2008.06.28 (Sat)

あまつき 第十三夜「高嶺颪の虎落笛」

「喜劇となるか 悲劇となるか
どちらにせよ、鍵を握るのは やはり白紙の者だ」

ついに最終回のあまつき、台詞を切り詰めたりして無理やり原作4巻ラストまでを、力技でねじ込んで来ましたね(苦笑)
エンディングの露草の寝顔は反則だと思います!! 可愛過ぎだよ!(笑)
そして萱草の姿が! アニメで喋る萱草の姿が見たかったなぁ!

アニメはラストですが「あまつき やみつきラジオ」の続行が決定しましたね!
次回分から隔週配信となりますが、番組が続くと言う事は、第2期orOVAとか期待しちゃって良いんですか? 過去篇を見たいのでお願いしたいです!!(笑)


   TVアニメーション「あまつき」DVD 第1巻 <豪華版>   TVアニメーション「あまつき」ドラマCD第四巻
【第十三夜 あらすじ】
鴇時の選択によって、予想外の展開と結末を迎えた今様の事件。鴇時は黒鳶に妖側から人側に戻ってくるよう忠告される。一方、神社で意識を失っていた紺が目を覚ますと、銀朱が何かの儀式を始めようとしていた。儀式で銀朱に呼び出されたものとは…。

今様を助けようと妖の渦の中へと入っていった鴇!
全ては主を思う今様の純粋な気持ちなんですよね、やり場のない思いが暴走してしまっただけ、これが望んだ事の結果だと言うのなら自分の責任、人を救ったから妖怪が犠牲になる そんな救いのない形を望んだわけではないと言う鴇が手をのばして掴んだものは――
瘴気に呑まれそうになったのを間一髪助けだす露草が良いですね(笑)
気絶した鴇の傍には1匹の狐の姿が!!
「何の解決にもなっていないが、情意は伝わるか」
力技で今様を普通の狐の姿にした鴇、思いっきり力技ですが、これだけ大山鳴動して狐一匹と言うのは確かに鴇らしい感じですよね!

研究材料を失った夜行を早々に退散させた梵天ですが、とりあえずこれで余興は終わり、役者がそろった今、鴇達が再び目覚め舞台を再開すればいよいよ本番だと意味深発言(笑)
とりあえず、この先 喜劇にするも悲劇にするも全ては鴇の選択次第と言う事ですね、どうなるのか“鍵”を握ってるのは白紙の者!!

翌日、目を覚ました中村屋の主人は全ての経緯を聞いた上で、従業員へは辞めたい者は申し出てくれれば蓄財で出来る限りの世話をすると、自分の方が大変なのに最後まで良い人だ!!
番頭のやった事とは言え、アヘンを売っていた事は事実であり咎めは免れない、そして番頭を止められなかった自分にも咎はあると言う主人に、狂わせたのは『数の力』だと言う沙門さま、1つ売れれば2つ、2つ売れれば3つ、と言う具合に貯まれば貯まるほど数の中身を忘れて輪郭を曖昧にしてしまう――
「私たち誰もが持っている悪い癖なんですよ」
うん、沙門さまが言うと妙に説得力がありますね、中田さんボイスだからかな?(コラ)

そこに登場したのは同心の山内さんと黒鳶さん!!
番頭と懇意だった同心が辞したから代わりに山内さんが来たようで(笑)
「ケチ」
あはは!! 部外者は出てけと言う山内さんにケチって言う黒鳶さんがカットされて無くて良かった!! 何気にこの二人のやり取り面白いから好きなんですよね~(笑)
コレも全て裏から佐々木さんが手を回してたようですが 辞めたと言うより辞めさせられたのか…ホント怖い人だなぁ(汗)
山内さんは言った事をすんなり信じてくれると言う事で、とりあえずこれで一件落着!! と言う訳にはいかない黒鳶さん!

「もっとも私としては 六合さん、あんたが天座の連中と仲良くしてらっしゃる件が まだ落着してねえんですが?」
ちょっとトーンが下がった黒鳶さんって結構迫力ありますね(苦笑)
勿論、鴇としては特別仲が良い訳ではないんですよね、でも自分を助けてくれた恩もあるし、煤竹さんを同心に差し出すのはやめて欲しいと言う鴇に、次は怪我だけじゃ済まないと脅しをかけてくる黒鳶さん!
鴇の力は確かに珍しいが それだけの事、自分の命も守れないじゃ役に立たない、人と妖の間で情が交わせるなんて夢物語は見るなと言う…
「あんたがそっちにいくってんなら、
陰陽寮はまず あんたから狙うぜ?」

結局、陰陽寮はあくまでも妖との関係を変える事は無いと言う事ですね、間に立ってると言っても妖寄りになってる鴇に戻って来いと言う黒鳶さん!
そして、二人のやり取りをコッソリ聞いてた朽葉も そのままその場を立ち去っちゃいましたが、このシーンは原作とちょっと違う感じになってましたね!

狐の姿になった今様が可愛いなぁ♪
日向で梵天の姿を見るのが妙な気分だと言う鴇の気持ちもわかるなぁ、何となく梵天って夜とか月とかってイメージがあるので真昼間って似合わない気も(笑)
そして、アニメでも露草の完全な樹妖姿お披露目~!
あぁもう露草なら何でも可愛いよ!!!!(マテ)
驚いて騒ぐ鴇の首を絞める煤竹さんを踏みつける梵天が良い!!(笑)
人の姿を保つ力が尽きて今は梵天の符を掛けて力を溜めてるって感じですが、平八さんが安静にしてないとって言うから動きたくても動けない状況なようで(笑)
相変わらずの俺様な梵天@諏訪部さんが堪らないー!!!
露草の体調なんて気にしないとか、仲間じゃないとか、空五倍子は籠代わりだとか、素直じゃないんだから!(笑)

空五倍子と鴇の会話は顔が近過ぎですよ!! 空五倍子の顔はアップだと怖いよ(汗)
間近で話をするのは初めてだと、鴇の肩を掴んで揺さぶる空五倍子に やめい!と殴る梵天が良いよ!!
自分の力を生かしきれない臆病者だけど役に立つ、いっそお頭はこのくらいの方が扱いやすいって言いたい放題なやり取りが面白なぁ
中村屋さんの登場でピタリとBGMが消えるのがまた何とも(笑)
大慌てで露草を隠そうとする平八や、話しかけられてオタオタしてる空五倍子が面白過ぎです!

一言お礼に来たと言う中村屋の主人に何かを感じて寄って行った今様に、主人が差し出したのは御神木の楠から作られた稲荷の彫り物でした!!
今回の一件を信じる気になったのは、蔵の中で炎に巻かれた時「こっちだ!」と言う声が響き、閉めていたはずの扉が開いて一命を取り留めた、そしてあれだけの炎にも関わらず燃えたのは楠だけだった――
身代りになってくれたのではないかと言う主人の言葉を笑う事は出来ないですよね
「ありがとう」
今様を捜しにいった鴇が見たのは、主に抱かれた今様の姿 そして残された木彫りの稲荷、主に会えて良かった良かった!
原作だともっと感動的な感じだけど、アニメは流れが速いから余韻も無いよ(コラ)
「か細く繋がった縁が 誰かの力になるなら、ただの夢物語だと笑われても、俺はそんな夢を選びたいんだ」
…鴇のこのセリフは、この先にも繋がる感じですよね!

すっかり仲良くなった感じの鴇達、黒鳶さんや朽葉は妖=敵と言う考えですが、沙門さまは結構鴇と近い考えっぽいですよね妖全てが敵じゃない
しかし生活するには互いに邪魔になる、多くは妥協できないから完全なる支配か排除でしか納めることは出来ない、それでも上手く折り合いが付けられれば助けあえることも…
しかし、縄張りを争ってるのは人や妖だけじゃない天も同じ、それぞれのパワーバランスで成り立っていて、それを壊す者を天は良しとはしないと言う梵天!

そして紺が久し振りに登場ー!!!!
あぁもう、ホント久し振り~! ようやくお目覚めですね(笑)
神社内を見て回る紺が見たのは、倒れた巫女たちの姿、そして銀朱は一人で帝天を呼び出す儀式を!!!(汗)
何故 天に逆らい、網を守らず、天に弓引くのかと問われた銀朱!
「あなたが必要ではないからだ!」
「見知った先より、私は何も知らぬ未来を望む!!」

緩やかな荒廃をまつよりも前に進もうと言う約束があるからと、天に抗う銀朱だけど やはり帝天の力は偉大でした(苦笑)
体を貫かれた銀朱は光の蝶へと姿を変え、紺の持つ鴇の眼帯へ集まり、天網が書き換えられ始めた神社から逃げるように告げる…!!

「我等の敵は帝天ではないか」
帝天から支配権を奪うのが梵天の目的!
何故人と妖は戦うのか、どこが違うのか、天とは何なのか――
「姫は天網と帝天 つまりはこの世界の破壊を望む
俺はこの世界を保ちながら 君を帝天にしたいのさ」

↑この梵天@諏訪部さんの言い方がまた良いですね(笑)
この あまつきを破壊するのと、保ちながら変えると言う違いはあるけど、梵天にしろ銀朱にしろ 帝天の存在 つまり決められた先を持つのが嫌だと言う事ですよね…
銀朱の約束の相手はやはり梵天なんだろうなぁ~

ラストは再び夜行の問いかけで終わりました
とりあえず、無理矢理な感じはしますけど、キリの良い4巻ラストまでアニメでは消化でしたが、これから面白くなっていくのに~!!!(苦笑)
うーん、破天荒遊戯と同じく気になるなら原作をどうぞって感じの、いつもの戦法と言う感じでしたが、原作好きとしては結構楽しませてもらったので良かったです!!
エンディングがまた期待持たせる感じなのか何とも言えないですね(苦笑)


1クールと言う短い期間でしたが、TB・コメントでお世話になったブログの方々ありがとうございました! また別の作品でも宜しくお願いします!!



にほんブログ村 漫画アニメブログへ   
↑それぞれ参加しています。良かったら応援下さい!
関連記事
EDIT |  20:15 |  あまつき【終】  | TB(13)  | CM(8) | Top↑
★こんばんは。
やはり中途半端というか・・・先が非常に気になる終わり方でしたね。
銀朱のことやら、紺のことやらが全て置き去りに・・・(汗)

となると、第2期を期待してしまいますが、
果たして製作されるかどうかはDVDの売れ行き次第でしょうか。

コミックを購入して続きを読みたくなってきました♪


毎回TB&コメント、ありがとうございました。
BROOK |  2008年06月28日(土) 20:42 | URL 【コメント編集】
★中途半端な終わり方(^^;)
流架さんこんばんは!
続きが気になる終わり方なのはやはり原作購入しろって魂胆なんですかね(コラ)
原作読んでない人にはわかりづらいままあっさりと終わっちゃって朽葉や銀朱が
どうなったの!?って気になってしょうがないのでは(苦笑)
えっと、萱草の声優さんを予想しながら二期を期待したいと思います(マテ

>何気にこの二人のやり取り面白いから好きなんですよね~(笑)
あはは、天座ファミリーの後ろで何気に面白いやりとりをしてくれる二人ですねw
個人的には山内さんのほっぺたにずべし!!と指を入れる黒鳶さんが見たかったですが
何でそこカットしたのかわかんないですよ(笑)
佐々木さんの首の切り方って想像すると怖そう…
あ、もう明日から来なくていいからとかそういう感じですか?( ̄▽ ̄;)

>あぁもう露草なら何でも可愛いよ!!!!(マテ)
完全に樹妖になっちゃいましたけどお持ち帰りしたい可愛さでした。
そりゃ勿論原作のが可愛かったですけどね、ああ、最終回は露草の台詞が少ないのが
残念でしたけど…逆に梵天に気合が入っていた気がしました!
諏訪部さんも最後までエロボイスでしたし(コラ)

>原作だともっと感動的な感じだけど、アニメは流れが速いから余韻も無いよ(コラ)
せっかくの主殿と今様の再会シーンが;;
あっさりというか、その後を考えてさくさく進んでいきましたよね。
というか毎回変なとこで切るから切羽詰ってこうなっちゃうんですよ(苦笑)
1クールなら無理やり4巻を詰め込まないで、日本橋篇で感動したまま終わっておいてもよかったかな~と思いました。
紺@遊佐さんも起きちゃった損!?(コラ)

破天荒遊戯での失敗を踏まえてか(ぇ)超展開はなかったですけど
原作ファンとしては細かい描写のカットが気になりました。
やっぱり2クールでやるべきアニメでしたね(笑)
今期ので流架さんにお世話になってるのはあとはペルソナのみ!
そろそろ新アニメまたチェックしなきゃですね♪

あ、話は変わるのですがバトンまわしてしまったので
お時間ありましたら回答お願いします(`・ω・´)
ではでは、お邪魔しました!
李胡 |  2008年06月28日(土) 22:06 | URL 【コメント編集】
★とりあえず
流架さんこんばんわ~!!
今週はもはやダメ人間と化してます・・・。
最終回続きですし、オフで忙しくておいつかず・・・最近謝ってばかりですが、すみません(><)
ちょっとレスも追いつかないので、しばらくTBだけ送信させてもらう作品が出てくると思います。

ついに最終回ですね。
でもある程度今までの一迅社のパターンで学んでいたので、私的には「ここで終わり?」な内容ではなかったなぁと思ってます。
ま、まだまだ話は続く・・・なんですけどね。

でも絵も綺麗だったし、話も難解ながらキャラがよかったので面白く見れた作品です。
続きあるといいけど・・・といっても一迅社だからなぁ。

とりあえず原作の続きに手を出せたら・・・と思います。
なぎさ美緒 |  2008年06月28日(土) 22:38 | URL 【コメント編集】
★こんばんは!
BROOKさん!

コメントありがとうございます♪

>やはり中途半端というか・・・先が非常に気になる終わり方でしたね。
>銀朱のことやら、紺のことやらが全て置き去りに・・・(汗)
何か普通に来週も放送あるんじゃないかと思う感じの終わり方ですよね
結局 全てが中途半端な感じでブツ切りされちゃった感じですし・・・
特に銀朱と紺にかんしては えぇっ!?と言う事になりますよね(苦笑)

>となると、第2期を期待してしまいますが、
>果たして製作されるかどうかはDVDの売れ行き次第でしょうか。
ラジオ番組の方は続投が決まってるので、もしかしたらDVDやファンのメッセージ次第では2期orOVAの可能性もあるんじゃ…と
個人的には勝手に期待しちゃってるんですが(笑)

>コミックを購入して続きを読みたくなってきました♪
原作では、アニメではカットされてる現代組の話も入って来るので
また新たな事が解ってきたりするので お薦めです!
機会があったら是非読んで下さいませ~!

ではでは、コメントありがとうございました!
他の作品でも 今後もよろしくお願いします♪
流架 |  2008年06月28日(土) 23:01 | URL 【コメント編集】
★予想通り…
李胡さん!

こんばんは!コメントありがとうございます♪

予想通りと言えば 予想通りな終わり方になりましたね(苦笑)
結局 一○社戦法は 原作を買えと言う事ですか(ぁ)

>えっと、萱草の声優さんを予想しながら二期を期待したいと思います(マテ
萱草役は誰が良いですかねぇ(コラ)
これは是非とも2期を願いしたいです~!!!
とりあえず、その前にドラマCDも出るでしょうし、萱草の出番に期待してみたり(笑)

>個人的には山内さんのほっぺたにずべし!!と指を入れる黒鳶さんが見たかったですが
スタッフさんの考えが読めないですよね、何で面白い場面に限ってカットされてるんでしょう(苦笑)
無くても良さそうなシーンがあったりと、ちょっと残念ですね…
以前カットされた空五倍子と煤竹さんのシーンもそうですが、スタッフさんの陰謀ですかね(マテ)

>佐々木さんの首の切り方って想像すると怖そう…
明日から来なくて良い…と言うよりも、何だかもっと凄い感じじゃないですかね、えげつない感じで(汗)
とりあえず、佐々木さんと言う時点ですでに怖すぎです(苦笑)
アノ人の部下にだけはなりたくないなぁ…

>完全に樹妖になっちゃいましたけどお持ち帰りしたい可愛さでした。
もう露草ならなんでもOKです!!!(コラ)
丸くなってる露草可愛いなぁ!!
でも、エンディングの寝顔は反則です、思わず襲いたくなりますよ!!(ヤメナサイ)
とりあえず、ラストも梵天@諏訪部さんの俺様ボイスが堪能出来て、個人的には満足です(笑)

>1クールなら無理やり4巻を詰め込まないで、日本橋篇で感動したまま終わっておいてもよかったかな~と思いました。
今回って、どう考えても2話分あると思うのですが(苦笑)
私も無理矢理4巻ラストまでいかなくても、今様のシーンで終わりにすれば結構キレイに終われたのになと…
何だか 中途半端な部分だけが目立って 今様と主の感動的シーンが霞んじゃってて勿体無いですね
紺もとりあえず出しとけ、的な扱いだった感じが(苦笑)

>原作ファンとしては細かい描写のカットが気になりました。
どうしても原作派だと、見比べちゃうんですよね…
言葉のニュアンスも変わってたり、結構細々とカットされてましたし・・・
でも、豪華キャストなので 思いっきり堪能させてもらいましたが(笑)
2クールでじっくりやって欲しい作品なので、その点が心残りです~

今期終了アニメ、後はペルソナですね!!
えぇ・・来期は調べてみると感想かくような作品があまりないんですよね(苦笑)
見ても、感想書くかは解らない作品ばかりですし…

あ、バトンの指名もありがとうございます!
喜んでキャッチさせて頂きますよ~!
ではでは、コメントありがとうございました!
流架 |  2008年06月28日(土) 23:01 | URL 【コメント編集】
★お気になさらず!
なぎささん!

こんばんは!コメントありがとうございます♪

ブログの方でお忙しいのは察してますので、コメントの方はお気になさらず!!
忙しい時は 仕方無いですし、私も同じような状況ありますので(笑)

>ついに最終回ですね。
>でもある程度今までの一迅社のパターンで学んでいたので、私的には「ここで終わり?」な内容ではなかったなぁと思ってます。
>ま、まだまだ話は続く・・・なんですけどね。
アハハ、破天荒から始まり ビズゲーマーと、一迅社作品の流れには慣れましたから
衝撃も少なかったと言う事ですね(マテ)
これから!と言う感じで、次回も普通に続きがありそうな感じでしたが
キリ的には そこまで悪くなかったかなと(苦笑)
ちょっと中途半端な感じは否めないですが・・・

>でも絵も綺麗だったし、話も難解ながらキャラがよかったので面白く見れた作品です。
>続きあるといいけど・・・といっても一迅社だからなぁ。
この作品のキャラは 皆個性的で魅力がありますからね!(笑)
話自体も作り込まれてる感じで面白いですし、個人的には是非とも続きを2期なりOVAなりでお願いしたいなと思ってます~

>とりあえず原作の続きに手を出せたら・・・と思います。
原作も面白い事になってきますので、是非続きをチェックしてみて下さいませ!(笑)
新しいキャラとかも出てきてますし!

ではでは、コメントありがとうございました!
流架 |  2008年06月28日(土) 23:01 | URL 【コメント編集】
こんばんは!
>アニメはラストですが「あまつき やみつきラジオ」の続行が決定しましたね!
マジですか?うわあこれ嬉しいです。
最近は忙しくて聞けてなかったのですけど、このラジオさりげなく面白いので好きです。今久しぶりに聞いてますけど、イヤホンで聞くとやばいですねw

>部外者は出てけと言う山内さんにケチって言う黒鳶さんがカットされて無くて良かった!!
ずびし、の場面はカットされましたけど、これはカットされてなくてよかったです……!!

>そして紺が久し振りに登場ー!!!!
ああ、この場面はもう涙出るかと思いました。遊佐さんボイスも久しぶりに聞けてたまらなかったです。

なんとも中途半端な終わり方でしたね。
EDで知らない人が出てきた時には思わず固まりました……。

こちらこそどうもお世話になりました!
isamu |  2008年06月29日(日) 04:26 | URL 【コメント編集】
★こんばんは!
isamuさん!

コメントありがとうございます♪
「やみつきラジオ」続行決定ですよ~ 12回配信分で発表されてました!
終わってしまうのは寂しかったので嬉しいです♪
隔週と放送頻度は減りますが、それでも放送が続いてくれて良かったです!

>イヤホンで聞くとやばいですねw
諏訪部さん&遊佐さんボイスは 普通に聞いててもヤバイですが
もうイヤホンで聞いたら堪らないですよ~
いきなり良い声出されるとゾクっとします(笑)

>ずびし、の場面はカットされましたけど、これはカットされてなくてよかったです……!!
ずびし が無かったのは残念でしたね、細かい部分カットされる事多いですからね(苦笑)
黒鳶さんがボソッと言う「ケチ」が好きなので アニメで聞けて良かったです(笑)

>遊佐さんボイスも久しぶりに聞けてたまらなかったです
眠ったまま出番は無しかと思ってましたが、最後に登場があって良かったですね!!
相変わらずカッコ良かったですし、遊佐さんボイスが聞けて満足です(笑)

>EDで知らない人が出てきた時には思わず固まりました……。
中途半端な感じなうえに、エンディングで新キャラですからね
先を知らない方には えぇ~…な展開ですよね(苦笑)
思わず先が気になる…と言う 一迅社の作戦なんでしょう(ぁ)

ではでは、コメントありがとうございました!
今後も別作品でお世話になります~!
流架 |  2008年06月29日(日) 15:29 | URL 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 ★頂いたTBは全て返させて頂いてますが、ブログによってはTBが弾かれてしまう場合も・・
 その際は ミラーブログから対応させて頂きますが、それでも弾かれる場合はスミマセン(汗)


 ※現在ココログ・ライブドアさん他 一部のブログさんへ飛び難い状況です・・

この記事のトラックバックURL
→http://wondertime.blog31.fc2.com/tb.php/869-5de37363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

あまつきの最終話を見ました。第十三夜 高嶺颪の虎落笛――今様はただ主を愛おしく想っていただけで…その純粋で深い愛情が人への強い悪意に。そこまで追い詰めたのは俺達人間。自分じゃどうすることもできなくて、苦しくて、怒りをぶつけるしかなくて、人を恨むしかなか...
2008/06/28(土) 20:34:44 | MAGI☆の日記
第十三夜「高嶺颪の虎落笛」(終)人間から妖を助けると同時に、妖たちも憎しみから解放したい。そう願った鴇時は自身の力で、怨みを抱えたまま死ぬ運命にあった今様を浄化しようとするが・・・。「私は見知った先より、何も知らぬ未来を望む!」人と妖の関係。そして・・...
2008/06/28(土) 20:37:24 | 日々“是”精進!
天の存在。
2008/06/28(土) 21:19:57 | ミナモノカガミ
『鴇時の選択によって、予想外の展開と結末を迎えた今様の事件。鴇時は黒鳶に妖側から人側に戻ってくるよう忠告される。一方、神社で意識を...
2008/06/28(土) 21:52:57 | Spare Time
これは……1クールかけたPV? と理解すれば、おーけーですかー?(汗) やっぱり終わらないし(^^; それなら、日本橋の事件が終わっ...
2008/06/28(土) 22:07:28 | SeRa@らくblog
「姫は天網と天、つまりはこの世の破壊を望む」 とうとう「あまつき」も最終回! う~ん、なかなか微妙なところで終わったぞ(マテ) EDに...
2008/06/28(土) 22:22:33 | ジャスタウェイの日記☆
今期一番難解だった作品「あまつき」?久しぶりにレビュー書くのに不安になりつつ、なんとか最終回を迎えました。?鴇時の選択によって、予想外の展開と結末を迎えた今様の事件。鴇時は黒鳶に妖側から人側に戻ってくるよう忠告される。一方、神社で意識を失ってい...
2008/06/28(土) 22:29:29 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
第十三夜 高嶺颪の虎落笛
2008/06/28(土) 23:34:20 | Happy☆Lucky
たったひとつでも、か細くつながった縁が、誰かの力になるなら。 ただの夢物語だと笑われても。 俺は、そんな夢を選びたいんだ。 最終回。...
2008/06/29(日) 04:18:38 | 渡り鳥ロディ
篠ノ女の寝起きw
2008/06/29(日) 12:03:12 | 空色☆きゃんでぃ
人と妖の垣根を越えることはそんなにも難しいことなのか。鴇時の思いは夢物語なのだろうか?「高嶺颪の虎落笛」あらすじは公式からです。鴇時の選択によって、予想外の展開と結末を迎えた今様の事件。鴇時は黒鳶に妖側から人側に戻ってくるよう忠告される。一方、神社で意...
2008/07/01(火) 15:15:41 | おぼろ二次元日記
「私は見知った先より、何も知らぬ未来を望む!」 恨みに取り付かれる今様を救うために瘴気の中へと向かう六合鴇時。 今様はただ純粋に主を愛していた。それ故に人を怨むしかなかった。 人を救うために妖を犠牲とする、鴇時はそんな事は望んでいなかった。 どちらか...
2008/07/03(木) 00:55:42 | 無限回廊幻想記譚
一人今様に向かっていく鴇。 今様はただ主を思っていただけ… あそこまで追い詰めたのは人間{/hiyob_uru/} 人を恨むしかなかったのだ。 自分が選択したのだから自分の責任だと思った鴇。 こんなのが望んだ形…?? 「違う!!オレが望んだのはっ!!!」 そして今様に触れた瞬間...
2008/07/03(木) 02:12:39 | ★一喜一遊★
 | HOME |