2005.12.11 (Sun)

蟲師第8話「海境より」

今週も見ました 蟲師!

今回のお話は
【公式HPより】
海原で妖しきモノに妻を隠された男。
断ち切れぬ想いから、男は浜で妻を待ち続ける。
二年半の歳月を経てなお、再会を信じて―。
B000BWDCSY蟲師 第一集 (初回限定特装版)
漆原友紀 長濱博史 中野裕斗


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回はシロウと言う、海ではぐれてしまった嫁を浜で待ち続ける男と
みちひ と言う、海原ではぐれてしまったシロウの嫁のお話。

ギンコさんが会ったのは、浜辺で妻を2年半も待ち続けているという
シロウと言う男。
話を聞くと、海を渡る途中で濃霧に包まれ、海蛇みたいなものと遭遇し妻とはぐれてしまったとの事。
それきり行方知れずになった妻をずっと待ち続けているそうで・・・。

話を聞いたギンコさんは、それが蟲の仕業だと気付く。
今回の蟲の名前が良く分らなかった・・・
姿は蛇の様で、山にも海にも存在するらしいです。
時が来ると、集まって1つになるみたいですが・・・。

やがて、妻が居なくなった時と同じような濃霧が海を包む・・・
妻を捜しに海へ出るシロウとギンコさん。
この霧の中では戻りたいと思う者にしか、戻るべき場所が見えない・・。

霧の中で、妻を乗せた船を発見するギンコさん達。
しかし、2年半も過ぎているにも関わらず、みちひは生きていた・・・。
あの日と変わらぬ姿で・・・みちひの中では、たった3日しか時が経って居ないと言う。

ギンコが採取した蟲に変化が現れる・・・
どうやら蟲が一つになろうとしているらしいです。
そして、みちひにも変化が・・・

みちひを残し、浜へ帰るギンコさんとシロウ。
しかし、浜へ戻ってみると数時間のはずが1ヶ月の月日が経っていた・・・。
あの濃霧自体が蟲の一部だったんですかね?
霧の中にいると流れる時間が蟲の時間になり流れがゆっくりになり
みちひは3日だけ流されていた計算になるんですね。
「せめてもの救いだな・・・彼女は3日寂しい思いをしただけですんだ」
このギンコさんのセリフが印象的でした・・・。

そして翌日、浜にはみちひの骨が上がる・・・。
この事でシロウの中で止まってしまっていた、
みちひに関する時間が動きだしたと言う感じですかね・・・。

とても切ない話でした・・・。


―次回予告―
『重い実』

来週はどんな話か楽しみです。

にほんブログ村 漫画アニメブログへ
↑参加しています。良かったら応援下さい!
ブログ作成の意欲になります・・。
関連記事
EDIT |  22:56 |  その他アニメ  | TB(10)  | CM(0) | Top↑
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/48-18ac55a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

沖の不思議な靄の中で、嫁さんと生き別れてしまった男、シロウのお話。沖でぼんやりしているシロウの前を、テクテクと通りすぎるギンコ。しかも往復!!!可愛いんですけど!!!今回
2005/12/12(月) 10:51:52 | 日々妄想
浜辺でなにかを探している男。
2005/12/13(火) 10:10:24 | tune the rainbow
沢山の海蛇とウラシマ効果のお話。最近はキモチワルイ系の蟲が出てこなくて少々残念です。眼闇蟲みたいなのはもう出てこないんですかねぇ・・・。メインキャラはシロウさん。きっと苗字は山岡でしょう。モテモテ。向こう側の世界に行こうと行くまいと、結局は美人さ....
2005/12/14(水) 15:43:33 | 時間の無駄と言わないで
この辺りの浜には何かと珍しいものが 流れ着く南方の 木の実や 貝の殻巨大な深海魚稀に人もしくは 人を乗せぬ空船第八話「海境より」あらすじ海ではぐれてしまった嫁”みちひ”を浜で待ち続ける男がいた。彼が嫁を失ってもう2年半が過ぎていた、しかしそれでも嫁のみち
2005/12/15(木) 19:25:05 | アニメっと!
ところであの蟲の群れは白蛇というより大量の「にゅうめん」に見えたんですけど。「アメフラシの卵」から着想してたりして。
2005/12/15(木) 21:09:37 | 下弦の憂鬱
蟲とヒトとの時間の概念という意味で第6話「露を吸う群れ」の類似物かと思いきや、似て非なるものでした。 問屋の娘で都会的イメージのある色白のみちひと、日に焼けていかにも田舎臭さの残るナミの対比が物語を絶妙に味付けしてました。 コミュニケーションが不器用なみ
2005/12/16(金) 00:46:11 | うつわの器
浜辺でギンコは「待っている」と話す一人の男に出会います。嫁さんと妙な別れ方をしたと話すその男の名はシロウ。てっきり蟲と関係があるのかと思いきやね男の話しを聞くと「新しい人生ほ送ったほうがいい」とデッカイお世話なアドバイスをするギンコ。そしてそのば去ってし
2005/12/16(金) 14:11:28 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
古いレビューですいません。もう皆さん『重い実』の話してるのに。。。どうしてもこの話は書きたくなってしまい、今更レビュー。以前もお話したんですが、将永はこの『海境より』
2005/12/22(木) 11:03:46 | B*CHANNEL
今回は蛇?がテーマのお話。今回も蟲の時間とやらが出てきました。蟲の時間はとてつもなく早いようですね。3日で死に至るって何倍ぐらいの速さなんでしょうか。妻を亡くした男ですが、新しい生活を見つけられてよかったですね。今回はハッピーエンドですかね。
2006/01/10(火) 21:21:46 | 廃人日記(ぁ
品質評価 23 / 萌え評価 20 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 66 / お色気評価 5 / 総合評価 21レビュー数 39 件 海原で妖しきモノに妻を隠された男。断ち切れぬ想いから、男は浜で妻を待ち続ける。二年半の歳月を経てなお、再会を信じて---。
2007/09/02(日) 14:19:17 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
 | HOME |