話「覇者の首入魂」の感想は続きからどうぞ!

幕末機関説 いろはにほへと 1幕末機関説 いろはにほへと 1
浪川大輔 佐藤利奈 井上和彦
バンダイビジュアル 2007-01-26

by G-Tools

【More・・・】

【第13話 あらすじ】
蒼鉄から届いた新たな台本。そこには、役者として中居屋重兵衛、
秋月耀次郎の名が記されていた。驚く一同。果たしてふたりは舞台に上がるのか?
その頃、英国公使パークスは、四人の兵士たちに「覇者の首」破壊の命令を下していた。
一方、海上では、出航を前に、榎本武揚が最後の決断を下しかねていた。
品川沖を舞台に、一座本懐の仇討ち舞台、
そして「覇者の首」封印の瞬間(とき)が訪れようとしていた――!



蒼鉄さんから台本も届き、第二夜の宣伝をする赫乃丈一座のメンバー!!
「待ってるぜぃ!!」って言う不知火@諏訪部さんボイスが堪らん!(笑)

さて その届いた台本、やはり永遠の刺客役には耀次郎の名前が!
そして中居屋は中居屋本人が!

それはともかく、本人が果たして舞台に出るのか・・
蒼鉄さんは一体どんな仕掛けを!?

それと、大英帝国サイドで不穏な動きがっ!!!
パークスさんが密かに 非公式で何やら作戦を・・・・

ナイト・ルーク・クイーン・ヴィショップと言うコードネームで呼ばれる兵士達
コードネーム・ルークの人がちょっと気になった(笑)

榎本さんの艦にいる蒼鉄さん・・・ 今回も怪しいですよ! って毎回ですけど(苦笑)

甲板から足を浮かせ、身を乗り出してる榎本さんの事を
突き落とすんじゃないかと心配しちゃいました
だって、何だか今にも落としそうな感じが・・・凄い顔して、手を握り締めたし(苦笑)

でも直ぐ傍にジュール・ブリュネが様子を窺ってましたけどね

蒼鉄さんは直ぐにでも艦を出航させたいようでイラついてる感じ?
それとは反対に「いくらでも待ちましょう」と余裕な中居屋・・

そして、今回も左京之介登場――!!!!
愁いの表情を浮かべてるも良いなぁ!
って思ってたら、懐中時計の母親(赫乃丈似)の写真を見てたのか左京之介


遂に左京之介の右目の眼帯の秘密が明らかに―っ!!!!
母親の乗った馬車を追いかけて、飛んで来た石(?)が直撃――!?
・・・これが理由ですか・・うーん 何て言うかもっと凄い事かと思ってた(苦笑)
雨の中、馬車を必死に追いかける左京之介が・・・(涙)
小さい左京之介が可愛いなぁ!


左京之介の母は太夫、父親は確かイギリス海軍の中佐でしたよね
・・・この馬車に乗ってる男の人は父親では無さそうですが・・
母親を連れて行っちゃった・・って事ですか?
赫乃丈とは何かしら関係あるのか・・気になるところですね・・



その頃、耀次郎は――
「えっ!? 出て下さるのですか? 私達の芝居に」
「だが、芝居に興味があるわけでは・・」
ホントに舞台に立つ――!!!!
あぁ ついに出ちゃうのね(笑)


耀次郎の目的はあくまでも、蒼鉄さんが持っている『覇者の首』
「結局、私達の仇討ちも、秋月様が此処にいらっしゃるのも――」
「全て茨木蒼鉄の筋書き」
たとえ、全て蒼鉄さんの思惑通りに進もうとも、首を優先するって事ですか


台本を手に出て行く耀次郎・・
「まさか 秋月様、先生をっ!?」
「――必要とあらば・・」
赫乃丈は蒼鉄さんと耀次郎が戦うのを良く思ってないようですね、
でも耀次郎は、首が関わっている以上 容赦はしないと・・



そして 第二夜の幕が開かれる――
今回も観覧席には勝さんと琴波さん、パークスの姿も!

同じ頃、蒼鉄さんが怪しく動き出しましたよっ!!(笑)
・・・この人、会場に作った舞台に首を隠してた――!!!
でもその場面を中居屋&左京之介にウッカリ見られた蒼鉄さん(苦笑)
首を渡せと言う中居屋、代わりに北へ運んでやると・・・


「真の使い様を知らぬ者に、これを持つ意義は無い」
と断る蒼鉄さん 真の使い様って・・・
この『覇者の首』の真の使い方を蒼鉄さんは知っている??
ホント一体何者なの貴方はっ!!(苦笑)


「これからだ・・ 我が芝居の山場は――」
うわっ! もの凄い黒い表情になってますよセンセ!!
もうホントこの人の考えが解らないよ!



その頃、舞台は盛り上がってきてましたよっ!!
中居屋の企てを阻止する場面!
「そうはさせぬ、我等が! そして、永遠の刺客が!!」
ライトを背に浴びて、耀次郎が遂に舞台に登場ですよっ!!!


そして蒼鉄さんと中居屋のやり取りも盛り上がりを見せる!(笑)
山場も何も、見れなければ意味が無いと言う中居屋に
「見る必要など無い、此処こそ 我が舞台の最後の場なれば――」
不敵な表情の蒼鉄さん!!(笑)


左京之介の発砲で蒼鉄さんの髪がちょっと切れたー!!
思わず髪がっ! って取り乱したら面白いのに(ぉぃ)
でも左京之介を見る蒼鉄さんの目が怖いよっ!!!(汗)


そして舞台では、遂に耀次郎の出番っ!!!
って、別にセリフがあるとかじゃ無いのね(苦笑)
舞台にかけてある布を一気に月涙刀で切り裂く耀次郎っ!!!


何とその先には、蒼鉄さんと中居屋 そして左京之介がいる
海上の舞台へと続いていた――っ!!!!

ちょっ!! 蒼鉄さん! 貴方いつの間にこんな仕掛けを!?

更に、海上の舞台へと向かい次々とロウソクに火が点いていく!!!
うはっ! 何この演出はっ!!(笑)
・・・って、海に沈んでたロウソクに火は点かないと思うんだけどなぁ・・(苦笑)
海上を照らしていくロウソクの火は星の形を描き出す!!
この星の形って何か意味があるのかな??


・・・中居屋は中居屋が演じる と言ういうのは舞台に上がらせる
と言うよりも、中居屋のいる所を舞台にしようって事ですか

その隙に、左京之介は『覇者の首』を取ってました!!

その首を中居屋へ・・・は渡さず
「降りろ」と銃口を突きつけた―!!
「遂に正体を表しましたか、パークスの・・ いや、大英帝国の飼犬めが」
飼犬発言されちゃった(笑)


そこへ耀次郎が上から来た――!!!
左京之介と一緒にそのまま海へダイブしちゃったよ!!(笑)


更に赫乃丈も来た―!!
蒼鉄さんとすれ違うシーン、何だか妙にドキドキしちゃったのは何でだろう?(笑)
とりあえず、今までのように信用してるって訳では無さそうですね
船を使い耀次郎の所へ!!


中居屋へ『覇者の首』が渡った為に、幻影兵士が出現っ!
一人で首をもって逃げようとしたけど・・・
もちろん、それを耀次郎が見逃すはずが無い!!
船の縁に手をかけて上がってきた―!!


ここで、パークスの命で密かに行動していた、4人の兵士が動きましたよ!!
台場から大砲を撃ってきたー!!!
中居屋と耀次郎が乗っていた船目掛けて飛んで来たけど
耀次郎は赫乃丈の船へ飛び乗り無事でした!

赫乃丈を庇って、覆い被さってる感じになってる耀次郎
そんな様子を見た左京之介は、母親を奪っていった男を思い出した?
・・・赫乃丈に 母親を重ねて見てるわけですか・・?


船が大きく揺れる為、耀次郎の腰にしがみ付く赫乃丈!!
ちょっ!! 私も耀次郎の腰にしがみ付きたい!!!(ダマレ)


観客は演出の一部だと思って盛り上がってますが――
「我が大英帝国以外の手に落ちるくらいなら、いっその事・・」
と何やら不穏な事を言うパークス!
誰かに取られるくらいなら壊してしまえって事ですかっ!(汗)



中居屋の乗る船目掛けてやってきたのは、恵比須!!!
鎖の武器で中居屋を縛り付けた――!!
と思ったら、再び大砲が中居屋目掛けて飛んで来たよ!!
そのまま攻撃を受け、中居屋と共に恵比須がっ!!!!(涙)
ちょっ! 何この展開!! まさか一座の方から犠牲者が出るとは・・・・
中居屋はこれで本当に死んだのかな・・?
前回の事もあるからイマイチ信じられないんですけど、
もし生きていたら、恵比須が可哀相過ぎるよ・・・(涙)


そして、落ちた首を必死に取りに行く左京之介!!
だけど耀次郎の方が早かったっ!!(笑)

「封印っ!!」
ツボごと月涙刀で斬り付ける耀次郎っ!!
目が青く光った―!!


って言うか、封印出来てない!?
中から首が飛び出してきちゃったよ!!!!(汗)
そして、榎本さんがいる艦へと向かって行った―!!


「負け戦にはさせんぞ、断じてさせんぞ―っ!!」
って叫ぶ榎本さんに、そのまま取り憑いちゃったよ!?
まさか榎本さんに憑くなんて!!(驚)


しかもいつのまにか蒼鉄さんが居るよっ!!
ちょっ! 貴方いつのまに・・・
まさかこれも蒼鉄さんの筋書き通り、なんて言わないですよね?(汗)


首が憑いた榎本さんの指示で艦隊は北へと出航!!
その様子を見て、口元ニヤリ・・な蒼鉄さん!!
今度は一体何を考えてるんですかっ!?


一部始終をみてた勝さん・・・ 榎本さんの事心配してるようですが
勝さんも動いてくるのかな? パークスの方も気になる・・

『覇者の首』を封印出来なかった耀次郎・・
今後は首が憑いた榎本さんを追って行くって事ですか・・



NEXT⇒『北へ』
耀次郎は北へ!! そして赫乃丈も後を付いて行く!?
北・・と言う事は、土方さんも出てくる可能性あり??



にほんブログ村 漫画アニメブログへ   
↑それぞれ参加しています。良かったら応援下さい!
ブログ作成の意欲になります・・。
関連記事
EDIT |  22:11 |  幕末機関説いろはにほへと【終】  | TB(15)  | CM(2) | Top↑
★流架さんこんばんは!
今更~って感じですが…
凄かったですね13話!!

神無さんの眼帯の秘密は色々深い理由があるのかな…と私も思っていたに意外とあっさりでしたね。
ああでも切ないことには変わりないですけど…(涙)

そして耀次朗ほんとに舞台に立ちましたねー!!(笑)
まさかあそこまであっさり了承するとは思ってなかったので笑ってしまいました!

恵比寿も…予想外過ぎて(泣)
まさか犠牲者が出るとは思いませんでしたよね…。

今回で1クール終了。やっぱり耀次朗は首を封印できなかったり蒼鉄先生が怪しかったり(笑)と謎は深まるばかりなので目が離せませんね!!
次回から舞台は北になるらしいので土方さんが出てくるのを楽しみにしていますvv

それでは長々と失礼致しました!
葉月 |  2007年01月05日(金) 20:40 | URL 【コメント編集】
★こんばんはっ!!
葉月さん!

コメント&TBありがとうございますっ!!
レスが遅くなってスミマセン(汗)

もう今回はホント目が離せなかったですっ! 凄い展開でしたね!

左京之介の眼帯の秘密・・・ やはり意外でしたよね(苦笑)
もの凄い秘密かと思ってたので、期待してたのですが
母親を追いかけて・・と言う展開で、これはこれで切なくて・・(涙)

>まさかあそこまであっさり了承するとは
私もあまりにアッサリだったので、赫乃丈と同じく「えっ!?」と言う感じでした(笑)
もっと嫌がって駄々こねるかと思ったのになぁ(ぇ/笑)

そして 恵比須――!!!!(涙)
まさかの展開でした・・・ 中居屋のみならず他にも犠牲者が出るなんて!
恵比須の額に巻いてた布(?)を握り締めて泣く赫乃丈が切なかったです(涙)

いろは~も残り半分となりましたね!
ますます首の謎と蒼鉄さんの謎が深まってきて、今後の展開が楽しみですっ♪
土方さんの登場、期待してます!

ではでは、コメントありがとうございました!
流架 |  2007年01月06日(土) 22:33 | URL 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/373-0212757f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

第13話「覇者の首入魂」出航し倦ねている榎本に、蒼鉄イライラ!中居屋のんびり!左京之介船酔い中!「・・・ママン。僕、吐きそうだよ・・・(_ _|||)))) ウップ・・・」左京之介の回想キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!泣きそう顔のチビ左京之介が雨の中を必死に走っ
2006/12/30(土) 00:42:30 | 孤狼Nachtwanderung
品川沖に舞台役者が揃ったところで 赫乃丈一座の幕が開ける。 各々に己自身を演じさせる蒼鉄の真の目的は 『覇者の首』の宿主を決める所にあり。 観客は全てそれを見届ける。 蒼鉄の書いた脚本のキャストは全て自分が自分を演じるものだった。 中居屋は中居屋が。 永遠の刺
2006/12/30(土) 04:24:21 | そんなん、アカンやん。
またもや覇者の首を封印し損なった耀次郎と、長年、苦楽を共にした恵比寿を失った赫乃丈の行き着く先は?
2006/12/30(土) 08:57:50 | てけと~な日記
やっと、やっと仕事が終わった・・・!「DEATHNOTE」「銀魂」など録画が溜まっているアニメですが、仕事から解放されて一番先に見たのが「幕末機関説いろはにほへと」の第13話でした。・・・TV見るのが面倒だったというのが真の理由です。さて第1部のクライマックスとなっ..
2006/12/30(土) 09:09:47 | Anochecerblog
'''今回 か な り 面白かったです・・・!'''まさか「あの人」に首が取りつくなんて!かなり驚き!! ということで、以下、感想です。{{{:  '''第13話「覇者の首入魂」'''蒼鉄から届いた新たな台本。そこには、役
2006/12/30(土) 20:27:29 | 七転び八起き妄想日記
前回のなんだかな~という気持ちを払拭してくれました 蒼鉄先生榎本艦隊出航準備が整うも 榎本煮え切らず この腰抜けと 言わんばかりの蒼鉄 最後の芝居を決行秋月も台本通り 舞台に出る模様 まあ出る以外 関わる術ないので仕方なしイギリス側も チェスのコマみたい
2006/12/30(土) 23:45:18 | 三十路のオタク日記
蒼鉄先生の結局のねらいはなんなんだろうな、と思います。 覇者の首の榎本のなかにい...
2006/12/31(日) 01:43:19 | ひねもす のたり のたり かな ver.2
第十三話「覇者の首入魂」(1月19日正午まで配信)蒼鉄から届いた新たな台本。そこには、役者として中居屋重兵衛、秋月耀次郎の名が記されていた。驚く一同。果たしてふたりは舞台に上がるのか?その頃、英国公使パークスは、四人の兵士たちに「覇者の首」破壊の命令を..
2006/12/31(日) 10:44:14 | 日々“是”精進!
「中居屋重兵衛死すとも、『覇者の首』が怨念と災いは消えぬ! この世の地獄は消えぬのだあっ!!」ようやく見ました。やっぱり素晴らしかった!仇討ち舞台第二夜、大仕掛けで凝りまくりな展開に臨場感満載! 中居屋を舞台に上げる絶妙のタイミングだったじゃないですか。.
2007/01/03(水) 21:42:25 | はざまの欠片
なんと、『首』が次に選んだ相手は榎本武揚だった!毎回毎度「おもしろい、おもしろい!」と叫び続けてますが今回は特に迫力の回です!
2007/01/03(水) 23:45:02 | 日々是「紫」
非公式の作戦に従事するチェスの使途・・・あぁぁぁ、チェスと思うだけで“チェックメイト”って頭の中で誰かが言う・・・あの人もあの人もあの人も言ってるよなぁ・・・(笑)
2007/01/04(木) 01:34:53 | ネコのあしあと
幕末機関説いろはにほへと 第13話「覇者の首入魂」1クール終了ということで大きくお話が動いた感じで目が離せなかった13話!うわわ…!とかええええっ!?とか怒涛の展開だったと思います。今さらって感じもしますけど感想折角書いたので(笑)長いです!我なが
2007/01/05(金) 20:45:43 | 月の気球
首、求めすべての役者揃い舞台へ。
2007/01/06(土) 09:26:55 | LUNE BLOG
「幕末機関説 いろはにほへと」前半(1~13話)の感想  ネタバレ注意!13話まで視聴した人以外にはネタばれになります!
2007/01/12(金) 22:46:03 | ムニ枕のブログ  黒ルルーシュ同盟活動中!
発言者:→宵里、→春女です。「マジでゴメン。さっき書いて貰った13
2007/01/25(木) 00:20:54 | kasumidokiの日記
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。