2007.09.17 (Mon)

ヒロイック・エイジ 第24話「エリュシオン」

「たとえ、私達を滅ぼそうと
決して未来への道は途絶えない 希望は決して・・・!」


ついにエリュシオンへと降り立ったディアネイラ!!
やっぱりしつこいロム・ローも来ましたよ!(苦笑)
ユティが耐えられなくなり限界が・・・!


感想は続きからどうぞっ!

ヒロイック・エイジ III ヒロイック・エイジ IV ヒロイック・エイジ オリジナルサウンドトラックアルバムII 帰還


【More・・・】

【第24話 あらすじ】
エリュシオンへ向かうアルゴノートを磁気嵐が襲う。その向こうにエリュシオンを感じたディアネイラは、アルゴノートへ主砲の発射を厳命する。マザーコンピュター「デルフィ」は、ディアネイラからの指示で封印していたそのロックを解除する。その使用を禁じていたディアネイラが、なぜ磁気嵐に向け発射を指示したのか分からないクルーたち。そのころ、エイジたちもまたエリュシオンに向けて移動していた。パエトーとともに。


無次元の世界から戻って来たエイジたち!!
そしてレクティも姫さまと同じくエリュシオンの存在を感じたようですね、って単に姫さまの精神に同調しただけ??
・・・ちょっ!! 時空の割れ目から艦隊がでてきましたけど、まさかアノ馬鹿二人も!?
まさかの再登場・・・とか!?


「生きていたのか・・・!鉄の種族などに!!」
強気発言してるのに、ちょっと後ずさってるパエトーが可愛いよ!
まさか戻ってくるとは思ってなかったんでしょうけど(笑)


「ほら出られた!!」
ちょっ!エイジがパエトーのフルへドロンに来た――!!!
しかもノドス4人集合ー!!(笑)
ビックリしてるパエトーがまた可愛いよ!!
メヒタカとエイジのやり取りって何か癒される(笑)


エリュシオンへの道が開いたというレクティ、多くの銀の種族はプロメに賛同して
いまや反抗してるのはパエトーとロム・ロー達くらいなようですね(苦笑)
パエトーもそろそろこっち側へ堕ちそう~(コラ)
我々4人を相手にするか?と脅すレクティがちょっとカッコ良かった!
体力が回復するまで・・と言いつつ上手くパエトーを使ってエリュシオンへと向かうエイジたち!!(笑)
エイジと目が合い ビビってるパエトーが良い(ぇ)


レクティたちは何一つ契約に反する事はしていない、だけどロム・ローは自分が力を手に入れられないとわかれば、ユティを使いエリュシオンを破壊する――
そして エリュシオンに眠る力を守る事こそレクティの契約!!
「ロム・ローと、そのノドスが貴様等を滅ぼす」
・・・って事は、やはりラスボスはロム・ローって事で良いのか!?


そんなロム・ローは相変わらずユティを監禁ですか・・・
エリュシオンは幻、黄金の種族は見捨て何も残さなかったと、存在の記憶すら消そうとしていますよ・・!(汗)
「私を消せ・・ 消してくれ・・!」
ユティ・・・!!ちょっもう限界っぽい感じなんですけど・・・早く出してあげないと!



エイジの存在を確認出来たけど、またしても離れてしまった姫さま!
でも泣いてる暇なんか無いですよ! エリュシオンには近づいてるけどまだ掛かりそうですね
磁気嵐に似たフィールドへ突入したアルゴノート!
しかし、ただの磁気嵐ではなく 黄金の種族の試練だった!?


『試されているのです、私達が自らの力で
この先の道を切り開く事が出来るかどうかを』

いったん引き返し艦の修復を考えていた艦長に届いたのは、姫さまからのアルゴノート主砲発射の指示だった!!
今まで一度も使われてなかった主砲をここでいよいよ使いますか!!
今はただ自分を信じろと言うディアネイラ!!!


『いかなる聖人君主 いかなる独裁者よりも 正しく そして恐ろしい決断をなさる』
姫さまの決断はいつも驚くような事ばかりですからね・・・ でもそれが正しいのも事実なんですが(笑)
何が起こるのかわからない事態だけど、ニヤリと笑った艦長! 結構楽しんでるんじゃないの??(コラ)


航行及びシールド展開、そして主砲の発射を同時に行えと言う無理難題!!
一つでも間違えれば、アルゴノートはバラバラに!?(汗)
焦りと不安に包まれたクルーに艦長が吠えた――!!!!
「我等に不可能な事を姫さまが一度として求めたかっ!!?
姫さまが決して使用を許可されなかった代物を 今ここで使えと命ぜられたのだ
我等の全力量を持ってお答えする時であろうが!」

ちょっ!カッコ良いよ艦長――!!!
何も言わず、直ぐに作業に取り掛かるクルー達!! 姫さまのへ信頼ですよね!(笑)


主砲を展開させるアルゴノート!!
イオラオスたちオーガン隊は船外で修理をしつつシールドを張ってますが、これも大変ですよね(汗)
アネーシャたちも姫さまに力を送る!! ・・・この光景がちょっと笑えた(コラ)


スターグラスター起動!!
・・・って、ちょっ!!! ビーが主砲発射の為のトリガーって!!!(驚)
まさかそんな役目もあったなんて! 可愛いだけじゃなかった(笑)
艦長の手により主砲発射っ!!!


光に包まれる中で、ディアネイラが垣間見たのは 両手を広げ姫様を受け入れる黄金の種族の姿!!!
どうやら試練を乗り越えたようですねっ!!
『スターウェーが 生まれた・・・!』
星の力に導かれるように新たなスターウェーを進むアルゴノート

そして、その先には黄金の種族の母星 エリュシオンの姿が!!!!

綺麗なその星は、てっきり青い星なのかと思い気や外殻を全てへドロンの盾で守られていたんですね!!
他の種族を寄せ付けないためでもあったのかな??
銀の種族に与えられたテクノロジーの大元でもあるのですね


無事にエリュシオンへと辿り着いて良かった!と言いたい所ですが
ここに辿り着くまでに艦には甚大な被害が・・・・
それでもバラバラにならずに済んだ事を労う艦長がカッコ良い!!
しかし、損傷箇所の半数以上において復旧不可能、救援信号をだせば敵を招く恐れもあるからギリギリまで信号は送れない――
・・・って、かなりピンチな状況なんじゃないですか??(汗)



降下挺を用意し、編成したオーガン隊と共にエリュシオンへと降りる姫さま!!
勿論イオラオスにも力が入りますね!! 気合が入った表情ですよ(笑)


へドロンの盾が避けた空間を進んで行くシーン!!
そして、たくさんの球体が並ぶ空間で、カーテンのように球体が道を明けていくシーンの演出が凄い綺麗でした!!

何かちょっと幻想的な感じ・・とでも言うか・・とにかく凄かったです!(笑)


エリュシオンの地表は水晶の結晶みたなもので覆われ、上空には黄色い雲(?)が広がる不思議な場所でした!!(笑)
降下挺が降りると同時に、最適生存組成へと物質が変化しましたよ!
スーツは必要ないと、共も付けずに一人でエリュシオンへと降り立つ姫さま!!


「御身一人で、この星と向かい合うおつもりか・・」
残された想いを感じたいと言うディアネイラに、心配でたまらない感じのクルー、そして警備を強化させるイオラオス(笑)
今回はイオラオスの活躍が少ないような・・??



黄金の種族は何を思ってこのエリュシオンを残していったのか――この宇宙でスターウェーで満た巣と言う強い思いを感じ取る姫さま
エリュシオンを通じて、より多くの交流を深める為・・・でしょうか??


「幻だ」
ここまで全て順調に事が運んでるなぁ・・と思ったら

やっぱりロム・ロー来た――!!!!
あぁもう!相変わらずしつこい男だな!(笑)
・・・そう言えばプロメとの対談でも思いましたが、銀の種族って結構身長が高いんですね!姫様と比べると凄い差が!!
でもパエトーはそんなに変わらないっぽいですが(笑)


真っ向からディアネイラと対抗するロム・ロー!!
・・・・何をそんなに頑なになってるんだか・・(苦笑)
「お前が現れるより前から、私は黄金の種族に関わる全てを探し続けてきた、最早何も残されてはいない
黄金の種族は自分達の力が奪われる事を恐れ、この宇宙を去った」


銀の種族って長命だったりするのかな??
黄金の種族がいなくなった後もずっと一人で探し続けてきたけど何も見つけられず、ロム・ローの中でいつしかそれが悲しみや不安から、恨みへと変わったのではないでしょうか・・・
自分に見つけられなかった物をディアネイラ・・・鉄の種族が見つけた事で更にその思いは強くなったんじゃないのかな??


「我らに残されたのはノドス、全てを消し去る力のみ
それが黄金の種族の真意」

ロム・ローにとっては、黄金の種族が居た痕跡に過ぎないエリュシオン
そこへ導かれた理由はただ一つ、全てを破壊し消し去る事!!!
ちょっ! 何でそう極端な発想になるかなぁ・・(苦笑)


姫様の制止もむなしく、アルゴノートを巻き込みながら攻撃が始まってしまったよ!
しかも遂に精神的限界を迎えたユティが狂乱に!!!(滝汗)
へドロンの盾が庇ってくれたけど、制御不能に陥ったアルゴノートはエリュシオンへと落下を始める!!
あわゎ・・・緊急事態ですよ!! エイジー!! エイジはまだなの!?



「やれ ユティ、それがお前の最後の契約だ」
ちょっ!もしやユティを監禁してたのはこの為だったりするのか??
狂乱したユティに命じて、自分は安全なとこへ逃げる気?ロム・ロー!!


『狂乱・・ それが黄金の種族の真意であると?
失望に満ちた滅びが、私達の未来であると言うのですか?』

ユティによりエリュシオンを守っていた外殻のへドロンが破壊され、
地表へ向かい落下するアルゴノート!!!

ちょっ!イオラオスってば「落ちる・・」なんて冷静に言って見て無いで、せめて助けに向かってよ!


衝撃を最小限に止めようと艦全体で衝撃を受け流すように最後まで指示を出す艦長!
そのままの勢いで地表を滑るように落ちたアルゴノートは、バラバラに砕けて無くなる事は免れたけど、もう修復も無理そうですよ・・・
それに、艦のAIであるビーが!!!!(涙)
「よく頑張ったな・・・ ビー・・」
壊れて動かなくなってしまったビーが切ない・・ AIとは言え癒しキャラだったのに(マテ)
早く修理してあげて――!!!



姫さまの乗る降下挺に狙いを定めたロム・ロー!
しかし、その前にイオラオスがアルゴノートの敵討ちですよ!!
ロム・ローの相手はイオラオスですか?(笑)


「たとえ、私達を滅ぼそうと
決して未来への道は途絶えない 希望は決して・・・!」

ロム・ローから逃げずに対峙する姫さま!


攻撃が放たれたと同時にエイジが来た―――!!!!
パエトーのフルへドロンでエリュシオンに駆けつけましたよ!!(笑)
レクティに跳んでもらい、ロム・ローの攻撃を防いでくれたー!!!


もうエイジったら毎回良いとこに来るんだから!!(笑)
ユティを救うって言ってたので、狂乱したケルビウスと対峙するのはベルクロスですよね、狂乱も止めてくれたりするのかな??
カルキノスも加われば元に戻れそうな気もします!(笑)


今回も気になるところで次週へ引っ張りますね~!(コラ)
残りラスト2話!!!



NEXT⇒『最後の契約』
「全ての可能性と希望を抱いて――」






にほんブログ村 漫画アニメブログへ   
↑それぞれ参加しています。良かったら応援下さい!
ブログ作成の意欲になります・・。
関連記事
EDIT |  21:03 |  ヒロイック・エイジ【終】  | TB(33)  | CM(2) | Top↑
★こんばんは!
流架さんこんばんは!

ロム・ローってばユティだけじゃなくディアネイラのストーカーまで(^^;)
まったくとんでもないやつですね(コラ)

>まさかアノ馬鹿二人も!?
ちょ、流架さん同じようなこと書いててふきました(笑)
まさかあの状況で生きてるとは言い難いですけど、エイジったら余計なものまで引っ張り出してきちゃって…
再登場されたら反応に困りますよ!

>ビックリしてるパエトーがまた可愛いよ!!
あんな風にエイジがひょこっと出てくるとは思わなかったんでしょうね!
かなり驚いてる横でエイジが暢気にしてるギャップがまた面白かったですv
パエトーもディアネイラ側につくのは近いですかね。レクティにも脅されちゃいましたね(コラ)

>やはりラスボスはロム・ローって事で良いのか!?
なんかその表現いいですね~!でもこれで残るはロムだけですよね…
パエトー以外にもロム側についてるのってもういないですよね?
せっかくノドスが集まったのにまだまだユティ救出は先のようで(苦笑)

>カッコ良いよ艦長――!!!
今回モビードかっこよかったですよね!熱い展開に思わず鳥肌が!
一瞬迷ったクルー達がこの言葉でさっと行動するのは凄かったです。
窮地に陥っても冷静に的確な判断を告げるモビード、上司に欲しいです(マテ)

>あぁもう!相変わらずしつこい男だな!(笑)
ロム・ローは名前どおりROMってればいいかと(コラ)
黄金の種族に関わることを探してきたっていったって、
結局はエリュシオンへの道を見つけることは出来なかったんですし、
辿り着いたのだって姫様のあとを追ってのことですよね?
…あまりにも偉そうにしてて癇に障ったのでツッコミしちゃいました(オィ)

>壊れて動かなくなってしまったビーが切ない・・
修理すれば直りますよね??機械とはいえ大活躍、マスコットキャラとしても
頑張ってくれてたから復活期待したいです;;

>ロム・ローの相手はイオラオスですか?(笑)
おお!こんなところでも流架さんとシンクロしちゃってるようです(コラ)
エイジはユティと戦うことになりそうですし、となるとロムの相手ってやっぱりイオラオスなのかな?と。
ともあれ最終的にユティをとめるのはカルキノスであって欲しいんですけどね( ̄ー ̄)

ではでは、お邪魔しました!
李胡 |  2007年09月17日(月) 21:48 | URL 【コメント編集】
★こんばんはっ!!
李胡さん!

コメントありがとうございますっ♪
回を増すごとにロム・ローがだんだんウザクなってるような・・・(苦笑)
あのストーカー体質は何とかならないんですかね~
姫さまってばガツンと言ってやれば良いのに!(マテ)

>まさかあの状況で生きてるとは言い難いですけど、エイジったら余計なものまで引っ張り出してきちゃって…
>再登場されたら反応に困りますよ!
アハハ!李胡さんも同じ事書かれてましたか!!(笑)
エイジったらホント余計なものまで連れて帰っちゃって・・・まさかの復活はしない方が全人類の為ですよね!!(苦笑)

>パエトーもディアネイラ側につくのは近いですかね。レクティにも脅されちゃいましたね(コラ)
エイジのスマイルで堕とせば良いと思います~(笑)
だんだん感情が豊になってる感じで、素直に驚いたりしてましたよね!!
ノドス4人相手に勝てるはずもないし、パエトーも大人しくなると思います(マテ)

>パエトー以外にもロム側についてるのってもういないですよね?
頑なに抵抗してるのは もうロム・ローだけなんじゃないかと(苦笑)
他の銀の種族はプロメに賛同してますし、姫さまがエリュシオンを見つけた事で、さらにロム・ローの立場は悪くなるかと思います~
無駄な抵抗しない方が良いのに・・・・(苦笑)

>せっかくノドスが集まったのにまだまだユティ救出は先のようで(苦笑)
ロム・ローが連れ回してるお陰で、救出どころか狂乱しちゃいましたからね・・・(汗)
精神的にもヤバそうなユティを早いところカルキノスと再会させてあげたいですが・・

>今回モビードかっこよかったですよね!熱い展開に思わず鳥肌が!
いやぁ~ ホントにカッコ良かったです!!!!
今回は艦長の見せ場が多かったですね、クルーを叱咤激励したり、労ったり、と皆から慕われてる様子が良くわかりました(笑)
あんな上司なら 部下も頑張ってやろうと思いますよね!! まさに理想の上司!!

>ロム・ローは名前どおりROMってればいいかと(コラ)
そうだ!そうだ! 家で大人しくROMってれば良いんだー!!(笑)
この人が出てくるから話がややこしくなって新たな問題が起こるんですよね!! 人の話も聞かないですし・・・!
終いには自分で見つけられなかった腹いせに全部破壊するとか言い出すしで・・・話にならないですね(苦笑)

>修理すれば直りますよね??機械とはいえ大活躍、マスコットキャラとしても
>頑張ってくれてたから復活期待したいです;;
直れば良いですが・・・・ 最終回までに修理とか出来るかな??(汗)
癒しマスコットでもあるビーには まだまだ活躍してもらいたいですね!
艦長の右腕として頑張ってもらわないと!(笑)

>エイジはユティと戦うことになりそうですし、となるとロムの相手ってやっぱりイオラオスなのかな?と。
あまり戦闘で活躍の無いイオラオスには、ちょっとでもロムを痛めつけてもらいたいです!
最後にカッコ良く活躍するイオラオスも見たいですしね!!(笑)
エイジも頑張ってるんだ!と張り切ってくれるはず(コラ)

>ともあれ最終的にユティをとめるのはカルキノスであって欲しいんですけどね( ̄ー ̄)
そうですね! 最後はカルキノスの言葉で狂乱を止めて欲しいなぁと!
その方がユティもきっと嬉しいでしょうしね(笑)
さらにカルキノスに惚れる事間違いなしですよ!(マテ)

次回も楽しみですね!
ではでは、コメントありがとうございました!!
流架 |  2007年09月17日(月) 23:45 | URL 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/610-3cd5dfcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

StarChildヒロイックエイジ毎回書いていますが、正直なところ、見直してこその作品かと思います。今、見た直後の状態で、本作の真意を理解できるとは思っておりません。ですので、今回も単純に感想のみを書かせていただきます。パエトーの攻撃を、ベルクロスたちの出現...
2007/09/17(月) 21:25:35 | パプリカさん家のアニメ亭
未来への道は途絶えない、希望はけっして――。アルゴノートは、ついにエリュシオンに到達。伝説の地に降り立ったディアネイラは、黄金の種族の遺した遺志に接する…。しかし、銀の種族が選ばれなかったとロム・ロ
2007/09/17(月) 21:31:55 | SERA@らくblog
『エリュシオンへ向かうアルゴノートを磁気嵐が襲う。その向こうにエリュシオンを感じたディアネイラは、アルゴノートへ主砲の発射を厳命する。マザーコンピューター「デルフィ」は、ディアネイラからの指示で封印して
2007/09/17(月) 21:33:45 | Spare Time
脱出成功 一気にバエト叩きつぶすかと思えば先週からエイジ君 まったりモード 乗り込みバエトの船で一休み 怖くてバエトさん涙目ですよ追い討ちでレクティに脅されて アッシーに成り下がり もう三流下っ端根性でロムローがまだいるぞーーーーーーと強がり へたれちゃ
2007/09/17(月) 21:48:32 | 物語を食べて生きてます
脱出成功 一気にバエト叩きつぶすかと思えば先週からエイジ君 まったりモード 乗り込みバエトの船で一休み 怖くてバエトさん涙目ですよ追い討ちでレクティに脅されて アッシーに成り下がり もう三流下っ端根性でロムローがまだいるぞーーーーーーと強がり へたれちゃ
2007/09/17(月) 21:48:32 | 物語を食べて生きてます
相変わらず感想が書きにくいこの作品w面白いんだけど毎回何を記事に書けばいいのかわからないんですよね(^^;力が回復すまでパエトーの船にいることになったノドス4人。それを否定しようとするも、レクティにノ
2007/09/17(月) 21:55:39 | リリカルマジカルS
エリュシオンまであと1歩でというところでまた困難。黄金の種族はやたらとためし過ぎる気もするけどアルゴノートの面々の頑張りは良かった。それとアルゴノートの主砲はいかにも戦艦の大砲って感じで面白かった。
2007/09/17(月) 22:28:49 | 蒼碧白闇
「ほら、出られた!!!」まさかパエトーの船に出てくるとはー!!!恐るべしエイジ!!!敵意も何も彼には全く関係ありませんね!!!でも、ディアネイラが何を望んでいるのかは分かってしまうんだなあ。そのディアネイラはエリュシオンについに到達!!!しかし、そこで..
2007/09/17(月) 22:36:55 | おぼろ二次元日記
いや~……久々についつい見入ってしまった。録画した作品は大抵視聴を途中停止しつつ同時に書いているわけですよ。でも今回は見終わるまで全然感想を書き出そうと思えなかったwとりあえずエリュシオンへの道とい
2007/09/17(月) 23:03:24 | angel notes.
遂にたどり着いた「黄金の種族」の星エリュシオン。降り立つディアネイラ。憎悪の塊となったロム・ローがやって来る。自らが選ばれなかった無念を黄金の種族の意志とすり替えようとする。ロム・ローの攻撃からディアネイラを救ったのは約束通りに追いついたエイジだった!..
2007/09/17(月) 23:10:00 | 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
ヒロイック・エイジ 第24話感想いきます。
2007/09/17(月) 23:21:12 | AAA~悠久の風~
「たとえ私たちを滅ぼそうとも、決して未来への道は途絶えない。希望は決して……」
2007/09/17(月) 23:24:39 | 反逆者を追え!
エリュシオンへの道を見出したアルゴノートでしたが、黄金の種族の試練が待ち受けていました。
2007/09/17(月) 23:46:37 | Girlish Flower
ビーwww・・・・ビー・・・。゚(゚´Д`゚)゚。
2007/09/18(火) 00:21:45 | Ηаpу☆Μаtё
ガク((((;゜Д゜))))ブルパエトーにも笑ったがパエトー脅すレクティも(^Д^)プギャー 無次元から脱出したエイジたち。一休みとばかりにパエトー の船に無断乗船(笑)パエトー死にませんでしたが・・・・ このままエリュシオンを見つけたディアネイ...
2007/09/18(火) 00:28:18 | ミルクレモンティー
タイミング良すぎに登場したベルクロスに続け!とばかりに 続々登場したレアネーラ、レクティ、アルテミア。 その4人に突撃訪問されビビるパエトーに超ウケタ。
2007/09/18(火) 00:51:38 | 風庫~カゼクラ~
ヒロイック・エイジ  現時点での評価:3.0~  [SF]  テレビ東京 : 04/01 25:30~ (初回:25:42)  テレビ愛知 : 04/02 25:43~  TVQ九州放送 : 04/02 26:53~  テレビ大阪 : 04/03 27:10~  テレビせとうち : 04/05 25:58~  テレビ...
2007/09/18(火) 00:52:17 | アニメって本当に面白いですね。
  エリュシオンへ向かうアルゴノートを磁気嵐が襲う。その向こうにエリュシオンを感じたディアネイラは、アルゴノートへ主砲の発射を厳命する。マザーコンピュター「デルフィ」は、ディアネイラからの指示で封
2007/09/18(火) 01:19:49 | 朧月夜
 脱出した四人のノドス。パエトーの悪足掻きもこれでようやく収拾がついた。  ヒロイック・エイジ I矢崎広、石川由依 他 (2007/08/08)キングレコード この商品の詳細を見る
2007/09/18(火) 01:21:19 | 根無草の徒然草
第24話「エリュシオン」エリュシオンへ向かうアルゴノートを磁気嵐が襲う。その向こうにエリュシオンを感じたディアネイラは、アルゴノートへ主砲の発射を厳命する。マザーコンピューター「デルフィ」は、ディアネイラからの指示で封印していたそのロックを解除する。そ..
2007/09/18(火) 04:50:23 | 日々“是”精進!
「スターウェーが生まれた」 前回、ディアネイラのピンチに駆けつけたエイジ。メヒタカ、レクティ、カルキノスもみんな無事でした。「ほら出られた」って、軽いなぁ☆しかも...
2007/09/18(火) 10:09:18 | ジャスタウェイの日記☆
『ヒロイック・エイジ』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第24話 『エリュシオン』。 ストーリーは…。 エリュシオンへ向かうアルゴノートを磁
2007/09/18(火) 10:22:09 | どっかの天魔日記
'''希望の星エリュシオンへと向かうディアネイラ様率いるアルゴノート'''そんな彼女らに試練が…{{{試練といっても重力嵐みたいなのを切り抜けるだけなんですけどね~w}}}== なんかラピュタの龍の巣みたいだったwww ==でそんな試練もディ
2007/09/18(火) 12:18:14 | 時空階段
今期これに敵う"作品"はおそらくない。って毎回言ってますけどねwww実際いろんな人に勧めるかといわれると考えなしに人に勧めない気がします。でも人を選んで、ものすごく...
2007/09/18(火) 13:15:08 | RAY=OUT
品質評価 22 / 萌え評価 11 / 燃え評価 11 / ギャグ評価 22 / シリアス評価 55 / お色気評価 0 / 総合評価 20レビュー数 9 件 エリュシオンへ向かうアルゴノートを磁気嵐が襲う。その向こうにエリュシオンを感じたディアネイラは、アルゴノートへ主砲の発射を厳命する。マザ
2007/09/18(火) 18:31:32 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
イオラオスが画面に出てくる度、もう活躍したら死亡フラグだから前面に出てこないでーッ!とか思ってしまう自分がいるのです。最終回の感想第一声は、どちらにしろ、「イオラオスーーーーーっ!!!」(フォントサイズ6)のような気がします。
2007/09/18(火) 19:15:01 | なまけもののひとりごと
エイジたちが無次元から戻ってきた!!そして吸い込まれていた他の戦艦も次々と戻ってくる。でもこの映像を見て、もしや兄たちも帰ってくるのでは?って思った人も多かったはず(あはは) エリュシオンへ向かうアルゴノートを磁気嵐が襲う。その向こうにエリュシオン..
2007/09/19(水) 09:01:22 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
「この宇宙をスターウェーで満たす為に」
2007/09/19(水) 09:11:09 | tune the rainbow
ヒロイック・エイジの第24話を見ました。ヒロイック・エイジ第24話 エリュシオンパエトーらの前に無次元に閉じ込められていたはずのベルクロス達が現れる。「生きていたのか…。鉄の種族などに…!!」「ほら、出られた」パエトーの船にエイジ、メヒタカ、レクティに支えら..
2007/09/19(水) 10:52:24 | MAGI☆の日記
ヒロイック・エイジ オフィシャルガイドブック Vol.2エリュシオンへ向かうアルゴノートを磁気嵐が襲う。その向こうにエリュシオンを感じたディアネイラは、アルゴノートへ主砲の発射を厳命する。マザーコンピュター「デルフィ」は、ディアネイラからの指示で封印していた...
2007/09/19(水) 18:15:40 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
サブタイトル「エリュシオン」  ついにエリュシオンに辿り着いたアルゴノート。  星に下り立ったディアネイラの前に現れたのは...
2007/09/19(水) 20:19:08 | オヤジもハマる☆現代アニメ
エイジ、メヒタカ、レクティ、カルキノス相手に戦う勇気はないパエトー。『ロム・ローとそのノドスが貴様らを滅ぼす』負け犬の遠吠えてやつですね。縛られて軟禁状態のユティ。エリュシオンへ向かうアルゴノートを磁気嵐が襲う。その向こうにエリュシオンを感じたディアネ..
2007/09/20(木) 21:57:17 | Sweetパラダイス
磁気嵐磁気嵐(じきあらし、Magnetic-storm)とは、通常、中緯度・低緯度において全世界的に地磁気が減少する現象のことを指す。典型的な磁気嵐では、地磁気は数時間から1日程度の時間をかけて減少し、その後数日かけて徐々にもとの強さまで回復していくという過程をとる。
2007/10/25(木) 18:44:12 | 電磁気学・磁気関連についてのWEB
 | HOME |