2007.03.02 (Fri)

幕末機関説 いろはにほへと 第21話「海峡を渡る」

「蝦夷共和国討伐隊総督 黒田了介さん」
黒田さん登場っ!!!
・・・で、コレが今回唯一の耀次郎のセリフ・・・
今回はいつもに増して無口でした(苦笑)

「まさか君が生きていたとはな」
土方さんとも再会っ!


本日より第21話配信開始ですっ!
感想は続きからどうぞ!!

B000MNP0UK幕末機関説 いろはにほへと 巻の三
アニメ:いろはにほへと
バンダイビジュアル 2007-03-23

by G-Tools
↑3巻のジャケは蒼鉄さんっ!! 着物姿が懐かしいっ(笑)

【More・・・】

【第21話 あらすじ】
共和国軍海軍奉行・荒井郁之助は横浜にてひとりの男と接触を図る。旧薩摩藩士・黒田了介。
東征軍参謀を務める彼が提示したのは、最新鋭軍艦「ストーンウォール号」ともどもの
共和国への亡命であった!
いぶかしがる蒼鉄。だが、旗艦「開陽丸」を失い制海権を脅かされることを恐れた共和国政府は、
ストーンウォール号受け取りのため、「回天」「高雄」「蟠龍」の三隻を出航させる。
艦隊は土方を隊長に、宮古湾で待つ、黒田の元へ・・・。



最近の「いろは~」は時間軸が戻ったりするので、ちょっと分かり難い感じが・・
今回の作画ちょっと酷かったかも・・(苦笑)



冒頭に気になっていた一座メンバーが登場っ!!
太夫は蒼鉄さんの所へ行っちゃって、ちょっと寂しそうな不知火(笑)

今のところは何もする事が無い感じですね・・・
とりあえず蒼鉄さんからの指示待ちって感じですか?
海岸で遊んでいた こばこと紅丸が見つけた弾丸をポイッと海に
投げ捨てる不知火!

「ありゃ子供の遊ぶもんじゃねぇよ」
って言う不知火@諏訪部さんが良いっ!!(笑)


さてさて、黒田さんが登場でしたね!
横浜で共和国政府の荒井さんと密会っ!!
って、酒呑み過ぎだよ黒田さん! 一体何本空けてるの(苦笑) 

「この黒田了介を、蝦夷共和国は欲しくはなかか?」
と亡命を求める黒田さんは、さらに手土産があると

密会してる船から見せたものは、ストーンウォール号!!
「欲しくなかとは言わせんぞ」


そして、聖天さまも動き出しましたねっ!!
高麗の里から、東京城まで新佐さんを連れて来ましたよっ!

で、久し振りに勝さんと西郷さん登場――っ!
いやぁホント久し振りに勝さん見たなぁ!
いきなり「酒だ!」と言ってるあたり、変わってないですね(笑)


聖天さまから、死に際の頼みがあると言われて
「それは・・ 耀次郎に関わる事ですね」
と即座に反応する勝さんが良い!

しかも耀次郎って名前で呼んでるしっ!! 勝さんいつから名前で!?(笑)

首はいかなる理由があっても封じねばならない――
このまま放っておく事は出来ない・・ このままだと東京も戦火になる・・
「お二人の力で 蝦夷に運んで欲しいのです、永遠の刺客を――」
ちょっ!!聖天さま・・ 運んでって・・何だか耀次郎が物扱いに・・(苦笑)


まぁ、とりあえず西郷さんの力なら何とかなる・・って事で
上手く西郷さんが耀次郎を蝦夷へ連れて行ってくれそうですね
「いずれにしても、これからが耀次郎の正念場じゃ・・」
・・・うーん、聖天さまに出来るのはここまで・・って事なのでしょうか?



その頃、耀次郎はまだ陸奥国・宮古村にいました!!
弟をあやしてる姉の姿を見てる耀次郎と被るように
箱館病院で子供達に手鞠歌を聞かせてる赫乃丈のシーンが・・・


うーん・・何やら意味深ですね!
歌を歌ってやる と言うセリフの後に赫乃丈の歌が・・って事は
やはり耀次郎と赫乃丈は姉弟の関係なのかっ!?

とにかく、この手鞠歌が大きな意味を持ってるのは間違い無さそうですね

「六つ、迎えに来ぬ母に」
の歌詞の部分で耀次郎に切り替わったのも気になる~(笑)
・・・この手鞠歌の歌詞って実在するものなのかな・・?
今回初めて10まで数えてたような・・・
良く聞いてるとちょっと怖い歌詞なんですよね(汗)
母に捨てられて子が、自分も同じ様に子を捨て鬼子になった・・みたいな・・
誰か知ってる人いないかな・・?



「蝦夷共和国討伐隊総督 黒田了介さん」
耀次郎は黒田さんの所へ!!
・・銃で蝦夷を狙い撃ちしてる姿が怖いですが・・(汗)
って、今回の耀次郎のセリフってこの一言だけだったよっ!!!
耀次郎・・・ますます無口になっちゃって・・(苦笑)

ストーンウォール号に乗って、一緒に蝦夷へと言うのは
どうやら西郷さんからの依頼だったんですね!!

予告を聞いた時、てっきり蒼鉄さんか誰かが裏で何かやったんじゃないかと(苦笑)

耀次郎の事を挑発する黒田さんに、ちょっとムカッとした・・(苦笑)
大人しく歴史を変えるのを見てろと言う黒田さん!
大した自信ですね!!



「何だと!? 黒田がストーンウォールで投降する?」
早速、土方さんの耳にもこの話が入りましたね!!


しかし、黒田さんにはイロイロと悪い噂もあるようで(苦笑)
万が一の事も考え、受け渡しは宮古湾で行なう事に・・・

共和国に黒田さんが来ると面白い事になる――
黒田さん一人でストーンウォールを持ち逃げ出来るはずも無い
裏から手引きした者がいる・・・ 西郷さん!!
もし蝦夷と薩摩が手を組めば、再び日本をひっくり返すことが出来る


「お待ち下さい、少々話が上手過ぎる」
蒼鉄さんが反応しましたよっ!!(笑)
さすが、裏がありそうな話には敏感ですね!!(コラ/笑)

戦力を分散するのは得策ではない、これは罠かも知れない
と慎重になる蒼鉄さん・・・

もし罠なら、十字砲火にさらされる事になる――
「俺が行こう! 俺が行くなら問題は無かろう」
自ら名乗り出る土方さんっ!!
相変わらずカッコ良いですねっ!!!

「ここは賭けに出よう」
今残ってる戦艦だけでは・・ と言う事で賭けに出る土方さん!!
「回天」「高雄」「蟠龍」を出し、宮古湾へ!
・・・・って、今回は鉄之助君の出番が無かった・・・・(涙)
ちょっとした会話でも良いから見たかったなぁ・・



一方、ストーンウォールには耀次郎もちゃんと乗ってました(笑)
黒田さん達、討伐隊も準備は万全なようで・・・


引き受けにストーンウォールへとやって来た土方さん!!
わざわざ新撰組副長・・と嫌味を言う黒田さんが(苦笑)

そして合図と共に、隠れていた東郷さん達の艦隊が一気に来た―!!!
「・・っ! 貴様っ 謀ったか!!」
騙されたと知った土方さんと黒田さんの斬り合いがっ!
やっぱり土方さんカッコ良い!!(笑)


全ては黒田さんの計画だった――っ!!
迎えに来た共和国の人を倒した後、敗走して戻る振りをし、
函館に一気に乗り込もうって魂胆だったんですか・・


撤退しようとした土方さんへ、ガトリング砲がっ!!!(汗)

と思ったら、耀次郎が動いた―!!!
攻撃を阻止して、ストーンウォールから飛び移る耀次郎がカッコ良いよっ!!
相変わらず凄い跳躍力をしてますね!(笑)


「君はっ!」
と驚く土方さんを引きあげてる耀次郎が良い~!!(笑)


黒田さんも西郷さんから、耀次郎だけは無事に蝦夷へ・・と言われた事で
手をだせず・・(苦笑)
土方さんと耀次郎は「回転」で逃げるが、「高雄」を失う事に・・・


「貴様の死に場所は此処では無いはずだ」
責任を取って腹を切ろうとした荒井さんを止める土方さんがカッコ良いよっ!!!


「まさか君が生きていたとはな」
と、耀次郎と並んでる土方さん! この二人が一緒にいるの何だか良いですね


そう言えば、嵐で見失ったという「蟠龍」ですが・・・
てっきり土方さん指示の作戦なのかと思ったら、
ホントに見失ってたんですね(苦笑)


で、無事に蝦夷へ帰港っ!!
遂に耀次郎が蝦夷の地へ来ましたよっ!


―それは、秋月が初めて見る蝦夷であり 決戦の地であった―
やはり蝦夷が最終決戦の地になるようですね!
さぁて、赫乃丈との再会はどうなるやら・・


しかし、まだ役者は全員揃ってませんよっ!!
ちょっと!! 左京之介を忘れてませんか!?
一体何話出番が無いと・・・(涙)
まったく左京之介サイドの情報が無いなんて・・・!



NEXT⇒『北の邂逅』
「これで解ったはずだ」
「先生」
「同士榎本を護り、共に共和国建設に尽くす それこそが二人の宿命だと言う事が
それがまだあの男、秋月耀次郎には解っていない」

「共に、共和国を・・・」
「あの男を導く、それもまた遊山赫乃丈の宿命だ」
「私が 秋月様を・・導く・・」

ちょっ!! 蒼鉄さんっ!?
赫乃丈を上手い事誘導して、耀次郎共々駒にしようと言うんですか?
・・・既に赫乃丈が良いように洗脳されちゃってませんか・・・(汗)
真っ向から対決しそうな感じですね・・




にほんブログ村 漫画アニメブログへ   
↑それぞれ参加しています。良かったら応援下さい!
ブログ作成の意欲になります・・。
関連記事
EDIT |  21:43 |  幕末機関説いろはにほへと【終】  | TB(14)  | CM(6) | Top↑
★おはようございます。
TB、調子いいみたいですね♪

今回は、たしかに話的には、そんなに進みませんでしたね。
しかし、海での戦いは壮絶でした・・・。
まさか聖天の計画だったとは!

そして、土方さん♪
もう全てにおいてカッコイイです!
BROOK |  2007年03月03日(土) 05:27 | URL 【コメント編集】
★こんばんはっ!!
BROOKさん!

コメントありがとうございます!!

TB順調で嬉しいです♪
楽天さんに無事に送れると安心します(笑)

>今回は、たしかに話的には、そんなに進みませんでしたね。
足踏み状態でしたよね・・
次回は予告を見る限り何やら動きがありそうですね!!

>しかし、海での戦いは壮絶でした・・・。
>まさか聖天の計画だったとは!
凄かったですよね!
全て聖天さまの仕組んだ事だったとは本当驚きでした(笑)

次回も楽しみですねっ!
ではでは、コメントありがとうございました
流架 |  2007年03月03日(土) 20:48 | URL 【コメント編集】
★今回は…
流架さん こんばんは~
今回の「いろは」は、耀次郎は喋らないし、
ウチは感想もノリが悪くなってしまいました。
でも流架さんは相変わらずバッチリ書いてる~凄いわ。尊敬する。
もう「あらすじは流架さんとこへ」って矢印しちゃおうかしら(笑)
だいたい週末はコードギアスの感想書くだけで
燃え尽きてしまうのよね私(苦笑)

土方さんはカッコ良かったね~。

左京之介たちがどーしてるか、
そろそろ知りたいです。
たちばな |  2007年03月03日(土) 22:24 | URL 【コメント編集】
★こんばんはっ!!
たちばなさん!

コメントありがとうございますっ!!

>今回の「いろは」は、耀次郎は喋らないし
せっかく前回復活したと思ったら今回は一言だけで・・・
何か寂しかったです・・もっとたくさん聞きたかった(泣)

>相変わらずバッチリ書いてる~
いえいえ、いつも話を追いながら書いてるもので
単に長くなっちゃってるだけです(汗)
でも今回は耀次郎も喋らなかったので、ちょっと書き難かったです(苦笑)

>だいたい週末はコードギアスの感想書くだけで
>燃え尽きてしまうのよね私
わかりますっ!!
コードギアスの感想書くのは凄い気合が入って疲れてしまうんですよね(苦笑)
でも、私の地域ではコードギアスは金曜深夜の放送なので
先に「いろは~」を書けるのでまだ良いのかもしれません(笑)

>土方さんはカッコ良かったね~。
今回も出番が多くてカッコ良かったです♪
後は、左京之介達がどうしてるのかがわかれば・・・(苦笑)
だいぶ登場していないので、そろそろ出番を・・・!!

ではでは、ありがとうございました!!
流架 |  2007年03月04日(日) 21:26 | URL 【コメント編集】
★こちらにも失礼します!
今回のお話の主人公は耀次郎じゃなくて土方さんだったような!
土方さんが凄くかっこよかったです~v土方さん祭り!(笑)
鉄君が出てこなかったのが残念で仕方ありません!(泣)

今回は手鞠歌のシーンが意味深な気がして、そこが気になって気になって仕方なかったです。
ほんとに姉弟とかいう展開だったらどうしよう!とか。
しかしあの手鞠歌歌詞怖いですよね…!!

次回予告を聞いたら最近良い人に見えて仕方なかった蒼鉄先生が一気に胡散臭くなりました(笑)
それでこそ先生!!

毎回言ってる気がしますが…神無さんはどこにいるんでしょうね!!
そろそろ出てきてくれないとホントに寂しくて泣けてきます(涙)

それでは失礼します!
葉月 |  2007年03月07日(水) 19:50 | URL 【コメント編集】
★こちらにもありがとうございます~♪
葉月さん!

こちらにもコメントありがとうございますっ♪

>今回のお話の主人公は耀次郎じゃなくて土方さんだったような!
確かに! 今回は土方さんが大活躍してましたよね!!
相変わらず土方さんのカッコ良さには惚れますっ!(笑)

鉄之助君・・ちょっとでも出番があれば良かったんですけど・・
土方さんが「行って来る、留守は頼んだぞ」って、鉄之助君に言うシーンがあったらなぁ・・
なんてアホな妄想なんかを・・・(苦笑)

>姉弟とかいう展開だったらどうしよう!
この説を書いてる人を結構見かけるんですよね・・・
生き別れの姉弟な展開なんて事になったら・・個人的にはちょっと複雑な感じが・・(苦笑)
気になりますね~!

>しかしあの手鞠歌歌詞怖いですよね…!!
今まで何度も歌ってましたが、5まで続く事が無かったので
あまり歌詞は気にしなかったんですけど、後半部分の歌詞があんなに恐ろしいとは思ってませんでしたよ・・!(汗)
手鞠歌の関係も大きな鍵になりそうですよね!

>最近良い人に見えて仕方なかった蒼鉄先生が一気に胡散臭くなりました(笑)
そろそろ最後の芝居を・・ って感じですかね・・(汗)
更に蒼鉄さんが怪しく見えてきましたよ~!
今後は蒼鉄さんの言う事や行動の全てが胡散臭く感じそうですね(笑)

>そろそろ出てきてくれないとホントに寂しくて泣けてきます(涙)
左京之介に早く戻って来て欲しいですね!
一体どこで何をしてるのやら・・
早く出てきて―っ!!!!
次回こそは・・・お願いっ!!

ではでは、コメントありがとうございました!!
流架 |  2007年03月08日(木) 21:04 | URL 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/431-a974f2e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

んー、ますます足踏みしてるように思えるんですが…。ようは耀次郎がストーンウォール号で蝦夷へ渡る…って話だったんですけど、史実メインで「いろは」の物語が進んだのはほんのわずか…。「この黒田了介を、蝦夷共和国は欲しくはないか!?」 嘘つきーっ!謀ったなー...
2007/03/02(金) 21:57:32 | はざまの欠片
サブタイ通り、耀次郎が蝦夷へ渡るまでのお話でした。 どうやって黒田了介につなぎを
2007/03/02(金) 22:36:31 | こしょぞうさんの叫び
幕末機関説 いろはにほへと 巻の三バンダイビジュアルこのアイテムの詳細を見る 先生 色っぽい共和国を樹立したが、旗艦の沈没などさえない共和国軍 そこに渡りに船とばかりに 船ごと寝返るという話が持ち込まれた喜び勇む 共和国幹部 呑気な人達だとばかり蒼鉄先生が
2007/03/02(金) 23:06:05 | 三十路のオタク日記
第二十一話「海峡渡る」(3月16日正午まで配信)共和国軍海軍奉行・荒井郁之助は横浜にてひとりの男と接触を図る。旧薩摩藩士・黒田了介。東征軍参謀を務める彼が提示したのは、最新鋭軍艦「ストーンウォール号」ともどもの共和国への亡命であった!いぶかしがる蒼鉄。..
2007/03/03(土) 05:25:11 | 日々“是”精進!
黒田了介とストーンウォール号が蝦夷共和国に来る!?蝦夷海軍奉行・荒井との密談で新政府内での評判が悪い黒田が「蝦夷共和国に亡命する」と言ってますが・・・ ↓ ↓
2007/03/03(土) 08:33:25 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
まさか、黒田了介が悪役だとは驚いた~~~!(顔はモロ悪役チックでした)昔の年末時代劇「五稜郭」でも、新政府軍の中でも黒田了介(西郷輝彦が演じていて格好良かった)は、いわゆる好漢だったんですけどね。黒田らしく、いつでも酒とお友達なシーンが多かったのがグッ..
2007/03/03(土) 16:04:35 | Anochecerblog
第21話「海峡渡る」聖天様、東京見学!東京城を訪れた聖天様は勝と西郷に会い、燿次郎を蝦夷まで運んでくれとお願い。そこで黒田了介が運び役となり、新政府軍から寝返ると見せかけてストーンウォール号で共和国と接触を図る。ストーンウォール号が手に入れば共和
2007/03/03(土) 18:42:55 | 孤狼Nachtwanderung
旧薩摩藩士・黒田了介が蝦夷共和国に対して打診してきた亡命の意志。最新鋭艦「ストーンウォール号」を手みやげとすると聞き、旗艦たる開陽を失っていた蝦夷共和国の首脳一同は俄に色めき立つ。だが危惧の念を抱く蒼鉄を押し切り、受け取りに向かう土方歳三らを乗せた...
2007/03/03(土) 20:21:14 | てけと~な日記
「海峡を渡る」俺が行く
2007/03/03(土) 22:15:44 | 本を読みながら日記をつけるBlog
聖天様は勝海舟や西郷隆盛とも知り合いだったんですか、しかも二人より偉いみたい。
2007/03/04(日) 08:55:32 | 超・戯れ言
見終わって、確かに耀次郎は出てたのだけど、なーんかものすごく物足りなくて、見た気がしない。なんでだろうと考えるに…{/hiyo_cry2/} 耀次郎ほとんど台詞が無かったんだよねー。ここまで喋らない主人公ってさ…。いや、寡黙な男って好きなんですよ私。だけど耀次郎の場
2007/03/04(日) 12:55:06 | 橘の部屋
発言者:→宵里、→春女です。「手まり唄、最後というか後半からという
2007/03/07(水) 15:08:16 | kasumidokiの日記
幕末機関説いろはにほへと 第21話「海峡を渡る」今回はタイトル通り丸々一話かけて、前回見事復活した耀次郎が海峡を渡って蝦夷に行くお話。お久し振りな勝先生や西郷さんも出て来ました~!...
2007/03/07(水) 19:42:13 | 月の気球
 最新鋭艦ストーンウォール号を手みやげに、蝦夷共和国に投降せんとする薩摩の黒田了
2007/03/08(木) 01:01:25 | 時代伝奇夢中道 主水血笑録
 | HOME |